閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光の料金シミュレーション|携帯料金の見直しで月額を安くする

ドコモ光 シミュレーション

ドコモ光を契約中のみなさんの中には、スマホ・携帯もdocomoにそろえて「ドコモ光パック」というセット割を適用している方が多いのではないでしょうか。
インターネットの料金を少しでも安くしたい!という場合、このセット割を利用することはもちろん、スマホ・携帯側の料金プランを見直すことも重要なポイントのひとつです。

今回は、そんな携帯料金の見直しも含めたドコモ光の料金シミュレーションを行っていくとともに、これからドコモ光を申し込む方におすすめのお得な窓口もあわせて紹介!
自分にぴったりの契約プランで無駄なくドコモ光を利用したいみなさん、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光の料金はシンプル!基本的に戸建て・マンションそれぞれ2プラン

ドコモ光の契約プランは、選べるプロバイダの種類によって次の2種類に分かれており、戸建て・マンション別にそれぞれ異なる料金設定になっています。

料金プラン 月額料金(税抜)
戸建て マンション
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

これとは別にプロバイダ料金が含まれていない「単独タイプ」もありますが、戸建て5,000円・マンション3,800円と、タイプAの月額料金に比べればどちらも200円しか差がないため、別途自分でプロバイダを申し込むより上記のいずれかの料金プランを利用したほうがお得でしょう。

ドコモ光の基本料金以外にかかる料金

紹介した基本料金のほか、光電話やテレビサービスに申し込んでいれば、そちらの月額料金も別途発生します。
利用者の多いサービスの料金を表にまとめてみましたので、ぜひ。

オプション名 料金(税抜)h
ドコモ光電話 月額500円
通話料 8円/3分~
発信者番号表示 月額400円
ナンバー・リクエスト 月額200円
迷惑電話ストップサービス 月額200円
ドコモ光テレビ 月額660円

セット割の「ドコモ光パック」はパケットパックの容量によって割引額が変わる

ドコモ光のインターネット回線と、docomoスマホ・携帯とのセット割「ドコモ光パック」は、スマホ・携帯側で契約しているパケットパックの容量に応じて割引額が設定されています。
容量が大きければ大きいほど割引額も上がっていきますので、詳しくはこちらの記事を参照してください。

あなたの家のdocomo携帯料金は最適?請求額と見比べてみよう

見てきたように、ドコモ光の料金プラン自体はとてもシンプルで、セット割のドコモ光パックを適用する以外には特に大きな節約ポイントも見当たりません。
むしろ注目すべきなのはスマホ側の料金プランで、最初にdocomoを契約してからなんとなくそのまま利用し続けている…という人も多いため、見直してみると案外大幅に料金が節約できることもあります。

ここからは、そんなスマホの使い方別に最適なプランをシミュレーションしていきますので、ぜひみなさんも現在の請求額と見比べながらチェックしてみてくださいね。

docomoの基本プランは4つ!

まず押さえておきたいのがdocomoの基本プランですが、スマホの場合は次の4つの料金プランから選ぶことができます。

基本プラン 月額料金(税抜) 特徴
カケホーダイプラン 2,700円 国内通話が24時間無料
カケホーダイライトプラン 1,700円 5分以内の通話が無料
シンプルプラン 980円 シェアパック・ウルトラデータパック専用
データプラン 1,700円 データ通信専用

カケホーダイをカケホーダイライトにするだけで1台につき月額1,000円安くなる

通話をよく利用する人向けのカケホーダイとカケホーダイライトには、実は月額1,000円もの料金差があります。
これまで特に深く考えずに24時間無料のカケホーダイプランを選んでいたみなさんも、今1度普段の通話スタイルを思い返してみてください。
もし「1回の通話が長引くことって意外と少ないかも」「長電話はしても月に1回程度かな?」という場合は、カケホーダイライトに変更したほうが結果的に月々の支払いを安く抑えることができるかもしれません。

カケホーダイライトは5分以内の通話が無料で、5分を超えた分の通話料は20円/30秒です。
単純に計算しても料金プランの差額1,000円は25分の通話料にあたるので、5分以上の超過分がトータル25分以内で済みそうな方はカケホーダイライトのほうがお得でしょう。

家族以外へ電話をかけない人はシンプルプランがおすすめ

docomoの料金は、基本プラン+パケットパックの2段構えになっているのですが、パケットパックでシェアパック・もしくはウルトラデータパックを選択している場合は、月額料金が980円と格安のシンプルプランも選ぶことができます。
シンプルプランは家族への通話料が24時間無料になるところもうれしいポイントで、家族以外には電話をかけないという場合、シンプルプランで契約するのが最もおすすめです。

回線ごとに必ずかかるSPモード料金

どの基本プランを選んでも、インターネットの利用には月額300円で「SPモード」をプラスする必要があります。
このSPモードの料金はスマホの台数分(回線ごとに)かかるため、計算に含めるのを忘れないようにしましょう。

端末代の割賦金と月々サポート

購入した端末代金を分割で支払っていく場合、その割賦金も月額料金の中に含まれます。
たとえば機種変更でiPhone8(64GB)を購入すると、24回払いの場合の支払額は1ヶ月あたり3,699円(税込)です。

しかし!docomoにはこの端末代金を最大24ヶ月間サポートしてくれる割引サービス「月々サポート」があり、割引額は機種によって異なるのですが、iPhone8(64GB)のケースでは毎月2,403円(税込)。
まとめると、スマホ単独で実際に支払う月額料金のイメージは次のようです。

料金名目 月額料金(税込)
基本プラン(カケホーダイライトの場合) 1,836円
パケットパック(データMパックの場合) 5,400円
SPモード 324円
端末代金(24回払いの場合) 3,699円
月々サポート -2,403円
合計 8,856円

注意!月々サポートは機種代金ではなく基本料金から割引される

ここでひとつ気を付けておきたいのが、月々サポートは1ヶ月あたりの端末代金からではなく、基本プラン+パケットパックの料金から割り引かれるというところ。
たとえば上の表の基本プランをシンプルプランに、パケットパックをシェアオプション(家族が契約しているシェアパックを利用するプラン)に変更すると、基本料金の合計は次のようです。

  • 基本プラン(シンプルプラン):1,058円
  • パケットパック(シェアオプション):540円

【合計】1,598円

この金額は月々サポートの2,403円よりも805円少ないですが、割引しきれなかった分はそのまま切り捨てになってしまうため、考え方によってはちょっともったいないのです。

ただし、この例のようにシェアオプションを選択している場合、割引額が基本料金をオーバーしてもいきなり切り捨てになるわけではなく、オーバー分はいったん家族が契約している主回線のほうに回されます。
主回線のほうでまだ基本料金の支払いが残っていれば、そこにオーバーした割引額を充てることができるため、トータル的には無駄なく割引を利用できるでしょう。

パケットパックはシェアパックのほうが安くなりおすすめ

パケットパックには個人向けのデータパックと家族向けのシェアパックがあり、家族でdocomoを利用するならシェアパックを利用したほうがずっとお得です。

シェアパック

引用:シェアパック│料金・割引│NTTドコモ

たとえば3人家族で15GBのシェアパックを契約した場合と、1人5GBのデータパックを3人分契約した場合、使える合計のデータ容量はどちらも同じですがシェアパックのほうが料金は割安です。

パケットパック 月額料金(税抜)
シェアパック15 12,500円(2,500円お得!)
データMパック 5,000円 × 3人 = 15,000円

パケットパックと組み合わせて契約する基本プランのうち、最安のシンプルプラン(980円)が選べるのも、データパックの場合はかなり高額な大容量パックのみですが、シェアパックなら全パックが対象です。

ずっとドコモ割で長年docomoを利用している人は更にお得に!

先ほどのシェパックの一覧表にも記載がありましたが、docomoにはドコモ歴が長ければ長いほど月額料金が安くなる「ずっとドコモ割」という割引サービスもあります。
4年以上docomoを利用していれば、それ以降の利用年数に応じて割引額が大きくなっていきますので、長年のdocomoユーザーは必見です。

不要なオプションを契約していないか確認しよう

長くdocomoを利用していると、契約した当初は必要だったオプションも今ではほとんど使用していない、というケースがしばしばあります。
特にdマーケットのゲームや電子書籍・動画の視聴サービスなど、月額制のコンテンツに申し込んでいる場合は、今1度内容を見直してみましょう。

My docomoか151へ電話してオプションの解約をしよう

不要なオプションは、151(ドコモインフォメーションセンター)への電話か、会員専用のオンラインサービス「My docomo」から解約できます。

電話はなかなか繋がらないこともあるため、スムーズに手続きを行いたいみなさんはMy docomoを利用しましょう。

合計額の料金シミュレーション!最適な月額はいくら?

ここからは、いよいよドコモ光とスマホの月額料金を合計して、具体的な支払額をシミュレーションしていきます。

今回は家族でスマホを4台&タブレット1台、ドコモ光の契約タイプはマンションで、光電話も利用している場合の最適な料金を紹介していきますので、ぜひ現在の支払額と見比べてみてくださいね。

詳細 月額料金
【docomo】の内訳
カケホーダイライト(1,700円×4台) 6,800円
データプラン(タブレット1台) 1,700円
ウルトラシェアパック30 13,500円
シェアオプション(500円×4台) 2,000円
ドコモ光パック(セット割) -2,500円
ずっとドコモ割(15年以上) -1,200円
SPモード(300円×5台) 1,500円
小計 21,800円(税込23,544円)
【ドコモ光】の内訳
基本使用料(プロバイダ料込み) 4,000円
ドコモ光電話 500円
小計 4,500円(税込4,860円)
【docomo】+【ドコモ光】
合計 26,300円(税込28,404円)

まだドコモ光を利用していない人におすすめのWeb窓口

もしこれからドコモ光の申し込みを行う方がいらっしゃれば、おすすめは断然こちらの代理店サイト!
最大15,500円のキャッシュバックキャンペーンが開催されており、それとは別に最大20,000ポイントのdポイントプレゼントや、初期工事費の18,000円が無料になる割引など、お得にドコモ光を始められる特典が盛りだくさんです。
特に最大15,500円のキャッシュバックは次のサイト限定なので、気になる方はぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

おすすめ窓口最大35,000円相当還元!!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
大人気のドコモ光! 最大35,000円相当還元キャンペーン実施中! ドコモ光セットとずっとドコモ割プラスでスマホ料金が年間最大72,000円割引き!?

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

法人の場合は公式の「かんたんシミュレーション for Business」が便利

法人でドコモ光+docomoのスマホを契約する場合は、スマホ・携帯の台数が多くなるため公式サイトからシミュレーションを行うのがおすすめです。
必要な台数と、1台あたりの使用データ量も考慮して試算できますので、法人契約の際にはぜひ利用してみてください。

カケホーダイ&パケあえる ドコモ光 かんたんシミュレーション for Business│料金・割引│法人のお客さま│NTTドコモ

また、法人契約のおすすめプランや窓口については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

ドコモ光のシミュレーションまとめ

ドコモ光の月額料金は、一緒に契約するdocomoのスマホ料金によって大きく左右されます。
ドコモ光の料金プランに比べて、スマホの料金プランのほうが組み合わせの幅も大きいので、今回シミュレーションした内容を参考に、みなさんも自分の利用状況に合ったベストなプランを選んでみてくださいね!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事