閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ドコモ光電話は契約すべき?料金・申し込み方法・注意点を解説

ドコモ光 電話

ドコモ光のインターネットサービスと同時に契約できる「ドコモ光電話」は、NTT加入のアナログ電話よりも大幅に安いことをご存じですか?

ドコモ光電話は、NTT加入電話から発番された電話番号であれば同じ番号を引継ぐこともできますし、電話機を買い替える必要もありません。

また、契約手続きは非常にかんたんで、ドコモ光との同時に契約すると初期費用も大幅に抑えられます。

この記事では、ドコモ光電話のサービスや料金、各種手続き方法までわかりやすくまとめています。

現在、ドコモ光の契約を検討中の方は、ぜひドコモ光電話の同時契約を検討してみてください。

ドコモ光電話を契約するメリット3つ!

自宅の固定電話をドコモ光電話に変更すると、以下のようなメリットが得られます。

それでは、次項から詳しく解説していきましょう!

メリット1:基本料金・通話料金の安さ

ドコモ光電話で真っ先にあげられるメリットは、料金の安さです。

NTTの固定電話サービスは、一般的な住宅用加入電話(プッシュ回線用)の基本料金で月額1,700円。

しかし、ドコモ光電話の基本料金は月額500円に設定されています。

また、NTT加入電話では通話間の距離がひらくほど通話料が上がりますが、ドコモ光電話の契約で発生する料金をNTT加入電話と比較!」で説明しています。

メリット2:ドコモ光と請求を一本化できる

ドコモ光電話はドコモ光のサービスの一環であるため、請求もインターネットサービスとひとまとめにできます。

同時契約すれば請求元がドコモ光のみとなり、支払い管理がとても楽ですよ。

メリット3:いままで使っていた電話番号・電話機を引き継ぐことができる

以下の条件をすべて満たす方であれば、ドコモ光契約時に電話番号をそのまま引き継ぐことが可能です。

  • NTTから発番された電話番号をご利用中の方
  • 引越しをしていない方(同市内なら可)

また、ドコモ光電話はこれまで使っていた電話機がそのまま使えますので、買い替える必要がありません。
 
NTT加入電話の電話番号をドコモ光電話に引き継ぐ方法は、以下の「ドコモ光電話に電話番号を引き継ぐには番号ポータビリティが必要」でくわしく解説しています。

ドコモ光で電話番号を引き継ぎできないのはどういうとき?

ドコモ光電話は「番号ポータビリティ」を使用することで、現在ご利用中の電話番号をそのまま引き継げます。

しかし、以下のような場合は番号ポータビリティが使用できませんのでご注意ください。

  • NTT加入権のない電話番号(光電話で発番された電話番号)をご利用中の方
  • 市または県をまたいで引越しをされた方

現在ご利用中の電話番号にNTT加入権があるかわからないという方は、下記連絡先に問い合わせることで確認ができますよ!

【NTT東日本・西日本共通電話サービス問い合わせ窓口】

 電話番号:0120-116-116
 受付時間:9~17時(年末年始を除く)

ドコモ光電話の契約で発生する料金をNTT加入電話と比較!

「ドコモ光電話の料金が安いって本当?」と思った方もいるのではないでしょうか?

今現在NTT加入電話を利用している場合は、確実に月額料金が安くなりますよ!

この項目では、ドコモ光とNTTのアナログ電話の料金や工事費をわかりやすく表で比較していきます。

ドコモ光とNTT加入電話の基本料金・通話料金を比較!

まずは、NTT加入電話とドコモ光電話の月額基本料金を比較します。

NTT加入電話の基本料金は、一般的な住宅用加入電話(プッシュ回線用)の基本料金です。

<NTT加入電話とドコモ光電話の料金比較>
NTT加入電話(東日本・西日本) ドコモ光
月額基本料金 1,700円 500円

NTT加入電話の通話料は東日本と西日本で多少異なるため、3社間で比較した結果を表にまとめました。

NTT東日本
NTT西日本
ドコモ光
加入電話/INS電話
市内通話
8円/3分
8.5円/3分

※深夜のみ8.5円/4分
8円/3分
IP電話サービス
10.5~10.8円/3分
10.5~10.8円/3分
10.4~10.8円/3分
携帯電話
ドコモ:16円/1分
ソフトバンク:16円/1分
au:17.5円/1分
ドコモ:17円/1分
ソフトバンク:20円/1分
au:18円/1分
ドコモ:16円/1分
ソフトバンク:16円/1分
au:17.5~18円/1分
アメリカ
9円/1分
9円/1分
9円/1分

通話料だけを比較すると、NTT加入電話はドコモ光電話とほぼ同額ですが、月額基本料金で大きな差が生まれます。

毎月1,700円の支払いが必要なNTT加入電話に比べ、ドコモ光電話は500円と1,000円以上の差ですので、トータルコストで比較すると、ドコモ光の方が安いことがわかりますね。

ドコモ光電話の契約で発生する工事費用

ドコモ光電話はNTT加入電話より安い料金で利用できることがわかりましたが、契約の形態によって開通時の工事費が異なります。

ドコモ光電話の工事費用は以下のとおりです。

<ドコモ光電話の工事費用>
番号ポータビリティ
派遣工事
契約事務手数料
工事費用
合計
ドコモ光と同時契約
0円
3,000円
3,000円
1,000円
3,000円
ドコモ光契約後に加入
2,000円
9,000円
11,000円
4,000円
6,000円
7,000円
9,000円
2,000円
4,000円

ドコモ光のインターネットサービスと同時に申し込みをすると3,000円でドコモ光電話を契約できます。

しかし、ドコモ光電話のみ後から申し込む場合は、工事費が最大11,000円まで値上がりするので注意してくださいね。

また、既存のNTT加入電話の番号を引継ぐには、「番号ポータビリティ」という作業が必要となり、工事費が2,000円高くなります。

ドコモ光電話で使えるオプションサービスの詳細と料金を紹介

ドコモ光電話には、以下のようなオプションサービスを利用できます。

<ドコモ光電話のオプションサービス一覧>
サービス名
内容
月額料金
通話中着信
キャッチホンサービス
300円
転送でんわ
指定した電話番号へ転送するサービス
500円
発信者番号表示
ナンバーディスプレイ

※ナンバーディスプレイ対応電話機が必要
400円
ナンバー・リクエスト
非通知でかけてきた相手に対し、番号を通知するように案内するサービス

※発信者番号表示の契約が必要
200円
迷惑電話ストップサービス
迷惑電話をかけてきた相手からの着信を拒否できるサービス
200円
着信お知らせメール
着信があったことをメールで知らせるサービス
100円
ダブルチャネル
ドコモ光電話1契約で2回線利用できるサービス
200円
追加番号
最大5つの電話番号を追加できるサービス
100円

このようにさまざまなオプションサービスを追加できるドコモ光電話ですが、なかでも「転送でんわ」と「発信者番号表示」は非常に便利なサービスです。

以下では、転送でんわと発信者番号表示がどのようなサービスなのか説明していきます。

ドコモ光電話オプションの転送でんわが便利!

ドコモ光電話の「転送でんわ」オプションは、固定電話にかかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号へ転送できるサービスです。

そのため、常にご自宅の固定電話を受けることができない方は、転送先を携帯や勤務先などに指定することで、大事な電話も取り忘れることがありません。

ナンバーディスプレイの契約もオススメ!

ドコモ光電話の「発信者番号表示(ナンバーディスプレイ)」オプションは、発信者の電話番号が電話機に表示されるサービスです。

発信者電話番号表示は、誰からかかってきた電話なのか、受話器を取る前に確認できます。

また、かけてきた相手の電話が通知されない場合は、その理由も表示します。

非常に便利なサービスですが、「発信者番号表示」はナンバーディスプレイ対応の電話機をお持ちでないと対応できませんのでご注意ください。

【注意】フレッツ光から転用する場合は一部のオプションが引き継げない!

フレッツ光からドコモ光に転用した場合、以下の電話オプションサービスは、ドコモ光電話に引き継ぐことはできません。

よって、現在フレッツ光を利用中でドコモ光への乗り換えを契約されている方は、ご注意ください。

  • コールセレクト
  • FAXお知らせメール
  • フリーアクセス・ひかりワイド
  • ひかり電話#ダイアル
  • テレビ電話チョイス定額
  • グループ通話定額
  • 付加サービスセット割(NTT東日本のみ)
  • 特定番号通知機能

NTTで利用していたその他のひかり電話のオプションは引き継げるので安心してくださいね。

ドコモ光電話の料金明細の確認方法

ドコモ光電話の料金明細は「eビリング」というWeb明細で簡単に確認ができます。

以下で、ドコモ光電話契約に標準装備されている「eビリング」の確認手順をご紹介します。

  1. My docomo」にログインする
  2. 「料金」を選択する
  3. 「一括請求合計」に切り替える
  4. 「回線ごとの利用料金」を確認する

ドコモでスマホを契約している方は、上記の手順の「4:回線ごとの利用料金」を確認する段階において注意が必要です。

確認する回線に「自回線」を選択してしまうと、ドコモのスマホ料金のみが表示されてしまいます。

ドコモ光電話の料金を確認したい場合は、必ず「一括請求合計」に切り替えてくださいね。

ドコモ光電話の料金明細確認方法はeビリング以外にもある!

ドコモ光電話の料金明細を確認する方法は、My docomoから確認できるeビリング以外にも、存在します。

  1. アプリ
  2. 料金明細発行サービス
  3. 料金明細送付サービス
  4. 用途別集計サービス

用途別集計サービスは、通話先の電話番号の前に1311〜1319を記載することで、利用目的に応じて、10グループに分けて集計できる料金明細内訳作成サービスです。

用途別集計サービスのみドコモ光のオプションとして契約しなくてはいけませんので注意してくださいね。

なお、ドコモ光の料金明細確認方法について、以下の記事で詳しく説明していますので、参考にしてください。

ドコモ光電話を契約すべき人は?

ドコモ光電話はドコモユーザーにとって非常にメリットの大きい固定電話サービスですが、以下のような方にもオススメです。

なぜこのような方にオススメと言えるのか、それぞれのメリットを解説していきましょう。

固定電話の料金を下げたい人

NTT加入電話の場合、基本料金だけでも1,700円前後が必要ですが、ドコモ光電話は全国一律500円です。

また、通話料も10.4円~/3分となっていますので、固定電話の料金を抑えたい方にオススメといえます。

電話料金の請求をドコモで一本化したい人

ドコモのスマホやケータイをご利用中の方が固定電話もドコモにすると、電話料金の請求元がドコモで一本化されるため、支払い管理が楽です。

また、ドコモの利用枠が増えると毎月付与されるdポイントも増えますので、現在NTTで固定電話をご利用中ドコモユーザーはドコモ光電話への切り替えがオススメです。

電話サービスを利用する場合はドコモ光電話対応ルーターが必要!

ドコモ光電話を契約した方は、ドコモ光電話に対応した専用ルーターを用意しなければなりません。

NTTから転用された方は現在ご利用中のホームゲートウェイをそのまま使用できますが、ドコモ光電話を新規契約された方は専用ルーターを無料レンタルできます。

ただし、同時に無線LAN機能を使用したい場合、東日本では300円、西日本では100円の月額料金が必要です。

NTTから貸し出される光電話対応ルーターは以下3機種のいずれかです。

  • RT-500KI
  • PR-500KI
  • RS-500KI

上記3機種はいずれも、安定した高速通信が利用できる「IPv6通信」に対応していますので、混雑しやすい時間帯でも快適にネットを楽しむことができます。

ルーターとパソコンの設定方法は以下のとおりです。

  1. ルーターと接続したパソコンのアドレスバーに「192.168.1.1」を入力する
  2. ユーザー名に「USER」と入力する
  3. パスワードは任意の物を設定する
  4. ドコモ光から提供されたIDとパスワードを入力する

また、ドコモ光電話で「転送でんわ」と「着信お知らせ」オプションを追加契約した方は、以下の特設サイトより別途設定が必要ですので注意してくださいね。

  • NTT東日本ひかり電話設定サイトはこちら
  • NTT西日本ひかり電話設定サイトはこちら

ドコモ光電話を新規申し込みする方法

ドコモ光電話は、ドコモ光と同時に申し込む場合と、ドコモ光契約後に追加契約する場合で手順や費用が異なります。

ご自身の契約状況に合わせ、申し込み方法をご確認ください。

ドコモ光と同時に新規申し込みする方法

ドコモ光とドコモ光電話を同時契約する方法について解説します。

1:ドコモ光の対応エリアを確認する

まずは、お住まいの場所がドコモ光を契約できるエリアなのか確認しましょう。

2:ドコモ光を契約する

エリアの確認後は、ドコモ光の契約手続きに入ります。

しかし、ドコモ光は申込窓口によって、キャンペーン内容が変わるためご注意くださいね!

詳しくはドコモ光の申込窓口比較ページからどうぞ!

【ドコモ光】最大15,000円キャッシュバック+dポイント10,000円相当プレゼント

キャッシュバック

2019年5月6日まで初期工事費無料キャンペーンを実施中!初期費用をおさえてドコモ光をはじめよう!・・・詳しく見る

3:利用開始の案内を受け、工事を行う

ドコモ光の申し込み後は、折り返し電話にて、利用開始までの案内・派遣工事の有無・工事日程の調整・確認が行われます。

工事には立ち合いが必要ですので、必ず在宅している日時に設定しましょう。

4:利用開始

工事が終了したら、インターネット接続やドコモ光電話が利用できます。

なお、工事日確定から利用開始までは約2週間程度かかりますので注意してくださいね。

工事予約の混雑状況によっては工事日が遅くなる場合もありますので、開通させたい日の1ヶ月ほど前に申し込むことをオススメします!

すでにドコモ光を利用中で電話のみ新規申し込みする方法

ドコモ光ご利用中の方が後日ドコモ光電話を追加契約される場合、契約事務手数料が別途2,000円かかります。

また、番号ポータビリティや派遣工事の有無によって、さらに2,000~9,000円の工事費が必要ですので、ご自身の状況を確認しておきましょう。

ドコモ光電話のみ申し込みをする手順は以下のとおりです。

1:ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターから申し込みを行う

ドコモ光電話のみ申し込む場合は、ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターに問い合わせましょう。

【ドコモインフォメーションセンター】
 <電話番号>
  ドコモ携帯より: 151
  一般電話より:0120-800-000
 <受付時間>
  9~20時(年中無休)

2:工事の有無や工事日を確定させる

ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターに問い合わせた時点で、工事日が確定できる場合もあります。

しかし、工事日を確定できなかった場合は、ご自身で「ドコモ光サービスセンター」への電話連絡が必要です。

【ドコモインフォメーションセンター】
 <電話番号>
  ドコモ携帯より: 151
  一般電話より:0120-800-000
 <受付時間>
  9~20時(年中無休)

3:必要な場合は工事を行い、利用開始する

工事が終了したら、ドコモ光電話を利用できます。

ドコモ光電話のみ、契約する場合も、簡単に手続きが終わりますので、ドコモ光を契約中の方も申し込みを検討してみてくださいね。

ドコモ光電話に電話番号を引き継ぐには番号ポータビリティが必要

ドコモ光電話へ電話番号の引き継ぎを行いたい場合は、まずはじめに現在利用している固定電話がNTTの加入権を持っているか確認してください。

NTT加入権を持っていない固定電話の場合は、番号ポータビリティができず、電話番号の引き継ぎもできませんので注意しましょう。

わかりやすくまとめると、電話番号の引き継ぎができるのは、以下のパターンです。

<電話番号の引き継ぎができる固定電話>

  • NTTアナログ回線を利用した固定電話
  • NTTで電話番号が発行されたひかり電話

ひかり電話で発行された電話番号は引き継ぎができませんので注意してくださいね。

NTT加入権を持っているかわからない場合は、以下に問い合わせて確認してみましょう。

NTT 電話サービスの問い合わせ窓口(東日本・西日本共通)
0120-116-116
受付時間:午前9時~午後9時

また、NTT加入電話から電話番号を引き継ぎする場合、NTTより利用休止工事量2,000円が請求されることもありますので注意してください。

なお、ドコモ光で電話番号を引き継ぐ方法は以下で詳しく説明していますので、参考にしてくださいね。

ドコモ光電話が繋がらないときの対処法

ドコモ光電話が繋がらない場合に考えられる原因と対処法は次のとおりです。

  • ルーターの不具合
  • ルーターのバージョンが古い
  • ルーターと電話機を接続しているケーブルの劣化
  • ルーターと電話機を接続しているケーブルの劣化
  • 通信障害

次の項目から詳しくチェックしていきましょう!

ルーターの不具合

「ルーターの光電話ランプ」と「ACTランプ」が消灯している場合は、ルーターに不具合が発生している可能性があります。

コンセントを抜きルーターを再起動させてみましょう。

ルーターのバージョンが古い

ルーターのファームウェアが古い場合はアップデートが必要です。

アップデートは「***11」にダイアルをし、受話器から「プップッ」と音がしたあとルーターのアラームランプが消灯すれば完了です。

ルーターと電話機を接続しているケーブルの劣化

ルーターに不具合が見られない場合、接続ケーブルが劣化しているケースが考えられます。

ケーブルは家電量販店やネットから購入できますので、劣化が見られた場合は付け替えてみましょう。

通信障害

ドコモ光側で通信障害が起きていると、ドコモ光電話が繋がらない場合があります。

突然電話が繋がらなくなった場合、「重要なお知らせ」よりドコモ光の通信障害情報を確認してください。

ドコモ光電話の解約方法

ドコモ光電話が不要となった場合、解約方法は以下の3つから選択できます。

次の項目から、それぞれの解約方法を詳しくご紹介していきます。

ドコモ光電話のみ解約する場合

ドコモ光では、電話サービスのみを解約することも可能です。

手順としては、ドコモショップもしくはインフォメーションセンターに解約の連絡をして、回線撤去工事を行うだけです。

ドコモ光電話のみ、解約したい場合は、以下の問い合わせ先に連絡してください。

【ドコモインフォメーションセンター】

  • ドコモ携帯より: 151
  • 一般電話より:0120-800-000
  • 受付時間:9~20時(年中無休)

なお、ドコモ光電話のみを解約する場合、回線撤去工事は必要ですが、費用はかかりません。

ただし、光電話を解約すると、ご利用中のモデムからルーター機能が失われます。

ルーターを利用し、複数台の接続機器へネット通信を行っていた方はご注意ください。

ドコモ光のインターネットサービスごと解約する場合

ドコモ光電話とドコモ光回線サービスを同時解約する場合も以下の問い合わせ先に連絡し、撤去工事やレンタル機器の返却をするだけで、解約手続きが完了します。

【ドコモインフォメーションセンター】

  • ドコモ携帯より: 151
  • 一般電話より:0120-800-000
  • 受付時間:9~20時(年中無休)

ただし、同時解約する場合は、ドコモ光の工事費の残債や違約金が発生する場合がありますので注意してください。

ドコモ光を2年契約している場合、更新月以外に解約をすると戸建てタイプは13,000円、マンションタイプは8,000円の違約金が必要です。

ドコモ光の初回更新月は開通翌月から25・26ヶ月目の2ヶ月間ですので、違約金の支払いを逃れたい方はこの期間に解約を行いましょう。

また、ドコモ光で使用した機器はすべて返却する必要があります。

無線LANルーターや電話対応ルーターなど、返却すべきものは指示されますので、案内にしたがってください。

ちなみに、回線撤去工事を行う場合は業者がレンタル機器を引き取って帰りますが、撤去工事を行わない場合はご自身で返却をする必要があります

解約を伝えるとご自宅に返却用の箱が届きますので、そちらにレンタル機器を入れ、速やかに返却をしてください。

ドコモ光解約時に電話番号を残す方法

NTTから発番された電話番号をお持ちの方は、アナログ戻しを行うことでドコモ光解約後も同じ電話番号を使用できます。

アナログ戻しを使用してドコモ光を解約する手順は以下のとおりです。

1:アナログ戻しを行う

アナログ戻しはNTTの下記連絡先へ電話連絡を行うことで完了します。
ただし、連絡は必ずドコモ光解約前に行いましょう。

【NTT東日本・西日本共通電話サービス問い合わせ窓口】
 電話番号:0120-116-116
 ※光電話からの場合は116

受付時間:9~17時(年末年始を除く)

2:工事を行う

アナログ戻しを行う場合、派遣工事の有無によって以下のように工事費で差が見られます。
工事内容によって料金が大きく変わりますので、事前に確認をしておきましょう。

  • 無派遣工事の場合:2,000円
  • 派遣工事あり+引き込み工事なし:7,900円
  • 派遣工事あり+引き込み工事あり:10,300円

3:ドコモ光を解約する

ドコモショップまたはドコモインフォメーションセンターへ連絡をし、解約を申し出てください。

【ドコモインフォメーションセンター】
 <電話番号>
  ドコモ携帯より: 151
  一般電話より:0120-800-000
 <受付時間>
  9~20時(年中無休)

4:レンタル機器を返却する

ドコモ光で使用した機器はすべて返却する必要があります。

無線LANルーターや電話対応ルーターなど、返却すべきものは指示されますので、案内にしたがいましょう。

【番外】ドコモ光のテレビサービスも契約がオススメ!

ドコモ光では、光回線を利用し、ご自宅のテレビや端末で地デジやBS・CSが使用できる以下3つのテレビオプションサービスも展開しています。

  • ドコモ光テレビオプション
  • ドコモ光テレビオプション+スカパー
  • ひかりTV for docomo

利用するサービスによって月額料金は異なりますが、いずれもアンテナ設置不要で豊富なチャンネルを視聴できる点が特徴です。

ドコモ光のテレビサービスについては以下の記事でくわしく解説していますので、あわせてご覧ください。

まとめ

ドコモ光電話は、NTT加入電話と比較すると基本料金も通話料も安い光電話サービスです。

NTTの固定電話をご利用中の方は、ドコモ光電話に切り替えると大幅に月額料金を抑えることができますので、この機会に変更をしてみましょう。

請求元がドコモに一本化されると、支払い管理がかんたんになるだけでなく、dポイントも溜まりやすくなるので、大変お得ですよ。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る