閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

ドコモ光ミニはおすすめできない!契約すべきでない理由とは

ドコモ光ミニは月額2,700円からと通信料を抑えたい人には魅力的に思えます。

結論から言うとドコモ光ミニは少しインターネットを利用しただけで通常プランよりも割高になってしまうため、多くの人におすすめできないプランといえます。

この記事では、これからドコモ光ミニの契約を考えている方、現在ドコモ光ミニを利用してる方に向けて、ドコモ光ミニの内容を詳しく解説し、ドコモ光ミニはどんな人におすすめできるプランであるかを紹介します。

ドコモ光ミニは2段階定額の料金プラン

ドコモ光ミニは2段階定額制のプランになっています。
2段階定額制プランとは、インターネットのデータ通信量が一定量を超えないときは基本料金のみの支払いで良いのですが、通信量が一定を超えると、使ったデータ通信量に応じて追加料金を支払わなければならないプランです。

しかし、上限料金も決まっていますので、どんなに利用しても法外な料金が請求されることはありません。

なお、ドコモ光ミニは戸建て用プランで、マンションプランは存在していませんので注意しましょう。

<ドコモ光ミニ 通信量と月額料金>
1ヶ月のデータ通信量
月額料金
200MB以下
2,700円
200MB超1,200MB未満
10MBごとに30円
1,200MB以上
5,700円

※料金はいずれも税抜き表示です。
※月額料金以外に別途プロバイダ料金が必要です。

例えば、1ヶ月に300MBを利用したときの月額料金は、次のように計算できます。

200MB分の料金
100MB分の料金(200MB超過したデータ通信量)
月額料金合計
2,700円
30円×(100MB/10)
3,000円

※料金はいずれも税抜き表示です。

ドコモ光の通常プランについて解説している記事もあるので、併せてご覧ください。

また、新規で申し込みを行う場合には初期費用として契約事務手数料3,000円(税抜)と工事費が必要になります。

ドコモ光ミニが利用できる戸建プランの工事費は全ドコモ光プランで共通のため、18,000円(税抜)かかります。工事日が土日祝日の場合にはさらに3,000円追加されます。

ドコモ光ミニのメリットやデメリット

2段階定額制プランのドコモ光ミニは他のプランとどのような違いがあるのでしょうか?
ドコモ光ミニのメリットやデメリットについて他のプランと比較して解説します。

メリット

ドコモ光ミニのメリットは主に次の3つが考えられます。

  1. 月額料金を抑えることができる
  2. ひかり電話の使用者にはお得なサービス
  3. ドコモ光セット割が適用される

各メリットについて詳しく解説していきます。

月額料金を抑えることができる

1ヶ月のデータ通信量を200MB程度に抑えることができるなら、他のプランを選ぶよりもミニを選ぶ方が安く利用できます。

では、データ通信量200MBとは、どのくらいの使用量なのでしょうか。インターネットを200MBのデータ使用量で利用できる内容は次の通りです。

データ使用量(目安)
200MBあたり
Web閲覧
1ページあたり1.5MB
約133ページ
動画の視聴
低画質
1分あたり3MB
約67分
高画質
1分あたり11MB
約18分

1ヶ月以内の利用でこれらの基準を超えないような人は、ドコモ光ミニを利用するのがいいでしょう。

ひかり電話の使用者にはお得なサービス

インターネットをほとんど利用せず、光電話だけしか使わないような人はミニを選ぶ方が良いでしょう。

光電話はNTTの加入電話よりも月額基本料金が安いだけでなく、通話料も格安に設定されています。しかし、光電話を導入するにはインターネット回線の導入が必須です。そのため、インターネットを利用しない人の場合はミニで最低料金だけ支払った方が光電話を安く利用できます。

ドコモ光セット割が適用される

ドコモ光ミニの契約者がドコモのスマホ・携帯をセット割対象の料金プランで利用している場合、毎月の携帯料金が割引の対象となります。

割引額については契約しているパケットパックによって変わります。各パケットパックにおける割引額は次の通りです。

[家族向けプラン]
契約しているパケットパック
割引額
ウルトラシェアパック100
3,500円/月
ウルトラシェアパック50
2,900円/月
ウルトラシェアパック30
2,500円/月
ベーシックシェアパック(~30GB)
1,800円/月
ベーシックシェアパック(~15GB)
1,800円/月
ベーシックシェアパック(~10GB)
1,200円/月
ベーシックシェアパック(~5GB)
800円/月
[ひとり向けプラン]
契約しているパケットパック
割引額
ウルトラデータLLパック
1,600円/月
ウルトラデータLパック
1,400円/月
ケータイパック
500円/月
ベーシックパック(~20GB)
800円/月
ベーシックパック(~5GB)
800円/月
ベーシックパック(~3GB)
200円/月
ベーシックパック(~1GB)
100円/月

家族でドコモのスマホを利用している場合、割引額も大きいため通信料を抑えることができます。

デメリット

ドコモ光ミニのデメリットは主に次の3つが考えられます。

  1. データ使用量がすぐに上限に達する
  2. 料金が割高になる
  3. 最大通信速度が通常プランの1/10
  4. 光複数割は適用されない

各デメリットについて詳しく解説していきます。

データ使用量がすぐに上限に達する

日常的にインターネットを利用するユーザーの場合、ドコモ光ミニの月額料金はすぐに上限額に達します。

ミニの料金が月額料金の上限額を超えるのは1,200MB(1.2GB)以上使用した場合です。

1,200MBのデータ通信量で利用できる目安は次の通りです。

データ使用量(目安)
1200MBあたり
Web閲覧
1ページあたり1.5MB
約800ページ
動画の視聴
低画質
1分あたり3MB
約400分
高画質
1分あたり11MB
約109分

例えば1ヶ月間にYouTubeで動画を6時間以上視聴するような方は、簡単にドコモ光ミニの通信量上限を迎えてしまいます。

頻繁にインターネットを利用する人には、ミニ以外のプランが良いことがはっきりとわかりますね。

料金が割高になる

ドコモ光ミニは、毎月の基本料金(2,700~5,700円)とは別にプロバイダの料金も支払わなくてはなりません。

一方、ドコモ光ミニ以外のプランには、ミニと同じくプロバイダ料金を別払いにする「単独プラン」もありますが、プロバイダ料金がセットになったプラン(タイプA・B)も用意されています。

各プロバイダによってプロバイダ料金には違いがあり、相場は500~1,500円です。例えば、料金を抑えるために500円のプロバイダを利用した場合の各プランの月額料金は次のようになります。

プラン
月額料金
プロバイダ料金(暫定)
月額料金(合計)
タイプA
5,200円
5,200円
タイプB
5,400円
5,400円
単独タイプ
5,000円
500円
5,500円
ドコモ光ミニ
2,700円~5,700円
500円
3,200円~6,200円

※いずれの料金も税抜き表示です。

上記の表を見ると、ミニ以外のプランはすべてミニの上限金額よりも月額料金が低く設定されています。

なお、ミニで利用できるプロバイダは、基本的にはミニ以外のプランで利用できるプロバイダと同じです。

しかし、プロバイダによってはドコモ光ミニが利用できない可能性がありますので、かならず契約する前にプロバイダに問い合わせ、ミニを利用できるかどうか尋ねてみましょう。

参考として、ドコモ光で利用できるプロバイダは以下の通りです。

<ミニ以外のプランで利用が可能なプロバイダ一覧>
定額プラン
プロバイダ一覧
タイプA
ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、IC-net、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、シナプス、excite、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TiKiTiKi、hi-ho、@ネスク、コアラ、U-Pa!
タイプB
OCN、@Tcom、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

※U-Pa!は2019年3月31日でサービス終了となります。

ドコモ光で利用できるプロバイダについて詳しく知りたい方は、下記の記事を確認してみてくださいね。

最大通信速度が通常プランの1/10

ドコモ光ミニの最大通信速度は100Mbpsです。

ドコモ光の他のプランの最大通信速度である1Gbpsにくらべると1/10の速度です。

<最大通信速度比較>
データ通信量使い放題プラン
ミニ
最大通信速度
1Gbps(=1,000Mbps)
100Mbps

ドコモ光ミニも通常のプランも「ベストエフォート型」といわれるサービスです。

「最大通信速度」は技術規格上の最大値のため、実際に通信できる速度ではありません。

しかし多くの場合、ドコモ光ミニよりも通常のプランの方が高速で通信できるといえるでしょう。

光複数割は適用されない

ドコモ光では、家族で2回線以上を利用するときは、2回線目以降の月額料金が300円割り引かれる光複数割という割引を実施しています。

離れて暮らす家族がいる場合なら、少しでも通信料が安くなることはうれしいですよね。

しかし、ドコモ光ミニは光複数割の適用外です。

そのため、ミニを複数契約している場合も、その他のプランとミニを1つずつ契約している場合でも、光複数割は適用されません。

ドコモ光ミニがおすすめなのはこんな人

ドコモ光ミニの利用がおすすめなのは以下のような人です。

  • ほとんどインターネットを利用しない人
  • インターネットを利用せず、光電話だけを利用する人

ほとんどインターネットを利用しない人なら、毎月の最低料金2,700円(契約期間を定めないときは4,200円)とプロバイダ料金だけを支払えば良いわけですから、ドコモ光の他のデータ通信量使い放題プランを選ぶよりも安く利用できます。

また、インターネットは利用せず、光電話だけを利用している場合にも、ミニを選ぶ方が良いでしょう。

反対に、毎日ネットを使う習慣がある場合はすぐにデータ通信量の上限に達してしまうため、ミニを契約するとデータ通信量使い放題プランに比べて料金が割高になってしまいます。

そのため普通にインターネットが利用したい方は、ドコモ光の通常のプランを契約することをおすすめします。

ドコモ光ミニの申し込みを検討中の方は、インターネットの利用頻度に注意して申し込みましょう。

ドコモ光のプラン変更方法

ドコモ光を利用中にプランを変更したい場合、以下のどちらかの手続きが必要です。

  • 契約者がドコモショップへ行きプラン変更を行う
  • ドコモインフォメーションセンターへ電話をかける
    (docomo携帯から:151、一般電話から:0120-800-000)

「ドコモ光ミニ」を利用していて「ドコモ光タイプA,B」へプラン変更したいときや、反対に「ドコモ光タイプA,B」を利用していて「ドコモ光ミニ」へプラン変更したいときはご参考くださいね。

プラン変更の注意点と発生する費用

プラン変更にかかる事務手数料として3,000円(税抜)が必ず発生します。

また、ドコモ光ミニと別プランの最大通信速度が違うため、プランの変更には無派遣工事が必要となります。

そのため、工事費として2,000円が必要になります。

まとめ

インターネットを頻繁に利用する人は、通信速度が遅く、他プラン料金よりも割高になりやすいドコモ光のミニはおすすめできません。

逆に、インターネットをあまり使用せず、光電話のみ利用し通話料を抑えたい人にはドコモ光ミニが安くなるためおすすめです。

適したプランに変更することで毎月の利用料金が大きく変わりますので、一度、使い方と料金プランを見直してみてはいかがでしょうか。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る