閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

LTE対応モバイルルーターのメリット!オススメ機種を比較してみた!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

LTE対応モバイルルーターのメリット!オススメ機種を比較してみた!

モバイルルーターは、LTE通信ができる機種とできない機種があります。

LTE通信ができる機種は以下の6つ。

中でもどんなときもWiFiであれば、LTE通信を通信制限なしで利用きますよ!

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

この記事では、LTE通信ができるモバイルルーターを使うメリットや、各機種の価格や速度を比較してご紹介します。

モバイルルーターで使われる「LTE回線」とは?

モバイルルーターで使われるLTE回線とは、ソフトバンクやauなどの携帯電話キャリアが展開する4G LTE回線を指します。

モバイルルーターで使われる主な回線は「LTE回線」と「WiMAX2+」

モバイルルーターで使われる主要の回線は、LTE回線とWiMAX2+回線の2種類です。

WiMAX2+では、WiMAX専用の回線を利用します。

WiMAX2+の回線は全国的に広いエリアに展開されていますが、LTE回線に比べると限りがあります。

ちなみに、WiMAX2+ではオプション契約を行うことでau 4G LTE回線での通信も可能ですよ。

LTE回線は携帯電話会社が展開しているだけあり、WiMAX2+よりも広いエリアで利用できる強みがあります。

LTE通信のモバイルルーターを利用するメリット

LTE回線でインターネット通信を使うメリットは、次の2点です。

  • 利用できる範囲の広さ
  • テザリングでのバッテリー消費を抑える

それでは、詳しくチェックしていきましょう。

利用が可能なエリアが広くなる

WiMAX2+回線は一部利用できないエリアがあるほか、建物が入り組んでいる場所にいると電波が届きにくいデメリットがあります。

しかし、LTE回線はWiMAX2+よりもサービスの提供エリアが広いうえに、障害物が多い場所や地下にも電波が届きやすいので、幅広い場所でインターネットを利用できます。

テザリングに比べてバッテリーの減りが遅い

LTE回線を使うなら、わざわざモバイルルーターを買わなくてもスマホのテザリングを使えばいいと思いますよね。

しかし、テザリングを使ってLTE通信を利用すると、スマホに負荷がかかりバッテリーの消耗が早くなってしまいます。

スマホのバッテリーの寿命も短くなってしまうので、テザリングの多用はオススメできません。

モバイルルーターでLTE回線を使えば、スマホにかかる負荷を軽減できるのでバッテリーの減りが遅くなるうえに寿命も長くなります。

LTE通信ができるモバイルルーター5種類

LTE回線が利用できるモバイルルーターは、大きく分けて約5種類あります。

  1. WiMAX
  2. どんなときもWiFi
  3. ソフトバンク・ワイモバイルのポケットWi-Fi
  4. ネクストモバイル
  5. Wi-Fi STATION
  6. SIMフリーモバイルルーター

それでは、それぞれ詳しくご紹介します。

1:WiMAX(WiMAXのモバイルルーター)

WiMAX利用のイメージ
WiMAXの端末では、WiMAX2+の回線だけでなくLTEオプションを利用してauのLTE回線による通信ができます。

WiMAX2+回線は90%以上の人口をカバーできる範囲にサービスを提供していて、利用できるデータ量も無制限ですが、地方ではまだエリア外のケースがあるほか、まわりに障害物が多い場と接続状態が悪くなります。

しかし、もしWiMAX2+回線がエリア外だったり接続状態が悪くても、LTE回線に切り替えれば、障害物が多い場所でもインターネットにつながりやすくなります。

LTEオプションを利用するにはオプション契約が必要

WiMAXのルーターでLTE回線を使うには月額1,005円のLTEオプションに加入しなければいけません。

なお、auスマホのユーザーであれば、auスマートバリューmineを適用するまたは契約年数を3年以上にすればLTEオプション料は無料になりますよ。

また、WiMAXではLTE回線を使って消費したデータ量が7GBに達すると、月末まで速度制限がかかってしまいます。

WiMAXの場合、WiMAX2+をメイン回線にして、必要な時だけLTE回線に切り替えてLTE回線でのデータ量を抑える必要があります。

WiMAXの詳細はコチラ

2:どんなときもWiFi

どんなときもWiFi
どんなときもWiFiは、なんとドコモ・ソフトバンク・au、3つのLTE回線を利用できるモバイルルーターです。

いまいる場所の電波状況を自動で判別し、ドコモ・ソフトバンク・auの中から、最も快適に利用できる電波に接続する仕組みです。

そのため、自分で「このキャリアの電波を使いたい」と選ぶことはできません。

また、どんなときもWiFiを契約するメリットとして「3日間で10GB制限がない」という点が挙げられます。

WiMAXやPocketWi-Fiでは、3日間で10GB以上使用すると月う待つまで通信制限がかかるため、「使い放題」といってもネットの利用量は気にしなくてはいけません。

しかし、どんなときもWiFiは3日間で10GB以上利用しても通信制限がかかりません。

「LTE回線を使えるなら、キャリアにこだわりはない」
「オンラインゲームや動画視聴で、3日間で10GB以上通信することがある」
という方は、どんなときもWiFiの契約を検討してみてくださいね。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

なお、どんなときもWiFiは海外でも利用できるため、海外へ行く機会が多い方にもオススメですよ!

3:ポケットWi-Fi(ソフトバンク・ワイモバイルのモバイルルーター)

Pocket WiFi 801HW

出典:Y!mobile公式サイト

ソフトバンクやワイモバイルのポケットWi-Fiでは、人口の99%をカバーしているソフトバンクのLTE回線でインターネット通信ができます。

ソフトバンクで契約すると1ヶ月に利用できるデータ量が7GBまでと制限されますが、ワイモバイルで契約してオプションに加入すれば使い放題プランが利用できます。

4:ネクストモバイル

ネクストモバイルのモバイルルーター
ネクストモバイルは、ソフトバンクのLTE回線を利用するモバイルルーターです。

ネクストモバイルには使い放題プランがありませんが、20GBや30GBもの大容量を安価で利用できるメリットがあります。

回線品質もポケットWi-Fiなど他のソフトバンクのモバイルルーターと変わらないので、使い心地も申し分ありません。

ネクストモバイルについて詳しく調べる

5:Wi-Fi STATION(docomoのモバイルルーター)

ドコモ Wi-Fi STATION HW-01L

出典:ドコモ公式サイト

Wi-Fi STATIONは、ドコモのLTE回線が利用できるモバイルルーターです。

ドコモのLTE回線が利用できる点は魅力ですが、Wi-Fi STATIONではドコモのスマホとデータ量を分け合いながら利用するのでお得度は低いと言わざるを得ません。

6:SIMフリーモバイルルーター

LTE回線を使う場合、家電量販店やAmazonでSIMフリーのモバイルルーターを購入する方法もあります。

SIMフリールーターを買えば自分で好きなキャリアのLTE回線が利用できます。

しかし、端末の購入とは別でSIMカードを契約する必要があるので、インターネットの知識に自信がない人へはオススメできません。

また、SIMフリーのモバイルルーターを購入するには、1万円から3万円ほどの費用が必要になります。

WiMAXなどの契約では端末代が0円である点を考えると、SIMフリーモバイルルーターを使う方法はお得ではありません。

LTE通信対応モバイルルーターの価格・速度を比較!

下記の表をもとに、LTE回線が利用できるモバイルルーターの利用料金や通信速度を比較してみましょう。

通信回線
月額基本料金
通信速度
データ通信無制限プラン
割引・キャッシュバック
ポケットWi-Fi
(ワイモバイル)
Softbank
5,696円
最大612Mbps
  • 長期契約割引
ポケットWi-Fi
(ソフトバンク)
Softbank
5,196円
最大612Mbps
×
  • 端末代金無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割
  • プラン別割引
  • 機種変更サポート
どんなときもWiFi
au/Softbank/docomo
3,480円
最大150Mbps
WiMAX
(au)
WiMAX/au
5,880円
最大708Mbps
  • 毎月割
  • 長期割引
WiMAX
(BroadWiMAX)
WiMAX/au
  • ギガ放題:4,011円
  • ライトプラン:3,326円
最大708Mbps
  • 初期費用0円
  • 端末代金0円
  • 他社WiMAXからの乗り換えで解約違約金負担
  • WiMAXに満足できない場合指定回線への乗り換えで解約違約金免除
  • auスマートバリュー
  • 長期契約割引
Wi-Fiステーション
(ドコモ)
docomo
1,900円+パケットパック料金
(3,500円~)
最大788Mbps
×
  • docomo Wi-Fi永年無料キャンペーン
ネクストモバイル
(ソフトバンク)
Softbank
  • 20・30GB:3,695円
  • 50GB:4,880円
最大150Mbps
×
  • 端末代金0円
SIMフリーモバイルルーター
(IIJmioの場合)
docomo
  • 3GB:900円
  • 6GB:1,520円
  • 10GB:2,560円
(機種による)
×

上記の表を見ると、月額料金と利用できるデータ量、通信速度に違いがあると感じますよね?

しかし、通信速度の差は気にする必要がありません。

ホームページや動画の読み込みなら、最大150Mbpsの速度に対応したルーターでも難なく行えます。

そのため、LTE回線を利用できるモバイルルーターを比較するうえで重要な要素は月額料金と利用できるデータ量だといえます。

無制限通信ができるLTEモバイルルーターのオススメは「どんなときもWiFi」

LTE回線で無制限通信がしたい方に最もおすすめのモバイルルーターは、どんなときもWiFiです。

月額料金
  • ご利用開始月:3,480円の日割り料金
  • 1~24ヶ月:3,480円/月
  • 25ヶ月目以降:3,980円/月
通信速度
150Mbps
利用回線
au・Softbank・docomo
セット割
なし
キャンペーン
なし

前項でもご紹介しましたが、どんなときもWiFiは「3日で10GB制限」がないため、本当の意味で「使い放題」ができます。
※ネットワークを著しく阻害するような大容量ファイルのやり取りが続くと、帯域制限がかけられる場合があります。

そのため、動画視聴やオンラインゲームなど、容量を気にせずゲームを楽しみたい方には「どんなときもWi-Fi」がおすすめです。

また、WiMAXの場合、WiMAX回線は使い放題できるものの、au 4G LTE回線は7GBまでしか使えません。

しかし、どんなときもWiFiはau・Softbank・docomoのLTE回線のみ、自動で切り替えながら通信を行います。

「LTE回線のみ利用して通信したい!」という方にも、どんなときもWiFiはオススメですよ。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

容量制限があっていいなら「NEXT Mobile」がオススメ

容量制限があっていいなら、「NEXT Mobile」の契約がオススメです。

20GBプラン
  • 利用開始月:2,760円の日割り料金
  • 1~24か月目:2,760円
  • 25か月目以降:3,695円
30GBプラン
  • 利用開始月:3,490円の日割り料金
  • 1~24か月目:3,490円
  • 25か月目以降:3,695円
50GBプラン
  • 利用開始月:3,490円の日割り料金
  • 1~12か月目:3,490円
  • 13~24か月目:4,880円
  • 25か月目以降:5,815円
通信速度
150Mbps
利用回線
Softbank
セット割
なし
キャンペーン
端末代金無料

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を使って大容量通信ができるうえに、利用料金が安いです。

たとえば通信量無制限であることが強みのWiMAXはWiMAX2+エリア以外でLTE回線を利用する場合は、1ヶ月に7GBまでの利用となります。

しかし、ネクストモバイルなら20GB以上の大容量を他社よりも安価で利用できるうえに20GBまでなら速度制限などの不安要素もありません。

WiMAXのエリア外であったり、速度の安定性を求めてLTE回線を利用したいという方には、ネクストモバイルがオススメだといえます。

ネクストモバイルについて詳しく調べる

SIMフリーモバイルルーターは契約するSIMによって料金が変わる

SIMフリーのモバイルルーターを利用する場合、月額料金は契約するSIMカードの種類で変わります。

しかし、大容量通信を利用したい場合、50GBを4,880円で利用できるネクストモバイルと比べると料金が高くなります。

<格安SIM 人気事業者の月額料金>
料金プラン
楽天モバイル
BIGLOBEモバイル
UQ mobile
3GB
900円
900円
980円
5GB
1,450円
6GB
1,450円
10GB
2,260円
12GB
2,700円
20GB
4,050円
4,050円
30GB
5,450円
4,500円
無制限
1,980円

中には、無制限でインターネットを利用できる格安SIMもありますが、通信速度は上限が決められている場合が多いですよ。

SIMフリーモバイルルーターの人気機種は「Aterm MR05LN」

SIMフリーモバイルルーター Aterm MR05LN
引用:AtermStation

「SIMフリーのモバイルルーターを利用したいけど、購入機種で迷っている…」という方には、NECのAterm MR05LNがオススメです。

Aterm M05LNは、2GHz・1.45GHz・800MHzの電波帯に対応しており、幅広い場所で利用できるLTE回線の良さを発揮できます。

SIMカードを入れてからの設定も簡単なので、SIMフリー端末が上手く使えるか不安な人でも安心です。

LTEモバイルルーターはレンタルできる?

LTE回線に対応したモバイルルーターは、レンタル事業者から借りることができます。

しかし、利用料金は1日あたり500円前後で、1ヶ月使うと8,000円以上と高額になります。

LTEモバイルルーターを長く使うなら、契約したモバイルルーターを使ったほうがお得です。

LTE回線に対応したモバイルルーターのレンタルは、短期間だけ使いたい人向けと考えてください。

WiMAXは無料で15日間のお試しレンタルが可能

WiMAXの本家プロバイダにあたるUQ WiMAXは、無料で15日間のお試しレンタルを実施しています。

自宅でWiMAX2+の電波が問題がないか知りたい人は、お試しレンタルを申し込んで性能を試してみてくださいね。

まとめ

LTE回線はサービスの提供エリアが広いうえに障害物にも強いので、モバイルルーターで活用すればより広い範囲でインターネットが利用できます。

しかし、WiMAXでLTE回線を使うと、7GBを消費した時点で速度制限がかかるので使い勝手は良くありません。

また、ソフトバンクやドコモのモバイルルーターもデータ量の制約が厳しいので、ストレスを感じる恐れがあります。

モバイルルーターでLTE回線を使うなら、au・Softbank・docomoのLTE回線を利用できて、通信制限もないどんなときもWiFiがオススメです。

また、「大容量を安価で使いたい!」というかたは、NEXT MOBILEがオススメですよ!

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する