閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ドコモ光のセキュリティソフトを使う際のオススメプロバイダーを紹介!インストール方法や注意点も

ドコモ光 セキュリティ

ドコモ光に限らず、インターネットを利用する上ではウイルスや不審なメールを防御してくれるセキュリティ対策は重要ですよね。

ドコモ光では、セキュリティソフトを無料または有料でオプション提供しているプロバイダがあります。

セキュリティ対策についてよくわからないという方は、手っ取り早くオプションを利用してしまうのもひとつの手ですよ。

セキュリティオプションの低コストで選ぶなら、プロバイダはplalaとOCNがオススメです。

よりセキュリティを強化したいのであれば、ドコモルーターのセキュリティと併せて対策することをオススメします。

本記事では、ドコモ光で利用できるセキュリティオプションの料金や性能をまとめました。

ドコモ光を検討中の方や、セキュリティ対策について知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね!

ドコモ光のおすすめ申込窓口

ドコモ光のセキュリティ対策でどんなことができる?

ドコモ光にはセキュリティオプションはありませんので、セキュリティ対策をしたい場合は以下の3つの方法のいずれかを選択する必要があります。

  • ドコモ光の専用ルーターをレンタルして光ルーターセキュリティを利用する
  • ドコモ光と提携しているプロバイダと契約してセキュリティオプションを利用する
  • 市販のセキュリティソフトを購入してインストールする

以下でセキュリティ対策のイメージを図に示してみました。

セキュリティ対策は、ルーターなどのインターネットの出入り口および端末側の両方で行うことが最も確実に脅威を排除する方法です。

それでは、ドコモ光を使用しながらセキュリティ対策をすることによって得られるメリットについて、ご紹介していきます。

ドコモ光専用ルーターで入り口から防御

ドコモ光の専用ルーターをレンタルして、光ルーターセキュリティに申し込むことで、トレンドマイクロ社製のセキュリティサービスが利用できます。

この光ルーターセキュリティを使うと、家庭内のネットワーク自体にセキュリティ対策がかかっている状態になります。

お子様が誤って有害サイトにアクセスした場合などにブロックしてくれる有害サイトへのアクセスをブロックする「ペアレンタルコントロール機能」も備えており、ご家族で安心してインターネットを使用することができます。

PC・タブレットなどの端末を防御

ドコモ光と提携している GMOとくとくBBなどのプロバイダと契約すれば、複数の端末にセキュリティソフトを入れることができます。

ドコモ光の光ルーターセキュリティであれば、ご家庭内の端末全てに対してセキュリティがかかります。

このように複数の端末に対応したご契約をすることによって、ご家庭で使っている PC やタブレットなどの端末をウイルスの脅威から守ってくれます。

ご自分がセキュリティをかけたい端末の数量を考えながら、各社の契約内容を比較することが大切です。

不正なプログラムを含むメールやスパムメールを排除

セキュリティソフトを使用すれば、 不正なプログラムを含むメールやスパムメールを排除し、お使いの端末をウイルスから守ることができます。

インターネット上に存在するウイルスにはさまざまな種類が存在します。

たとえば、端末のシステムを書き換えてしまったり、情報を消去してしまったり、中には個人情報が抜き取ってしまったりするものもあります。

個人情報が抜き取られてしまった場合だと、クレジットカードの情報が流出してしまい、いきなり多額の請求が来るといった事例もあります。

ウイルスに感染してからでは遅いので、セキュリティ対策をしっかり行い、不審なメールを排除することはとても重要です。

ドコモ光で使えるセキュリティソフトをプロバイダ別に比較

ドコモ光のプロバイダで使えるセキュリティソフトにはどういったものがあるのでしょうか?

プロバイダ別にまとめてみましたので、参考にしてくださいね。

プロバイダ名 料金 メーカー インストール台数 対応OS
ドコモnet 12カ月間無料
13カ月目以降:有料
マカフィー®
インターネットセキュリティー
1台 Windows
GMOとくとくBB 12カ月間無料
13カ月目以降:500円
マカフィー®
マルチアクセス
3台 ・Windows
・Mac
・Android
・iOS
So-net 12カ月間無料
13カ月目以降:500円
カスペルスキー セキュリティー
plala 24カ月間無料
25カ月目以降:370円
マカフィーfor plala ・Windows
・Mac
・Android
・iOS
BIGLOBE 12カ月間無料
13カ月目以降:500円
OCN 12カ月間無料
13カ月目以降:250円
総合セキュリティソフト・マイセキュア 1台

※料金は全て税抜表示
※OCNには5台まで利用できる月額税抜き500円(初月のみ無料サービス有)のプランもある
※2019年6月時点の情報

全体的に12カ月の無料期間ののちに、月額税抜き500円の料金がかかるところが多いですね。

インストール台数や対応OSに関しては差がありますし、公式サイトでは情報が載っていないものもありました。

この点も踏まえて、契約時には自分が使っているOSにセキュリティソフトが対応しているかの確認をしたほうがいいでしょう。

コスト重視なら、オススメはplalaとOCN

大手6社のうち、全体的に見て一番コスト面でお得なのはplalaです。

契約後の無料期間が12カ月のプロバイダが多い中、24カ月セキュリティ料金が無料なのはやはり魅力ですよね。(2019年5月現在)

さらに25カ月目からでも料金は369円(税抜)と格安です。

他のプロバイダは13カ月目から税抜き500円かかるところがほとんどですので、比べると分かりやすいですね。

plalaのセキュリティーソフトはマカフィーfor plalaを使用しており、一般的なウイルス対策を行いたいという方には十分です。



他にも、セキュリティ対策を行いたい端末が1台だけの場合は、OCNも1カ月当たり250円とお安いです。

2台以上セキュリティをかけると、月額税抜き500円になってしまいますので、自分が持っている端末数を考慮して契約するといいでしょう。

インターネット料金にかかる費用を安く抑えたいという方はplala、1台の場合はOCNもオススメです。

ドコモ光ルーターなら、ソフトを入れられない機器でも対策ができる

セキュリティソフトをお使いの端末にインストールしてセキュリティ対策をする方法もありますが、イチオシなのはドコモ光ルーターです。

でもお伝えした光ルーターセキュリティを利用すると、セキュリティソフト未搭載の端末でもセキュリティ対策をすることができます。

インターネットに繋がったテレビや、お子さんがお使いのゲームなども守ってくれるのです。

ご家庭内の複数の端末のセキュリティ対策を行いたいという場合は光ルーターセキュリティを利用することをオススメします。

セキュリティ重視なら、ルーターとソフトの併せ技

「セキュリティレベルの高いインターネット環境で安心してインターネットを使いたい」という方は、光ルーターセキュリティとセキュリティソフトを併せて使うといいでしょう。

光ルーターセキュリティで、まずは家庭内のネットワークにウイルスが侵入することを防ぎます。

更に端末上にインストールしたセキュリティソフトでウイルス対策をすることにより、 インターネットからの脅威を未然に防ぐセキュリティレベルが高い環境になります。

万が一不具合などで端末上のセキュリティソフトが機能していなかったり、テレビやIoT家電などのセキュリティソフトが導入できない機器があったりした場合でも、光ルーターセキュリティがカバーしてくれます。

インターネット環境が不安な方や、予算に余裕がある方はルーターとソフトを併せて使うことをご検討されてはいかがでしょうか。

ドコモ光のセキュリティ対策についてチェックしておきたいこと

ドコモ光でセキュリティ対策をするときは、プロバイダやドコモ光にセキュリティサービスの月額料金を支払う必要があったり、市販のセキュリティソフトを買う時にも初期費用がかかります。

ただし、次からの見出しの場合には料金が不要になることがあります。

フレッツ光西日本からドコモ光への転用でセキュリティ対策ツールが無料

NTT西日本エリアでフレッツ光を利用していた方がドコモ光に転用した場合は、フレッツ光で利用していたセキュリティ対策ツールを無料で継続利用できます。

継続手続きも特に不要ですので、手軽かつお得にセキュリティサービスを利用できます。

一方、NTT東日本のフレッツ光でセキュリティサービス(フレッツ・ウイルスクリア)を利用している方は、現在、フレッツ・ウイルスクリアの新規受付が終了していますので、ドコモ光では継続利用できません。

ドコモ光に転用してから、別途、セキュリティ対策をする必要があります。

ライセンスプラスを利用するとドコモ光では別途料金が必要

ただし、フレッツ光のライセンスプラスに申し込み、複数台のインターネット機器にセキュリティサービスを利用していた場合は、ドコモ光では別途料金が必要です。

ライセンスプラスを利用しているかわからないときは、フレッツ光のマイページにログインし、契約しているサービスにライセンスプラスが入っていないかチェックしましょう。

引き継ぎしたセキュリティ対策ツールがドコモ光でアップデートできない時の対処法

セキュリティ対策ツールは、必要に応じてアップデートしなくてはなりません。

NTT西日本のフレッツ光から引き継いだセキュリティ対策ツールも、ドコモ光で折々に機能をアップデートする必要があります。

バージョンをアップデートできないときは、お使いのブラウザのキャッシュを削除し、再インストールしてください。

なお、Ver.6まではアップデートに非対応ですので、ドコモ光でもそのままお使いください。

市販のセキュリティソフトも利用可能

ドコモ光のセキュリティ対策は市販のセキュリティソフトでも行うことができます。

初期費用はかかりますが、自分が気に入っているセキュリティソフトがある場合は、そちらを使用する方が安心もしますよね。

また、試してみて合わなかったら1年後に変えるという使い方もできますので、自由さがあるとも言えます。

それではここからは、セキュリティソフト主要5社の市販ソフトの価格と機能について少し詳しく見ていきましょう。

主要5社の市販ソフトの価格を比較

主要なセキュリティソフトの料金・インストール台数・対応OSなどを比べてみました。

社名 商品名 料金 インストール台数 対応OS
トレンドマイクロ ウイルスバスターfor HomeNetwork 1年目:9,000円
(本体代+1年間のサービス費用)
保護できるデバイス数は
ルーターの接続可能機器数に準ずる
ルーターによるネットワークに対してのセキュリティの為、
どんなデバイスも対応。
2年目:6,000円 (更新費用)
カスペルスキー カスペルスキーセキュリティ 3,685円 1台 Windows、Mac OS、iOS、Android
4,611円 5台
6,462円 6台以上
ESET
(3台・5台の選択も可能)
インターネットセキュリティまるごと安心パック 7,500円 1台 Windows、Mac OS、iOS、Android
スマートセキュリティプレミアム 6,800円 1台
インターネットセキュリティ 4,500円 1台
シマンテック ノートンアンチウイルスベーシック 2,980円 1台 Windows限定
ノートンセキュリティスタンダード 3,230円 1台 Mac、パソコン、モバイルデバイス いずれか
ノートンセキュリティデラックス 5,480円 最大3台 Mac、パソコン、スマートフォン、タブレット
ノートンセキュリティプレミアム 7,980円 最大5台

※2019年6月時点の情報
※価格はすべて税抜

どの会社の製品も対応OSが豊富で、セキュリティ内容が充実しています。

製品を購入する時はご自分が使用する端末数なども考慮して、インストール可能台数もしっかりチェックして購入しましょう。

市販のセキュリティソフトを選ぶべきなのはどんな人?

市販のセキュリティソフトの商品ページでは、プロバイダのオプションのセキュリティソフトよりも、詳細にセキュリティ内容を表示しています。

「こういったセキュリティ対策をしっかりしたい」とセキュリティ対策への目的がはっきりしている方は市販のセキュリティソフトを購入する場合が多いです。

また、プロバイダのセキュリティソフトを使用していた場合は、プロバイダと契約を解除したら新たなセキュリティソフトを入れなくてはなりません。

「自分が必要とするセキュリティソフト内容が備わっているものを、プロバイダとの契約が終わった後も使用したい。」

上記のようにお考えの方は市販のセキュリティソフトを購入するといいでしょう。

ドコモ光を解約した場合は別のセキュリティソフトを購入する必要がある

ドコモ光を解約すると、同時にドコモ光のプロバイダも解約となります。

そうなるとプロバイダのオプションで付いていたセキュリティソフトは使えなくなりますので、別途市販のセキュリティソフトを購入する必要があります。

もしくは新しいプロバイダと契約し、オプションのセキュリティソフトを入れることが必要になります。

ドコモ光のセキュリティ対策のインストール方法

ドコモ光のセキュリティ対策のインストール方法も気になりますよね。

こちらではGMOのプロバイダのセキュリティ対策のインストール方法を見ていきましょう。

  1. インターネットでBBnaviを検索して、BBnaviにアクセスしてログインする
  2. お支払い方法を登録する
  3. 「インターネット安心セキュリティー(マカフィー® マルチアクセス)」のお申込み手続きをする
  4. マカフィーのインストールサイトへ進んで記載内容に沿って設定する

これでGMOのセキュリティソフトのインストールは完了です。

意外に簡単ですよね。

他のプロバイダのセキュリティソフトも設定の仕方はそれぞれ少し違いますが、そこまで難しいものではありません。

ドコモ光のセキュリティサービスなら遠隔で設定してもらえる

ドコモ光のルーターセキュリティサービスを利用すると、複雑な設定操作を遠隔操作で実施してもらうことが可能です。

以下の手順に従って、セキュリティサービスを設定しましょう。

  1. ネットトータルサポートセンター(0120-825-360、年中無休9:00~20:00)に電話をかける
  2. ルーター背面のボタンを押す
  3. ルーター背面に記載されている6桁のルーターID(セキュリティキー)をセンターに伝える

なお、ドコモ光ルーターのセキュリティキーはルーターIDと同一です。

通常、サービスの利用開始時に必要になるIDやセキュリティキーは、書類などで別途記載されていることが多いため、書類を探すだけでも大きな手間になってしまいます。

しかし、ドコモ光ルーターのセキュリティキーはルーター本体に記されていますので、探す手間も不要で便利ですよね。

ドコモ光のセキュリティで不明点がある場合の問い合わせ先

ドコモ光のセキュリティで不明点がある場合は以下のお問い合わせ先からお問い合わせください。

◆ドコモnetご利用開始までの不明点のお問い合わせ窓口
【総合お問い合わせ(ドコモインフォメーションセンター)】

  • ドコモの携帯電話からの場合:(局番なし)151(無料)
  • 一般電話などからの場合:0120-800-000
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆ドコモnetのセキュリティソフトのインストール方法、操作方法、トラブル等に関するお問い合わせ窓口
【マカフィー テクニカルサポートセンター】

  • 電話窓口:0570-060-033
  • 受付時間:9:00~21:00(年中無休) 

◆plalaのセキュリティソフトの不明点のお問い合わせ窓口
【マカフィーカスタマーサービスセンター】

・電話窓口:0570-030-088
受付時間 9:00~18:00 月~金曜日(祝日除く)

・チャット窓口:https://service.mcafee.com/

◆GMOとくとくBBのセキュリティソフトの不明点のお問い合わせ窓口
【マカフィーテクニカルサポートセンター 】

・電話窓口:0570-060-033
(※IP電話・光電話をご利用の場合は 03-5428-2279
年中無休 9:00~21:00

・チャット窓口 / FAQ:http://www.mcafee.com/japan/home/support/

年中無休 9:00~21:00

◆BIGLOBEセキュリティソフトの不明点のお問い合わせ窓口
【インフォメーションセンター】

・ドコモ携帯電話から:(局番なし)151 (無料)
・一般電話から:0120-800-000 (通話料無料)
年中無休 9:00~20:00

◆OCNセキュリティソフトの不明点のお問い合わせ窓口

・電話窓口:0120-506-506
(※IP電話・光電話をご利用の場合は 050-3786-0506
営業時間 10:00~19:00(日曜・祝日・年末年始を除く)

ドコモ光の問い合わせについての詳細記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

ドコモ光でセキュリティソフトを使いたい場合3つの方法があります。

  • ドコモ光の契約プロバイダのオプションのセキュリティソフトでセキュリティ対策をする
  • ドコモ光ルーターをレンタルして光ルーターセキュリティでセキュリティ対策をする
  • 市販のセキュリティソフトを購入してセキュリティ対策をする

ご使用する端末の台数によってもお勧めするセキュリティソフトは変わってきますが、ドコモ光の提携プロバイダのセキュリティソフトは初年度の使用料が無料のところが多いです。

特にplalaの場合は2年間セキュリティソフトの料金が無料です。

さらには他のセキュリティソフトが月額500円のところが多い中、plalaは月額369円(税抜)と破格のお値段になっています。

家の中の多くの端末にセキュリティ対策をしたい場合はドコモ光ルーターで家の中のネットワーク全体にセキュリティ対策をすることをおすすめします。

人それぞれ家族構成や生活環境で必要なセキュリティソフトのサービスは変わってきますので、ご自分に合ったセキュリティソフトを選んで安全にインターネットを楽しんでくださいね。

\ 【最新】ドコモ光のおすすめ申込窓口 /
【GMOとくとくBB】
dポイント最大20,000pt
+15,000キャッシュバック
☞ 詳細はこちら「【2019年最新版】ドコモ光を一番お得に申し込めるキャンペーンはココ!」
ドコモ光のおすすめ申込窓口