閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ドコモ光の料金プランを解説!割引後の料金を知る方法と高い時の確認点

ドコモ光 プラン

ドコモ光では現在、5つの契約プランを用意しています。

今回はドコモ光の気になるプラン内容や料金、ドコモユーザーだけが適用される割引サービスなどを解説していきますよ。

また、ドコモ光のプランを見直したい方や、料金プランが高いと感じた方にチェックしてほしいポイントも説明していますよ。

ドコモ光には5つの料金プランがある

ドコモ光のインターネット料金プランはタイプが5つにわかれています。

タイプ
特徴
タイプA
光回線・18種類のプロバイダから選べる
※プロバイダ料金込み
タイプB
光回線・6種類のプロバイダから選べる
※プロバイダ料金込み
タイプC
ケーブルテレビ回線・15社のケーブルテレビから選べる
単独タイプ
自分で好きなプロバイダを選んで契約する
※プロバイダ料金が別途必要
ドコモ光ミニ
利用したデータ通信量によって2段階で料金が変わるサービス
※戸建て限定のプラン

プランごとの月額料金もあわせて確認しましょう。

プラン
通信速度
戸建て
マンション
月額料金
(契約期間なし)
月額料金
(2年契約)
月額料金
(契約期間なし)
月額料金
(2年契約)
タイプA
1Gbps
6,700円
5,200円
5,000円
4,000円
タイプB
6,900円
5,400円
5,200円
4,200円
タイプC
6,700円
5,200円
5,000円
4,000円
単独タイプ
6,500円
5,000円
4,800円
3,800円
ドコモ光ミニ
100Mbps
4,200円~
7,200円
2,700円~
5,700円

ドコモ光の契約プランはデータ通信量に制限のない定額プランがほとんどですが、戸建てタイプのみ、2段階定額の「ドコモ光ミニ」を契約できます。

ドコモ光ミニについては、こちらの記事を参考にしてください。

フレッツ光からドコモ光に転用!契約変更が必要なプランの違い

フレッツ光から、ドコモ光への乗り換えなら、原則、工事費用がかかりません。

しかし、転用の際に契約するプランが変更になったり、フレッツ光を解約してからドコモ光を新規契約しなくてはいけないプランもあるので注意しましょう。

転用でプランが変更になる場合は、工事費用が発生します。

ドコモ光への転用時に契約変更が必要なフレッツ光のプランは、以下のとおりです。

回線方式
NTT東日本向けプラン
NTT西日本向けプラン
光回線
フレッツ 光ライト ファミリータイプ
(100Mbps)
フレッツ 光ライト マンションタイプ
(100Mbps)
Bフレッツ(100Mbps)
フレッツ光ネクスト ビジネスタイプ
(1Gbps)
フレッツ光ネクスト プライオ
(1Gbps)
フレッツ光プレミアム
(100Mbps)
メタル回線
フレッツ・ADSL

ドコモ光への転用については、こちらの記事を参考にしてください。

ドコモ光の料金プランはプロバイダによって変わる

ドコモ光の定額の料金プランは、どのプロバイダを選ぶかによって変わります。

それぞれのプランで選べるプロバイダと月額料金の違いをみてみましょう。

タイプ
選べるプロバイダ
月額料金(戸建て)
月額料金(マンション)
タイプA(18社)
ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、IC-NET、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、SYNAPSE、BBexcite、エディオンネット、TiKiTiKi、hi-ho、ネスク、01光コアラ、スピーディアインターネットサービス
5,200円
4,000円
タイプB(6社)
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット
5,400円
4,200円
タイプC(15社)
秋田ケーブルテレビ、香川テレビ、多摩ケーブルネットワーク、テレビ小松、ニューメディア、エヌ・シィ・ティ、近鉄ケーブルネットワーク、ケーブルネット鈴鹿
、シー・ティー・ワイ、伊賀上野ケーブルテレビ、上越ケービルビジョン、射水ケーブルネットワーク、アドバンスコープ、テレビ岸和田、ケーブルテレビ富山
5,200円
4,000円
単独タイプ
契約者自身で個別に希望するプロバイダと契約
5,000円
+別途プロバイダ料金
3,800円
+別途プロバイダ料金

ドコモ光のプランについて、さらにくわしく調べてみましょう。

ドコモ光のプランはタイプAとタイプBでプロバイダが違う

ドコモ光のタイプAとタイプBはどちらも光回線を使ったインターネットサービスですが、選ぶプロバイダがどちらのタイプに属しているかによって料金が変わります。

ドコモ光のプロバイダの選び方は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

タイプBの料金は200円高い

タイプAに比べて、タイプBは月額料金が200円高くなっています。

料金が高いほうがプロバイダ会社としてのランクや回線品質も優れているようにも思えますが、実際のところ、タイプAとタイプBに品質の違いは全くありません。

タイプBの料金が高い理由は、プロバイダ会社の利益などを考えるとタイプAの料金では採算が取れないからで、特に契約者にとってメリットがある部分ではないのです。

ドコモ光への乗り換え前に使っていたプロバイダを引き続き使いたいなど、特別な理由がない限りは、タイプAの契約をオススメします。

ドコモ光のプラン・タイプCはケーブルテレビ会社を選ぶ

タイプCはケーブルテレビの契約とあわせて申し込める、ケーブル回線のインターネットサービスです。

現在、ドコモ光と提携しているケーブルテレビ会社と契約している方は、タイプA・Bと同じく通信最大速度1Gbpsのインターネットサービスを楽しめるタイプCを検討しましょう。

タイプCについては、こちらの記事もあわせてチェックしてくださいね。

ドコモ光のプランは単独タイプが高額になる

ドコモ光の定額プランの中で、単独タイプのみ、月額料金にプロバイダ料金が含まれておらず、インターネット料金とは別にプロバイダ会社へ支払います。

そのため、インターネット料金とプロバイダ料金をあわせた金額はタイプA~Cの金額より高くなります。

例えば、フレッツ光でも契約できるプロバイダ・Yahoo!BBをドコモ光の単独タイプで利用する場合の料金と、プロバイダ料金込みのタイプAの料金を比べてみましょう。

タイプA
単独タイプ
月額料金(戸建て)
5,200円
5,000円
+Yahoo!BBプロバイダ料1,200円
合計金額(戸建て)
5,200円
6,200円
月額料金(マンション)
4,000円
3,800円
+Yahoo!BBプロバイダ料950円
合計金額(マンション)
4,000円
4,750円

単独タイプとタイプAでは、戸建てタイプで1,000円、マンションタイプで750円の差がありました。

ドコモ光電話の料金プラン

ドコモ光の人気オプションサービス・光電話は、NTTの固定電話よりも基本料金、通話料金ともに安く利用できます。

ドコモ光電話には2つの料金プランがあります。

プラン
月額使用料
ドコモ光電話
500円/月
ドコモ光電話バリュー
1,500円/月

ドコモ光電話の詳しいサービス内容は、下記の関連記事にて説明しています。

ドコモ光のテレビサービスのプラン

ドコモ光のオプションサービスは、光回線を使ったテレビサービスもオススメですよ。

屋根などにパラボラアンテナを取り付けるなどの工事が不要で、チューナーを光回線につなげれば簡単に多彩な番組を楽しめます。

ドコモ光ではひかりTVとスカパーの2つのサービスが選べます。

ひかりTVの料金プラン

ひかりTVはドコモ光のテレビサービスとして、50チャンネル以上の専門チャンネルが見放題です。

ひかりTVの料金プランをみてみましょう。

プラン
2ねん割
通常料金
基本放送プラン
(10チャンネル以上)
×
1,000円
ビデオざんまいプラン
(10チャンネル以上+ビデオ約14,000本)
1,500円
2,500円
テレビオススメプラン
(50チャンネル以上+見逃し配信)
1,500円
2,500円
お値うちプラン
(50チャンネル以上+ビデオ約14,000本+見逃し配信)
2,500円
3,500円

ドコモ光のひかりTVについて詳しくは、以下の記事で解説しています。

スカパー!×ドコモ光の料金プラン

人気のスカイパーフェクトTVも、ドコモ光の光回線で視聴できますよ。

ドコモ光×スカパーの料金プランはこちらです。

プラン
月額料金
スカパー!セレクト5
(5チャンネル)
2,973円
スカパー!セレクト10
(10チャンネル)
3,740円
スカパー!基本プラン
(50チャンネル)
4,740円
スカパー!光パックHD
(65チャンネル)
5,802円

ドコモ光で契約できるスカパー!については、こちらの記事で解説していますよ。

ドコモ光のプラン料金は割引やキャンペーンで安くなる

ドコモ光のほとんどのプランはプロバイダ料金込みで安いとわかりましたが、ドコモの携帯電話やスマートフォンを契約しているドコモユーザーはさらにお得な特典が受けられます。

では、ドコモ光で受けられる月額料金割引やキャンペーンをチェックしてみましょう。

ドコモ光セット割の適用

ドコモ光では、ドコモのスマホとセットで割引が受けられる「ドコモ光セット割」を用意しています。

ドコモのスマートフォンやタブレットで契約しているパケットパックに応じて、携帯電話料金が100円~3,500円割引されます。

家族でシェアパックを利用している方は、こちらの記事で割引額などを確認してくださいね。

また、ドコモの携帯電話契約が長ければ長いほど料金が安くなる「ずっとドコモ割」も適用されますよ。

くわしい割引内容については、こちらの記事をご覧ください。

ドコモ光の工事費は無料キャンペーンで料金プランに上乗せなし!

現在、ドコモ光では期間限定で初期工事費用無料キャンペーンを実施中です。

ドコモ光初期工事費無料
参照:ドコモ光 工事費無料キャンペーン

フレッツ光などは工事費が無料にならず、分割にして料金プランに上乗せして請求されますが、ドコモ光では工事費が無料なので、支払い料金が安くなります。

ドコモ光の工事費無料キャンペーンは2019年5月6日までのサービスなので、お早めに契約しましょう。

ドコモ光のdポイントプレゼントキャンペーン

ドコモ光では契約キャンペーンとして、dポイントをプレゼントしています。

dポイントは年会費無料のdポイントクラブに入会して利用できるドコモのポイントで、ドコモ光の支払いや、全国のコンビニや飲食店などのお買い物にも使えます。

ドコモ光のdポイントプレゼントキャンペーンをまとめてみました。

  • ドコモ光新規契約:10,000pt
  • フレッツ光からの転用:5,000pt
  • プランの契約更新月:3,000pt

ドコモ光では契約時以外にも、契約プランの契約更新のたびに継続利用で3,000ポイントを付与していますよ。

また、子どもの誕生日にdポイントをプレゼントしてくれるキャンペーンも実施しているので、どんどんポイントを貯めて、ドコモ光の支払いに利用しましょう。

dポイントについては、こちらの記事もご覧ください。

ドコモ光の代理店窓口でキャッシュバックが受けられる

ドコモ光では契約の際に公式キャンペーンとして、現金キャッシュバックはありません。

しかし、申込窓口を代理店サイトから契約するだけで、キャッシュバックが受け取れることもありますよ。

現在、ドコモ光の代理店サイト・ネットナビでは、オプション不要で最大15,000円キャッシュバックを実施しています。

ドコモ光の代理店ネットナビをチェックする

フレッツ光の転用でも、同額の15,000円がもらえるのもうれしいですね。

ドコモ光の代理店については、こちらの記事でくわしくまとめていますよ。

ドコモ光のプランを選んで料金シミュレーションしてみよう!

実際にドコモ光を契約した場合の料金プランは、契約前でもドコモ光の公式サイト内の料金シュミレーション機能で調べられます。

ドコモ光の料金シュミレーションは、ドコモの携帯電話契約への割引額も含めて計算してくれるので、より正確にわかりやすく発生する料金を把握できますよ。

ドコモ光のシュミレーションについては、こちらの記事もあわせてご覧ください。

ドコモ光が高い原因はプランのせい?料金が高いと感じたときに確認すること3つ

ドコモ光の契約中にプランの料金が高いと感じたときは、以下の3つの項目を確認してみましょう。

  • 料金プランの明細を確認する
  • 不要なオプションがないか確認する
  • プロバイダを確認する

まずは現在の料金プランを確認する

ドコモ光の料金が高いと感じたときは、まず現在契約中のプランや料金明細を確認しましょう。

ドコモ光ではオプションサービスの料金や光電話の通話料も、インターネット料金と一緒に請求されます。

料金明細をチェックすれば、何にどれくらい支払っているのかが一目瞭然なので、料金の見直しに役立ちます。

ドコモ光を契約している方は、ドコモ公式サイト内の契約者ページ・My docomo から、契約内容や利用中のプラン、料金の明細を確認できます。

Mydocomoにログインするには、dアカウントが必要です。

dアカウントの発行はこちらの記事で手順を説明していますよ。

不要なオプションがついていないか確認する

ドコモ光ではさまざまなオプションサービスを用意していますが、中にはキャンペーンの適用条件として「1か月だけ…」と契約したものもあるのでは?

ドコモ光のキャンペーンで付けたオプションは、キャッシュバックや特典を受け取った後に忘れずに解約しましょう。

ただし、テレビサービスなど、解約に違約金が発生するオプションもありますので、解約時には注意してください。

オプションの解約もMy docomo で手続きができます。

くわしくは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

プロバイダをタイプAに乗り換える

ドコモ光ではプロバイダをタイプAとタイプBのどちらにするかで、200円の差がありました。

もし、現在タイプBを契約中の方で、特にプロバイダに対して指定がないなら、200円安いタイプAのプロバイダに乗り換えましょう。

ドコモ光自体を解約しなくても、プロバイダだけを乗り換えられます。

くわしい乗り換え手順や注意点などは、こちらの記事でくわしく解説していますよ。

ドコモ光のプランについての問い合わせ先

ドコモ光のプランや料金について問い合わせたいときは、ドコモインフォメーションセンターに聞いてみましょう。

お問い合わせ番号:151(局番なし)

受付時間は9時~20時で、年中無休で問い合わせができます。

ドコモ光の問い合わせ先については、こちらの記事もご覧ください。

まとめ

ドコモ光の契約プランは5種類から選べます。

  • タイプA
  • タイプB
  • タイプC
  • 単独タイプB
  • ドコモ光ミニ

2段階定額のドコモ光ミニ以外は、プロバイダやケーブルテレビ契約によって、プランの内容や月額料金が変わります。

ドコモ光ではインターネットを使った光電話プランや、テレビサービスプランも用意しているので、ぜひ活用しましょう。

ドコモ光の契約プランはMy docomoから確認できます。

プランの見直しなどを行いたい方は、不要なオプションがないか、プロバイダは安いタイプを選んでいるかもあわせて確認しましょう。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る