閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

【初心者向け】インターネットのプロバイダ変更方法・注意点を解説

プロバイダ 変更

インターネット回線そのものを変えなくても、プロバイダを変更するだけで、通信速度や料金を改善できることがあります。

この記事では、インターネットのプロバイダだけを変更する方法と注意点をまとめました。

フレッツ光やドコモ光などのインターネット回線でプロバイダ変更にお悩みの方は、ぜひご覧ください。

プロバイダ変更前に確認!料金や速度に不満を持っている場合の改善法

通信速度や料金に不満をお持ちの方は、プロバイダを変更して状況改善を図るというのも、1つの良い方法です。

しかし、プロバイダを変更しなくても速度や料金を改善できるケースもありますので、まずは次の方法を試してみてください。

料金に不満を持っている場合は不要なオプションを解約しよう

料金が割高なのは、不要なオプションに加入しているからかもしれません。

インターネット回線の会員ページとプロバイダの会員ページへアクセスし、現在加入中のオプションを確認後、不要なオプションサービスがあればすべて解約しましょう。

プロバイダの速度に不満を持っている場合の改善方法

インターネット回線の通信速度が遅いのは、契約プランや周辺機器に問題があるからかもしれません。

次の3点をチェックしてみてください。

契約プランを確認しよう

光回線の契約プランは、すべて最大速度1Gbpsのプランというわけではありません。

1Gbps以外にも最大速度が200Mbpsや100Mbpsといったプランもありますので、利用中のプランの最大速度を確認しておきましょう。

周辺機器の規格が古くないか確認しよう

契約プランが最大1Gbpsの高速プランであっても、無線LANルーターやLANケーブルの規格が1Gbpsの速さに対応していないときは、高速通信が利用できません。

以下の表を参考に、お使いの機器が1Gbpsの高速通信に対応しているかチェックしてください。

無線LANルーター
LANケーブル
IEEE802.11ac、IEEE802.11n
CAT5e、CAT6、CAT6A、CAT7

IPv6・v6プラスに接続して高速通信ができる

インターネットへの接続方式は、従来の接続方式であるIPv4とは別に新接続方式のIPv6があります。

両方の接続方式を利用できるv6プラスが適用されると、通信速度を大きく改善することも可能です。

現在利用中のプロバイダでv6プラスが選択できるときは、ぜひv6プラスに申し込んでください。

インターネットのプロバイダ変更方法

プロバイダの月額料金が高すぎる場合や、通信速度の改善を図っても効果がない場合は、プロバイダを変更してみましょう。

プロバイダの変更は、次の手順で実施します。

  1. 新しく契約したいプロバイダに申し込む
  2. 新しいプロバイダの接続・設定を行う
  3. 契約しているプロバイダを解約する

次の項目から、順にチェックしていきましょう。

1.新しく契約したいインターネットプロバイダに申し込む

現在ご利用中のプロバイダを解約してから乗り換え先のプロバイダに申し込むと、インターネットが利用できない期間が生じてしまうことがあります。

かならず現在のプロバイダを解約する前に、新しいプロバイダに申し込みを行いましょう。

2.新しいインターネットプロバイダの接続・設定を行う

プロバイダを変更したときは、インターネットの接続設定もし直さなくてはなりません。

プロバイダから設定方法についてのマニュアルが届きますが、大抵は次の手順で設定しなおします。

  1. パソコンのコントロールパネルを開く。
  2. ネットワークのセットアップができるページを開く。
  3. ブロードバンド方式を選択し、プロバイダ業者から送付されたIDとパスワードを入力する。
  4. 接続ボタンを押し、コントロールパネルを閉じる。

設定ができない・わからない場合は契約したプロバイダに連絡しよう

上記の方法で設定できないときやID・パスワードを紛失したときは、プロバイダのサービスセンターに問い合わせましょう。

遠隔操作で接続設定をガイドしてもらったり、パスワード等を再発行してもらえますよ。

3.新しいプロバイダに接続出来たら契約しているプロバイダを解約する

新しいプロバイダに申し込んだら、現在のプロバイダを解約しましょう。

プロバイダによっては解約月の月額料金が日割り計算されない場合もありますので、解約タイミングを賢く選ぶようにしてくださいね。

インターネットのプロバイダ変更で発生する料金

インターネットプロバイダを変更する際、変更手数料を請求されることがあります。

たとえばドコモ光では、プロバイダを変更するときは約3,000円(税抜)の事務手数料が請求されます。

プロバイダの違約金が発生する場合があるので注意

プロバイダの乗り換え時、プロバイダの解約違約金が発生する場合があります。

プロバイダから違約金を請求されるのは、主に次の3つのパターンです。

1つ目は、プロバイダに最低利用期間が定められているとき。

最低利用期間以内に解約すると、数千円ほどの解約料を請求されます。

2つ目は、解約更新月が定められているとき。

たとえば2年間で契約が自動更新するタイプのプロバイダなら、契約更新月以外のタイミングで解約すると、解約違約金を請求されてしまいます。

そして3つ目は、キャンペーンが適用されているときです。

キャッシュバックなどのキャンペーンが適用される条件として最低利用期間が定められていると、最低利用期間内に解約すると、違約金を請求されるだけでなく、キャッシュバックの返還を求められることもあります。

インターネットでプロバイダを変更する場合の注意点

インターネットの料金や速度に不満があるときは、プロバイダを変更することで状況改善が期待できることもあります。

しかし、「変更しなければ良かった…」と後悔するケースもありますので、かならず次の4点にご注意ください。

メールアドレスが利用できなくなる

プロバイダで発行されたメールアドレスは、プロバイダ変更後は利用できません。

プロバイダ解約後もメールアドレスを利用したい方は、各プロバイダでメールアドレスだけ残すサービスを実施していないか確認してください。

たとえばSo-netなら月額税抜き200円でメールアドレスだけ利用できるコース(モバイルコース)を提供していますし、BIGLOBEでも月額税抜き200円でメールアドレスを利用できるベーシックコースを提供していますよ。

プロバイダの変更で工事は必要ない

プロバイダの変更には、工事は不要です。

契約してインターネットの接続設定さえすれば、すぐに新たなプロバイダを利用できます。

プロバイダが変更して通信速度が向上するとは限らない

プロバイダを変更したとしても、かならずしも通信速度が向上するとは限りません。

プロバイダの乗り換えで速度が向上する見込みがあるか、事前にプロバイダの口コミ評判を調べておくのも手段の一つです。

プロバイダを変更するならIPv4 over IPv6で通信できるプロバイダを選ぼう

速度改善目的でプロバイダを変更するなら、IPv6も利用できるv6プラスやIPv4 over IPv6が提供されているプロバイダを選びましょう。

利用できる接続方式を増やすことで、通信速度の改善が見込みやすくなりますよ。

プロバイダの乗り換えができないインターネット回線がある

フレッツ光やドコモ光は、プロバイダだけの変更が可能な光回線です。

しかし、中にはプロバイダ変更ができない光回線事業者もあります。

auひかりはプロバイダ変更できない

auひかりは一度契約すると、プロバイダだけを変更するということはできません。

どうしてもプロバイダを変更したいときは、auひかりを解約し、再度別のプロバイダでauひかりを契約してください。

光回線によってはプロバイダが固定されている場合がある

たとえば、NURO光ならSo-net、ソフトバンク光ならYahoo!BBなど、選択できるプロバイダが1つしかない光回線もあります。

プロバイダの選択肢が1つのみのときは、当然ですが、プロバイダ変更は不可能です。

引越しの際はプロバイダ変更よりも光回線ごと解約の方がお得

引っ越しを機にプロバイダを変更しようと考えているのなら、プロバイダだけでなく光回線そのものも変更してみてはいかがですか?

新規契約者が利用できるキャッシュバックなどのキャンペーンを提供している業者もあるため、プロバイダだけを乗り換えるよりもお得になることがありますよ。

申し込みの前にチェック!
あなたにぴったりのネットを診断!

フレッツ光ナビでの診断がお得なポイント

  • おすすめネット診断なら、生活の中でのニーズにあったインターネットがすぐにわかる!
  • 料金比較シミュレーションなら、乗り換え後にどれだけ安くなるか比較できる!

まとめ

インターネットのプロバイダ変更は、次の手順で行います。

  1. 新しく契約したいプロバイダに申し込む
  2. 新しいプロバイダの接続・設定を行う
  3. 契約しているプロバイダを解約する

工事も不要ですし、電話で契約・解約できるプロバイダ業者もあるため、手間をかけずに変更作業が完了します。

また、インターネットプロバイダの変更前には下記の3点を必ず確認してから変更手続きをするようにしてくださいね。

  • プロバイダのみの変更が可能なのか
  • 解約違約金等のペナルティが発生しないか
  • プロバイダで利用しているサービスが使えなくなっても構わないか

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る