閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXの電波が悪い原因と対処法|電波を強くしてストレスフリーな通信をしよう!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

wimax 電波悪い

WiMAXを契約しようと思っているけど「電波が入るのか心配」、すでに契約しているけど「電波が入りづらくて困っている」という方もいるのではないでしょうか?

WiMAXの契約前であれば、15日間無料でWiMAXのお試しができるTry WiMAXを申し込みましょう。

すでにWiMAXを契約していて電波が悪いと感じている人は、以下の対処法を試してみてください。

どの対処法を試しても電波の入りを改善されない場合は、どんなときもWiFiや光回線への乗り換えがオススメです。

ここでは、WiMAXの電波が悪くなる原因と対処法をご紹介するので、ポケットWi-Fiを快適に使いたい人は、ぜひ参考にしてください。

【契約前の方必見】WiMAXの電波が不安な方はTry WiMAXを申し込もう!

WiMAXが自分の行動範囲で提供エリアかどうかは、UQ WiMAXのサービスエリアページで確認できます。

エリア判定方法は、サービスエリアマップとピンポイントエリア判定がありますが、オススメはピンポイントエリア判定です。

住所を入力することで自宅や行動範囲がエリア内かどうか「〇」「〇~△」「△」「✕」で判定してくれますよ。

<ピンポイントエリア判定の結果と利用可否>

  • 「〇」・・・提供エリア内でWiMAXを利用できる
  • 「〇~△」・・・利用できる可能性大。利用場所(窓から距離があるなど)により圏外となる場合もある
  • 「△」・・・ご利用場所の状況により圏外となる場合もある
  • 「✕」・・・提供エリア外のため利用不可

上記の結果を受けて「〇~△」や「△」の場合、「〇」でも本当に使えるのか不安な場合はTry WiMAXの利用がオススメです。

また、提供エリア外の場合はWiMAX以外のポケットWi-Fiを検討してみてください。

当社がオススメするのは、au・ドコモ・ソフトバンクのエリアで使え、さらに速度制限なしのどんなときもWi-Fiです。

「〇」「〇~△」「△」の方は、Try WiMAXを契約したら、自分の行動範囲で利用してみて、問題ない場合はWiMAXの本契約に進んでください。

Try WiMAXの公式サイト画像
引用:Try WiMAX│超速モバイルネット WifiサービスはUQ WiMAX|UQ communications

ちなみにTry WiMAXとは、15日間無料でWiMAXのWi-Fiルーターをレンタルできるサービスです。

Try WiMAXを利用すれば、自分の行動範囲でWiMAXの電波が問題ないかどうか確認できますよ。

せっかく契約したのに、「実際に使ってみたら電波が届かない…」となってしまうと支払った料金が無駄になってしまいます。

WiMAXを利用したいという方は、ぜひ一度Try WiMAXでWiMAXの使用感を体感してから、正式に申し込んでください。

♦15日間無料でWiMAXが利用できる♦
Try WiMAXの詳細はこちら

なお、Try WiMAXでレンタルできる機種は7種類ありますが、オススメはW06です。

W06は今まで販売されているWiMAXルーターのなかでもっとも最新かつ高スペックなので、今のWiMAXの性能や電波を実際にに体感できますよ。

<WiMAXの最新機種スペック>
機種
W06
最大通信速度
下り:最大1.2Gbps
上り:最大75Gbps
通信方式
WiMAX2+
au4G LTE
Wi-Fi規格
(5GHz帯)
IEEE802.11ac/11n/11a
Wi-Fi規格
(2.4GHz帯)
IEEE802.11n/11g/11b
バッテリー使用時間
連続通信時間540分
外形寸法(mm)
約128×64×11.9mm
利用場所
屋内/屋外

※2019年7月段階の情報です。
※最大速度1.2Gbpsは東京都、埼玉県、愛知県、大阪府>の一部エリアで利用可能であり対象エリアは今後拡大予定です。
※最大速度1.2Gbpsはハイスピードプラスエリアモードとハイパフォーマンスモード、4×4MIMOの設定がオンの場合に利用でき、Wi-Fi接続時は最大867Gbpsとなります。

ちなみに、Try WiMAXを利用してルーターをレンタルできるかどうかは在庫状況によります。

在庫がない場合はもちろん、レンタルできませんのでご注意ください。

在庫状況はこちらのページで確認できます。

Try WiMAXの申込方法

Try WiMAXの申し込み方法は指定ページから必要次項を入力して送信するだけです。

申込前には、以下をあらかじめ用意しておくとスムーズに契約を進められますよ。

<Try WiMAXの申し込みに必要な物>

  • 契約者名義のクレジットカード(デビットカードは利用不可)
  • 連絡先メールアドレス
  • SMS対応の電話番号、またはキャリアメールアドレス

なお、Try WiMAXを試した後に本契約したいと思った場合は、プロバイダをよく吟味してくださいね。

なぜなら、WiMAXのプロバイダは30社以上ありそれぞれ実施しているキャンペーンが異なるからです。

割引やキャッシュバック、違約金還元などプロバイダによってキャンペーンはさまざま。

そして、月額料金も違います。

自身にとってどのキプロバイダがもっともお得なのかを考えてから契約しましょう。

当サイトではWiMAXを安く契約できるプロバイダを紹介した記事も用意しているので、ぜひ参考にしてください。

対応エリア外の場合はエリア拡大要望を出す

自宅や出先がWiMAXの対応エリア外だった場合、UQ WiMAXの公式サイトに設けられている改善要望フォームで対応エリアの拡大要望を出しておきましょう。

すぐに提供エリアとして反映される訳ではなく、また、要望に対して個別の回答は行われませんが、寄せられた要望が今後のエリア拡大に活かされます。

WiMAXの電波が悪くなる原因と対処法|建物の中には届きにくいって本当?

WiMAXの電波が悪くなると、速度が遅くなったり繋がりづらくなったりします。

WiMAXの電波が悪くなる原因は主に5つです。

それぞれ対処法詳しく紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

建物の中に電波が入りにくい!

WiMAXは建物内で使うと電波が入らなくなる場合があります。

建物のなかで電波が入らなくなる原因は、WiMAXが採用する電波の周波数帯にあります。

WiMAXやスマホ向けの電波には主に7種類の周波数帯があります。

回線種別
LTE
WiMAX
周波数帯
ドコモ
au
ソフバン
700MHz帯
800MHz帯
900MHz帯
1.5GHz帯
1.7GHz帯
2.1GHz帯
2.5GHz帯
WiMAX 2+

※参考サイト:各携帯電話事業者の通信方式・周波数体

電波の周波数帯は、電波行政を管轄する総務省により各通信会社にサービスの使用をしてもいい周波数帯を振り分けられています。

WiMAXでは、2.5GHzの周波数帯が振り分けられていますが、この周波数帯というのは高ければ高い程、電波がまっすぐに進む性質が強くなります。

そのため、上記の表からもわかるとおり、携帯事業者の周波数帯と比較すると遮蔽物に弱いのです。

WiMAXルーターを窓際に設置する

WiMAXの電波が悪いときに簡単に試せる対処法は、Wi-Fiルーターを窓際に設置しなおすことです。

WiMAXの電波は直線に飛ぶ傾向があるので、ルーターと基地局の間に隔たりがあると電波が途切れやすくなります。

そのため、少しでも電波を妨げる壁をなくすために窓際に設置するといいでしょう。

実際に、窓際に設置するだけで本当に電波が良くなったとの声もありました。

WiMAXの電波を改善したい方はぜひ一度窓際にルーターを設置し直してみてくださいね。

端末の初期設定を変更してみる

WiMAX端末の初期設定を変更してみるのも電波の悪い状態を解消する方法です。

WiMAXでは初期設定で速さ(5GHz)と接続(2.4GHz)のどちらを優先するかが決められていて、速さが優先されていると電波を上手く受信できません。

それぞれの特徴をまとめてみました。

<2.4GHzと5GHzの特徴>
特徴
2.4GHz
(接続優先)
  • 5GHzよりも回折性が高い
  • 電波の届く距離が長い
  • 電子レンジなどの家電製品の電波と干渉しやすい
5GHz
(速さ優先)
  • 2.4GHzよりも速度が速いが回折性がない
  • 電波の届く距離が短い
  • 家電製品との電波干渉がおきづらい

5GHzを採用している場合は、遮蔽物が周りにあると電波が上手く受信できない可能性もあるので電波が悪いと感じたら、2.4GHzを利用してみてくださいね。

クレードルを活用する

利用しているWi-Fiルーターによっては、クレードルを使うことで電波を改善できる可能性があります。

クレードルとは、WiMAXの端末を充電するスタンドの役割をすることが趣旨のアイテムです。

しかし、有線LAN接続や固定回線の無線化などマルチな機能を兼ね備えたアイテムでもあります。

実際にクレードルを使って接続したら、速度が安定したとの声も。

ただし、モバイルルーターの最新機種であるW06にはそもそもクレードルがないので注意しましょう。

とはいえ、W06の場合は、電波の感度が高まるハイモードアンテナが採用しているため速度が安定しやすいので安心してくださいね。

またW06はUSBケーブルでUSBハブがあるデバイスと直接有線接続できますよ。

有線接続するとWi-Fiでの接続とくらべて通信が安定します。

拡張アンテナ内蔵のクレードルを利用する

電波の入りを良くするためにクレードルを使う際は、拡張アンテナが内蔵されていることが必須です。

拡張アンテナとは建物内などでの電波感度を安定させ、電波の入りを良くしてくれるものです。

拡張アンテナ
引用:WX04クレードル(NECPF製)|UQコミュニケーションズ

NEC製であるWX03以降のWXシリーズのクレードルには拡張アンテナが搭載されています。

現在WiMAX端末のみを契約していてクレードルを購入していない人は、UQWiMAXのサイトから購入できますので検討してみてください。

ちなみに、W06とホームルーター用のクレードルは販売されていませんが、その代わりに高性能アンテナを搭載して電波を受信しやすくしていますよ。

パラボラアンテナを作成する

モバイル回線用の電波は反射する放物線上の物質に集まりやすく、パラボラアンテナはこの習性を活用しています。

建物内にいるときに電波が悪くなるのであれば、パラボラアンテナの作成も考えてみましょう。

パラボラアンテナはアルミボウルとWiMAXルーターを立てかけるスタンドだけで作ることができますよ。

実際にパラボラアンテナを設置して、速度が速くなったとの口コミがありました。

なお、パラボラアンテナについて詳しく説明している記事も用意していますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

UQ宅内アンテナを設置する

WiMAXの電波が悪い場合に利用できる方法の一つに、UQ宅内アンテナがあります。

UQ宅内アンテナは、住居に導入されている固定回線をもとにしたWiMAXの小型基地局で、設置すると自宅にいるときの電波を飛躍的に改善できます。

UQ宅内アンテナの接続図
引用:UQ宅内アンテナ(UQフェムトセル)の概要について|UQ Commnucations

ただし、先ほども述べましたが、利用できるのはauひかりなどの固定回線を契約している場合のみ。

UQ宅内アンテナを利用できる固定回線は以下のとおりです。

<UQアンテナ設置のために契約が必要な光回線>

  • auひかり
  • auひかり ちゅら
  • J:COM NET
  • コミュファ光
  • フレッツ光ネクスト(NTT東日本)
  • フレッツ光ネクスト(NTT西日本)

上記の固定回線を利用していなければ、絶対にUQ宅内アンテナは利用できないのご注意ください。

また、宅内アンテナは自宅でのみの改善方法のため、外出先でWiMAXを利用する場合は効力発揮しないことにもあわせて注意しましょう。

なお、UQ宅内アンテナを設置するには工事が必要ですが、初期費用は無料で利用料金もかからないうえに、いつ撤去したくなっても違約金を払わずに解約できます。

<UQ宅内アンテナの費用>
各費用・利用期間
金額・期間
初期費用・工事費
無料
月額利用料
無料
契約解除の違約金等
なし

また、利用できるルーターも決められていますが、現在の主要機種のほとんどは対象です。

UQ宅内アンテナが利用できる機種はUQWiMAXの公式サイトで確認できますのでチェックしてみてくださいね。

ちなみに、手続きはUQコミュニケーションズが代行してくれますが、宅内アンテナの運用人として、氏名、住所、連絡先電話番号を総務省に届け出なければならず、アンテナの場所を移動してはいけないなど、UQコミュニケーションズの指示りに運用しなければなりません。

目先のお得さだけで設置を決めてしまうと後悔することになりかねませんので、慎重に検討しましょう。

他の電子機器と電波干渉を起こしている

WiMAXのWi-Fiが電子レンジやテレビといった他の電子機器の電磁波と干渉しあって接続状態が安定しなくなっている可能性も考えられます。

WiMAXのルーターでは初期設定でWi-Fiの周波数帯が2.4GHzとなっていますが、他の家電やでも用いられているので、近くに電子レンジやテレビ、冷蔵庫があるとお互いの電波が干渉して通信障害が起きやすくなります。

5GHz帯を利用して電波干渉を少なくしよう

Wi-Fiと家電の電磁波との干渉を防ぐ為には、Wi-Fiの周波数帯を5GHzに変えるのがオススメです。

5GHzは生活家電で用いられていないので、Wi-Fiの周波数帯を5GHzに変更するだけで干渉が起きる可能性が低くなりますよ。

WiMAX2+回線のみを利用している

WiMAXには以下の2つのモードが存在します。

  • WiMAX2+のみを利用して通信する「ハイスピードモード」(初期設定)
  • WiMAX2+とau 4G LTEの両方を利用して通信する「ハイスピードプラスエリアモード」

ハイスピードモードとは、WiMAX2+回線エリアを利用した通信モードで、大手キャリアに比べるとエリアが狭いです。

エリアが狭いことにより、行動範囲によっては電波が途切れ通信速度の低下に繋がる場合もありますよ。

ハイスピードプラスエリアモードを利用する

ハイスピードモードで電波が悪い場合は、2番目の「ハイスピードプラスエリアモード」に設定を変更すると安定した電波でWiMAXを使える場合がありますよ。

ハイスピードプラスエリアモードであれば、au 4G LTEというWiMAXより低い周波数帯を利用でき、WiMAXの弱点である「障害物に弱い」点もうまくカバーしてくれます。

ただし、「ハイスピードプラスエリアモード」を一度でも利用すると、月額1,005円のLTEオプション料金が発生するので注意しましょう。

【注意】ギガ放題プランを契約していてもハイスピードプラスエリアモードを7GB/月以上使うと速度制限にかかる

ちなみに、ハイスピードエリアモードで7GB以上利用すると、ギガ放題プランを契約していたとしても速度制限が発生してしまいます。

速度制限にかかると、翌月まで128kbpsの速度でしか利用できなくなってしまいますので注意してくださいね。

モバイルルーターの電波の飛距離が短い

モバイルルーターの電波の飛距離はホームルーターに比べて短いです。

無線LANのWi-Fi電波が届く距離は以下のとおり。

<モバイルルーターとホームルーターの電波が届く距離>

  • モバイルルーター:通常10m~15m程度、ACアダプターに接続して給電状態では20m ~ 25m 程度
  • ホームルータ:50m~60m ほど

上記を見ると、モバイルルーターはホームルーターに比べて2~5倍程度電波の飛距離が短いことがわかりますね。

端末とWiMAXルーターの距離をなるべく近くしよう

モバイルルーターを使っていて、電波を改善したい場合はなるべく端末とルーターの距離を近くして利用しましょう。

端末とルーターを近づけることで、電波を受信しやすくなります。

また、もし自宅でのみWiMAXを使う、自宅での速度を安定させたいとのことでしたら、ホームルーターへの変更もオススメです。

ホームルーターがオススメの理由は後述していますので参考にしてくださいね。

モバイルルーターはバッテリーの持ち時間を長くするため電波の出力が小さい

モバイルルーターは充電式であり、バッテリーの持ち時間を長くするために電波を飛ばす電気の出力をホームルーターに比べるとおさえて作られています。

対して、ホームルーターはコンセントで直接電力を供給するため電波を飛ばす出力を大きくできます。

そのため、モバイルルーターはホームルーターに比べて電波が不安定になりがちです。

ホームルーターに乗り換えよう

自宅で電波を安定させたいと考えている方は、ホームルーターへの乗り換えがオススメです。

ホームルーターはコンセントで電力を供給して利用するため、モバイルルーターよりも電波を飛ばす電気の出力が高いです。

また、モバイルルーターに比べてアンテナが高性能に作られていることも、ホームルーターの電波が安定する理由です。

WiMAXホームルーターの中でも最新の機種HOME L02では、4本の高感度アンテナと5つの周波数帯を束ねた複数の周波数帯の電波を利用することにより、360度全方位の電波をカバーすることができます。

ホームルーターの高感度アンテナのイメージ
引用:GMOとくとくBB WiMAX

そして、Wi-Fi TXビームフォーミング搭載によりなことによりWi-Fi電波の受信速度が約30%アップしたこともホームルーターL02の電波が安定する理由としてあります。

対してモバイルルーターの最新機種W06でもWi-Fi TXビームフォーミングが搭載されていますが、受信速度のアップ率は約20%のみ。

<Wi-Fi TXビームフォーミングとは>
Txビームフォーミングとは、Wi-FI規格のIEEE802.11acの技術で、スマートフォンなどのWi-Fi機器の位置を検知し、集中して電波を送信することで、Wi-Fi電波が中・弱電界の場所の通信を安定させ、スループットを向上させる技術です。引用:【W06】Wi-Fi TXビームフォーミングとは何ですか?|【公式】UQ communications

持ち運びにはモバイルルーターが便利ですが、自宅でのみ利用するならホームルーターがオススメです。

自宅内で速度を安定させたい方は、ぜひホームルーターの契約を検討してみてくださいね。

【注意】WiMAXの電波改善法としてルーターのアンテナ改造は厳禁

パソコンなど精密機器の改造に自信がある人は、WiMAX端末のアンテナ改造をすればいいのではと思っているのではないでしょうか?

アンテナの改造はメーカーからの保証と電波法によるリスクがあるので、やるべきではありません。

それぞれ、以下より詳しく説明します。

メーカーの保証を受けられなくなる

WiMAXの説明書には、安全のため改造をしないようにとの注意書きがされています。

また、保証書には「不当な修理や改造による故障や損傷の場合は有償修理、または修理ができない場合があります」と明記されています。

これらの注意喚起を無視して改造を行った場合、当然ながら保証は受けられません。

電波法違反に抵触する可能性がある

ルーターは、スマホなどと同じように電波法上は「無線局」という扱いです。

日本国内で正規に販売されているこれらの機器は、各メーカーが、電波法の定める基準に適合していることを示す「技術基準適合証明(技適)」を取得して販売しています。

しかし、本体やアンテナに改造を加えてしまうと「技適マーク」の効力が失われることになるのです。

その結果、ルーターの性能が電波法の定める基準から外れてしまう可能性があります。

電波法に定める基準から外れるということは、つまり電波法違反となる可能性があるということです。

この場合、刑事罰を受けることもあり得るので、アンテナを改造したり、外付けアンテナを付けたりという行為は、絶対にやめましょう。

WiMAXの電波状況が改善されない場合は乗り換え!オススメ契約先は?

自宅やWi-Fiを使いたい出先がWiMAXの提供エリア外だった場合、他の方法でのWi-Fi利用を検討しましょう。

自宅と外の両方でWi-Fiを使いたい人には「どんなときもWiFi」、家だけでWi-Fiを使う人には固定回線がオススメです。

au・ソフトバンク・ドコモの電波が使える「どんなときもWiFi」

自宅と外の両方でWi-Fiを使いたい人には「どんなときもWiFi」がオススメです。

どんなときもWiFiではau・ソフトバンク・ドコモの電波が使えるので、大手キャリアスマホが利用できるエリアであれば圏外になることはありません。

さらに、どんなときもWiFiはWiMAXとは違って完全無制限で使えるため、速度制限を気にする必要がないというメリットがあります。

なお、どんなときもWiFiは2019年7月現在に割引キャンペーンを実施しており、以下のような料金で利用できます。

<どんなときもWiFiの月額料金>
支払い方法
クレジットカード払い
口座振替払い
ご利用開始月
3,480円
※日割り
3,980円
※日割り
1ヶ月~24ヶ月目
3,480円
3,980円
25ヶ月目以降
3,980円
4,410円

※税抜金額です。

UQ WiMAXのギガ放題プランの月額料金4,380円(税抜)と比較しても安く利用できますね。

  • 大手キャリアの提供エリア内で利用できる
  • 完全無制限で速度制限なし
  • UQ WiMAXと比較しても料金が安い

という魅力的などんなときもWiFi。

気になった方はぜひ一度公式サイトをチェックしてみてくださいね。

♦大手3台キャリアの電波が使える♦
どんなときもWiFiの詳細を見る
※このボタンからお得な特典。サービス内容をチェック

自宅のみで使うなら光回線へ乗り換えもオススメ

自宅のみでWi-Fiを使うのであれば、固定回線もオススメです。

固定回線は電波ではなく光ファイバーでインターネットを利用するので、自宅でのWi-Fi接続が途切れることなく安定します。

実際にWiMAXから光回線に乗り換えたところ、電波が安定し速度が速くなったとの声も見られました。

上記の方は、WiMAXから光回線に変えたことで速度が速くなったとのことです。

上記の方は、WiMAX光回線にしたことでわかった光回線のメリットをあげています。

  • WiMAXの置き場所を考える必要がない
  • 速度制限を気にする必要がない
  • 高画質で動画が見れる
  • 1日住速くて安定している

現在、WiMAXで速度が安定しないという方は、光回線への乗り換えも検討してみてくださいね。

ただし、光回線はそれぞれの回線でキャンペーンを実施しているので、どれが自分に合っているかよく検討する必要がありますよ。

当サイトでは、光回線の選び方に関して詳しく説明した記事も用意していますので、ぜひチェックしてみて

まとめ

今回は、WiMAXを契約前で電波が良いのか悪いのか気になる、契約中だけど電波が悪くて困っている、という人に役立つ情報をまとめました。

WiMAXの契約前であれば、15日間無料でWiMAXのお試しができるTry WiMAXの利用がオススメですよ。

すでにWiMAXを契約していて電波が悪い場合は、以下の対処法で改善する可能性があります。

どの対処法を試しても電波が改善されないという場合は、大手キャリアの電波が利用できるどんなときもWiFiや光回線への乗り換えがオススメですよ。

自身にとって最良の方法を用いて、快適なインターネット通信を楽しんでくださいね。

注目WiFiルーター!どんなときもWiFiの申込窓口

おすすめ窓口株式会社 グッド・ラック

どんなときもWiFi
携帯3キャリアの電波を自動で切替
2019年3月に新サービスとして登場!主な特徴は次の3つ。①シンプルな1プランだけだから迷わない。いくら使っても3,480円!②データ量無制限でどれだけ使っても遅くならない!②携帯3キャリアの回線を自動切換するから幅広いエリアに対応!さらにグローバルSIMを搭載し、1台で海外でも使える注目のWiFiルーターです!

どんなときもWiFiの詳細を見る

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新