わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

ポケットWi-Fiを最安の値段で契約する方法!オススメ申込先を紹介します

ポケットWi-Fiを最安の値段で契約する方法!オススメ申込先を紹介

ポケットWi-Fiを使うにあたり、料金はできるだけ安く抑えたいですよね。

ポケットWi-Fiの月額料金は各社でバラバラですが、今回取り上げる9社における料金の平均は4,000円となりました。

そして各社を比較した結果、値段が安いポケットWi-Fiは以下のとおりです。

  • 完全無制限&3大キャリアのエリアで使い放題のポケットWi-Fi:「どんなときもWi-Fi」
  • 無制限プランがありキャンペーンも充実しているポケットWi-Fi:「WiMAX」
  • 使い放題にこだわらない場合のポケットWi-Fi:「NEXT mobile」

今回は、大手ポケットWi-Fi9社の料金や特徴を比較するので、自分に合ったポケットWi-Fiを探している方は参考にしてください。

最安のポケットWi-Fiは?9社の比較結果を公開します!

ポケットWi-Fi9社における、料金や速度などの特徴は以下にまとめたとおりです。

ポケットWi-Fi比較一覧表
※クリックで拡大します。
※2018年10月 わたしのネット調べ

上記9社の月額料金の平均は4,000円です。

3,000~4,000円程度で価格帯は似通っていますが、特徴が秀でていて安いといえるのは以下の3種類です。

  • 完全無制限&3大キャリアのLTE回線を利用できるため、エリアが広い:「どんなときもWiFi」
  • 使い放題である必要がないなら、20GBプランがある:「NEXT mobile」
  • キャッシュバックや割引で料金が抑えられるWiMAX:「GMOとくとくBB」

次項より、おすすめのポケットWi-Fi各社の特徴を比較します。

使い放題の最安ポケットWi-Fiは「どんなときもWiFi」

どんなときもWiFi端末
どんなときもWiFiは、インターネット使い放題でエリアが広いのが魅力のポケットWi-Fiサービスです。

さらに、ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を自動識別して繋がりやすいものに接続してくれるという点がメリットです。

自動識別で3キャリアから繋がりやすい回線を接続してくれるので速度が安定しやすいですよ。

以下の表に、月額料金や速度などの情報をまとめました。

どんなときもWiFiの基本情報
特徴
月額料金 ご利用開始月:3,480円の日割り料金
1~24ヶ月:3,480円/月
25ヶ月目以降:3,980円/月
通信速度 150Mbps
利用回線 au・Softbank・docomo
セット割 なし
キャンペーン なし

※クレジットカード払いの場合の料金
※2020年7月現在

どんなときもWiFiは通常月額料金が4,410円(税抜)ですが、クレジットカードで支払うなら2年間は月額930円(税抜)の割引を受けられ、月額3,480円(税抜)で使えます。

さらに3年目以降も430円(税抜)の月額割引を受けられるので、月額3,980円(税抜)で使い放題のポケットWi-Fiを活用できますよ。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの料金詳細をみる
※こちらから料金をチェック

どんなときもWiFiを契約するメリット

どんなときもWiFiのメリットは、以下の4点です。

  • 定額で使い放題できる(3日間で10GB制限がない)
  • au・ドコモ・SoftbankのLTE回線を利用できる
  • 海外でも利用できる
  • 端末レンタル代が無料

1.定額で使い放題できる(3日間で10GB制限がない)

どんなときもWiFiは定額・使い放題のポケットWi-Fiです。

WiMAXやY!mobileのポケットWi-Fiも同じように使い放題ですが、直近3日間に10GB以上通信すると、夜間の速度が概ね1Mbpsに制限されてしまいます。

どんなときもWiFiなら数日単位での通信量の上限がなく、自由に使うことができますよ。

※他のユーザーに迷惑がかかるほどの大容量通信をした場合のみ、384kbpsに制限されます。

2.au・ドコモ・SoftbankのLTE回線を利用できる

どんなときもWiFiは、ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線を自動切り替えで使えます。

大手携帯会社のLTE回線はいずれも日本全国広いエリアで繋がりますが、場所によってはいずれか1~2種類しか電波が入らないこともありますよね。

他社のサービスの場合、基本的に使えるのは1回線のみなので、もしも使うエリアが使える回線のエリア外だったら通信できません。

しかし、どんなときもWiFiなら3キャリアの電波を利用できるので圏外になりづらく、かつ自動切り替えにより繋がりやすい回線を選んでくれるので速度が安定しやすいのです。

3.海外でも利用できる

どんなときもWiFiは、ルーターをそのまま海外でも使えます。

海外で使う場合は1日毎に利用料がかかり、アジア、オセアニア、北米、ヨーロッパだと1,280円、中東や南米、アフリカでは1,880円で、1GBまで使えるしくみです。

4.端末レンタル代が無料

どんなときもWiFiのルーターはレンタル式ですが、レンタル料がかかることはありません。

ルーターの購入費用が不要で、さらにレンタルにもお金はかからないので通信料金のみでサービスを活用できるというメリットがあります。

どんなときもWiFi契約の注意点

どんなときもWiFiを契約するにあたって知っておきたい注意点は、主に以下の3つがあります。

  • 端末は買取式ではなくレンタル式
  • 海外で利用する際は料金形態が変わる
  • 最大通信速度はWiMAXより遅い

1.端末は買取式ではなくレンタル式

どんなときもWiFiのルーターは、買取でなくレンタルでの提供です。

解約時はルーターと外箱を返却しなければいけません。

もしも返却しなかったりルーターが壊れていたりしたら、18,000円の機器損害金が発生するのでご注意ください。

2.海外で利用する際は料金形態が変わる

どんなときもWiFiの海外利用料金は、アジア、オセアニア、北米、ヨーロッパだと1,280円、中東や南米、アフリカでは1,880円です。

1日ごとに料金が発生するしくみ、さらに通信量は1日1GBとなっているので、国内と料金設定が異なることに気をつけましょう。

3.最大通信速度はWiMAXより遅い

どんなときもWiFiは下り最大150Mbps・上り最大50MbpsのポケットWi-Fiサービスです。

例えばWiMAXの最新ルーターだと下り最大1.2Gbpsまでのスピードに対応しますが、どんなときもWiFiでは150Mbpsなので、WiMAXと比べると遅いです。

とはいえ、動画再生やネットサーフィンなどは十分快適に行えるスピードなので、それほど心配する必要はないでしょう。

また、どんなときもWiFiの性能については、次の記事でも紹介していますので、あわせてご参考ください。

どんなときもWiFiを「お試しレンタル」する方法

「どんなときもWiFiを試してみたいけど、性能がいいか不安…」という方には、初期契約解除制度を利用したお試しレンタルがおすすめです!

初期契約解除とは、申し込みから8日以内に解約すれば違約金が発生しないという制度のことです。

  1. どんなときもWiFiを申し込む
  2. どんなときもWiFiが到着して利用開始
  3. どんなときもWiFiの使い心地がよければそのまま契約を続ける
  4. どんなときもWiFiの使い心地が悪ければ、8日以内にカスタマーサポートへ連絡して解約を申し込む
  5. 8日以内にどんなときもWiFiを初期契約解除申請書とともに返送する
  6. 初期契約解除完了

また、どんなときもWiFiの返却物・返却方法はつぎのとおりです。

◆どんなときもWiFiの返却物

  • どんなときもWiFiの端末(本体)
  • USBケーブル
  • 取扱説明書
  • 個装箱

「佐川急便」「ゆうパック」「ヤマト運輸」のいずれかから、上記の返却物と初期契約解除申請書とともに返送

◆どんなときもWiFiの返却先
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-2-33-7F グッドラックサポートセンター

なお、初期契約解除をおこなっても、契約手数料の3,000円と返却の送料は自己負担となります。

また、初期契約解除の申請が8日を超えている場合、返却物を紛失したり破損している場合は機器損害金として18,000円が発生します。

どんなときもWiFiのお試しレンタルの際は、上記に注意したうえで申し込みをしましょう!

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの料金詳細をみる
※こちらから料金をチェック

容量制限のある最安ポケットWi-Fiは「NEXT mobile」

ネクストモバイルのモバイルルーター
NEXT mobileは、20GB~50GBの料金プランで展開されているポケットWi-Fiサービスです。

月額料金や回線の種類などの主な特徴は、以下のとおりとなっています。

 
特徴
20GBプラン 利用開始月:2,400円の日割り料金
1~24か月目:2,400円
25か月目以降:2,900円
30GBプラン 利用開始月:2,700円の日割り料金
1~24か月目:2,700円
25か月目以降:3,200円
通信速度 150Mbps
利用回線 Softbank
セット割 なし
キャンペーン 端末代金無料

※2020年7月現在

NEXT mobileは今回紹介しているどんなときもWiFiやWiMAX各社と異なり、月々の使える通信量に上限があります。

かわりに料金設定は安価で、特に20GBプランは2年間月額2,400円(税抜)の安さで利用できます。

毎月の通信量が20GB程度に収まっているなら、あえてNEXT mobileを契約し、支払額を抑えるのも良いでしょう。

\20GBの大容量プランがある/
NEXT mobileの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

NEXT mobileを契約するメリット

NEXT mobileを契約するメリットは、主に3つ挙げられます。

  • 大容量を安価で利用できる
  • 端末代が無料になる
  • 3日間で10GB制限がない

1.大容量を安価で利用できる

NEXT mobileは、大容量を安価で利用可能です。

特に20GBプランが安く、月額2,400円(税抜)で2年間利用可能です。

安さを最重視する方にとって、見逃せない選択肢となるでしょう。

2.端末代が無料になる

NEXT mobileでは、端末代が無料になります。

レンタルでなく、購入式のルーターを無料で使えるので、解約時に返却する必要もありません。

端末代の出費を抑えられるのも、NEXT mobileを選ぶ決め手の一つとなるでしょう。

3.3日間で10GB制限がない

NEXT mobileには、WiMAXなどのように3日間に10GB以上通信した際の速度制限のしくみが設けられていません。

月間通信量には上限がありますが、言い換えれば月間通信量さえオーバーしない限りは、毎日自由なペースで通信できます。

NEXT mobileなら1日の通信量が不安定(例:休日だけたくさん使うなど)な方でも、安心して利用できますよ。

NEXT mobile契約の注意点

NEXT mobileには、主に2つの注意点があるので、それぞれ確認しておいてくださいね。

  • 契約プランの途中変更はできない
  • 使い放題プランはない

1.契約プランの途中変更はできない

NEXT mobileは、一度契約したプランを途中で他の容量に変更することができません。

選ぶプランはよく吟味して、自分にとってぴったりの選択肢を選びましょう。

2.使い放題プランはない

NEXT mobileには使い放題プランがありません。

使い放題でより自由に通信したい場合は、どんなときもWiFiを検討することとなるでしょう。

速度の速さを最重視・3日間10GBの高速通信上限に問題がないなら、WiMAXを選ぶのもオススメです。

NEXT mobileについてもっと詳しく知りたい方は、以下の公式サイトをチェックしてみてください。

\20GBの大容量プランがある/
NEXT mobileの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

料金・キャンペーンの両方を重視したいなら「WiMAX」がオススメ

WiMAX端末
月額料金の安さとキャンペーンによるキャッシュバックなどの特典を利用してサービスを安く活用したいなら、オススメはWiMAXです。

WiMAXにはたくさんの申込窓口・プロバイダがあり、それぞれ異なる料金やキャンペーン内容で展開されています。

以下の表に、主なWiMAXプロバイダ10社の料金やキャペーンなどの基本情報をまとめました。

WiMAXプロバイダ10社比較一覧表
※クリックで拡大します。
※2019年8月 わたしのネット調べ

表にまとめた情報を見てみると、WiMAXは3年契約がほとんどで、25ヶ月目からは料金が高額化する傾向にあります。

年間の実質料金を計算してみると、最安なのは最大30,000円キャッシュバックのキャンペーンがあるGMOとくとくWiMAXでした。

GMOとくとくWiMAXは、最大30,000円のキャッシュバックを含めることで、当社で調査したプロバイダ10社の中でも3年間の実質料金が最安値をたたき出しています。

また、現在他社WiMAXやY!mobileのPocket WiFi、SoftBank Airといったサービスを利用しているなら、違約金をキャッシュバックしてもらえるBroad WiMAXもオススメです。

Broad WiMAXでは、最大19,000円分の違約金を負担してもらうことができます。

さらに、初期費用18,857円も無料になるというメリットもあります。

キャッシュバック有り!3年間の実質料金が最安の「GMOとくとくWiMAX」

GMOとくとくBBロゴ

出典:GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくWiMAXは、高額なキャッシュバックを受けてお得に使えるのが特徴のWiMAXプロバイダです。

ルーター代が無料なので、別途ルーターの購入費用がかかることもありません。
※ただし、選んだルーターによってキャッシュバック額が変動します。

月額料金やキャンペーン特典などについて、以下の表にまとめました。

【GMOとくとくBB WiMAX】の基本情報
月額料金 1~2か月目:3,609円
3か月目以降:4,263円
通信速度 W06の場合:
上り最大:75Mbps
下り最大:1.2Gbps
※WiFi接続時は、下り最大867Mbps
利用回線 WiMAX・au 4G LTE
セット割 au
キャンペーン 最大30,000円キャッシュバックキャンペーン
最新機種含む全端末無料キャンペーン
初期費用無料キャンペーン
20日以内ならキャンセル無料

※2020年7月現在

GMOとくとくWiMAXの魅力はなんと言ってもキャッシュバックキャンペーンです。

GMOとくとくWiMAXの月額料金自体は、3か月目以降月々4,263円(税抜)と他社に比べてそれほど安いわけではありません。

しかし最大30,000円などのキャッシュバックを踏まえての実質料金では、最安クラスの料金となるのです。

WiMAXをとにかく安く使いたい方は、GMOとくとくWiMAXをチェックしてみましょう。

♦高額キャッシュバックキャンペーン!♦
GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

GMOとくとくWiMAXのキャッシュバック額

GMOとくとくWiMAXでは、選んだルーターによって金額が異なるキャッシュバックを受け取れます。

以下の表に、2020年7月におけるキャッシュバック額をまとめました。(料金は執筆時点のもの、最新情報は異なる可能性もあるので、公式サイトもご確認ください)


引用:GMOとくとくWiMAX 公式サイト

オプションなしで高額のキャッシュバックが受けられるのがうれしいですよね!

WiMAX機種は最新のルーターほど性能が良いですので、必ずW06またはWX06を選びましょうね。

WiMAXの機種について詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてくださいね。

♦高額キャッシュバックキャンペーン!♦
GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

他社違約金がキャッシュバック!「Broad WiMAX」

broad wimaxロゴ
Broad WiMAXは、2年間の月額料金の安さや、キャンペーンの充実が特徴のWiMAXプロバイダです。

以下の表に、料金やキャンペーンなどの基本情報をまとめました。

【Broad WiMAXの基本情報】
月額料金 1~2か月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
通信速度 W06の場合:
上り最大:75Mbps
下り最大:1.2Gbps
※WiFi接続時は、下り最大867Mbps
利用回線 WiMAX・au 4G LTE
セット割 au
キャンペーン 端末代無料キャンペーン
初期費用割引キャンペーン
他社WiMAXの解約違約金負担キャンペーン
BroadWiMAXに満足できない場合、指定回線への乗り換えで他社解約違約金無料

※2020年7月現在の情報です。

Broad WiMAXは、2年間は最大でも3か月目以降月額3,411円(税抜)と安価で使えます。

また、他社ポケットWi-Fiの違約金19,000円までキャッシュバックしてもらうことができます。
※他社WiMAX・Y!mobile・SoftBank Airから乗り換えの方が対象

さらに、ルーターが無料で手に入れられたり、本来かかる初期費用18,857円をキャンペーンで無料にできたりするメリットもあります。

見逃せないのは他社ポケットWi-Fiから乗り換える際にかかった解約金や、万が一Broad WiMAXに満足できなかった場合に、指定した回線に乗り換える際にかかるBroad WiMAXの解約金を負担してくれることでしょう。

とくに現在他社プロバイダでWiMAXを使っている方や、SoftBank Air、Y!mobileのPocket WiFiといった対象サービスを使っている方は、乗り換え費用を大幅に抑えることができますよ。

BroadWiMAXのキャンペーン内容

Broad WiMAXで展開されている3つのキャンペーン内容について、改めて紹介します。

  • 初期費用無料キャンペーン
  • 端末代無料キャンペーン
  • 違約金キャッシュバックキャンペーン

1.初期費用無料キャンペーン

Broad WiMAXでは本来、初期費用が18,857円かかりますが、以下の2つの条件を満たせば無料になります。

  • 月額最安プランを、Webフォームからクレジットカード払いで申し込む
  • My Broadサポート(月額907円、最大2ヶ月無料)と安心サポートプラス(月額550円)の申込みをする(ルーター到着後に解約可能)

ただしキャンペーン利用時は、利用開始翌月から24ヶ月以内にWiMAX回線を解約すると、キャンペーン違約金9,500円を請求されることにご注意ください。

2.端末代無料キャンペーン

Broad WiMAXでは、最新の機種も含めてルーター代が0円です。

条件は特になく、キャンペーン期間中に新規申し込みをすればもれなく適用されますよ。

3.違約金キャッシュバックキャンペーン

Broad WiMAXでは、以下の3つのいずれかから乗り換える場合、発生した契約解除料最大19,000円を負担してもらえます。

  • 他社WiMAX
  • SoftBank Air
  • Y!mobileのPocket WiFi

また「いつでも解約サポート」により、万が一Broad WiMAXに満足できなかった場合は、ソフトバンク光などの指定回線へ乗り換えることを条件に、Broad WiMAXの解約金も負担してもらうことが可能です。

\違約金最大19,000円負担キャンペーン実施中/
BroadWiMAXの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

海外で使えるポケットWi-Fiの最安値は?比較しました!

海外旅行先でポケットWi-Fiを利用したいという人も多いですよね。

そんな方に向け、海外で使える主要なポケットWi-Fiについて、対応国数や料金などについて比較しました。

まずは下の表をご確認ください。

 
対応国数 1日の使用データ容量 人気端末の1日の利用料金 1カ月の利用料金
グローバルWi-Fi 253 通常プラン:300MB
大容量プラン:600MB
超大容量プラン:1.1GB
無制限プラン:無制限
1,270円
※アメリカ本土、大容量プランの場合
上限18,000円
※アメリカ本土、長期プランBタイプ
Wi-Ho! 217 通常プラン:300MB
大容量プラン:500MB
超大容量プラン:1GB
無制限プラン:無制限
1,050円
※アメリカ本土、大容量プランの場合
長期割引なし
イモトのWi-Fi 200以上 大容量プラン:500MB
ギガプラン:1GB
無制限プラン:無制限
1,580円
※アメリカ本土、大容量プランの場合
28,000円
※アメリカ本土、大容量プランの場合
Fast-fi 100ヶ国以上 ライトプラン:350MB
スタンダードプラン:500MB
プラチナプラン:1GB
980円
※アメリカ本土、スタンダードプランの場合
16,500円
※アメリカ本土、スタンダードプランの場合
JAPAEMO 208ヶ国 150MB
500MB
750円
※アメリカ本土、500MBプラン、5日間~
16,800円
※最大25日プラン
グローバルモバイル 40ヶ国以上 大容量プラン:700MB
無制限プラン:無制限
690円
※アメリカ本土、大容量プランの場合
18,000円

会社によってレンタル料金が大きく異なる事がわかるかと思います。

また用意されている通信プランもさまざまですので、特定の会社が最安であると断定することはできません。

どのエリアで、どういった使い方を想定しているのかをしっかりと見極めて選ぶ事が肝心です。

各会社の公式サイトで料金シミュレーションができますので、実際にアクセスして比較してみましょう。

「最安」のポケットWi-Fiで注意すべき4つのポイント

注意マーク
ポケットWi-Fiは各社で安く提供されていますが、最安でポケットWi-Fiを使う場合には主に4つの注意したいポイントがあります。

  • 初めの数ヶ月だけが割安なこともある
  • 古い機種しか選べないこともある
  • 自分の使い方に合わないサービス内容の場合あり
  • 格安SIMのポケットWi-Fiサービスの場合、速度が遅いケースがある

それぞれ解説するので、参考にしてください。

1.月額料金が最安なのは数か月だけ

ポケットWi-Fiの中には月額料金0円など極端に安い料金を謳っていても、実際は初めの数ヶ月間しか料金が安くならないものもあります。

例えば以下のような料金形式です。

 
契約月数 月額料金(税抜)
初月 0円
1ヶ月目 1,380円
2~24ヶ月目 3,480円
25ヶ月目~ 4,079円

※カシモWiMAXを例にしています。
※2020年7月現在の情報です。

ポケットWi-Fiを選ぶ際は、契約期間内におけるすべての料金設定に目を通して、3年間の実質料金が安いものを選びましょう。

2.古い機種しか選べない場合がある

料金プランが安価な代わりに古い機種しか選べなかったり、最新機種を選ぶとキャッシュバック額が下がったりすることがあります。

ポケットWi-Fiのルーターは、古いとその分速度が遅かったり、最新機種なら使える便利な機能が使えなかったりします。

これから契約するなら、利用におけるストレスの発生を避けるためにも、できれば最新ルーターを安く使える選択肢を選ぶことをオススメします。

3.自分に合った「ネットの使い方」にあったモバイルルーターを選ぶ

ポケットWi-Fiサービスでは、契約先によって使い放題だったり、上限が決まっていたりとサービス内容が異なっています。

自分の使い方に合った契約先およびプランを選ぶようにしましょう。

例えば、毎月100GB程度通信する人が20GBプランのポケットWi-Fiを選んでも、すぐに容量を使い切ってしまいます。

4.格安SIMのポケットWi-Fiは速度が遅い場合もある

ポケットWi-Fiの中には、格安SIMとSIMフリーや中古のモバイルルーターを組み合わせて使う形態もあります。

しかし格安SIMは、ドコモなどの大手携帯会社から回線の一部分だけを借りているサービスなので、お昼など利用者が増える時間帯は速度が下がってしまうこともあります。

常時快適に通信したい場合は、WiMAXなど格安SIM以外のポケットWi-Fiを選ぶことをおすすめします。

値段の安さ以外に重視すべきポケットWi-Fi選びのポイント

値段が安いという事はもちろん重要ですが、快適にポケットWi-Fi機器を利用するためにはそれ以外にもチェックしておきたいポイントがあります。ここでは以下の4つの重要なポイントについて解説していきます。

  • 通信速度
  • 通信制限
  • 通信可能エリア
  • モバイルルーターの性能

通信速度

まずはポケットWi-Fi機器の通信速度をチェックしておきましょう。

インターネット動画やオンラインゲームを快適に楽しむにはやはり通信速度が速い方が有利です。

なお、同じ会社の同じプランでも、通信機器ごとに通信速度は異なります。

速度にこだわる場合にはポケットWi-Fiの機種選びも重要となります。

通信速度をチェックする際に、公式サイトのスペック表を参考にするのも方法の一つですが、スペック表の数値はあくまでも「ベストエフォート」という、理想値です。

利用環境などによって実際の速度は大きく異なります。

現実的な値をチェックするには、ツイッターなどの口コミ評価が参考になります。

速度の実測値をアップしている人も多いため、それらの数値にも注目してみましょう。

通信制限

ポケットWi-Fiの料金プランには、月間のデータ通信量に制限があるプランと、無制限のプランが用意されています。

データ通信量に制限があるプランでは、通信量の上限に達すると通信制限の対象となり、場合によってはルーターが使い物にならなくなってしまうほど厳しい制限がかけられることもあります。

普段からインターネットに接続する機会の多い方や、オンラインゲーム・動画視聴を頻繁にされる方は無制限プランがある事業者を選びましょう。

なお、月間通信量が無制限というプランの中にもWiMAXのように「3日間で10GBまで」などといった細かい制限が設けられている場合もあります。

これは重いデータ通信をしすぎて他のユーザーに迷惑をかけないようにするための制限です。

上記の制限は比較的ゆるい傾向にありますが、絶対に速度制限を受けたくないという場合には気をつける必要があります。

通信可能エリア

通信可能エリアも契約前にチェックしておきたい重要な情報です。

家の周辺や学校・職場周辺などが通信可能エリアである事は必ず確認しておきましょう。

当然のことながら、通信可能エリアは広い方がのぞましいです。

地方や山間部、地下でも常に快適につながるWiFiルーターを選ぶと良いでしょう。

提供エリアは、各事業者の公式サイトで確認できますよ。

モバイルルーターの性能

最後にモバイルルーターの性能もチェックしておきましょう。

バッテリーのもち、通信速度、受信の感度など、機器ごとに大きな違いがあるものです。

基本的に最新の機種であればあるほど性能は上がっています。

どれにするか迷ったら最新機種の中から選ぶことをおすすめします。

ポケットWi-Fiの申し込みの手順

最後にポケットWi-Fiの申し込みの手順についてご紹介します。これから契約を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

  1. エリアを確認する
  2. 機種やプランの選択をする
  3. 個人情報の入力をする
  4. 端末を受け取る

1.エリアを確認する

まずはエリアの確認です。

自分が使いたいと思ったエリアが通信可能エリア外では契約する意味がありませんよね。

必ず申し込み前に、WiFiルーター事業者の公式サイトでエリア確認をしておきましょう。

2.機種やプランの選択をする

通信可能エリアを確認した後は、機種やプランを選択します。

機種は通信速度やバッテリーのもちなど快適性に大きく影響しますので、自分が求めるスペックがしっかりと満たされていることを確認する事が肝心です。

プランは一般的に月間データ通信量に制限があるプランと、月間のデータ通信量無制限のプランが用意されています。

インターネット動画やオンラインゲームなどもたくさん楽しみたいという場合には、無制限プランを選択することをおすすめします。

また、プラン選びでもう一つ見逃せないのがキャンペーンです。

プランによっては大幅なキャッシュバックなどが適用されることもありますので、最新のキャンペーン情報を見逃さないようにしましょう。

3.個人情報の入力をする

続いては氏名や住所など、個人情報の入力です。

内容に間違いが無いことをしっかりと確認し、申し込みを済ませましょう。

4.端末を受け取る

申し込み終了後、数日後には端末が自宅へと届けられます。

プロバイダによっては申し込み当日に端末が発送され、翌日に受け取りが可能なこともあります。

端末を受け取ったら、SIMカードを挿入し、電源を入れれば利用可能状態となります。

スマホなどの端末からSSIDを選択し、パスワードを入力すればOKです。

機種によってはQRコードの読み取りなどだけで接続可能なものもあります。

まとめ

ポケットWi-Fiは各社で料金が異なりますが、平均4,000円程度です。

そして今回比較した結果最安だったのは以下のとおりです。

  • データ使い放題なら:どんなときもWiFi
  • 安くすませたいなら:GMOとくとくBB WiMAX

また、違約金を負担したくない、初期費用を安くしたいと考えるならBroad WiMAXもオススメです。

使い放題でなくても大丈夫なら、NEXT mobileの20GBプランも2,000円台で割安でした。

ポケットWi-Fiを最安で使いたい方は、数ヶ月ごとの料金の変化やキャンペーン適用条件、最新機種を契約できるかといった注意点をしっかり確認し、本当に安いものを見つけてくださいね。

もちろん、自分の使い方に合ったサービス内容であることも重要ですよ。