閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光ミニを契約検討中の方必見!ミニがおすすめできない理由4選

ドコモ光には「ドコモ光ミニ」という戸建て専用プランがあります。

月額料金が税抜き2,700円~と安く設定されていますので、他のプランと比べると非常にお得なプランのように思えますよね。

しかし実は、ドコモ光ミニを契約することで割高になっている場合もあり、積極的におすすめはできません。今回は、なぜドコモ光ミニはおすすめできないのか、どのような条件下ならドコモ光ミニがお得になるのかについて解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光ミニはどんなプラン?

まず、ドコモ光ミニは戸建て用プランで、マンションプランは存在していませんので注意しましょう。

次に、ドコモ光ミニは2段階定額制のプランになっています。

2段階定額制プランとは、インターネットのデータ通信量が一定量を超えないときは基本料金のみの支払いで良いのですが、通信量が一定を超えると、使ったデータ通信量に応じて追加料金を支払わなければならないプランです。

しかし、上限料金も決まっていますので、どんなに利用しても法外な料金が請求されることはありません。

以下の表にまとめましたのでぜひご参考ください。

<ドコモ光ミニ 通信量と月額料金>
1ヶ月のデータ通信量
月額料金
200MB以下
2,700円
200MB超1,200MB未満
10MBごとに30円
1,200MB以上
5,700円

※料金はいずれも税抜き表示です。

例えば、1ヶ月に300MBを利用したときの月額料金は、次のように計算できます。
2,700円(200MB分の料金)+10MB(200MBを超過したデータ通信量)×30円=3,000円

ドコモ光ミニをおすすめしない理由

使ったら使った分だけ支払わなければいけないドコモ光ミニ。

一見、無駄のない優れたプランであるかのように見えます。実際に、ドコモ光の他のプランからミニに変更することで月額料金が安くなった人もいますが、多くの人は、ミニ以外のプランの方がお得なことが多いのです。

ドコモ光ミニをおすすめしない理由として、次の4つを挙げることができます。

ネットを頻繁に使う人はドコモ光ミニの月額料金が割高

インターネットを頻繁に使うなら、すぐにドコモ光ミニの上限料金(税抜き5,700円)に到達してしまいます。

しかし、ミニ以外のタイプA、タイプB、タイプC、単独タイププランはすべてデータ通信量使い放題ですので、通信量を気にせずに利用できます。

しかも、ミニ以外のプランは、すべてミニよりも月額料金が低く設定されています。

下記の表で、ミニと同じくプロバイダ料金を含まない単独タイプを比較しましたので、ご確認ください。

<ドコモ光ミニの月額料金>
単独タイプ

(データ通信量使い放題プラン)
ミニ
2年定期契約
5,000円
2,700~5,700円
利用期間の設定なし
6,500円
4,200~7,200円

※いずれの料金も税抜き表示です。

いかがでしょうか。上記の表を見ると、単独タイプはデータ通信量が使い放題なのにも関わらず、ミニの上限料金よりも低い価格設定になっていることが分かります。

頻繁にインターネットを利用する人には、ミニ以外のプランが良いことがはっきりとわかりますね。

また、単独タイプ、ミニはプロバイダ料金を別で支払わなければいけませんが、タイプA、タイプB、タイプCに関してはプロバイダ料金込みの料金設定になっており、さらにお得です。

ミニ以外のプラン料金が知りたい方は、下記の記事を

200MBとはどのくらいの通信量?

1ヶ月のデータ通信量を200MB程度に収めることができるなら、他のプランを選ぶよりもミニを選ぶ方がお得です。

では、データ通信量200MBとは、どのくらいの使用量なのでしょうか。具体的には、次のケースに1つでも当てはまるとデータ通信量が200MBに達してしまいます。

  • サイトを133ページ以上閲覧する
  • ユーチューブを標準画質で90分視聴する
  • ユーチューブを高画質で18分視聴する

1ヶ月以内にこれらの基準のうちの1つでも超えてしまいそうな人は、ドコモ光ミニ以外のプラン(データ通信量使い放題プラン)を選ぶようにしてください。

「今日はどのくらいデータ通信量を使ったかな?」と考えながらインターネットを使うよりも、データ通信量無制限プランで気兼ねなくインターネットを利用する方が精神的負担も少ないですよ。

プロバイダ料金は別途支払う必要あり

ミニは、プロバイダ料金がセットになったセット料金は設定されていません。そのため、毎月の基本料金(2,700~5,700円)に加え、プロバイダの料金も支払わなくてはなりません。

一方、ミニ以外のプランには、ミニと同じくプロバイダ料金を別払いにする「単独プラン」もありますが、プロバイダ料金がセットになったプランも用意されています。

2年定期契約のセット料金は5,200~5,400円(選択するプロバイダによって200円の違いがあります)ですし、利用期間の縛りがない契約でもセット料金は6,700~6,900円です。

つまり、契約期間に関わらず、ミニの上限料金5700円よりもデータ通信量使い放題プランの方が安く設定されているのです。

利用が可能なプロバイダは?

ミニで利用できるプロバイダは、基本的にはミニ以外のプランで利用できるプロバイダと同じです。

しかし、プロバイダによってはミニが利用できない可能性がありますので、かならず契約する前にプロバイダの問い合わせセンターにミニを利用できるかどうか尋ねてみましょう。

なお、ミニ以外のプランで利用できるプロバイダには、以下のものがあります。

<ミニ以外のプランで利用が可能なプロバイダ一覧>
プロバイダ一覧

ドコモnet、ぷらら、So-net、GMOとくとくBB、DTI、Tigers-net.com、BIGLOBE、excite、andline、IC-net、U-Pa!、@nifty、エディオンネット、シナプス、TiKiTiKi、楽天ブロードバンド、hi-ho、コアラ、@ネスク、SIS、@Tcom、OCN、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット、株式会社シー・ティー・ワイ、株式会社ケーブルネット鈴鹿、近鉄ケーブルネットワーク株式会社、株式会社エヌ・シィ・ティ、株式会社ニューメディア、株式会社テレビ小松、多摩ケーブルネットワーク株式会社、香川テレビ放送網株式会社、株式会社秋田ケーブルテレビ

※タイプA、タイプB、タイプC、単独タイプで利用できるプロバイダをまとめたものです。
※タイプによって利用できるプロバイダが変わりますのでご注意ください。

ドコモ光ミニの通信速度はドコモ光の1/10程度

割高な料金設定になっているだけでなく、データ通信量の制限が厳しいドコモ光のミニ。

デメリットはそれだけではありません。

なんと、最大通信速度も他のプランと比べると10倍も遅いのです。

<最大通信速度比較>
データ通信量使い放題プラン
ミニ
最大通信速度
1Gbps(=1,000Mbps)
100Mbps

そもそもドコモ光ミニは、インターネットをほとんど利用しない人を対象としたプランのため、速度設定も低めにされているようです。

やはり、ネットを頻繁に使う人には向いていないプランであることが分かりますね。

光複数割の適用外

ドコモ光では、家族で2回線以上を利用するときは、2回線目以降の月額料金が300円割り引かれる光複数割という割引を実施しています。

離れて暮らす家族がいる場合なら、少しでも通信料が安くなることはうれしいですよね。

しかし、ドコモ光ミニは光複数割の適用外です。

そのため、ミニを複数契約している場合も、その他のプランとミニを1つずつ契約している場合も、光複数割は適用されません。

ドコモ光ミニを契約するメリットがある人とは

ほとんどインターネットを利用しない人なら、毎月の最低料金2,700円(契約期間を定めないときは4,200円)とプロバイダ料金だけを支払えば良いわけですから、ドコモ光の他のデータ通信量使い放題プランを選ぶよりもお得に契約できます。

また、インターネットをほとんど利用せず、光電話だけを利用している場合には、ミニを選ぶ方が良いでしょう。

光電話はNTTの加入電話よりも月額基本料金が安いだけでなく、通話料も格安に設定されています。しかし、光電話を導入するにはインターネット回線の導入が必須ですので、ミニで最低料金だけ支払って、インターネットをほとんど利用せずに光電話をメインで使用するということもアリなのです。

逆に、毎日ネットを使いたい人や家族で複数台のスマホを利用しているといった場合は、ミニを契約すると割高になってしまいます。

通信量が多い方はプラン変更がおすすめ

現在ドコモ光ミニを契約中で、通信量が多く月額料金を抑えたいと考えている人は、ミニ以外のデータ通信量プランに変更してみてはいかがでしょうか。

プロバイダ料金込みのプランならさらに料金がお得ですし、2年契約を結べば、もっと月額料金が安くなりますよ。

次の記事でもプラン変更について解説していますので、ぜひご覧になってください。

まとめ

インターネットを頻繁に利用する人は、通信速度が遅く、割高になりやすいドコモ光のミニはおすすめできません。

逆に、インターネットをあまり使用せず、光電話のみ使用したい人には他プランよりもミニが安くなるためおすすめです。

適したプランに変更することで毎月の利用料金が大きく変わりますので、一度、使い方と料金プランを見直してみてはいかがでしょうか。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事