閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ソフトバンク光のウイルス対策!BBセキュリティと市販ソフトを比較

Pocket

インターネットを安全に利用するためには、ウイルス対策を行うセキュリティソフトが必須ですね。しかし、ソフトバンク光には、デフォルトではセキュリティソフトが付属していません。

対策としては、有料のBBセキュリティというオプションを契約するか、別途、自分でセキュリティソフトを用意する方法があります。ここで気になるのが、それぞれの安全性やコストパフォーマンスなどですよね。

そこで今回は、ソフトバンク光のウイルス対策オプションであるBBセキュリティと、市販のウイルス対策ソフトを比較してみました。ウイルス対策がお済みでない方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンク光で利用できるセキュリティ対策

冒頭でも触れた通り、ソフトバンク光で利用できるセキュリティ対策は、ソフトバンク光が提供するBBセキュリティと、市販のウイルス対策ソフトの2つです。それぞれ見ていきましょう。

ソフトバンク光が提供するBBセキュリティ

BBセキュリティは、ソフトバンク光が提供する優良オプションです。

BBセキュリティの5つの特徴

BBセキュリティには、次の5つの特徴があります。

<BBセキュリティの特徴>

  • ソフトバンク光のオプションサービスなので安心
    電子メールでの最新版への無料アップデート案内や、利用状況の案内などのサポートが受けられます。
  • ソフトバンク光の月額料金と一緒に支払いが可能
    支払い忘れが原因でパソコンが危険な状態になってしまうリスクを回避できます。
  • 期限切れの心配がない
    市販ソフトのような1~3年毎の面倒な更新手続きが不要です。また、最新版が無料で導入できます。
  • 月額制で利用可能
    必要な期間のみ、月額料金で利用できます。また1ライセンスの契約で3台のデバイスに導入可能となっています。
  • モバイル機器のセキュリティ対策も可能
    月額300円で利用できるモバイルセキュリティタイプが用意されています。なお、モバイルセキュリティタイプ製品については、1ライセンスで1台のデバイスのみの対応となっています。

BBセキュリティのプランと料金

ここでは、BBセキュリティのプランと料金、各プランの詳細について一覧表にしてみました。必要な機能に応じて、プラン選択をしてみてください。

プラン月額料金1ライセンス当たりの端末数プランの詳細
BBセキュリティpowered by Symantec™ Plus570円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 迷惑メール対策
  • ファイアウォール
  • フィッシング対策
  • ローカルバックアップ
  • パソコン最適化
  • Webサイト評価
  • パスワード管理
  • 個人情報保護<Mac>
  • ウイルス・スパイウェア対策
  • ファイアウォール
  • フィッシング対策
  • Webサイト評価
  • 個人情報保護<Android>
  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 偽アプリ対策
  • アプリのリスク情報の表示
  • Web プロテクション
  • SDカードスキャン
  • メールウイルススキャン
  • 迷惑着信 迷惑SMSを遮断
BBセキュリティ powered by Symantec™490円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 迷惑メール対策
  • ファイアウォール
  • フィッシング対策
  • パソコン最適化
  • Webサイト評価
  • パスワード管理
  • 個人情報保護
BBセキュリティ powered by McAfee®490円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 迷惑メール対策
  • ファイアウォール
  • 保護者機能
  • パソコン最適化
  • 自動バージョンアップ
BBセキュリティ powered by McAfee® Lite320円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • ファイアウォール
  • パソコン最適化
  • 自動バージョンアップ
BBセキュリティ for Smart Device powered by McAfee®300円1台<Android>

  • アプリのリスク情報の表
  • Web プロテクション
  • SDカードスキャン
  • メールウイルススキャン
BBセキュリティ Internet SagiWall(Android版)300円1台<Android>

  • ウイルス対策
  • ネット詐欺対策

市販のセキュリティソフトを購入する

ソフトバンク光のウイルス対策のもう1つの選択肢として、市販のセキュリティソフトを購入し、自分で設定、運用する方法もあります。BBセキュリティの月額料金が300円~570円なのに対し、市販のセキュリティソフトは3年分程度を一括で購入するのが一般的であり、月額に換算すると200~300円程度での運用が可能です。

価格面に注目すると、市販のセキュリティソフトを購入したほうがお得といえますね。

無料セキュリティソフトはおすすめできない理由

セキュリティソフトといえば、無料のものも存在します。Windows向け無料セキュリティソフトといえば、アバスト!やAVGなどが有名ですね。

しかし、こういった無料ソフトは、それなりの検出力を誇りますが、いかんせん誤検出が多いです。ウイルスに感染していないファイルを勝手に隔離、削除してしまう事がしばしばあります。

このような理由から、無料ウイルスソフトでウイルスが検出された場合、本当にウイルス感染しているかどうかをいちいち調べる必要があります。割に合わない手間やリスクがありますので、無料セキュリティソフトの使用はおすすめしません。

BBセキュリティと市販のセキュリティソフトはどちらがおすすめ?

ここからは、BBセキュリティと市販のセキュリティソフトでは、どちらがおすすめか比較していきましょう。

パソコン・ネットに詳しくない方はBBセキュリティでOK

パソコンやネットに詳しくない方はBBセキュリティをおすすめします。

BBセキュリティは、一度インストールすれば更新期限切れの心配がありませんので、安心してネットが使用できます。ややこしい設定も不要なので、あまり知識がない方でも、しっかりウイルス対策を行うことができます。

自分で設定できるならコスパ◎の市販ソフトがおすすめ

セキュリティソフトの設定が自分でできるのであれば、市販ソフトの方がおすすめです。理由としましては、上でも書いた通り、コスパがBBセキュリティよりも良いためです。いくつかおすすめの市販ソフトをご紹介します。

ESET ファミリー セキュリティ 5台3年 カード版

ESET ファミリー セキュリティは、検出力、動作の軽さ、防御力、コストパフォーマンスのバランスが良いセキュリティソフトです。

Windows/Mac/Androidに対応します。

3年間のライセンスを7000円程度で購入できるため、月々のランニングコストは200円弱と、コスパがよいですね。

カスペルスキー セキュリティ 2018 3年5台版

カスペルスキー セキュリティ 2018は、高い検出力と防御力に定評のあるセキュリティソフトです。

Windows/Mac/Androidに対応します。

3年間のライセンスで購入価格も1万円を切るため、毎月270円程度でウイルス対策を行うことができます。

ノートン セキュリティ プレミアム 3年3台版

ノートン セキュリティ プレミアムは、世界の定番Symantec社のノートンに、プレミアムとして重要なファイルを自動バックアップする機能等を備えたセキュリティソフトです。

対応OSは、Windows/Mac/Androidです。

価格は10,000円強といったところなので、月額換算は300円を切るくらいですね。BBセキュリティで提供されている、「BBセキュリティ powered by Symantec™ Plus」に相当するサービスなので、約半分のコストで同等のセキュリティ対策を行うことができます。

フレッツ光からの転用の場合、セキュリティサービスは引き継げる?

フレッツ光からソフトバンク光への転用をされる方も多いので、セキュリティサービスを引き継げるかどうかは気になるポイントですよね。結論としましては、フレッツ光から転用してソフトバンク光にした場合、NTTフレッツ光の有償オプションのみ継続して利用可能です。

該当セキュリティサービスは、下記のとおりです。

  • NTT東日本から提供されているフレッツ・ウイルスクリア
  • NTT西日本から提供されているセキュリティ機能ライセンス・プラス、セキュリティ機能まるごとWebフィルター

NTT西日本から無償提供されている「セキュリティ対策ツール」は、継続利用が不可ですのでご注意ください。

ソフトバンク光へ転用される際には、ネット代理店からの申し込みでキャッシュバックを受け取ることができます。これをセキュリティソフトの購入費用に充てるのも、おすすめですね。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

なお、NTT東日本、NTT西日本から提供されているセキュリティオプションはトレンドマイクロ社のウイルスバスターがベースとなっています。BBセキュリティのシマンテック、マカフィーのほうが性能、安定性でウイルスバスターより優れておりますので、ソフトバンク光への移行をきっかけに、セキュリティオプションについても再考してみることをおすすめします。

ソフトバンク光セキュリティ対策のまとめ

ソフトバンク光のウイルス対策は、オプションのBBセキュリティを契約する方法と、市販のセキュリティソフトを購入する方法があります。

PC向けBBセキュリティは、月額320円~570円で利用でき、シマンテックとマカフィーの2種類から選択が可能です。

価格で比較すると市販のセキュリティソフトを用意する方が断然お得に利用できますが、1~3年ごとの期限切れが心配、面倒という方には、有効期限がないBBセキュリティの利用をおすすめします。どちらが自分に合うか、よく考えて最適なものを選択してください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

インターネットを安全に利用するためには、ウイルス対策を行うセキュリティソフトが必須ですね。しかし、ソフトバンク光には、デフォルトではセキュリティソフトが付属していません。

対策としては、有料のBBセキュリティというオプションを契約するか、別途、自分でセキュリティソフトを用意する方法があります。ここで気になるのが、それぞれの安全性やコストパフォーマンスなどですよね。

そこで今回は、ソフトバンク光のウイルス対策オプションであるBBセキュリティと、市販のウイルス対策ソフトを比較してみました。ウイルス対策がお済みでない方は、ぜひ参考にしてみてください。

ソフトバンク光で利用できるセキュリティ対策

冒頭でも触れた通り、ソフトバンク光で利用できるセキュリティ対策は、ソフトバンク光が提供するBBセキュリティと、市販のウイルス対策ソフトの2つです。それぞれ見ていきましょう。

ソフトバンク光が提供するBBセキュリティ

BBセキュリティは、ソフトバンク光が提供する優良オプションです。

BBセキュリティの5つの特徴

BBセキュリティには、次の5つの特徴があります。

<BBセキュリティの特徴>

  • ソフトバンク光のオプションサービスなので安心
    電子メールでの最新版への無料アップデート案内や、利用状況の案内などのサポートが受けられます。
  • ソフトバンク光の月額料金と一緒に支払いが可能
    支払い忘れが原因でパソコンが危険な状態になってしまうリスクを回避できます。
  • 期限切れの心配がない
    市販ソフトのような1~3年毎の面倒な更新手続きが不要です。また、最新版が無料で導入できます。
  • 月額制で利用可能
    必要な期間のみ、月額料金で利用できます。また1ライセンスの契約で3台のデバイスに導入可能となっています。
  • モバイル機器のセキュリティ対策も可能
    月額300円で利用できるモバイルセキュリティタイプが用意されています。なお、モバイルセキュリティタイプ製品については、1ライセンスで1台のデバイスのみの対応となっています。

BBセキュリティのプランと料金

ここでは、BBセキュリティのプランと料金、各プランの詳細について一覧表にしてみました。必要な機能に応じて、プラン選択をしてみてください。

プラン月額料金1ライセンス当たりの端末数プランの詳細
BBセキュリティpowered by Symantec™ Plus570円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 迷惑メール対策
  • ファイアウォール
  • フィッシング対策
  • ローカルバックアップ
  • パソコン最適化
  • Webサイト評価
  • パスワード管理
  • 個人情報保護<Mac>
  • ウイルス・スパイウェア対策
  • ファイアウォール
  • フィッシング対策
  • Webサイト評価
  • 個人情報保護<Android>
  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 偽アプリ対策
  • アプリのリスク情報の表示
  • Web プロテクション
  • SDカードスキャン
  • メールウイルススキャン
  • 迷惑着信 迷惑SMSを遮断
BBセキュリティ powered by Symantec™490円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 迷惑メール対策
  • ファイアウォール
  • フィッシング対策
  • パソコン最適化
  • Webサイト評価
  • パスワード管理
  • 個人情報保護
BBセキュリティ powered by McAfee®490円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • 迷惑メール対策
  • ファイアウォール
  • 保護者機能
  • パソコン最適化
  • 自動バージョンアップ
BBセキュリティ powered by McAfee® Lite320円3台<Windows>

  • ウイルス・スパイウェア対策
  • ファイアウォール
  • パソコン最適化
  • 自動バージョンアップ
BBセキュリティ for Smart Device powered by McAfee®300円1台<Android>

  • アプリのリスク情報の表
  • Web プロテクション
  • SDカードスキャン
  • メールウイルススキャン
BBセキュリティ Internet SagiWall(Android版)300円1台<Android>

  • ウイルス対策
  • ネット詐欺対策

市販のセキュリティソフトを購入する

ソフトバンク光のウイルス対策のもう1つの選択肢として、市販のセキュリティソフトを購入し、自分で設定、運用する方法もあります。BBセキュリティの月額料金が300円~570円なのに対し、市販のセキュリティソフトは3年分程度を一括で購入するのが一般的であり、月額に換算すると200~300円程度での運用が可能です。

価格面に注目すると、市販のセキュリティソフトを購入したほうがお得といえますね。

無料セキュリティソフトはおすすめできない理由

セキュリティソフトといえば、無料のものも存在します。Windows向け無料セキュリティソフトといえば、アバスト!やAVGなどが有名ですね。

しかし、こういった無料ソフトは、それなりの検出力を誇りますが、いかんせん誤検出が多いです。ウイルスに感染していないファイルを勝手に隔離、削除してしまう事がしばしばあります。

このような理由から、無料ウイルスソフトでウイルスが検出された場合、本当にウイルス感染しているかどうかをいちいち調べる必要があります。割に合わない手間やリスクがありますので、無料セキュリティソフトの使用はおすすめしません。

BBセキュリティと市販のセキュリティソフトはどちらがおすすめ?

ここからは、BBセキュリティと市販のセキュリティソフトでは、どちらがおすすめか比較していきましょう。

パソコン・ネットに詳しくない方はBBセキュリティでOK

パソコンやネットに詳しくない方はBBセキュリティをおすすめします。

BBセキュリティは、一度インストールすれば更新期限切れの心配がありませんので、安心してネットが使用できます。ややこしい設定も不要なので、あまり知識がない方でも、しっかりウイルス対策を行うことができます。

自分で設定できるならコスパ◎の市販ソフトがおすすめ

セキュリティソフトの設定が自分でできるのであれば、市販ソフトの方がおすすめです。理由としましては、上でも書いた通り、コスパがBBセキュリティよりも良いためです。いくつかおすすめの市販ソフトをご紹介します。

ESET ファミリー セキュリティ 5台3年 カード版

ESET ファミリー セキュリティは、検出力、動作の軽さ、防御力、コストパフォーマンスのバランスが良いセキュリティソフトです。

Windows/Mac/Androidに対応します。

3年間のライセンスを7000円程度で購入できるため、月々のランニングコストは200円弱と、コスパがよいですね。

カスペルスキー セキュリティ 2018 3年5台版

カスペルスキー セキュリティ 2018は、高い検出力と防御力に定評のあるセキュリティソフトです。

Windows/Mac/Androidに対応します。

3年間のライセンスで購入価格も1万円を切るため、毎月270円程度でウイルス対策を行うことができます。

ノートン セキュリティ プレミアム 3年3台版

ノートン セキュリティ プレミアムは、世界の定番Symantec社のノートンに、プレミアムとして重要なファイルを自動バックアップする機能等を備えたセキュリティソフトです。

対応OSは、Windows/Mac/Androidです。

価格は10,000円強といったところなので、月額換算は300円を切るくらいですね。BBセキュリティで提供されている、「BBセキュリティ powered by Symantec™ Plus」に相当するサービスなので、約半分のコストで同等のセキュリティ対策を行うことができます。

フレッツ光からの転用の場合、セキュリティサービスは引き継げる?

フレッツ光からソフトバンク光への転用をされる方も多いので、セキュリティサービスを引き継げるかどうかは気になるポイントですよね。結論としましては、フレッツ光から転用してソフトバンク光にした場合、NTTフレッツ光の有償オプションのみ継続して利用可能です。

該当セキュリティサービスは、下記のとおりです。

  • NTT東日本から提供されているフレッツ・ウイルスクリア
  • NTT西日本から提供されているセキュリティ機能ライセンス・プラス、セキュリティ機能まるごとWebフィルター

NTT西日本から無償提供されている「セキュリティ対策ツール」は、継続利用が不可ですのでご注意ください。

ソフトバンク光へ転用される際には、ネット代理店からの申し込みでキャッシュバックを受け取ることができます。これをセキュリティソフトの購入費用に充てるのも、おすすめですね。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

なお、NTT東日本、NTT西日本から提供されているセキュリティオプションはトレンドマイクロ社のウイルスバスターがベースとなっています。BBセキュリティのシマンテック、マカフィーのほうが性能、安定性でウイルスバスターより優れておりますので、ソフトバンク光への移行をきっかけに、セキュリティオプションについても再考してみることをおすすめします。

ソフトバンク光セキュリティ対策のまとめ

ソフトバンク光のウイルス対策は、オプションのBBセキュリティを契約する方法と、市販のセキュリティソフトを購入する方法があります。

PC向けBBセキュリティは、月額320円~570円で利用でき、シマンテックとマカフィーの2種類から選択が可能です。

価格で比較すると市販のセキュリティソフトを用意する方が断然お得に利用できますが、1~3年ごとの期限切れが心配、面倒という方には、有効期限がないBBセキュリティの利用をおすすめします。どちらが自分に合うか、よく考えて最適なものを選択してください。

関連記事