閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

WiMAXの電波が悪いのはなぜ?仕組みと改善方法について

wimax 電波悪い

モバイルWiFiルーターのWiMAXを使っていて「繋がらない」「途中で切れる」「不安定」と感じたことはありませんか?これが頻繁に起きてしまうと、解約や機種変更、光回線などへの乗り換えも検討せざるを得なくなりますよね。

WiMAXを利用していると、何らかの原因で電波障害に陥ってしまうことがあります。思うように通信速度が出ないと感じる人も少なくないでしょう。そこで今回は、WiMAXの通信状況が悪くなる原因と、その改善策を解説していきます。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

WiMAXの周波数はもともと建物などに弱い

WiMAXの周波数帯は2.4GHzと5GHzの2つを利用できます。まずは、この2つの周波数帯の特徴を理解しておく必要があります。

まず2.4GHzの周波数帯は、比較的に受信感度も良好で、機器同士の接続がしやすい周波数帯です。しかしながら、電話やゲーム、電子レンジなど同じ周波数帯を利用した通信機器が多いことからも、電波干渉を起こしやすいデメリットが挙げられます。

一方の5GHzは、電波干渉を起こしにくい周波数帯です。それでは、普段から5GHzを利用すれば良いのでは?と思うかもしれませんが、障害物によって電波が入りにくくなる特性を持っています。また基地局は下方を向いているため、高層階には電波が届きにくくなります。

通信状況が悪い原因として場所が考えられるのにも関わらず、移動をしても変わらない。そんな不満を抱えている人も多いのではないでしょうか。とは言っても、放置した数時間後に通信速度が改善されていることがほとんどです。

この原因として考えられるのが、提供会社による電波障害です。また、基地局の工事に伴うサービスの中断も挙げられます。どちらが原因だとしても、UQコミュニケーションズの公式サイト内で最新情報を確認できます。

原因別、WiMAXの電波が悪いときの改善法

WiMAX通信速度が明らかに遅いと感じたら、何らかの原因によって電波が入りにくくなっていることが考えられます。提供会社の電波障害であれば待つしか策はありませんが、それ以外の理由なら以下の改善方法で解決できるかもしれません。

また、WiMAXの通信速度が遅い場合は、以下のページを参考にしてみてくださいね。

【関連記事】WiMAXの通信速度はどのくらい?遅くなる原因と改善策を一挙紹介!

通信環境が悪い場合

前述した通り、WiMAXの周波数帯で挙げられる最大の特徴は「建物に弱い」ことです。これを考慮すると、単純に2.4GHzから5GHzに変更するだけでは意味がありません。ちなみに切り替え方は、WiMAX端末の設定画面から簡単に行うことができます。

【関連記事】WiMAXの設定方法を解説!|快適に利用する為の設定は知ってる?

窓際など電波の強いところにWiMAXのルーター通信端末を置く

WiMAXは高速通信が可能ですが、ビルや建物に電波が遮断されてしまう可能性があります。そこで少しでも効率よく電波を受信するためにも、自宅の窓際など電波の受信状況がなるべく良好な場所を探してみてください。

基地局の場所にもよりますが、できるだけ近づけることを意識するようにしましょう。またその際には専用クレードルなどを使って、WiMAXルーターを立てて置くことも忘れずに行いましょう。クレードルなら有線LAN接続も可能です。

【関連記事】WiMAXのクレードルは必要?どんな人にメリットがあるか紹介!

自作のパラボラアンテナを設置する

基地局まで少し遠くて電波を受信するのが難しいという場合には、外付けアンテナを利用しましょう。UQコミュニケーションズでは、UQ宅内アンテナ(UQフェムトセル)の提供を行っています。しかしながら、設置するためには専用の工事が必要です。

どうしても難しいという場合は、パラボラアンテナを自作することも可能です。100均のボールなどを使って簡単に作ることができます。Twitterなどでも一例が公開されていますので、電波が弱いと感じたら試してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】WiMAXルーターのアンテナを強化!室内は窓際に置こう!

端末に原因がある場合

WiMAXは混雑時になると電波障害が生じてしまったり、「月間合計7GB」「3日間で10GB」とプランごとに速度制限が設けられています。しかしながら、そもそも故障などWiMAXの端末に原因がある場合も十分に考えられます。

端末を買い換える

スマートフォンや他の通信機器と同様に、WiMAXでも続々と新機種が発売されています。特に数年前に発売された機種と現行で販売されている機種とでは、スペック面で大きな差が生じてしまっていることは説明するまでもないでしょう。

例えば、WiMAX2+のように高速通信に対応した機種と、従来のWiMAXしか使えない機種(現在は販売中止)が用意されています。高速通信に非対応の端末を利用しているのであれば、電波に関係なく通信速度が遅くなってしまうため、乗換えをおすすめします。

おすすめ窓口月額料金最安級!2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
どこでもインターネット使い放題!
月額料金2,726円~の業界最安級!
工事不要でどこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
いまなら初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

もし解約するなら光回線に乗り換えるのがおすすめ

ここまで紹介してきたように、WiMAXの電波状況は利用する場所によっても大きく異なります。いくつかの改善策を講じれば解決できるかもしれませんが、これらの改善法を試してみてもまだ電波が悪い場合もあるでしょう。そんなときは思い切ってWiMAXを解約して光回線に乗り換えるのもひとつの手です。

おすすめ光回線 auひかり

数多く存在する光回線の中で、どうしてauひかりなの?と疑問に感じている人も少なくないでしょう。その理由のひとつが、通信速度です。

WiMAXよりも高いパフォーマンスを維持することはもちろんのこと、多くのユーザーから高評価を得ています。

また光回線を選択する上でネックとなってくる料金面でも、迷いなくおすすめできます。月額料金が比較的安いだけでなく、公式サイト経由でもさまざまなキャンペーンを適用させることが可能です。また違約金も最大30,000円まで負担してくれます。

とは言っても、できるだけお得に契約をしたいというのが本音ですよね。そこでおすすめしたいのが代理店経由での申込みです。高額キャッシュバックなど他では受けることができないキャンペーンを独自で実施中です。

【関連記事】auひかりとは

おすすめ窓口最大87,200円還元!
株式会社25
スマホ料金
最大2,000円割引き!
超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
工事費が実質無料・乗換えで違約金還元!
さらに、この人気窓口限定で最大87,200円の大幅還元キャンペーン実施中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

モバイルWiFiの中でも随一の高速通信を誇っているWiMAXですが、通信環境によっては電波障害が生じてしまうこともあります。いくつかの解決方法はありますが、すべての状況に対応できるわけではありません。

どうしても我慢できないという人は、光回線への乗り換えを検討してみるのも良いかもしれません。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事