閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光でv6プラス対応のプロバイダは?料金・申込・設定手順まとめ

ドコモ光 v6プラス

ドコモ光は、通常のIPv4接続でなくv6プラスで接続すればより高速で通信できます。ただしv6プラスを利用するには、v6プラスに対応するプロバイダの契約が必須なので注意しましょう。

この記事ではドコモ光でv6プラスに対応するプロバイダや、料金・設定等を解説します。

ドコモ光は工事費無料!さらにdポイントとキャッシュバックがもらえる!

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光のv6プラスとは?

ドコモ光で使えるv6プラスとは、通常はIPv4接続を利用し、対応するサービスではIPv6接続に自動で切り替えられるサービスです。

まずはIPv6接続とv6プラスの違いや、v6プラス利用時の注意点を解説します。

v6プラスとIPv6接続との違い

まずは、通常のIPv6接続が行われるIPv6接続オプション(PPPoE接続、IPoE接続)とv6プラス接続の違いを比較した表をまとめましたのでご参考ください。

<v6プラスとIPv6の違い>
IPv6(PPPoE接続)
IPv6(IPoE接続)
v6プラス
(IPv6 IPoE接続+IPv4接続)
特徴
ISP経由する
ISP経由しない
ISP経由しない
速度
遅い
速い
最も速い
利用するメリット
特になし
速度が速くなる
速度が速くなる
IPv4のみ対応のサイトも閲覧可能
利用するデメリット
IPv6非対応のサイトは閲覧不可
IPv6非対応のさいとは閲覧不可
特定ポートを使う場合は利用不可
通信時に認証が必要
回線が混雑する可能性あり

IPv6接続(IPoE接続)を利用すれば、混雑しやすい「PPPoE接続」を使用せずにインターネットを使えるために速度は速くなります。

しかし現時点では、インターネット上の多くのサイトがIPv6に対応しておらず、IPv4接続でしか見られないのです。

そのため、ただIPoE接続でIPv6を利用しただけでは、見られないサイトが多くて使い物になりません。

一方v6プラスはIPv6(IPoE接続)とIPv4を切り替え不要で使えるので、ほとんどのサイトをスムーズに閲覧できます。

なおIPv6については以下の記事でより詳しく解説しているので、もっと詳しく知りたい方は、チェックしてみてください。

PS4など一部オンラインゲームは利用できないので注意!

v6プラスのデメリットは、PS4をはじめとした一部のオンラインゲームで遊ぶ時に利用できないことです。

ただし、PPPoE接続を併用できる環境にすれば、v6プラスに非対応のオンラインゲームも問題なく遊べるのでご安心ください。

ドコモ光のPPPoE接続については以下の記事で解説しているので、合わせてくださいね。

v6対応プロバイダ契約で追加料金はかかる?

ドコモ光でv6プラスを契約するにあたって気になるのは利用料金ですが、v6プラス利用するからといって追加料金は発生しないのでご安心ください。

どのプロバイダでも、基本的に追加料金なしでv6プラスを利用できます。

ドコモスマホユーザーならドコモ光!スマホ料金の割引きとキャッシュバックでとってもお得!

ドコモ光V6プラス対応プロバイダごとのメリット

ドコモ光のv6プラス対応プロバイダは限られています。
ここからはv6プラスに対応するプロバイダと、そのプロバイダを選ぶメリットを解説します。

GMOとくとくBB

GMOとくとくBBは知名度も高く、人気も高いプロバイダです。

GMOとくとくBBを選ぶ第一のメリットは、タイプBに属するプロバイダを契約した場合に比べて200円(税抜)ほど月額料金が安いタイプAに含まれることです。

例えば戸建て住宅ならタイプBは月額5,400円(税抜)ですが、GMOとくとくBBなどのタイプAに属するプロバイダを選べば月額5,200円(税抜)です。

またGMOとくとくBBには、速度保証がされているというメリットもあります。ネット上で各エリアでの平均速度が公開されているので、ある程度速度を知ったうえで契約できるのです。

さらに、最新の無線LAN接続ルーターが無料でレンタルできるのも大きなメリットといえるでしょう。ちなみに、ドコモ光で無線対応のルーターをレンタルする場合は、料金がかかってしまいますし最新規格のWi-Fiルーターではありませんので注意してください。

下記の記事で詳しくご説明していますのでご参考ください。

口コミでもGMOとくとくBBには良い評判も多く、選ぶメリットは豊富です。安く快適にv6プラスを使えるのが、GMOとくとくBBです。

So-net

So-netはもともとv6プラスに対応していませんでしたが、2018年4月17日より提供を開始しています。

So-netでは、セキュリティソフト「カスペルスキー」が24か月無料です。長期間無料でネットセキュリティ対策ができるのは、大きなメリットですね。

さらに「So-netらくらくスタート設定サポート」により、インターネットの接続設定などのサポートが1回無料です。インターネット接続設定が苦手な人にはうれしい特典ですね。

So-netのキャンペーン内容を確認する

@nifty

@niftyでv6プラスを利用するメリットは、v6プラスの利用時に初期費用や月額費用がかからないことです。

提供されているエリアで申し込み手続きをすれば、利用開始メールが届いてからv6プラスを利用できますよ。

また@niftyには月額500円の優待サービスがあり、レンタカーやレストランなどの利用料金を優待価格でお得に利用できるメリットがあります。

@niftyのキャンペーン内容を確認する

IC-net

最大1Gbpsの高速通信が可能なIC-netでv6プラスを利用する場合は、申込みのみ行えば設定不要ですぐにv6プラスを使えます。

またIC-netでは、v6プラス対応のルーターを月額300円(税抜)でレンタルできます。対応するルーターを持っていない方は、レンタルルーターを活用しましょう。

IC-netのキャンペーン内容を確認する

【注意】BIGLOBEのv6プラス受付は終了している

BIGLOBEも、ドコモ光におけるv6プラス接続に対応しています。

v6プラスのサービスは受付をすでに終了していますが、「IPv6オプション」を利用することでIPv4とIPv6(IPoE方式)を自動で切り替えて通信可能です。

IPv6オプションは申込み後に初期費用、月額料金なしで利用できます。

ただしIPv6オプション利用時は、以下のサービスを使えないので注意しましょう。

  • BIGLOBEフォン
  • 固定IP
  • ダイナミックDNS
  • 外部へのサーバー公開
  • 一部オンラインゲームや複数ユーザーでIPアドレスを共有できないサービス

【ドコモ光のプロバイダーはどこがいい?キャンペーンの内容をチェック!】

v6プラス接続利用は申し込み方法と設定手順

ドコモ光でv6プラスを利用する際は、申込みが必要です。また、プロバイダによっては、設定が必要な場合もあります。

ここからはv6プラスの接続申込み方法と、設定手順を解説します。

申し込み方法

v6プラスを利用する場合は事前に各プロバイダへ連絡したり、WEBからv6プラスの申し込みをしたりしなければいけません。

また、無線ルーターを用意してv6プラスでの通信を利用する際は、ルーターがv6プラスに対応している必要があります。

ルーターを所有していない方は、最新の無線LANルーターを無料レンタルできるGMOとくとくBBのプロバイダ契約がおすすめです。

またIC-netも、月額300円(税抜)と有料ですがv6プラス対応ルーターをレンタル可能です。

工事費無料

【ドコモ光】初期工事費無料!さらに最大15,000円キャッシュバック!

大人気のドコモ光!初期工事費無料でさらに最大15,000円キャッシュバック!インターネットとスマホをdocomoにするとドコモ光セットでスマホ料金が年間最大42,000円割引き!さらにずっとドコモ割プラスで年間最大30,000円割引き!あわせて最大72,000円割引き!・・・詳しく見る

ルーター準備時はv6プラスに対応しているか確認必須!

v6プラス対応ルーターを購入する場合は、ドコモ光向けに作られた最新規格の「ドコモ光ルーター 01」がおすすめです。ドコモオンラインショップで税抜き8,800円で購入可能となっていますので一度検討してみてはいかがでしょうか。

購入と同時に「光ルーターセキュリティ」と「ネットトータルサポート」の2つのオプションサービスに加入するとドコモ光ルーターの価格に相当するdポイント(8,880ポイント)がもらえてお得です。

そのほか、ドコモ光やプロバイダのルーターを利用せずに自分で用意する場合は、かならず購入時にv6プラスに対応しているか確認しましょう。当然ですがv6プラスに非対応のルーターを購入してしまうと、v6プラス接続ができません。

設定手順

v6プラスの設定方法は、各プロバイダでなります。
v6プラス利用時は、各プロバイダの公式サイトから設定方法を確認しましょう。

GMOとくとくBBやSo-net、@niftyは設定不要で、サービスを申し込んで手続きが完了すればすぐにv6プラスを利用できます。

v6プラスの設定確認方法

v6プラスを申し込んでも、本当に接続できているかわからないと心配ですよね。

以下のアドレスで、v6プラスの接続状況を確認できます。

v6プラスの接続状況を確認するならこちら

「IPv4で通信しています」だとIPv4のみが使われていますが、「IPv4 IPv6 両方で通信しています」と表示されていればv6プラスが反映済みです。

また接続状況の解説の下にある「v6プラスで接続しているか確認するにはこちら」をクリックしても、v6プラスに接続しているかどうかがわかりますよ。

いくらお得になる?ドコモ光のカンタン料金シミュレーション!

まとめ

ドコモ光でより高速な通信を行うためには、v6プラスを利用するのがおすすめです。GMOとくとくBBやSo-netなどの対応するプロバイダで、v6プラスを申し込みましょう。

プロバイダによっては設定手続きなどが必要になる場合もあるので、v6プラスを利用する際は合わせてプロバイダの公式サイトからv6プラスの使い方を確認するようにしてね。

一番お得な契約方法は?適したプランを提案!人気の相談窓口!

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事