閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

【原因別】WiMAXの電波が悪いときの改善方法│Wi-Fiの電波を切り替えよう

wimax 電波悪い

モバイルWi-FiルーターのWiMAXを使っていて「繋がらない」「途中で切れる」「不安定」と感じたことはありませんか?これが頻繁に起きてしまうと、解約や機種変更、光回線などへの乗り換えも検討せざるを得なくなりますよね。

WiMAXを利用していると、何らかの原因で電波障害に陥ってしまうことがあります。思うように通信速度が出ないと感じる人も多いでしょう。そこで今回は、WiMAXの通信状況が悪くなる原因と、その改善策を解説していきます。

WiMAXの周波数はもともと建物などに弱い

WiMAXの周波数帯は2.4GHzと5GHzの2つを利用できます。まずは、この2つの周波数帯の特徴を理解しておく必要があります。

まず2.4GHzの周波数帯は、比較的に受信感度も良好で、機器同士の接続がしやすい周波数帯です。しかしながら、電話やゲーム、電子レンジなど同じ周波数帯を利用した通信機器が多いことからも、電波干渉を起こしやすいデメリットがあげられます。

一方の5GHzは、電波干渉を起こしにくい周波数帯です。それでは、普段から5GHzを利用すれば良いのでは?と思うかもしれませんが、障害物によって電波が入りにくくなる特性を持っています。また基地局は下方を向いているため、高層階には電波が届きにくくなります。

通信状況が悪い原因として場所が考えられるのにもかかわらず、移動をしても変わらない。そんな不満を抱えている人も多いのではないでしょうか。とは言っても、放置した数時間後に通信速度が改善されていることがほとんどです。

この原因として考えられるのが、提供会社による電波障害です。また、基地局の工事に伴うサービスの中断もあげられます。どちらが原因だとしても、UQコミュニケーションズの公式サイト内で最新情報を確認できます。

原因別!WiMAXの電波が悪いときの改善法

WiMAX通信速度が明らかに遅いと感じたら、何らかの原因によって電波が入りにくくなっていることが考えられます。提供会社の電波障害であれば待つしか策はありませんが、それ以外の理由なら以下の改善方法で解決できるかもしれません。

また、WiMAXの通信速度が遅い場合は、以下のページを参考にしてくださいね!

【関連記事】WiMAXの通信速度はどのくらい?遅くなる原因と改善策を一挙紹介!

通信環境が悪い場合

前述した通り、WiMAXの周波数帯であげられる最大の特徴は「建物に弱い」ことです。これを考慮すると、単純に2.4GHzから5GHzに変更するだけでは意味がありません。ちなみに切り替え方は、WiMAX端末の設定画面から簡単に行うことができます。

【関連記事】WiMAXの設定方法を解説|快適に利用する為の設定は知ってる?

窓際など電波の強いところにWiMAXのルーター通信端末を置く

WiMAXは高速通信が可能ですが、ビルや建物に電波が遮断されてしまう可能性があります。そこで少しでも効率よく電波を受信するためにも、自宅の窓際など電波の受信状況がなるべく良好な場所を探してみてください。

基地局の場所にもよりますが、できるだけ近づけることを意識するようにしましょう。またその際には専用クレードルなどを使って、WiMAXルーターを立てて置くことも忘れずに行いましょう。クレードルなら有線LAN接続も可能です。

【関連記事】WiMAXのクレードルは必要?どんな人にメリットがあるか紹介!

自作のパラボラアンテナを設置する

基地局まで少し遠くて電波を受信するのが難しいという場合には、外付けアンテナを利用しましょう。UQコミュニケーションズでは、UQ宅内アンテナ(UQフェムトセル)の提供を行っています。しかしながら、設置するためには専用の工事が必要です。

どうしても難しいという場合は、パラボラアンテナを自作することも可能です。100均のボールなどを使って簡単に作ることができます。Twitterなどでも一例が公開されていますので、電波が弱いと感じたら試してみてはいかがでしょうか。下記のパラボラアンテナについての記事もご覧ください。

【関連記事】家の近くにWiMAX基地局はある?基地局の位置の調べ方
【関連記事】パラボラアンテナでWiMAXを最高速化!簡単自作方法を公開!

端末に原因がある場合

WiMAXは混雑時になると電波障害が生じてしまったり、「月間合計7GB」「3日間で10GB」とプランごとに速度制限が設けられています。しかしながら、そもそも故障などWiMAXの端末に原因がある場合も十分に考えられます。

端末を買い換える

スマートフォンや他の通信機器と同様に、WiMAXでも続々と新機種が発売されています。とくに数年前に発売された機種と現行で販売されている機種とでは、スペック面で大きな差が生じてしまっていることはご説明するまでもありません。

例えば、WiMAX2+のように高速通信に対応した機種と、従来のWiMAXしか使えない機種(現在は販売中止)が用意されています。高速通信に非対応の端末を利用しているのであれば、電波に関係なく通信速度が遅くなってしまうため、乗換えをオススメします。

初期費用無料キャンペーン中!WiMAXならどこでもインターネット使い放題!

BroadWiMAX端末料金18,857円割引き

WiMAXなら工事費不要、月額2,726円~どこでもインターネットが使い放題! Broad WiMAXのWebからのお申込みなら初期費用18,857円割引きキャンペーン実施中!・・・詳しく見る

もし解約するなら光回線に乗り換えるのがオススメ

ここまで紹介してきたように、WiMAXの電波状況は利用する場所によっても大きく異なります。いくつかの改善策を講じれば解決できるかもしれませんが、これらの改善法を試してみてもまだ電波が悪い場合もあるでしょう。そんなときは思い切ってWiMAXを解約して光回線に乗り換えるのもひとつの手です。

オススメ光回線 auひかり

数多くある光回線の中で、どうしてauひかりなの?と疑問に感じている人も多いでしょう。その理由のひとつが、通信速度です。

WiMAXよりも高いパフォーマンスを維持することはもちろんのこと、多くのユーザーから高評価を得ています。

また光回線を選択する上でネックとなってくる料金面でも、迷いなくオススメできます。月額料金が比較的安いだけでなく、公式サイト経由でもさまざまなキャンペーンを適用させることが可能です。また違約金も最大30,000円まで負担してくれます。

とは言っても、できるだけお得に契約をしたいというのが本音ですよね。そこでオススメしたいのが代理店経由での申込みです。高額キャッシュバックなど他では受けることができないキャンペーンを独自で実施中です。

【関連記事】auひかりとは

フルコミット auひかり最短翌月に最大52,000円キャッシュバック!

翌月末に最大52,000円キャッシュバック! 有料オプションに加入なし!申請も電話で振込み先を伝えるだけ。ネット回線のみでも45,000円キャッシュバック!

【有料オプション加入無し】翌月末に最大52,000円キャッシュバック!ネット回線のみでも45,000円キャッシュバック!申請も電話で振込み先を伝えるだけ。・・・詳しく見る

まとめ

モバイルWi-Fiのなかでも随一の高速通信を誇っているWiMAXですが、通信環境によっては電波障害が生じてしまうこともあります。いくつかの解決方法はありますが、すべての状況に対応できるわけではありません。

どうしても我慢できないという人は、光回線への乗り換えを検討してみるのも良いかもしれません。

注目WiFiルーター!どんなときもWiFiの申込窓口

おすすめ窓口株式会社 グッド・ラック

どんなときもWiFi
携帯3キャリアの電波を自動で切替
2019年3月に新サービスとして登場!主な特徴は次の3つ。①シンプルな1プランだけだから迷わない。いくら使っても3,480円!②データ量無制限でどれだけ使っても遅くならない!②携帯3キャリアの回線を自動切換するから幅広いエリアに対応!さらにグローバルSIMを搭載し、1台で海外でも使える注目のWiFiルーターです!

どんなときもWiFiの詳細を見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)