閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

ドコモ光ミニは契約すべきではない?検討中の人必見!おすすめできない理由

ドコモ光には「ドコモ光ミニ」という戸建て専用プランがあります。

月額料金が税抜き2,700円~と安く設定されていますので、他のプランとくらべるとおトクなプランのように思えますよね。

しかし実は、ドコモ光ミニを契約することで割高になっている場合もあり、積極的におすすめはできません。今回は、なぜドコモ光ミニはおすすめできないのか、どのような条件下ならドコモ光ミニがおトクになるのかについて解説します。

ドコモ光ミニはどんなプラン?

まず、ドコモ光ミニは戸建て用プランで、マンションプランは存在していませんので注意しましょう。

次に、ドコモ光ミニは2段階定額制のプランになっています。

2段階定額制プランとは、インターネットのデータ通信量が一定量を超えないときは基本料金のみの支払いで良いのですが、通信量が一定を超えると、使ったデータ通信量に応じて追加料金を支払わなければならないプランです。

しかし、上限料金も決まっていますので、どんなに利用しても法外な料金が請求されることはありません。

以下の表にまとめましたので参考にしてくださいね!

<ドコモ光ミニ 通信量と月額料金>
1ヶ月のデータ通信量
月額料金
200MB以下
2,700円
200MB超1,200MB未満
10MBごとに30円
1,200MB以上
5,700円

※料金はいずれも税抜き表示です。

例えば、1ヶ月に300MBを利用したときの月額料金は、次のように計算できます。
2,700円(200MB分の料金)+10MB(200MBを超過したデータ通信量)×30円=3,000円

ドコモ光ミニをおすすめしない理由

使ったら使った分だけ支払わなければいけないドコモ光ミニ。

一見、無駄のない優れたプランであるかのように見えます。実際に、ドコモ光の他のプランからミニに変更することで月額料金が安くなった人もいますが、多くの人は、ミニ以外のプランの方がおトクなことが多いのです。

ドコモ光ミニをおすすめしない理由として、次の4つをあげることができます。

ネットを頻繁に使う人はドコモ光ミニの月額料金が割高

インターネットを頻繁に使うなら、すぐにドコモ光ミニの上限料金(税抜き5,700円)に到達してしまいます。

しかし、ミニ以外のタイプA、タイプB、タイプC、単独タイププランはすべてデータ通信量使い放題ですので、通信量を気にせずに利用できます。

しかも、ミニ以外のプランは、すべてミニよりも月額料金が低く設定されています。

下記の表で、ミニと同じくプロバイダ料金を含まない単独タイプを比較しましたので、確認してみてくださいね!

<ドコモ光ミニの月額料金>
単独タイプ

(データ通信量使い放題プラン)
ミニ
2年定期契約
5,000円
2,700~5,700円
利用期間の設定なし
6,500円
4,200~7,200円

※いずれの料金も税抜き表示です。

いかがでしょうか。上記の表を見ると、単独タイプはデータ通信量が使い放題なのにもかかわらず、ミニの上限料金よりも低い価格設定になっていることがわかります。

頻繁にインターネットを利用する人には、ミニ以外のプランが良いことがはっきりとわかりますね。

また、単独タイプ、ミニはプロバイダ料金を別で支払わなければいけませんが、タイプA、タイプB、タイプCに関してはプロバイダ料金込みの料金設定になっており、さらにおトクです。

ミニ以外のプラン料金が知りたい方は、下記の記事を確認してみてくださいね!

200MBとはどのくらいの通信量?

1ヶ月のデータ通信量を200MB程度に収めることができるなら、他のプランを選ぶよりもミニを選ぶ方がおトクです。

では、データ通信量200MBとは、どのくらいの使用量なのでしょうか。具体的には、次のケースに1つでも当てはまるとデータ通信量が200MBに達してしまいます。

  • サイトを133ページ以上閲覧する
  • ユーチューブを標準画質で90分視聴する
  • ユーチューブを高画質で18分視聴する

1ヶ月以内にこれらの基準のうちの1つでも超えてしまいそうな人は、ドコモ光ミニ以外のプラン(データ通信量使い放題プラン)を選ぶようにしてください。

「今日はどのくらいデータ通信量を使ったかな?」と考えながらインターネットを使うよりも、データ通信量無制限プランで気兼ねなくインターネットを利用する方が精神的負担も少ないですよ。

プロバイダ料金は別途支払う必要あり

ミニは、プロバイダ料金がセットになったセット料金は設定されていません。そのため、毎月の基本料金(2,700~5,700円)に加え、プロバイダの料金も支払わなくてはなりません。

一方、ミニ以外のプランには、ミニと同じくプロバイダ料金を別払いにする「単独プラン」もありますが、プロバイダ料金がセットになったプランも用意されています。

2年定期契約のセット料金は5,200~5,400円(選択するプロバイダによって200円の違いがあります)ですし、利用期間の縛りがない契約でもセット料金は6,700~6,900円です。

つまり、契約期間にかかわらず、ミニの上限料金5700円よりもデータ通信量使い放題プランの方が安く設定されているのです。

利用が可能なプロバイダは?

ミニで利用できるプロバイダは、基本的にはミニ以外のプランで利用できるプロバイダと同じです。

しかし、プロバイダによってはミニが利用できない可能性がありますので、かならず契約する前にプロバイダの問い合わせセンターにミニを利用できるかどうか尋ねてみましょう。

なお、ミニ以外のプランで利用できるプロバイダには、以下のものがあります。

<ミニ以外のプランで利用が可能なプロバイダ一覧>
プロバイダ一覧

ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、DTI、Tigers-net.com、BIGLOBE、excite、andline、IC-net、U-Pa!、@nifty、エディオンネット、シナプス、TiKiTiKi、楽天ブロードバンド、hi-ho、コアラ、@ネスク、SIS、@Tcom、OCN、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット、株式会社シー・ティー・ワイ、株式会社ケーブルネット鈴鹿、近鉄ケーブルネットワーク株式会社、株式会社エヌ・シィ・ティ、株式会社ニューメディア、株式会社テレビ小松、多摩ケーブルネットワーク株式会社、香川テレビ放送網株式会社、株式会社秋田ケーブルテレビ

※タイプA、タイプB、タイプC、単独タイプで利用できるプロバイダをまとめたものです。
※タイプによって利用できるプロバイダが変わりますのでご注意ください。

ドコモ光ミニの通信速度はドコモ光の1/10程度

割高な料金設定になっているだけでなく、データ通信量の制限が厳しいドコモ光のミニ。

デメリットはそれだけではありません。

なんと、最大通信速度も他のプランとくらべると10倍も遅いのです。

<最大通信速度比較>
データ通信量使い放題プラン
ミニ
最大通信速度
1Gbps(=1,000Mbps)
100Mbps

そもそもドコモ光ミニは、インターネットをほとんど利用しない人を対象としたプランのため、速度設定も低めにされているようです。

やはり、ネットを頻繁に使う人には向いていないプランであることがわかりますね。

光複数割の適用外

ドコモ光では、家族で2回線以上を利用するときは、2回線目以降の月額料金が300円割り引かれる光複数割という割引を実施しています。

離れて暮らす家族がいる場合なら、少しでも通信料が安くなることはうれしいですよね。

しかし、ドコモ光ミニは光複数割の適用外です。

そのため、ミニを複数契約している場合も、その他のプランとミニを1つずつ契約している場合も、光複数割は適用されません。

ドコモ光人気No1窓口

ドコモ光がお得なポイント

  • キャンペーンで初期工事費無料
  • 最大15,000円キャッシュバック
  • ドコモdポイント最大30,000ptプレゼント
  • ドコモ光セットでスマホ料金が年間最大42,000円割引
  • ドコモ割プラスで年間最大30,000円割引

ドコモ光ミニを契約するメリットがある人とは

ほとんどインターネットを利用しない人なら、毎月の最低料金2,700円(契約期間を定めないときは4,200円)とプロバイダ料金だけを支払えば良いわけですから、ドコモ光の他のデータ通信量使い放題プランを選ぶよりもおトクに契約できます。

また、インターネットをほとんど利用せず、光電話だけを利用している場合には、ミニを選ぶ方が良いでしょう。

光電話はNTTの加入電話よりも月額基本料金が安いだけでなく、通話料も格安に設定されています。しかし、光電話を導入するにはインターネット回線の導入が必須ですので、ミニで最低料金だけ支払って、インターネットをほとんど利用せずに光電話をメインで使用するということもアリなのです。

逆に、毎日ネットを使いたい人や家族で複数台のスマホを利用しているといった場合は、ミニを契約すると割高になってしまいます。

そのため動画を見るなど普通にインターネットを利用したいといった方は、ドコモ光の通常のプランを契約することをおすすめします。

ドコモ光ミニの申し込みを検討中の方は、そういった点に注意して申し込みましょう。

またドコモ光ミニかドコモ光の通常プランかで迷われている方は、一度代理店のドコモ光の担当オペレーターに相談してみるといいでしょう。

ドコモ光の代理店では、以下のサイトがおすすめです!

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大30,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大2,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

通信量が多い方はプラン変更がおすすめ

現在ドコモ光ミニを契約中で、通信量が多く月額料金をおさえたいと考えている人は、ミニ以外のデータ通信量プランに変更してみてはいかがでしょうか。

プロバイダ料金込みのプランならさらに料金がおトクですし、2年契約を結べば、もっと月額料金が安くなりますよ。

次の記事でもプラン変更について解説していますので、ご覧になってください。

まとめ

インターネットを頻繁に利用する人は、通信速度が遅く、割高になりやすいドコモ光のミニはおすすめできません。

逆に、インターネットをあまり使用せず、光電話のみ使用したい人には他プランよりもミニが安くなるためおすすめです。

適したプランに変更することで毎月の利用料金が大きく変わりますので、一度、使い方と料金プランを見直してみてはいかがでしょうか。

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大20,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションがおすすめ!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事