閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

プロバイダを変更する前に!乗り換え手順と注意点、おトクなキャンペーンを紹介

プロバイダ変更

通信速度や利用料金、セキュリティの充実など、現在よりも快適なインターネット環境を求めてプロバイダーの乗り換えを検討している方も多いでしょう。

ですが、プロバイダー変更の手続き方法や選び方が分からずに困っている方も多いのではないでしょうか?

「今、使用しているプロバイダーは本当に良いものなの?」
「もっと安くできるのではないか?」

この記事では、そんな疑問をお持ちの方必見の、プロバイダーの変更方法と注意点、さらにはおトクなキャンペーンについて紹介していきます。

プロバイダーを変更する方法

では、早速プロバイダーを変更する方法について解説していきます。

プロバイダー変更とは

まずはプロバイダー変更とはどんなものか見てみましょう。

NTTなどの回線事業者が提供する回線を利用し、インターネットに接続できるようにするサービスを提供する接続業者のことをプロバイダーと呼びます。プロバイダー変更とは、この接続業者を変えることを意味します。

プロバイダーを乗り換えても利用する回線自体は変わらず、接続業者のみが変更です。

プロバイダー変更の手順

プロバイダー乗り換えの際は、旧プロバイダーと新しいプロバイダーそれぞれの手続きが必要です。

正しい手順で進めないとインターネットを利用できない期間が発生することもありますので、計画的に準備しましょう。

1.変更先のプロバイダーに申し込み

まずは変更先のプロバイダーへ申し込みましょう。

申し込みはプロバイダーの公式サイトから行うことができます。申し込みからサービス提供開始までの期間は、だいたい3日~1週間くらいが目安です。

2.使用中のプロバイダーの解約手続き

次に、これまで使用していたプロバイダーの解約手続きを行いましょう。

解約手続きの場合、インターネット上で手続きをるプロバイダーもありますが、大半のプロバイダーは解約窓口に電話で連絡をしなければいけません。

その上で、解約に必要な書類を送付してもらい、記入し終わったら返送する、という手順です。

工事は必要?

先述のとおり、プロバイダーとはインターネット接続業者ですので、回線とは関係ありません。プロバイダー乗り換えとは、インターネット接続の設定を変更することです。

したがって、プロバイダーを変更しても工事を行う必要はなく、これまで使用していた回線をそのまま使うことができます。

プロバイダー変更の注意点

プロバイダーを変更する際にはいくつかの注意点があります。

プロバイダー乗り換えの前にかならず確認してもらいたいポイントですので、忘れずにチェックしてください。

メールアドレスは変更or別途契約になる

プロバイダーを変更すると、プロバイダーから提供されているメールアドレスは基本的には変更です。メールアドレスが変わってしまうと困るという場合には、プロバイダーのメールのみを利用するコースを契約しましょう。

メールコースの料金はプロバイダーごとに異なりますが、だいたい200~400円程度です。

ただし、メールコースを提供していないプロバイダーもあります。メールアドレスを変更できない事情がある方は、事前に確認するようにしましょう。

プロバイダー利用料金が変わる

プロバイダーが変わると利用料金も変わります。

一カ月の差額は少なくても、年単位で考えると大きな差になることもありますので、乗り換え先は慎重に選ぶようにしましょう。

回線速度が変わる

インターネットの接速度は回線自体に依存すると言われているものの、実際にはプロバイダーによって回線速度は変わります。これはプロバイダー毎にバックボーン規模と利用者数が異なるためです。

バックボーン規模とは、どのくらいの人数まで安定した速度でインターネット接続ができるかというキャパシティのことです。利用者数はそのままですね。

そのエリアで同じプロバイダーを利用している人が多ければ多いほど、回線速度は遅くなっていきます。

自分のエリアでの評判などを参考に、後悔のないプロバイダーを選びましょう。

【関連記事】プロバイダーによって通信速度は変わる!失敗しないためのプロバイダー選び

違約金がかかる可能性がある

プロバイダーを乗りかえる際、契約時に指定された期限内に解約すると違約金がかかることがあります。一般的な期間は2年とされ、継続して利用すると月額料金が少し安くなるような契約です。

多くのプロバイダーでは、2年間の内たった1カ月しか無料で解約ができず、その期間以外に解約すると違約金が発生するしくみになっています。そのため、解約のタイミングを逃さないように契約を確認しておくことも大切です。

プロバイダーはキャンペーン利用でおトクに変更がおすすめ

各プロバイダーは乗り換えキャンペーンを用意しているため、上手にキャンペーンを利用することで、おトクに変更できます。

現在利用中のプロバイダー別に、おすすめの乗り換え方法をご紹介します!

auひかりを利用中の場合

auひかりはプロバイダー込みの支払い契約ですので、残念ながらプロバイダーのみの変更はできず、新規契約が必要です。

全7社あるauひかりのプロバイダーは基本料金が同じですが、各社キャンペーンが豊富なので違約金がない場合は結果としておトクになることもあります。

また、キャッシュバックキャンペーンが充実した代理店もありますので、違約金を支払ってもおトクになるケースもあるかもしれません。

ただし、戸建ての場合は乗り換えと解約を同時に進められますが、マンションプランでは解約後に新規契約をする必要があるため、その間の数週間はインターネットが使えない状況が発生するため注意しましょう。

【関連記事】auひかりでプロバイダーを変更したいときの裏ワザについて

最大106,000円キャッシュバック!お得なauひかり!

キャッシュバック

月額3,800円~!最大1Gbpsの高速インターネット!auならスマホ代が安くなる!・・・詳しく見る

フレッツ光を利用中の場合

フレッツ光ユーザーの方がプロバイダーを変更する場合には、プロバイダーのみの乗り換えと光コラボへの転用、二つの選択肢があります。

この二つの選択肢の違いをご説明します。

プロバイダーのみの変更

フレッツ光はプロバイダーと回線の契約がわかれているので、プロバイダーのみの乗り換えが可能です。

例えば、フレッツ光を利用中でプロバイダーはOCNの場合、フレッツ光の契約はそのままでOCNのみ解約して別のプロバイダーに変更できます。

ただし、フレッツ光の場合、プロバイダーによるサービス内容や料金の違いはほとんどないため、おトクさに関してはあまりメリットはありません。

【関連記事】変更すべき?フレッツ光のプロバイダの正しい選び方と乗り換えの注意点

光コラボへの転用がおトク

光コラボレーションとは、フレッツの光回線をOCNやソフトバンクなど、他の事業者が買い取って提供しているサービスのことです。

光コラボを提供している事業者はすべて共通のフレッツ回線を利用しているため、プロバイダーを変更しても回線工事の必要はありません。

そのため、フレッツ光から光コラボ、もしくは光コラボから別の光コラボへの変更は、「乗り換え」ではなく、「転用」と呼びます。

転用のメリットとして、通常乗り換える場合に必要になる違約金が発生しません。その上、光コラボへの転用にはキャンペーンが豊富なため、よりおトクにプロバイダーを変更できます。

【関連記事】光コラボレーションの転用まとめ!メリット・デメリットを調査

転用はスマホセット割が使える回線がおすすめ

光コラボへの転用を考えているのなら、現在利用中のスマートフォンとセット割が使える回線を選ぶことをおすすめします。

例えば、ドコモのスマホユーザーであれば、ドコモ光に転用すると月額2,000円程の割引が適用される場合があります。家族シェアパックなどを利用するとさらに割引額が増加します。

このように、スマホセット割が適用される光コラボへの転用は大きなメリットがあるのです。

光コラボは安くてお得!まずは料金シミュレーション

光コラボ料金シュミレーション

光コラボレーションならネット代、携帯代が安くなる!フレッツ光からの転用なら工事費不要!さらに高額キャッシュバックも!・・・詳しく見る

プロバイダー変更方法・注意点のまとめ

適切なプロバイダーを選ぶことで、回線速度を改善したり、料金をおさえたりできます。ただし、メールアドレスの変更や違約金などのデメリットがある場合もあるので、注意しましょう。

おトクにプロバイダーを乗り換えたい場合、乗り換えキャンペーンやスマホセット割の利用がおすすめです!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?人気光回線ピックアップ!

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事