閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光はIPoE方式でIPv6接続が可能!対応プロバイダ一覧

ドコモ光 ipoe

ドコモ光は利用者が多いため、アクセス集中のために夜間の回線速度が低下するケースがあります。

しかし、対応するプロバイダで「IPv6接続」の「IPoE方式」を利用すれば、回線速度が上がり快適にインターネットを使えます。

この記事では、ドコモ光のIPoE方式による高速接続サービス(IPv6接続)に対応するプロバイダについて解説します。

回線速度を重視するなら、通信速度を安定させる次世代規格「v6プラス」に対応しているプロバイダ「GMOとくとくBB」がおすすめですよ!

\v6プラス対応プロバイダ、最大15,000円キャッシュバック中!/
GMOとくとくBBのキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

速度重視ならプロバイダ「GMOとくとくBB」!最大15,000円キャッシュバック実施中

回線速度を重視するなら、通信速度を安定させる次世代規格「v6プラス」に対応しているプロバイダ「GMOとくとくBB」がオススメです。

GMOとくとくBBなら、他にも以下のようなメリットがあります。

  • 最大15,000円のキャッシュバックを受け取れる
  • 新規工事料無料特典(公式:2019年9月~終了日未定)
  • dポイント最大10,000ポイントプレゼント(公式)
  • 面倒な設定もなくv6プラスが利用可能
  • v6プラス対応の無線LANルーターを無料でレンタルできる
  • 訪問サポートが初回無料

これからドコモ光に申し込みを考えている方は、高速インターネットをお得に楽しめるGMOとくとくBBのキャンペーンページをチェックしてみてください!

\v6プラス対応プロバイダ、最大15,000円キャッシュバック中!/
GMOとくとくBBのキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光はIPoE方式でのIPv6接続・v6プラス接続が可能

ドコモ光は、IPoE方式でのIPv6接続に対応しています。

光回線のなかにはIPoE方式によるIPv6接続に対応していないものもありますが、ドコモ光なら利用が可能なのでご安心ください。

IPoE方式によるIPv6接続は従来使われていたIPv4接続と違い、インターネット通信を行う時にISPを経由した「ネットワーク終端装置」での「認証」が不要です。

IPv4接続では認証作業のために回線が混み合っていましたが、IPoE方式のIPv6接続なら認証が不要なので回線が混み合いづらく、結果として速度も速くなるのです。

ただしIPoE方式のみを使ってインターネットをする場合は、IPv4接続にしか対応していないサービスを利用できないデメリットがありました。

しかしドコモ光のプロバイダのなかには、v6プラスに対応するプロバイダもあります。
v6プラスでは、IPoE方式によるIPv6接続と従来の「IPv4」接続を必要に応じて自動で使い分けられ、IPv4接続にしか対応していないサイトも閲覧できます。

v6プラスなら対応する接続方式に合わせてわざわざ設定を変更する手間がかからないので、より快適・高速でインターネットを利用できますよ。

v6プラスの特徴やメリットは以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はチェックしてみてください。

ドコモ光はPPPoE方式でIPv6接続ができない

IPv6接続には、PPPoE方式とIPoE方式の2種類があります。

以下の表で、PPPoE方式とIPoE方式の違いを解説していますので参考にしてくださいね!

<PPPoe方式とIPoE方式の特徴と速度>
PPPoe方式
IPoe方式
特徴
ISPを経由・認証が必要で混雑しやすい
ISPを経由せず、認証が不要で混雑しにくい
速度
速くならない
速くなる

上記の表のとおり、PPPoE方式を使う場合では通信速度はとくに速くならないため、速度面でのメリットはあまり感じられません。

ではPPPoE方式のメリットは何なのでしょうか。

以下の記事で詳しく解説しています。

ドコモ光のIPoE方式IPv6接続対応プロバイダ一覧

ドコモ光でIPoE方式によるIPv6接続に対応しているプロバイダは、以下の26社です。

<IPoE方式 IPv6に対応しているプロバイダ>
プロバイダ一覧
ドコモnet、ぷらら、So-net、BIGLOBE、DTI、BB.excite、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、01光コアラ、andline、U-Pa!、@ネスク、hi-ho(ハイホー)、GMOとくとくBB、IC-net、Tigers-net.com、TiKi TiKi、SIS、ASAHIネット、@nifty、@TCOM、TNC、OCN、WAKWAK(ワクワク)、@ちゃんぷるネット

上記のプロバイダなら、IPv6接続ができるのでインターネットを快適に使えますよ。

各社のサービス内容等を合わせて比較し、契約先を検討しましょう。

オススメのプロバイダはOCN・ぷららなどの大手プロバイダ

前項目ではIPoE接続に対応するプロバイダを一覧で紹介しましたが、オススメは大手プロバイダです。

ぷららやOCN、So-netなどは、あまりインターネットに詳しくない人でも家電量販店などで名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

現在フレッツ光等で、該当するプロバイダを使っている方もいるかもしれませんね。

大手プロバイダを選ぶメリットは、サポート対応やサービスの改善などがしっかりしていることです。

また大手プロバイダなら利用者からの評判や質問・回答がSNSなどでたくさん見つけられるため、何かプロバイダのサービスに関するわからないことがあった時にも調べて解決しやすいのが大きなメリットですね。

あまり有名でないプロバイダだと利用者が少ないため、トラブル時に自分で調べても問題を解決できない可能性があります。また、サポートセンター等の対応が悪い可能性もありますので注意しましょう。

IPoE方式でのIPv6接続に対応するプロバイダを選ぶ際はできるだけ大手の有名プロバイダに絞って、契約先を選ぶのがオススメです!

大手プロバイダの中でも「ぷらら」に申し込むと、以下のようなメリットがあります。

  • オプションなしで最大15,000円キャッシュバックを受け取れる
  • IPv6(IPoE)対応の無線LANルーターを無料でレンタルできる
  • 訪問サポート初回無料
  • セキュリティソフトが24ヶ月間無料

大手有名プロバイダの中から選ぶ場合は、ぷららで実施中のキャンペーンがお得です!

\セキュリティソフトが24ヶ月間無料!最大15,000円キャッシュバック中/
ぷららのキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ドコモ光の各プロバイダはIPoE方式でのIPv6接続が基本無料!

IPoE方式のIPv6接続は速度が改善される可能性があるため料金がかかるのではないか?と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。

うれしいことに、ドコモ光なら基本的にどのプロバイダでもIPoE方式IPv6接続は月額費用無料で利用できます。

ただしサービス内容は変化することもあります。念のため利用するプロバイダのIPv6に関する情報ページを確認してから、申込み手続きを行ったほうが安心ですね。

【ドコモnet版】IPoE方式でのIPv6利用までの流れ

次に、東日本エリア・西日本エリアにおいてIPoE方式によるIPv6を利用するまでの手続きの流れを解説します。

例として、ドコモ光をタイプAに含まれるプロバイダ「ドコモnet」で申し込む場合を想定してご説明しますので参考にしてくださいね!

東日本エリアの場合

東日本エリアの場合は、以下の手順でIPv6を利用できます。

  1. ドコモ光をドコモnetと合わせて申し込む
  2. ドコモ光の開通工事を終える
  3. およそ1週間後に、IPv6インターネット接続が開通される

開通工事から1週間後にIPv6インターネット接続が開通されるまではPPPoE方式でしかインターネットを使えないので、注意しましょう。

西日本エリアの場合

西日本エリアでドコモ光+ドコモnetを申し込む場合、以下の手順でIPv6を利用できます。

  • ドコモ光をドコモnetと合わせて申し込む
  • ドコモ光の開通工事が終了する
  • およそ1週間後にIPv6インターネット接続が開通する

東日本と同様に、IPv6インターネット接続の開通まではPPPoE方式のみしか利用できないので注意が必要です。

そして、2016年10月以前にドコモnetを申し込んでいる場合は、別途IPv6インターネット接続の申込みが必要です。

ドコモnetの申し込みページから手続きをすれば、2~3週間後にIPv6接続対応のインターネット接続が使えますよ。

すでに回線が開通している場合は、IPv6を別途申し込む必要がある

ドコモnet以外も含め、各種プロバイダですでにドコモ光を利用していてIPv6をまだ利用していない場合は、基本的に申し込み手続きが必須です。

申込みから利用開始までの日数は各社で異なる場合があるので、申込み時に確認しておきましょう。

まとめ

ドコモ光は、IPoE方式によるIPv6接続を利用すればより高速で通信できるようです。

速度に悩んでいる方は、IPoE方式のIPv6接続対応プロバイダと契約している場合、サービスを申込んで利用してみてはいかがでしょうか。

また、IPoE方式のIPv6接続対応プロバイダと契約していない場合は、プロバイダ契約の見直しを行ってみてもよいですね。

利用しているプロバイダに問い合わせて申し込みを行うだけで実質無料で高速通信サービスが利用できるためオススメです!

IPv6接続対応のプロバイダなら、最大15,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中のGMOとくとくBBがオススメですよ!

\ 【最新】ドコモ光のおすすめ申込窓口 /
【GMOとくとくBB】
dポイント最大20,000pt
+15,000キャッシュバック
☞ 詳細はこちら「【2019年最新版】ドコモ光を一番お得に申し込めるキャンペーンはココ!」
ドコモ光のおすすめ申込窓口