閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

解約後のモバイルルーターは買取して貰える!売却手順や注意点まとめ

モバイルルーター 買取

モバイルルーターはレンタル契約でない限り、販売業者から「買い取り」した形です。

つまり、手元にあるモバイルルーターは解約後に自分の所有物となるため、契約終了後に売却することが可能。

この記事では、WiMAXなどのモバイルルーターが不要になった時の買い取り方法や注意点を解説します。

また、解約後、次に契約する回線を決めていないという方は以下がオススメですよ!

  • どんなときもWiFi:速度制限なしで、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用するため、通信が安定しやすい
  • GMOとくとくBB WiMAX:キャッシュバック最大34,600円。当社調べのプロバイダ10社の中で実質費用が1番安い
  • Broad WiMAX:初期費用や解約時の違約金無料が無料で乗り換えに最適
  • モバレコエアー:自宅でのみ使えるホームルーター。料金が他社ホームルーターに比べ圧倒的に安い

オススメ回線についても記事内で詳しく説明していますので、次の契約先が決まっていない人はぜひ参考にしてください。

WiMAXなどのモバイルルーターはどこで買取してもらえる?

中古品のモバイルルーターを買い取ってもらえる・売却できる場所はさまざまです。

自分の生活圏内にあるお店やインターネットを使って、不要になったモバイルルーターを売却しましょう!

まずは主な買い取り先を5箇所に分けてご紹介します!

ブックオフやゲオなどの総合リサイクルショップ

一番手っ取り早く日本全国幅広い場所でモバイルルーターを売却できるのは、ブックオフやゲオなどのリサイクルショップです。

スマホや携帯電話などが販売されているお店なら、モバイルルーターを買い取ってもらえる可能性があります。

念のため、事前に販売コーナーを確認しておくと良いでしょう。

モバイルルーターなどの電子機器専門店

スマートバイヤーやODNモバイルなど、モバイルWi-Fiルーターの買取専門店があります。

例えばスマートバイヤーは、以下の地域に店舗があります。

  • 梅田
  • 三宮
  • 京都
  • 天王寺
  • 江坂

しかし、モバイルルーター専門店は種類が少なく、なかなかお店に行けない方もいるでしょう。

店舗によってはインターネットや電話で査定を受けて買い取ってもらえるので、各店舗の公式サイトをチェックしてみてください!

インターネット

前項で紹介したスマートバイヤーを含め、インターネットでモバイルルーターを買い取ってもらえるお店がたくさんあります。

スマートバイヤーを例に、モバイルルーターの買い取りの流れを紹介しましょう。

  1. 「ネットでお買取」項目をクリック
  2. 自動査定システムを利用し、機種や支払状況、状態などを選択
  3. 買取金額が表示される
  4. 名前、メールアドレス等を入力して「次へ」
  5. 売却する商品や付属品、住所等の必要事項を入力し、身分証明書画像を添付して申し込む
  6. モバイルルーターを発送する
  7. 動作確認後に口座へ買取金額が振り込まれる

以上のとおり、手順はシンプルです。

買取相場は総じて低め

インターネット・実店舗ともに注意したいのは、いくら汚れ具合が少なくともモバイルルーターの買取相場は低いことです。

例えばauのモバイルルーター「W04 HWD35」は、スマートバイヤーで800円での買い取りとなっていました。

モバイルルーターは基本的に、専用の回線を使えるSIMカードがなければ通信できないため、スマホに比べて需要が低いために買取相場も下がっていると考えられます。

オークションやフリマアプリで売買する際の注意点

モバイルルーターはオークションやフリマアプリでも売却できますが、個人取引となるため後から動作不良などのクレームに悩まされる可能性もあり、注意が必要です。

中古ショップやモバイルルーター専門店での買い取りなら、購入者とのトラブルに悩まされることはありませんよ。

モバイルルーター買取時の注意点

モバイルルーターを買い取ってもらう際は、2点ほど注意したいことがあります。

ここからはモバイルルーター買い取り時の注意点を紹介するので、ね!

モバイルルーターの買取りは端末代の支払いが終わってから行おう

Y!mobileなどでモバイルルーターを分割購入している場合は、端末代金の残債があると買取金額が大幅に減額されてしまったり、お店によっては買い取ってもらえない場合があります。

分割購入の場合、前所有者が支払いを止めてしまうと利用制限がかかる可能性があるからです。お店にとってリスクが大きいため、あまり歓迎されません。

また、モバイルルーターの支払いが終わっていない段階だと、基本的に端末の所有権はまだ自分にないことにも注意が必要です。

モバイルルーターは、端末代の支払いが終わってから売却しましょう。

見積りはかならず行おう

事前に見積りをせずに買い取り手続きをすると、相場よりも買取価格を安く提示されていることに気が点けない可能性もあります。

モバイルルーターを売りたいお店で一度見積もり手続きを行い、金額に納得してから申込みましょう。

モバイルルーターを高価買取してもらうコツ!

モバイルルーターを高価買取してもらうには、4つのコツがあります。

ここからはモバイルルーターを高価買取してもらうためのコツを解説するので、参考にしてくださいね!

汚れや傷がないか確認しておこう

モバイルルーターの売却前に、しっかり端末の状況を確認し、使用感が少ない状態に近づけておきましょう。

汚れなどの使用感が多いまま見積りや売却に出すと、高価買取はしてもらえなくなります。

箱やオプション品などはできるだけ完璧にそろえる

モバイルルーターの端末のみを売るのとオプション品や箱をセットで売却するのとでは、買取金額に大きな違いがあります。

モバイルルーターを売るなら、ご説明書や箱など付属品をすべてそろえて売るのがオススメです。まだ手元に残っているなら、忘れずに用意しましょう。

これからモバイルルーターを買うなら、売却時の金額を大きくするためかならず箱やオプション品を捨てずに取っておきましょう。

動作確認は事前に行おう

査定時に端末が壊れていたことがわかると、買い取りがキャンセルになったり大幅に減額されてしまいます。

また、オークションなどでの個人取引で発送後に端末が壊れていたことがわかると、大きなトラブルになってしまうでしょう。

モバイルルーターを売却する際は、どこで売るとしてもかならず事前に動作確認をしておきましょう。

モバイルルーターの売却は早めに行おう

モバイルルーターは続々と新商品が出てくるので、現在お持ちの機種が最新のものでも、1~2年たってしまえば古い機種となってしまいます。

古い機種は買取金額も大幅に下がってしまいます。モバイルルーターを使わないのなら、早めに売却を済ませましょう。

モバイルルーターの買取価格相場を比較しよう

複数のサイトにおけるモバイルルーターの買取価格を調べられる、買取価格相場比較サイトがあります。

より高い金額でモバイルルーターを買い取ってもらいたい場合は、買取価格相場を比較しましょう。

買取価格の相場比較にオススメのサイトは、ウリドキヒカカクの2種類です。

例えばヒカカクで「GL04P」というモバイルルーターの買取価格を比較すると、第1位は「BUY王」の2,100円、最低金額は「BuyKing」の100円でした。

モバイルルーターを高く売りたい時は、よりお得に売れる店舗はどこか調べましょう。

また、買取価格の相場比較サイトに記載がない業者もあるので、サイトだけに頼らず自分でさまざまな大手サイトもチェックするのがオススメです!

解約後、次に契約するのにオススメの回線を紹介!

今回は当社がオススメするモバイルルーター2つと、自宅で契約したい人のためにオススメのホームルーターを紹介します。

結論、どこを契約するのがいいかというと、以下の3つ。

  • どんなときもWiFi:au・ソフトバンク・ドコモの大手キャリア回線を利用でき、速度制限なし
  • WiMAX:充実したキャンペーンを実施しているプロバイダが多く、速度が速い
  • モバレコエアー:自宅でのみ使えるホームルーター。料金が他社ホームルーターに比べ圧倒的に安い

次から詳しく紹介していきますので、参考にしてくださいね。

モバイルルーター1:どんなときもWiFi

<2020年4月3日~>
どんなときもWiFiの新規受付停止について
どんなときもWiFiは4月3日~新規受付を停止しています。
モバイルルーターのご契約をお考えの方は、WiMAXも視野に入れて検討してみましょう。
WiMAXならGMOとくとくBB WiMAX
・4月限定最大34,700円キャッシュバック!
WiMAXのレビュー記事はこちら
またどんなときもWiFiと同じクラウドWiFiの契約をお考えの方は、MugenWiFiがオススメです。
・月額3,280円~
・30日間お試し期間あり
ポケットWiFiのランキング記事はこちら

どんなときもWiFi

  • ドコモ・au・ソフトバンクの大手3大キャリアの回線を利用して通信
  • 使えるエリアが広く、速度が安定して出やすい
  • 速度制限がない
  • 速度制限を気にせずモバイルルーターを使いたいという人にもどんなときもWiFiはオススメです!

    ちなみに、料金は以下のとおり。

    月額料金
    クレジットカード払い
    1~24ヶ月目:3,480円
    25ヶ月目以降:3,980円
    口座振替払い
    1~24ヶ月目:3,980円
    25ヶ月目以降:4,410円

    気になる方は、以下から公式サイトをチェックしてみてくださいね!

    どんなときもWiFiの申込・詳細チェック
    どんなときもWiFi公式:https://donnatokimo-wifi.jp/

    モバイルルーター2:WiMAX

    WiMAXはプロバイダごとに月額料金や実質費用、キャンペーンが異なります。

    当社が調査した10社を比較して、オススメのプロバイダを見てみましょう!

    月額料金
    (ギガ放題プラン)
    3年間の
    実質料金
    GMOとくとく WiMAX
    (キャッシュバック)
    • 1~2か月目:3,609円
    • 3か月目~4,263円
    120,160円
    JPWiMAX
    • 1~2か月目:2,800円
    • 3~24カ月目:3,500円
    • 25か月目以降:4,100円~
    123,800円
    GMOとくとくWiMAX
    (月額料金割引)
    • 1~2か月目:2,170円
    • 3~36カ月目:3,480円
    • 37か月目以降:4,263円
    125,660円
    BIGLOBE WiMAX
    (キャッシュバック)
    • 1~2か月目:3,695円
    • 3か月目~:4,380円
    129,310円
    Broad WiMAX
    • 1~2か月目:2,726円
    • 3~24カ月目:3,411円
    • 25か月目以降:4,011円
    131,626円
    BIGLOBE WiMAX
    (月額料金割引)
    • サービス開始月:0円
    • 1~36か月目:3,620円
    • 36か月目以降:4,380円
    133,320円
    UQ WiMAX
    • 1~3か月目:3,696円
    • 4か月目以降:4,380円
    142,628円
    au WiMAX
    • 月額4,380円
    160,680円

    ※2020年1月時点の情報です。
    ※月額料金は税抜金額です。
    ※月額料金は3年・ギガ放題プランの場合の料金です。
    ※3年間の実質費用は初期費用3,000円もプラスした金額です。
    ※実質費用は割引・キャッシュバックを適用した金額でセット割は含んでいません。

    月額料金の安さを重視するならGMOとくとくBBWiMAXがオススメです!

    GMOとくとくBBWiMAXでは、毎月の月額料金が3,609円~4,263円から利用できるだけでなく、新規申し込みから11か月目に最大35,000円キャッシュバックが受け取れます。

    また、3年間の実質料金は120,160円と今回比較した中では最安ですよ!

    GMOとくとくBB WiMAX
    の申込・詳細チェック
    GMOとくとくBB(キャッシュバック):https://gmobb.jp/
    ※3月限定34,800円キャッシュバック

    また、現在他社でポケットWi-Fiを契約している方は、BroadWiMAXの契約がおすすめですよ!

    BroadWiMAXでは、他社のポケットWi-Fi解約で発生した違約金19,000円までをキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

    さらに、初期費用無料キャンペーンや、端末代無料キャンペーンも開催中!

    詳しくは、BroadWiMAXの公式サイトまたは下記の記事を参考にしてくださいね。

    Broad WiMAXの申込・詳細チェック
    Broad WiMAX公式:https://wimax-broad.jp/
    ※他社違約金19,000円還元

    ホームルーター:モバレコAir

    自宅でのみ利用するという人はホームルーターがオススメ!

    ホームルーターの中でも特にオススメなモバレコAirは月額料金が安いんです。

    ちなみに、モバレコAirとは、SoftBank Airの契約を代理しているサービスです。

    速度やエリアなどはSoftBank Airと全く同じですよ。

    実際にWiMAXホームルーター・SoftbankAir、モバレコAirで月額料金と実質費用を比較しました。

    月額料金 キャッシュバック 3年間実質料金
    GMOとくとくBB WiMAX 1~2か月目:3,609円
    3~24カ月目:4,263円
    25か月目以降:4,263円
    31,500円 123,660円
    SoftbankAir 4,880円 178,680円
    モバレコAir 1ヶ月目:1,970円(日割り)
    2ヶ月目:1,970円
    3~24ヶ月目:3,344円
    25ヶ月目以降:4,880円
    28,000円 111,060円

    ※2020年1月時点の情報です。
    ※月額料金は税抜金額です。
    ※3年間の実質費用は初期費用3,000円もプラスした金額です。
    ※GMOとくとくBBについてはキャッシュバックキャンペーン適用時の料金です。
    ※GMOとくとくBBは最新ホームルーター機種L02のキャッシュバック金額です。

    Softbank Airの実質費用は、WiMAX、モバレコAirよりも高くなっていますね。

    対して、SoftBank Airの契約を代理しているサービス「モバレコAir」は、WiMAXの中でも最安値のGMOとくとくBBWiMAXよりも3年間の実質費用が12,600円もお得です。

    コストパフォーマンス重視でホームルーターを選ぶなら、モバレコ Airを検討してみるのもオススメです!

    しかし、モバレコ AirはWiMAXに比べて速度が速いわけではないのを覚えておきましょう。

    • モバレコAir(Airターミナル4):下り最大481Mbps(一部エリアでは962Mbps)
    • WiMAX(L02):ハイスピードエリアモードかつ有線接続で1Gbps(無線接続の場合:867Mbps)

    上記の速度を理解した上でWiMAXとモバレコAirを検討し、それでも安いほうがいいという方は、ぜひモバレコAirの申し込みを考えてみてくださいね。

    モバレコエアーの申込・詳細チェック
    モバレコ公式:https://air-mobareco.jp/
    SoftBank Airのアライアンスモデル

    モバレコAirのサービスについて詳しく紹介した記事も用意していますので気になる方はあわせてご一読ください。

    まとめ

    モバイルルーターの買取は実店舗やインターネットなどさまざまな場所でますが、全体的に相場が低いことに注意が必要です。

    相場は発売日から日がたつほど下がっていくので、不要になったモバイルルーターを高く売りたい場合はできればその日のうちに手続きをはじめてしまうのがオススメですよ!

    また、まだ解約後に契約する回線を決めていないという方は以下がオススメです。

    • どんなときもWiFi:速度制限なしで、ドコモ・au・ソフトバンクの回線を利用するため、通信が安定しやすい
    • GMOとくとくBB WiMAX:キャッシュバック最大35,000円。当社調べのプロバイダ10社の中で実質費用が1番安い
    • Broad WiMAX:初期費用や解約時の違約金無料が無料で乗り換えに最適
    • モバレコエアー:自宅でのみ使えるホームルーター。料金が他社ホームルーターに比べ圧倒的に安い

    自分にとって重要視するものはなんなのかを基準にして契約先を決めてくださいね!

    \ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
    ※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
    ☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」

    このページをお気に入りに追加する

    このページをお気に入りから削除する