閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の「にねん割」がお得!知らないと損する基礎知識!

フレッツ光のにねん割で月々の支払いがおトク。
そんな話をよく聞きますが、フレッツ光のにねん割は本当におトクなのでしょうか。気になりますよね?

今回は、NTT東日本のフレッツ光のにねん割のメリットから解約金も含めて解説します。

フレッツ光・にねん割は2年契約の割引サービス

そもそも「にねん割」とは何かという人のために、にねん割とは何かから始めましょう。「にねん割」は、NTT東日本の割引サービスで、フレッツ光の月額利用料金が割引されるサービスです。

フレッツ光ネクストの「にねん割」は、契約月から2年間、フレッツ光を使い続けるという前提で、戸建ての場合、700円が、集合住宅の場合、100円が、月額利用料金から割引されます。

二年間の契約ですから、二十四カ月、戸建ての場合、合計16,800円が、マンションの場合、2,400円が割引かれることになります。

フレッツ光・にねん割が利用できるサービスプラン

にねん割が利用できるフレッツ光のサービスプランをご紹介します。

戸建て向け・にねん割が利用できるサービスプラン

サービスプラン通常料金割引金額割引適用後金額
フレッツ光ネクスト
ギガファミリー・スマートタイプ
5,700円700円5,000円
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ギガラインタイプ
5,400円700円4.700円
フレッツ光ネクスト
ファミリー・ハイスピードタイプ
5,200円700円4,500円
フレッツ光ネクスト
ファミリータイプ
5,200円700円4,500円

集合住宅向け・にねん割が利用できるサービスプラン

サービスプラン通常料金割引金額割引適用後金額
フレッツ光ネクスト
ギガマンション・スマートタイプ
3,350円~
4,350円
100円3,250円~
4.250円
フレッツ光ネクスト
マンション・ギガラインタイプ
3、050円~
4,050円
100円2,950円~
2,950円
フレッツ光ネクスト
マンション・ハイスピードタイプ
2,850円~
3,850円
100円2,750円~
3,750円
フレッツ光ネクスト
マンションタイプ
2,850円~
3,850円
100円2,750円~
3,750円

※ フレッツ光ライトは、にねん割の対象になりませんので、ご注意ください。

フレッツ光にねん割の自動更新と解約金

にねん割は、二年が経過し、契約期間が満了すると、自動更新されます。

にねん割を契約期間の途中で解約すると、戸建ての場合、9,500円、集合住宅の場合、1,500円の解約金を支払わなくてはなりません。

にねん割を解約しても解約金が発生しないのは、契約期間が満了する月の翌月と翌々月の二カ月間だけなのです。

にねん割の更新月と解約金

にねん割を適用している場合は、戸建て向けプランと集合住宅向けプランとの間で、プランを変更する場合も、にねん割の解約金が発生してしまいます。

具体的には、戸建て向けプランから集合宮宅向けプランに変更する場合、集合住宅向けプランの解約金の金額である1,500円を、集合住宅向けプランから戸建て向けプランに変更する場合、戸建て向けプランの解約金である9,500円を、NTT東日本に支払わなくてはなりません。

フレッツ光・にねん割の解約で解約金が発生する場合としない場合

NTT東日本のフレッツ光・にねん割は、解約時に解約金が発生する場合と、発生しない場合があります。

特に注意が必要なのが、お引っ越しの場合です。

解約したくなくても解約しなければならない場合もありますので、お引っ越しも含めて、解約金が発生するパターンと、発生しないパターンをご説明します。

解約金が発生するパターン

パターン1:更新月、または更新月の翌月以外でフレッツ光を解約する

解約日が更新月、または更新月の翌月以外にフレッツ光を解約すると、にねん割の解約金が発生します。

パターン2:NTT西日本エリアへのお引っ越し

NTT東日本とNTT西日本は、別の会社ですので、NTT東日本のエリアから、NTT西日本のエリアに引っ越す場合、NTT東日本のフレッツ光を解約しなければなりませんので、解約金が発生します。

パターン3:海外へのお引っ越し

海外へお引っ越しする場合、海外ではNTT東日本がサービスを提供していないためサービス継続できず、解約金が発生します。

解約金が発生しないパターン

パターン1:戸建てから戸建てへのお引っ越し

引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、一戸建てから一戸建てへの引っ越しの場合、フレッツ光の契約を継続できるので、解約金は発生しません。

パターン2:マンションからマンションへのお引っ越し

引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、マンションからマンションへの引っ越しの場合、フレッツ光の契約を継続できるので、解約金は発生しません。

パターン3:一戸建てからマンションへのお引っ越し

引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、一戸建てからマンションに引っ越す場合、戸建て用のサービスプランを集合住宅用のサービスプランに変更することになりますが、にねん割の解約金解約金は発生しません。

パターン4:マンションから一戸建てへのお引っ越し

引っ越し先が、NTT東日本のサービスエリア内で、マンションから一戸建てに引っ越す場合、集合住宅用のサービスプランを戸建て用のサービスプランに変更することになりますが、こちらもにねん割の解約金は発生しません。

パターン5:更新月か更新月の翌月の解約

にねん割の契約が満了する月を更新月と呼び、更新月と更新月の翌月に解約する場合、解約金は発生しません。

上記のパターンにあてはまらない場合、お引っ越しをすると解約金が発生します。

現在フレッツ光に加入中でも、にねん割は利用が可能

現在、フレッツ光に加入していて、にねん割を契約していない場合、にねん割を契約することができます。

にねん割は、自動的には付加されませんので、にねん割サービス開始前から、フレッツ光を利用していた場合、にねん割が付加されていません。

これを機会ににねん割を利用してはいかがでしょう。

月額利用料をプロバイダに払っていても、にねん割は契約できる

月額利用料金をプロバイダに払っている場合でも、にねん割を契約することができます。

にねん割を契約すると、NTT東日本の利用料金をNTTファイナンスに支払う方式に変わります。

プロバイダの利用料金は、そのままプロバイダに支払う必要がありますので、プロバイダとNTTファイナンスとの両方から請求がくることになります。

にねん割は新規契約でも自動付加されない

フレッツ光に新規加入しても、にねん割は、自動的に適用されません。

にねん割を利用する場合は、にねん割を申し込む必要があります。

NTT西日本エリアに引っ越すなら「光もっともっと割」

NTT東日本の「にねん割」に相当するのが、NTT西日本の「光もっともっと割」です。

光もっともっと割は、長く使えば使うほど、割引金額が大きくなります。

はじめの二年間は、月額利用料金から1,100円が割引かれ、8年後には、最大1,790円まで割り引かれるという、とてもおトクな割引サービスです。

現在NTT東日本の「にねん割」にご加入中で、NTT西日本エリアに引っ越す予定がある場合は、この「光もっともっと割」への加入をおススメします。

フレッツ光・にねん割の解約時の注意点

フレッツ光を解約するときには、以下の注意が必要になります。

解約金が発生しないかチェックする

にねん割の解約金が発生しないのは、二年に1回の更新月とその翌月の二カ月間だけです。

支払い明細書に記載されている利用期間を確認しておきましょう。

プロバイダの解約も忘れずに

にねん割を解約するということは、フレッツ光を解約する場合がほとんどでしょう。
そのときに忘れてはならないのが、プロバイダの解約です。

もし、解約し忘れてしまうと、使っていないのに利用料金を取られたり、解約違約金を取られたりする場合があるので注意が必要です。

メールアドレスが使えなくなる

プロバイダを解約すると、プロバイダのメールアドレスが使えなくなります。
対処方法としては、2つの方法があります。

1つ目は、プロバイダに、今後もメールアドレスを使えるようにしたいことを相談してみるという方法です。

2つ目は、プロバイダメールの代わりに、Gメールなどのフリーメールのアドレスを取得する方法です。

フレッツ光メンバーズクラブの特典ポイントの消費

フレッツ光を解約すると、解約時点でフレッツ光メンバーズクラブの特典ポイントが、消失してしまいます。

もったいないので、忘れずにポイントを消費してしまいましょう。

主要プロバイダの違約金

プロバイダの解約は、自分でしなければならないので、忘れないようにしてください。

また、プロバイダにも解約時に違約金がかかりますので、そちらも要注意です。

主要プロバイダの違約金の一覧

プロバイダ戸建て向け集合住宅向け
YahooBB光5,250円5,250円
Toppa4,000円4,000円
OCN2,400円1,200円
SANNET1,200円×契約残月数800円×契約残月数
So-net不明不明
BIGLOBE5,000円5,000円
楽天5,000円5,000円
plala5,000円5,000円

一戸建てなら、おトク!フレッツ光・にねん割

にねん割の解約金と解約時の注意を説明しましたが、最初の更新月まで継続するなら、更新月以降中途解約しても、トータルで考えると、戸建ての場合は、にねん割はおトクと言えます。

なぜなら、戸建ての場合、フレッツ光とプロバイダの解約金を合わせた額より、最初の2年間で割引される「16,800円」のほうが大きいのです。

一方、集合住宅の場合は、プロバイダの違約金の額に対して、にねん割の二年間での割引金額が「2,400円」と少ないため、あまりおトク感がありません。

ずっと集合住宅に住み続ける場合、少しはおトクですが、近い将来一戸建てに引っ越すことを考えている場合、9,500円の解約金を支払わなくてなりませんので、おトクとは言えません。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る