閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ソフトバンク光のバリューパックとは│タブレットの性能や解約方法も

Pocket

光回線を契約することによって、さまざまなサービスが付与されるキャンペーンを実施しているのは決して珍しい話ではありません。

ソフトバンクでも同様に、インターネット回線のソフトバンク光またはSoftBank Airとセットで契約するとタブレットの本体代金が実質負担なしで契約できるバリューパックと呼ばれるオプションサービスを2017年3月31日まで提供していました。

今回はソフトバンク光で過去に実施していたバリューパックというオプションサービスについての説明と、現在利用している方に向けて解約する方法や発生する違約金について解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

【2017年3月に終了】ソフトバンク光と東芝タブレットのセット「バリューパック」

ソフトバンク光では、東芝製のタブレットがセットになった「バリューパック」と呼ばれるサービスを提供していましたが、2017年3月31日をもって終了しています。

バリューパックはどのようなサービスだったのか振り返っていきましょう。

バリューパックのサービス内容

バリューパックは東芝製のタブレットといくつかのオプションがセットになっているソフトバンク光またはSoftBank Airのオプションサービスです。

< タブレット >

  • A205SB

< オプション >

  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • とく放題(B)
  • 地デジチューナー(R)
  • BBセキュリティ
  • ソフトバンクWi-Fiスポット

光BBユニットレンタル

LANルーターのレンタルサービスです。

複数のデバイスの接続ができたり、ひかり電話・BBフォンなど固定電話を利用する際に必要です。

単体で申し込むと月額467円の料金がかかります。

Wi-Fiマルチパックを利用することで無線LAN(Wi-Fi)機能を使えます。

Wi-Fiマルチパック

光BBユニットの無線LAN機能を開放するオプションサービスです。

またBBモバイルポイントでWi-Fiに接続できる公衆無線LANが1ID無料で利用できます。

とく放題(B)

食料品・日用品・旅行などが割安で利用できるサービスです。

単体で申し込むと月額500円の料金がかかります。

BBセキュリティ

パソコン、スマートフォン、タブレットのデバイスをウイルスやフィッシングサイト・スパイウェアから守るセキュリティソフトです。

単体で申し込むと1ライセンス300円~570円のサービスです。

ソフトバンクWi-Fiスポット

ソフトバンクの白い犬のマークがある外出先でWi-Fiが利用できます。

単体で申し込むと467円の月額料金です。

地デジチューナー(R)

タブレットやパソコンで地デジが視聴できるオプションサービスです。

Wi-Fiさえあれば家の中や外出先に関わらず地デジの視聴・録画ができます。

単体で申し込むと934円の月額料金がかかります。

タブレットで地デジを視聴できる地デジチューナー(R)

地デジチューナー(R)を利用すると、地デジをテレビとタブレットから視聴できます。

このオプションサービスでは、地デジチューナー(R)と光BBユニットを接続すれば視聴できる状態ですが、デバイス側で別途設定が必要となっています。

デバイスの別途設定の手順は、以下のとおりです。

  • 地デジViewer(R)という専用アプリのインストール
  • アプリを起動して使用許諾に同意すると、端末と機器が接続される
  • 接続が完了したら、利用地域のチャンネルが5~10分でスキャンされます

バリューパックの月額料金

バリューパックの月額料金はソフトバンク光とSoftBank Airどちらとセットにするかによって変わります。

ソフトバンク光SoftBank Air
バリューパック2,980円1,980円
タブレット代金
1,404円 × 36回払い
バリューパック割引
-1,404円 × 36ヶ月間
インターネット月額基本料金戸建て:5,200円
マンション:3,800円
購入の場合:3,800円
月額料金合計戸建て:8,180円
マンション:6,780円
6,780円

バリューパックの料金の中にタブレットの代金も含まれていますが、タブレット代金と同額の料金が36ヶ月間割引されるため、バリューパックの料金は2,980円または1,980円です。

バリューパックで提供されるタブレットの詳細

バリューパックでセットになっているタブレットはTOSHIBA製のAndroid「A205SB」です。

A205SB
<引用:Android™ タブレット A205SB SoftBank専用モデル│ダイナブック(東芝)

< タブレット(A205SB)のスペック表 >

メーカー東芝
モデル名A205SB
プラットフォームAndroid™ 5.1
CPUインテル®Atom™ x5 Z8300 プロセッサー
コア数:4
メモリ2GB
ストレージ機能16GB フラッシュメモリ

バリューパックの割引によってタブレットの料金は実質無料となりますが実際は50,544円支払っていることになります。

現在、SoftBankからこのタブレットA205SBを単体で契約すると32,400円(900円の36回払い)、Amazonでは約20,000円ほどで販売されています。

バリューパックのタブレットが故障した場合1年以内なら無料で修理できる

ソフトバンク光のバリューパックが受付を終了しても、バリューパックを通じてタブレットを入手した方は少なくありません。

しかし、ソフトバンク光がバリューパックの提供を終了しても、万が一バリューパックを通じて入手したタブレットが故障した場合、バリューパックに加入して1年以内であれば無料で修理対応してくれます。

ただし、液晶が割れた、水没させたなど利用者都合の破損・故障の場合、修理費用は自己負担となっています。

光コラボは安くてお得!まずは料金シミュレーション

光コラボ料金シュミレーション

光コラボレーションならネット代、携帯代が安くなる!フレッツ光からの転用なら工事費不要!さらに高額キャッシュバックも!・・・詳しく見る

バリューパックの解約方法と発生する違約金

ここからはバリューパックの解約方法と解約に伴い発生する違約金を解説していきます。

バリューパックの解約方法

バリューパックの解約は他のオプションサービスと同様、サポートセンターへ電話するかWeb上の手続きで行うことが出来ます。

< オプションの解約窓口 >
電話番号:0800-111-2009
営業時間:11:00~19:00
Web:My Soft Bank

サポートセンターはなかなか電話が繋がらないこともあり、営業時間も限られているためMy SoftBankからの手続きが便利でしょう。

バリューパック解約時の契約解除料は?

バリューパックには2年間の契約期間が定められています。

2年毎におとずれる契約満了月以外に解約した場合は5,000円の解除料が発生します。

例えば、2016年1月に契約した場合は、2017年12月が契約満了月です。

解約しない限りまた2年間ごとに定期契約がスタートするので注意しましょうね。

またバリューパックでは、パック割引としてタブレット代から毎月1,300円の割引が36ヶ月に渡って行われます。

パック割引のおかげでタブレット金額は実質0円となっていますが、解約時にタブレット代金の残債が残っている場合は残債の支払いが求められます。

例えばバリューパックの契約期間中である18ヶ月目でバリューパックを解約する場合、以下の料金が発生します。

契約解除料金5,000円
タブレット代の残債50,544円-1,404円 × 18ヶ月=25,272円
料金合計30,272円

またソフトバンク光とバリューパックを同時に解約してどちらも契約解除料が発生する場合は、契約解除料の上限である10,000円でおさまります。

しかし、タブレット代の残債は別途請求されるため気をつけてくださいね。

バリューパックの解約時にタブレットの返却は不要

バリューパック、もしくはソフトバンク光の解約を検討している場合、タブレットは利用者の所有物扱いとなっているため、返却は不要です。

また、契約店舗・ソフトバンクショップでの返却受付は行っていません。

不要になったタブレットは中古として売ってしまっても廃棄しても自由です。

まとめ

ソフトバンク光のバリューパックはタブレットの本体代金が実質負担なしで利用できるオプションサービスです。

バリューパックの新規受付は2017年3月に終了しました。

タブレットが実質無料となっていますが、3年間本体代分の料金が割引されるシステムであることがわかります。

解約時には2年契約の契約解除料と本体代の分割代金の残債が請求されます。

これから解約する方は解約の際の料金に気をつけて解約してくださいね。

関連記事