閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光の料金確認方法を解説!明細の内訳・チェックすべき項目は?

ドコモ光 料金確認

インターネットを利用するにあたって、毎月支払っている料金は定期的に確認しておきたいですよね。

不要なオプションを契約していたなど、確認することで気づくこともあります。

ドコモ光の料金確認は簡単にできます。

この記事では、明細の内訳やチェックしたい項目などについて詳しく解説します。

\最大20,000円キャッシュバック/
ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンをみる
※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

ドコモ光のおすすめ申込窓口

ドコモ光の料金確認方法

ドコモ光の料金は、Webサイトやアプリからスムーズに確認できます。

まずはドコモ光の料金確認方法をそれぞれ解説するので、参考にしてくださいね!

Webサイトからドコモ光の料金明細を確認する方法

ドコモ光は、「eビリング」というサービスによりMy docomoからすぐに料金明細を確認できます。

利用料金確認手順は、以下のとおりです。

  1. パソコンのブラウザでMy docomoを開く
  2. 「ログイン」をクリック、dアカウントのIDやパスワードを入力してログインする
  3. 「料金」を開く
  4. 一括請求合計に切り替える
  5. 画面をスクロールすると、「回線ごとの利用料金」にドコモ光の利用料金が記載されている

注意したいのは、docomoでスマホ等を契約している場合「自回線」の項目だとスマホ代のみが表示されることです。

「一括請求合計」に切り替えることで、ドコモ光単体の利用料金を確認できます。

アプリからドコモ光の料金明細を確認する方法

スマートフォンのアプリからも、ドコモ光の料金を確認できます。

Androidアプリを例にご説明しますと、以下の手順で確認可能です。

  1. アプリを開く
  2. dアカウントでログイン(初回のみ)
  3. 「料金」をタップ
  4. 一括請求合計に切り替える
  5. 画面をスクロールすると「ドコモ光」単体の月額料金が確認できる

基本的に流れはWebサイトと変わらず、一括請求合計の項目でドコモ光の利用料金を確認できますよ。

料金明細送付サービスを利用する

ドコモでは、利用料金を書面で確認できる「料金明細送付サービス」が提供されています。

ただし書面で利用料金を確認する場合は、毎月料金がかかってしまうので注意しましょう。

料金明細送付サービスを利用する場合の料金は、以下のとおりです。

<料金明細送付サービスの料金>
作成料
税抜100円
郵送料
税込77円

紙面で手元に残しておきたい場合は、料金明細送付サービスの利用がオススメです。

\最大20,000円キャッシュバック/
ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンをみる
※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

料金明細発行サービスで過去4カ月のドコモ光利用料金の確認が可能!

ドコモでは、過去4ヶ月分の通話や通信に関連した料金明細を確認できる「料金明細発行サービス」が提供されています。

料金明細発光サービスはドコモショップかWebの「ドコモオンライン手続き」から申込可能です。

料金明細発光サービスの利用料金は、以下のとおりです。

<料金明細発光サービスの利用料金>
作成料(Web)
無料
作成料(郵送)
税抜100円
郵送料
税込77円

My docomoからはPDFファイルを無料で作成し、申込みの5日後に確認可能です。

郵送してもらう場合は申込みの10日後くらいに届き、別途77円の郵送料がかかりますので注意しましょう。

ドコモ光の料金内訳は?

ドコモ光の料金明細を見ると、下記のツイートのように契約しているパケットパックの「パケット定額料」の下に内訳項目があります。

内訳と記されていますが、結局のところ何の料金を示しているかわからない方も多いのではないでしょうか。

以下の表で、内訳項目の意味を解説しますので参考にしてくださいね!

<ドコモ光の料金内訳>
項目名
項目の意味
シェアパック5(小容量)定額料
スマホの料金
ドコモ光基本使用料
光回線の基本料金
割引料
スマホ代に反映されるすっと割引

なお、ツイート画像にあるシェアパック5の部分は、契約しているパケットパックによって名称が違いますので確認の際は注意してください。

一番確認される項目としてドコモ光単体の利用料金がありますが、確認箇所としては「光シェアパック5」を契約している場合、(内訳)シェアパック5(小容量)定額料の下に記載されていることがわかりますね。

上記のように、記載されている項目が何の料金を指しているかわかるようになると、必要のないオプション料などが分かって費用削減につながるのではないでしょうか。

ドコモ光の回線ご負担額とは?

ドコモ光の料金内訳を見るとドコモ光基本使用料と同額が「ドコモ光回線ご負担額」として引かれているので、一見「実質0円になっている!」と思ってしまいますよね。

しかしパケット定額料等の項目をちゃんと計算してみると、結局ドコモ光の利用料金と同じ金額は別にかかっていることがわかります。

つまり、ドコモ光回線負担額とは、ドコモのスマホ回線側の料金にドコモ光の月額料金が合算される際に、別に単体で発生していたドコモ光の月額料金分を帳消しにしているものです。

ドコモ光回線ご負担額はあくまで料金の調整のために記載されているだけの項目で、とくに重要な意味はないと考えて良いでしょう。

ドコモ光の料金はプロバイダごとに変わる

ドコモ光の月額料金は、選ぶプロバイダによって変わることに注意が必要です。

タイプごとの料金を表にまとめたので、参考にしてくださいね!

<タイプ別料金表>
戸建住宅(税抜)
集合住宅(税抜)
タイプA
5,200円
4,000円
タイプB
5,400円
4,200円

現在タイプBのプロバイダでドコモ光を契約しているなら、タイプAのプロバイダに切り替えれば月額料金を削減できますよ。

ドコモ光の料金について詳しく知りたい方は、以下の記事も見てください。

ドコモ光の料金はセット割で更にお得になる!

ドコモ光では、セットで契約しているスマホ代を割引にできます。

パケットパックごとの割引額を表にまとめたので、参考にしてくださいね!

<パケットパック別割引額>
パケットパック
割引額(税抜)
ウルトラシェアパック100
3,500円
ウルトラシェアパック50
2,900円
ウルトラシェアパック30
2,500円
シェアパック15
1,800円
シェアパック10
1,200円
シェアパック5
800円
ウルトラデータLLパック
1,600円
ウルトラデータLパック
1,400円
データMパック
800円
データSパック
500円(最大1年間)
ケータイパック
500円(最大1年間)

以上のとおり、最大3,500円(税抜)の月額割引を受けられますよ。

実際に、ドコモ光のセット割でスマホ代を削減できている口コミも見つかりました。

ドコモ光のセット割はとてもお得だということがわかりますね。

ドコモ光の申し込みを検討している方はぜひ、以下のサイトをご覧になってくださいね。

\最大20,000円キャッシュバック/
ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーンをみる
※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

以下の記事でもセット割について詳しく解説していますので、気になる方はこちらもぜひご覧になってください。

ドコモ光以外のスマホユーザーには他社回線がオススメ

家族のスマホやタブレット・携帯電話の回線数がドコモよりau・ソフトバンクの方が多い場合は、ドコモ光よりも他社回線を選んだ方がセット割でお得です。

理由は、ドコモ光のセット割は1回線にしか適用できず(複数台の端末はシェアパックへの割引で対応)、auひかりやソフトバンク光のセット割なら最大10回線それぞれに割引を適用できるからです。

他社回線の内容について詳しく知りたい方は、以下の記事も見てください。

ドコモ光の料金を確認するうえでチェックしたい項目

ドコモ光の利用料金を定期的に確認するメリットは、余分なオプションがついていないかチェックできることです。

余計なオプションが付属されていた場合は解約することで、月々の支払料金を削減できますよ。

ちなみにプロバイダで余計なオプションを契約していた場合は、プロバイダから別途請求がくるケースもあるようです。

上記の口コミはOCNで必要のないオプションが契約されていたケースですね。

余計なオプションを解約することで通信費を大幅節約できる場合もあるので、定期的にドコモ光の利用料金を確認しましょう。

まとめ

ドコモ光の料金確認はMy docomoのWebサイトやMy docomoアプリからすぐにます。

定期的に料金を確認して、不要なオプションが付いていた場合は外しましょう。不要なオプションを解約することで、通信費を大幅節約できる可能性もありますよ。

またタイプBのプロバイダを契約していた場合は、タイプAに切り替えて月額料金を下げることもできますので検討してみてはいかがでしょうか。

\ 【最新】ドコモ光のおすすめ申込窓口 /
【GMOとくとくBB】
dポイント最大10,000pt
+15,000キャッシュバック
☞ 詳細はこちら「【2019年最新版】ドコモ光を一番お得に申し込めるキャンペーンはココ!」
ドコモ光のおすすめ申込窓口

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する