閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光の料金プランを比較&解説!ABプランに速度や違いはある?

ドコモ光 プラン

ドコモ光で選べるプランには、主にタイプAプラン・タイプBプラン・タイプCプラン・単独タイプ・ドコモ光ミニがあります。

それぞれ料金と選べるプロバイダが異なるので、契約前にしっかり比較して自分に合うものを選ぶのが大事です。

この記事ではドコモ光の料金プランを比較します。ドコモ光を検討している方は、ぜひご参考くださいませ!

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光のABプランの違いは「料金」と「プロバイダ」

ドコモ光の料金プランには、以下の5種類があります。

  • タイプA
  • タイプB
  • タイプC(一部エリアで提供されているケーブルテレビの設備を使ったプラン)
  • 単独タイプ(プロバイダなし)
  • ドコモ光ミニ(戸建住宅限定、二段階定額制の料金プラン)

タイプCや単独タイプ、ドコモ光ミニは利用できる人が限られるので、基本的にはタイプAかタイプBを契約することとなるでしょう。

タイプAとタイプBにおける違いは、月額料金と選べるプロバイダの種類です。

後ほど詳しく解説しますが、タイプBはタイプAより200円ほど高額に設定されています。

OCNなどタイプBのプロバイダは、タイプAで契約することはできません。

ドコモ光のプランを確認する方法

現在ドコモ光を契約している人は、ドコモ公式サイトの「お客様サポート」に含まれる「ご契約内容・ご利用状況の確認」から利用中のプランを確認できます。

また、今契約しているプロバイダがわかっている場合・これからドコモ光を契約予定の場合、別のプラン確認方法もあります。

ドコモ光公式サイトの「料金プラン」の定額プラン一覧における、各プランの「対応プロバイダ」の項目の中から、自分が契約中・契約予定のプロバイダの項目を見れば、契約中・契約予定のプランを確認することができます。

ドコモ光の料金プランと速度の違いを比較!

ドコモ光は、タイプAとタイプBそれぞれで料金が異なります。タイプAは、タイプBより200円お得です。

ドコモ光のタイプA・タイプBにおける月額料金は、以下の表にまとめました。

戸建住宅
集合住宅
タイプA(税抜)
5,200円
4,000円
タイプB(税抜)
5,400円
4,200円

安さを重視する人は、タイプAを選びましょう。

さて、タイプAとタイプBは選べるプロバイダが異なり、プロバイダごとに通信速度の傾向もまた異なります。

タイプAとタイプBでは料金が異なるので、高いタイプBのプロバイダを選んだ方が速度も速いのではないか?と感じるかもしれません。

しかし調査してみたところ、タイプAのプロバイダにも確かに不評な意見が見受けられましたが、タイプBだからといって高速で通信できるわけではありませんでした。

上記の口コミでは、ドコモ光+タイプAに含まれるSo-netで下り1.57Mbps。ゲームソフトのダウンロードや高画質な動画ファイルのストリーミング再生などは厳しい速度です。

上記の口コミはドコモ光をタイプBのOCNで利用している人の情報ですが、So-netよりも悪い結果が出てしまっています。

一方タイプAに含まれるGMOをドコモ光で利用していて、十分高速なスピードが出ている報告も見つかりました。

つまりタイプAより高いBの方が高速ということはなく、タイプAでもプロバイダをしっかり選べば快適に通信できます。

ドコモ光の速度が遅いのは契約プランのせいではない

ドコモ光を利用していて速度が遅い時、速度の低下は契約しているプラン(プロバイダ)の回線混雑によるものとは限りません。

例えば、以下の3つが主な原因に挙げられます。

  • 自宅に設置したルーターなどの設備の故障
  • 設備が高速通信に対応していない
  • IPv4接続のために速度が出ていない

機器の買い替えやIPv6プラスの利用などで、速度を改善できるかもしれません。

ドコモ光で速度が遅い時の対処法は、以下の記事で詳しく解説しています。合わせて参考にしてくださいね。

ドコモ光の各プランに含まれるプロバイダを比較!

ドコモ光の各プランには、それぞれ異なるプロバイダが含まれています。

それぞれのプランに対応するプロバイダをまとめたので、参考にしてください。

タイプA
タイプB
ドコモnet、So-net、GMOとくとくBB、BIGLOBE、BB.excite、ぷらら、DTI、@nifty、Tigers-net.com、U-Pa!、ic-net、andline、エディオンネット、TikiTiki、hi-ho、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、@ネスク、SIS、COARA @TCOM、OCN、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

余談ですが、@niftyは2017年11月にタイプBからタイプAに変更となりました。

このように、現在タイプBでしか使用できないプロバイダも、いずれはタイプBに変更となる可能性も十分あります。

ドコモ光で、プロバイダを変更する方法

ドコモ光では、ドコモ光の契約はそのままで使うプロバイダだけを変更できます。

つまり今使っているプロバイダで速度が遅くて使いづらいと感じたら、プロバイダを変更して速度を改善できるのです。

申込み窓口は、以下の2点です。

  • ドコモインフォメーションセンターへの電話(0120-800-000
  • ドコモショップ

そしてプロバイダの変更手順は、以下のとおりです。

  1. プロバイダ変更を申し込み窓口で申請する
  2. 旧プロバイダのオプションサービスを契約している場合、解約する
  3. 新プロバイダへの切り替わり後、ルーター等に保存されているプロバイダ情報を新しいプロバイダ情報に変更する

プロバイダを変更すると新しいプロバイダの契約書類が自宅に届くので、切り替わり後にルーター等のインターネット設定を書類に記載されているIDやパスワードに変更しましょう。

注意したいのは、プロバイダを変更する際に旧プロバイダがそのままだと解約にならない場合があることです。

プロバイダによっては有料プランとして契約が継続するケースがあるので、不要な場合有料プランを解約しましょう。

またプロバイダを変更する際は、基本的に事務手数料3000円(税抜)が請求されることも覚えておきましょう。

ドコモ光のプロバイダ変更は、以下の記事でも詳しく解説しています!合わせて、参考にしてくださいね。

フレッツ光からドコモ光に転用!契約の変更がないプラン・あるプラン

ドコモ光は、現在フレッツ光を契約しているなら設備はそのまま・工事不要で「転用」できます。

しかし転用の際に利用するプランが変更になったり、解約後にドコモ光を新規契約する必要があったりするプランもあるので、注意しましょう。

NTT東日本の「フレッツ光ネクスト」やNTT西日本の「フレッツ光ネクスト隼」はプラン変更が不要ですが、フレッツ光で以下の表に含まれるプランを利用している方は転用時にプラン変更が必要です。

NTT東日本向けプラン
NTT西日本向けプラン
光回線
フレッツ 光ライト ファミリータイプ
(100Mbps)
フレッツ 光ライト マンションタイプ
(100Mbps)
Bフレッツ(100Mbps)
フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ
(1Gbps)
フレッツ光ネクスト プライオ
(1Gbps)
フレッツ光プレミアム
(100Mbps)
メタル回線
フレッツ・ADSL

現在フレッツ光で利用中のプランが上記の表のいずれかに当てはまる方は、プラン変更を行いましょう。

【番外】ドコモ光のひかりTVはお得?メリットデメリットと料金プラン

ドコモ光では、インターネットや電話と合わせて光ファイバーを利用したテレビサービスの「ひかりTV」も契約できます。

ひかりTVの料金プランは、以下の表の通りです。

2ねん割
通常料金
基本放送プラン
(10ch以上)
×
1,000円
ビデオざんまいプラン
(10ch以上+ビデオ約14,000本)
1,500円
2,500円
テレビおすすめプラン
(50ch以上+見逃し配信)
1,500円
2,500円
お値うちプラン
(50ch以上+ビデオ約14,000本+見逃し配信)
2,500円
3,500円

ひかりTV対応のチューナーを持っていない場合は、別途通常500円(税抜)でレンタルが必要です。

ひかりTVのメリットは、以下の3点です。

  • アンテナ不要で地デジ・BS・専門チャンネルを楽しめる
  • すべてHD画質で映像が綺麗
  • USBハードディスクを用意すれば、録画にも対応する

アンテナ不要で地デジ・BS・専門チャンネルを楽しめるのは大きなメリットだといえますね。通常なら、アンテナの設置によりアンテナ代やアンテナ工事費などが必要になってしまいます。

また、ひかりTVの注意したいデメリットは、以下の2点です。

  • レンタル(月額500円)などでチューナーを用意しなければ見られない
  • 月額料金を抑えるには2年契約が必須

ドコモ光のひかりTVについて詳しくは、以下の記事で解説しています。合わせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

ドコモ光のプランには主に、タイプAとタイプBの2種類があります。

選べるプロバイダがタイプAとタイプBで異なっているので、好きなプロバイダが含まれるプランを選びましょう。なお月額料金は、タイプAの方が200円(税抜)安価です。

プロバイダは後から変更もできるので、利用していて速度等に不満が生じたらプロバイダの変更を検討しましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事