わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

「ソフトバンク光が高い!」料金の見直し方法と請求額が安くなる節約術!

ソフトバンク光 高い

ソフトバンク光に乗り換えたら月額料金が高いと感じることもありますよね。

ソフトバンク光の月額料金が高い原因としては、

  • 開始月にかかる3000円の事務手数料を見てそう感じている
  • 余計なオプションサービスがついている
  • などがあります。

    今回はソフトバンク光の月額料金が高い原因とその解決策について紹介していきます。

    ソフトバンク光の料金の目安は、ホームタイプで6,100円、マンションタイプで4,700円です。

    ソフトバンク光の特徴

    ソフトバンク光(NEXT)

    最大下り速度

    1Gbps

    実質平均速度

    202.12Mbps

    月額料金
    戸建て マンション
    5,200円 3,800円
    基本工事費
    実質無料

    工事費不要で、無線でインターネットが利用できる、月額料金が3,800円と安いソフトバンクエアーもおすすめですのでご紹介します。

    まずは料金明細を見て最適な料金になっているかチェック!

    何はともあれ、まずは現在の請求額が本当に高いのか、ソフトバンク光の最適な料金の目安と見比べてみましょう。

    料金確認はMy SoftBankからできる

    利用料金は、My SoftBank」というオンライン上の会員サービスから手軽に確認できます。

    WebブラウザでMy SoftBankにログインし、マイページにあるメニューからチェックしましょう。

    My SoftBankへのログイン方法については、こちらの記事で詳しく解説しています。

    最適な料金の目安

    自分の今の利用料金を把握できたら、次に「ソフトバンク光を契約するならこれが最もお得!」という、必要最低限の月額料金の目安を見ていきます。

    ホーム(戸建て)
    マンション(集合住宅)
    基本料金(※1)
    5,200円(税込5,616円)
    3,800円(税込4,104円)
    オプションパック
    500円(税込540円)
    分割工事費(※2)
    400円(税込432円)
    固定電話通話料
    通話した分だけ
    【参考】系列固定電話・SoftBank携帯への通話:無料
    系列外固定電話への通話:7.99円/3分
    SoftBank以外の携帯への通話:16円/1分
    合計(※3)
    6,100円(税込6,588円)
    4,700円(税込5,076円)

    (※1)2年自動更新プランの場合。
    (※2)60回払いの場合。
    (※3)固定電話通話料を除く。

    表にまとめた通り、戸建てのホームタイプなら月額6,100円、集合住宅のマンションタイプなら月額4,700円がベストな利用料金です。

    オプションパックは「おうち割」の適用に必要

    「最低限なのにオプションパックが付いているのはなぜ?」と思われた方もいるかもしれませんが、こちらはSoftBankスマホとセットの利用でスマホの月額料金が安くなる「おうち割光セット」を適用するのに必要なオプションです。

    おうち割は、ソフトバンク光の回線1契約あたりスマホ10台まで、それぞれ毎月最大1,000円の割引を受けることができるサービスで、たとえば家族に4人SoftBankユーザーがいれば、1,000円×4人=最大4,000円も携帯料金を節約できます。

    このおうち割を適用するためには次の3つのオプションサービスを契約する必要があり、これらのオプションの総額は本来月額2,000円程度。

    オプションサービス
    月額料金(税込)
    光BBユニット
    467円
    Wi-Fiマルチパック
    990円
    電話サービス(※)
    467円

    ※ホワイト光電話「基本プラン」の場合。

    しかし!おうち割の利用者なら、「オプションパック」として3つまとめて月額500円で契約ができ、おうち割でスマホ1台あたり最大1,000円割引できるので、家族に1人でもSoftBankユーザーがいれば、オプションパックを付けておうち割を適用したほうがトータルの月額費用は安くなる計算です。

    その他、「ソフトバンク光の料金をもっと詳しく知りたい」というみなさんには、こちらの記事もオススメです!

    ソフトバンク光の月額料金が高い原因と対処方法

    先ほどピックアップした最適料金の目安よりも現在の月額料金が高い場合、その原因には次のようなものが考えられます。
    それぞれの対処法もあわせて紹介していきますので、参考にしてくださいね!

    初月のみ事務手数料3,000円が請求される

    ソフトバンク光には初期費用として3,000円の契約事務手数料があり、これは利用を開始した初めの月の月額料金と一緒に請求されます

    そのため、初月は先ほどの最適料金に3,000円(税込3,240円)がプラスされますが、これは1回きりの請求額のため、翌月以降は最適料金に戻るでしょう。

    ホーム(戸建て)
    マンション(集合住宅)
    基本料金(※1)
    5,200円(税込5,616円)
    3,800円(税込4,104円)
    オプションパック
    500円(税込540円)
    分割工事費(※2)
    400円(税込432円)
    固定電話通話料
    通話した分だけ
    契約事務手数料
    3,000円(税込3,240円)
    合計(※3)
    9,100円(税込9,828円)
    7,700円(税込8,316円)

    (※1)2年自動更新プランの場合。
    (※2)60回払いの場合。
    (※3)固定電話通話料を除く。

    余計なオプションサービスがたくさんついている

    ソフトバンク光を契約した際、「最大○ヶ月は無料なので付けておきますね!不要だったら契約後に外してください」と、本来は必要のない余計なオプションサービスをいろいろと付けられてしまっていた…というパターンも意外と多いです。

    特によくあるのが「Yahoo! BB基本サービス」で、「基本サービス」という名称から「必須のオプションなのかな?」と思って契約してしまう人も多いですが、特に必須というわけではないため不要な場合は解約しましょう

    ちなみにYahoo! BB基本サービスをはじめとするオプションがいろいろと追加されている場合、オプション料金無料キャンペーンが終わった後の請求金額は目に見えて高額です。

    ホーム(戸建て)
    マンション(集合住宅)
    基本料金(※1)
    5,200円(税込5,616円)
    3,800円(税込4,104円)
    オプションパック
    500円(税込540円)
    Yahoo! BB基本サービス(※4)
    300円(税込324円)
    BBフォンオプションパック
    500円(税込540円)
    BBマルシェ by 大地を守る会
    458円(税込495円)
    BBサポートワイドプラス
    500円(税込540円)
    BBお掃除&レスキュー
    458円(税込495円)
    BBライフホームドクター
    500円(税込540円)
    とく放題
    500円(税込540円)
    分割工事費(※2)
    400円(税込432円)
    固定電話通話料
    通話した分だけ
    合計(※3)
    9,316円(税込10,062円)
    7,916円(税込8,550円)

    (※1)2年自動更新プランの場合。
    (※2)60回払いの場合。
    (※3)固定電話通話料を除く。
    (※4)スタンダードプランの場合。

    上記の例を見ると、1ヶ月間に3,216円(税込 3,474円)も余計なオプション料金を支払ってしまっています
    使用していない不要なオプションサービスはかならず解約してしまいましょう。

    My SoftBankからオプションの解約ができる

    Yahoo! BB基本サービスに限らず、オプションの解約は先ほども紹介した会員サービスのWebサイト「My SoftBank」からいつでも行うことができます。

    Yahoo! BB基本サービスのスタンダードプランの場合は解約の際の違約金も発生しないため、「いつの間にか追加されていた!」という方は今すぐ解約しましょう。

    その際、おうち割の適用に必要なオプションパックまで一緒に解約してしまわないよう、内容はしっかり確認するようにしてね。
    「何が必要で何が不要なのかよくわからない」というみなさんは、次の記事もご覧ください。

    工事費の分割代が上乗せされている

    最適料金の表にもすでに含まれていますが、ソフトバンク光の利用を開始するとき、開通工事が必要だった場合はその工事費の分割代が月額料金に上乗せされます。

    工事費用はホームタイプもマンションタイプも同じ24,000円で、分割回数は24・36・48・60回の中から選択が可能です。

    また、ソフトバンク光では他社からの乗り換えで工事費と同額の割引を受けることができる(=工事費が実質無料になる)公式キャンペーンも開催されています。
    これを利用した場合、1,000円×24ヶ月間割引されるので、最適料金は次のように更新されます。

    ホーム(戸建て)
    マンション(集合住宅)
    基本料金(※1)
    5,200円(税込5,616円)
    3,800円(税込4,104円)
    オプションパック
    500円(税込540円)
    分割工事費(※2)
    1,000円(税込1,080円)
    工事費分割引額
    -1,000円(税込1,080円)
    固定電話通話料
    通話した分だけ
    合計(※3)
    5,700円(税込6,156円)
    4,300円(税込4,644円)

    (※1)2年自動更新プランの場合。
    (※2)24回払いの場合。
    (※3)固定電話通話料を除く。

    フレッツ光からの転用でも工事費は無料

    ソフトバンク光はフレッツ光の回線をそのまま使用している光コラボレーションサービスなので、フレッツ光から乗り換える場合は工事費がかかりません。
    そのため、フレッツ光からの転用でも上の表と同じ請求額が最適料金です。

    おうち割はSoftBankの携帯代から割引される

    スマホ・携帯とのセット割引「おうち割」は、ソフトバンク光の月額料金ではなくSoftBankスマホの月額料金が安くなるところも注目ポイント。

    お得なことに変わりはありませんが、ソフトバンク光の明細だけチェックしていると「あれ?安くなってない」と勘違いしてしまうこともあるため注意しましょう。

    また、仮におうち割の割引額をソフトバンク光のほうに反映させたとして最適料金を計算し直すと、以下のとおりになります。

    ホーム(戸建て)
    マンション(集合住宅)
    基本料金(※1)
    5,200円(税込5,616円)
    3,800円(税込4,104円)
    オプションパック
    500円(税込540円)
    工事費(※2)
    キャンペーンにより実質無料
    (1,080円 – 1,080円)
    「おうち割」割引額(※4)
    -4,000円(税込-4,320円)
    固定電話通話料
    通話した分だけ
    実質の月額料金合計(※3)
    1,700円(税込1,836円)
    300円(税込324円)

    (※1)2年自動更新プランの場合。
    (※2)24回払いの工事費と月額割引キャンペーンを適用させている場合。
    (※3)固定電話通話料を除く。
    (※4)4人家族の場合。

    長電話をしていて通話料が高くついている

    残りの考えられる原因としては、ソフトバンク光とセットで契約している電話サービスでの通話料が高くついているパターンです。

    ホワイト光電話の場合、同じホワイト光電話やBBフォン、SoftBankスマホ・携帯への通話は無料ですが、それ以外の場合には基本的に通話料が発生します。

    無料通話アプリを使うなどの対策を!

    よく電話をかける相手がソフトバンク系列以外の電話サービスを利用していても、スマホの無料通話アプリを活用すれば、通話料を節約することは可能です。
    ソフトバンク光で契約中の電話ではなるべく通話料を発生させないようにして、月額料金を安くおさえましょう。

    ソフトバンク光とソフトバンクエアーどちらが料金が安い?

    最後に、同じソフトバンク系列のインターネット接続サービス、ソフトバンクエアー(SoftBank Air)とも料金のお得さを比較していきましょう。

    ソフトバンクエアーはソフトバンク光のマンションタイプと同じ月額料金

    ソフトバンクエアーは、光回線ではなく無線でインターネットに接続するところがソフトバンク光と大きく異なり、接続に必要な「Airターミナル」という機器が自宅に届けば、あとはコンセントにつなぐだけですぐに使いはじめることができます。
    気になる料金は購入の場合で月額3,800円(キャンペーン適用後)。

    ソフトバンク光のマンションタイプと同じ月額料金です。

    さらにソフトバンクエアーは回線の開通工事が必要ないため、工事費も不要。
    賃貸住宅に住んでいて回線工事ができない場合や、戸建てだけどもっとリーズナブルにインターネット回線を契約したいというときにもぴったりのサービスでしょう。

    ソフトバンクエアーの申し込みなら、同じ回線同じ機種でも月額料金が安く、キャッシュバックがある「モバレコエアー」がオススメですよ。

    2年間の実質料金を見ると通常のSoftBank Airの料金と比べて54,652円安く利用できます。

    モバレコエアーが気になった方は以下のキャッシュバックキャンペーンページをご覧くださいね。

    \最短翌月末!必ず17,000円キャッシュバック/
    モバレコエアーのキャンペーン詳細をみる
    2年間で26,652円の割引も!
    モバレコエアーについてより詳しく解説している記事もご覧くださいね。

    どちらを契約すればいい?

    工事が不要で月額料金もリーズナブルなソフトバンクエアーですが、最大通信速度はソフトバンク光のほうが速く、両者にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

    詳しくはこちらの記事で比較していますので、気になる方はチェックしてみてください。

    ソフトバンク光の料金が高い理由まとめ

    ソフトバンク光の請求額が思ったよりも高くなる原因には、主に次のようなケースがあります。
    ■実はちゃんと最適料金になっているケース

    • 初月で契約事務手数料の3,000円が請求されている
    • 工事費の分割代は月額料金と一緒に支払う
    • おうち割は携帯代のほうに適用される

    ■実際に高くなっているケース

    • 余計なオプションが付いている
    • 通話料がかさんでいる

    このうち実際に高くなっているケースでは見直し方法も紹介しましたので、今回解説したポイントを参考に、みなさんも賢くソフトバンク光を利用してくださいね!

    コメント

    1. moonsun より:

      やはりソフトバンクは高かったです。キャンペーンも複雑で制約があり難解です。
      従来 「So-net光(au ひかり)マンション」月額基本料金割引(新規入会・コース変更)
      基本料金  810円税込(正規基本料金3,400円-新規割引 2,650円)
         他 2,324円税込(モデムレンタル 400円、初期費用分割 1,250円、電話サービス 500円、ユニバーサル 2円)
         計 3,134円
      現在契約 「Softbank光マンション]
      基本料金 4,104円税込(基本料金 3,800円
         他  542円税込(お家割 500円、ユニバーサル 2円)
      計 4,646円 携帯電話(1台)を使用している事で、6ヶ月後から1,000円の割引があります。
      電話で勧誘され税別での提示であったことを後に気付き後悔しています。

      1. わたしのネット編集部 より:

        コメントありがとうございます。

        電話勧誘があり、so-net光からソフトバンク光へ移行されたのですね。
        確かにSo-net光は割引期間が3年と長いため、現時点ではソフトバンク光のほうが割高と感じられるかもしれません。

        しかし、moonsun様はソフトバンクユーザーですので、So-net光ではスマホのセット割を組むことができず、割引が終了した3年後からは毎月の通信費がグッと値上がりしてしまいます。
        (So-ne光のセット割対象キャリアはauです)

        その点ソフトバンク光だと、1,000円の割引が永年続きますので、長期的な目で見ればSo-net光よりも費用を安くすることが可能です。
        ですから、現時点では高いと感じるかもしれませんが、moonsun様のケースだとこのままソフトバンク光をご契約なさった方がお得かと思われます。

        ちなみに、ソフトバンクユーザーであれば、料金が安く最大2Gbpsの高速通信が標準利用できるNURO光もおすすめです。
        NURO光に関して解説しているページも、よろしければ参考になさってください。

    コメントは停止中です。