わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

WiMAXと格安SIMは併用すべき!通信料が大幅に節約できる理由

毎月支払う料金の中で、インターネット料金や通話料などの通信費は節約をしたい項目のひとつですよね。

今話題の節約術に、モバイルルーターのWiMAXと格安SIMをいれたスマートフォンの併用があります。

今回はWiMAXと格安SIMの併用をオススメする理由や、なぜ通信費が節約になるのか、くわしく紐解いていきますよ。

WiMAXと格安SIM会社のベストな組み合わせも紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

♦初期費用18,857円割引実施中♦
BroadWiMAXのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

(目次)この記事でわかること

WiMAXと格安SIMを併用するってどういうこと?

まず、WiMAXと格安SIMについておさらいしておきましょう。

WiMAXは、UQWiMAXが提供するWiMAX回線を使ったWi-Fiルーターです。

最大通信速度1.2Gbpsと光回線と同等の速度を誇り、モバイルルーターなら自宅でも外でも自由に持ち出してインターネットができますよ。

また、格安SIMとはお持ちのスマートフォン端末に挿し込んで使うSIMカードのことで、ドコモ・au・ソフトバンクといった携帯電話キャリアよりも安い通信費・通話料で利用できます。

WiMAXと格安SIMを併用すれば、お互いのデメリットをカバーしあえます。

現在、光回線を契約しキャリアスマホを自宅でWi-Fi接続している人などは、WiMAXと格安SIMにそれぞれ乗りかえることで節約につながりますよ。

WiMAX×格安SIMとキャリアスマホの料金を比較してみよう

実際、WiMAXと格安SIMを併用した場合と、携帯電話キャリアを利用した料金はどれくらいの差があるのでしょう。

格安スマホの通話プラン+WiMAXでインターネット使い放題のギガ放題を併用した料金を、各キャリアスマホの通話プラン+データプランの料金で比較してみましょう。

格安SIMは楽天モバイルの通話SIM・プランSの料金を、WiMAXはBroad WiMAXでギガ放題を契約した場合の基本料金で計算します。

料金
WiMAX+
格安SIM
ドコモ
au
ソフトバンク
通話プラン
1,480円
1,700円
2,000円
内容
通話10分以内かけ放題+
高速データ通信2GB
5分以内の通話無料
データプラン
4,011円
5,000円
内容
無制限
5GB
合計金額
5,491円
6,700円
6,700円
7,000円

格安SIMとWiMAXを併用すると、キャリアより長く無料通話ができ、無制限のデータ通信ができて、総額はもっとも安いことがわかります。

WiMAXと格安SIMの違い

続いてはWiMAXと、格安SIMの違いについてご説明します。料金だけでなく、使い勝手にも触れていますので使いこなせるか心配な人も、ぜひ参考にしてください。

月額料金

まず月額料金について。格安SIMの最低料金は月額約500円です。一方のWiMAXであれば、料金の安い通常プランでも月額3,600円ほどかかります。

このように、金額だけを比較するとWiMAXが割高のように感じますが、WiMAXを使えば高速通信が可能ですし、光回線と比較すると月額料金は割安です。

初期費用

初期費用は、格安SIMのほうが高額になるので注意が必要です。なぜなら、ルーターと格安SIMを利用する場合、対応するルーターとスマホ端末を自分で購入する必要があるからです。

一方、WiMAXを利用する場合には、端末代無料というプロバイダが多いので、初期費用はほとんど必要ありません。

料金プラン・契約内容

WiMAXと格安SIMで大きく異なるのが料金プランと契約内容の詳細です。

たとえばWiMAXと格安SIMにはどちらも通信量無制限プランがありますが、格安SIMの場合は無制限プランの通信速度は抑えられています。

一方で、WiMAXのギガ放題プランでは3日間のデータ通信量が10GBまでという制限を設けています。制限を超えると約8時間の速度制限を受けることになりますが、速度制限中の通信速度は1Mbpsですので、動画を楽しむ程度であれば問題なく使えます。

また、WiMAXの契約は基本的に3年間となっていますが、格安SIMにはそのような縛りはほとんどありません。

格安SIMとWiMAXでは契約内容などの細かな部分が大きく異なりますので、月額料金だけではなく、詳細を加味した上で契約先を選びましょう。

設定の手間

利用開始時の初期設定にかかる手間も大きく異なる部分です。

WiMAXであれば同梱されているSIMカードを挿すだけですぐに利用を開始できますが、格安SIMでは各種設定を自分で行う必要があります。

基本的にそれほど難しい作業ではありませんが、こういった設定に慣れていない方は、注意が必要です。

通信速度

通信速度もチェックしておくべきポイントの一つです。

WiMAXは下り最大440Mbpsとそれなりに高速で、かつ通信も比較的安定しています。

一方で、格安SIMは大手通信会社から回線の一部を借りて通信しているという状況ですから、ユーザーが増える時間帯には通信速度に影響を受けることもありますし、常に安定した速度を保てるという保証がありません。

格安SIMを仕事などで利用する場合には、上記を踏まえてご検討ください。

WiMAXと格安SIMの併用をオススメする理由4つ

WiMAXと格安SIMの併用をオススメしたい理由を、さらにくわしく解説していきましょう。

WiMAXと格安SIMの併用のメリットは以下の4つです。

  • 併用でデータ通信料を節約できる
  • WiMAXの高速通信が使える
  • 低速の速度制限を回避できる
  • テザリングより電池持ちがいい

WiMAXの無制限プランで格安SIMのデータ通信料を節約できる

WiMAXにはデータ量無制限のプランがありますが、キャリアや格安SIMは基本的に、上限のデータ量ごとに料金が変わる定額プランです。

動画や音楽ダウンロードなどをする方は、定額のデータプランより、どれだけ使っても同じ金額の無制限プランの方が安心ですよね。

WiMAXは契約するプロバイダによって月額料金が変わりますが、データ使い放題のギガ放題で4,011円~4,880円ほどです。

格安SIMの楽天モバイルで、通話SIMのデータプランの料金と比較してみましょう。

WiMAXギガ放題
4,011円
楽天モバイル 3.1GBプラン
1,600円
楽天モバイル 10GBプラン
2,960円
楽天モバイル 20GBプラン
4,750円
楽天モバイル 30GBプラン
6,150円

スマートフォンで20GB以上のデータ通信をする方は、データ使い放題のWiMAXの方がお得ですね。

格安SIMの通話プランは一番データ量が少ない最安プランを契約し、WiMAXのギガ放題と併用すれば、データ量も気にせず安い料金で利用できます。

WiMAXの高速通信で格安SIMの速度の遅さを改善できる

格安SIMで使う回線は、通話・インターネットともに、各キャリアのモバイル回線を利用します。

理論上は格安SIMの通信速度もキャリア回線の通信速度同等です。

しかし、格安SIM会社は提携しているキャリア回線の一部しか借り受けておらず、実際には回線が混み合う時間帯や場所でつながりにくい、遅いという声も聞くことができます。

回線が安定しているドコモ回線を使った格安SIMでも、お昼休みなど利用者が多い時間帯は遅くなるようです。

WiMAXと格安SIMを併用すべき2つ目のポイントはここにあります。

格安SIMをいれたスマホをWiMAXに接続して通信すると、通信速度はWiMAXの速度に委ねられます。

WiMAXはWiMAX専用のWiMAX+2回線を使ってインターネットサービスを提供しているので、格安SIMの速度の遅さをカバーできます。

WiMAXの通信速度には高評価が集まっていますよ。

WiMAXの最新機種・W06はルーターやキャリア回線と比べても最速の最大通信速度1.2Gbpsが自慢なので、格安SIMの速度に不安を感じている方も併用すれば安心ですね。

口コミからWiMAXと格安SIMの実測値を比較

実際に格安SIMとWiMAXではどれくらいの速度が出ているのか、ユーザーがアップしている実測値からみてみましょう。

まずは格安SIMの実測値をチェックしてみましょう。

上記の口コミは、格安SIMは時間帯によって通信速度が違うという意見でした。

同じ格安SIM回線を利用する人が少ない地域だと、速度はあがるようです。

次に、WiMAXの実測値もまとめてみました。


条件がそろえば、下り155Mbpsの速度がでています。


インターネット利用者の多い夕方でも下り80Mbpsをキープしていますね。

WiMAXの速度も、現在地と基地局の場所などによって変わります。

WiMAXの速度については、WiMAXの速度が遅くなる原因や改善法をまとめた記事も参考にしてくださいね。

WiMAXの速度制限は格安SIMより快適に通信ができる

WiMAXも格安SIMも、一定のデータ通信量を超えると通常より低速になる速度制限がかかります。

格安SIMではあらかじめ決めたデータ量を超えると、月末まで128Kbpsほどの速度しかでない厳しい制限が課せられます。

しかし、WiMAXのギガ放題プランですと、3日間で10GB以上のデータ通信で約7時間、概ね最大1Mbpsの速度に制限されます。

1Mbpsの速度がでていれば、インターネット検索やSNSはもちろん、YouTubeも標準画像程度なら見られますので、格安SIMの速度制限より快適だといえます。

格安SIMのデータプランは最小にして、WiMAXのギガ放題でデータ通信量をカバーすれば、もし速度制限がかかっても大きな問題はありません。

くわしくはWiMAXの通信制限の条件や制限後の速度などを解説した記事もご覧ください。

WiMAXとの併用でテザリングよりスマホの電池持ちがいい

格安SIMを入れたスマートフォンでも、テザリング機能を使えばパソコンやタブレットとWi-Fiで接続が可能です。

しかし、スマートフォンでテザリングをすると、スマホ側のバッテリーやデータ量を大量に消費します。

WiMAXでのWi-Fi接続なら、スマートフォンのバッテリーは消費せずに、長時間でも余裕を持って利用できます。

WiMAXで発売中のモバイルルーターの連続通信可能時間をみてみましょう。

機種名
連続通信時間
W06
9時間
WX05
11.5時間
W05
9時間

WiMAXなら、外出時に9時間以上連続使用時間できるので便利ですね。

WiMAXと格安SIMを併用する注意点3つ

WiMAXと格安SIMを併用すれば、速度面や料金などの不安やマイナスをカバーできます。

しかし、WiMAXと格安SIMの併用には気をつけたいポイントもいくつか存在しますよ。

特に注目したい注意点は以下の3つです。

  • キャリアメールが使えない
  • WiMAXの提供エリアはスマホキャリアより狭い
  • auスマートバリューが適用されない

WiMAXと格安SIMを併用するデメリットについて、くわしく調べていきましょう。

キャリアメールが使えない

携帯電話キャリアでは、それぞれ「@docomo.ne.jp」「@ezweb.ne.jp/@au.com」「@softbank.ne.jp」といったキャリアメールアドレスが利用できます。

しかし、格安SIMに乗りかえる際に同じ電話番号は引き継げますが、キャリアメールアドレスは消滅してしまうことも理解しておきましょう。

WiMAXの提供エリアはスマホキャリアより狭い

WiMAXは独自のWiMAX回線を使ったインターネットサービスです。

WiMAXの提供エリアは現在も拡大中ですが、いまだに利用できない地域があるのも事実です。

格安SIMで使う携帯電話キャリアのLTE回線は、日本全国ほぼ全域を網羅しているので、WiMAXが利用できない地域では、格安SIM側の速度やデータ量に頼らなくてはいけません。

普段インターネットをしたい場所でWiMAXが利用できなければ、格安SIMと併用するより、格安SIMのみを契約して月々のデータ量を増やすほうが得策ですので、まずは提供エリアをUQ WiMAXのエリア検索ページで調べておきましょう。

WiMAXのエリアを調べたい方は、WiMAXのエリアを確認するための方法やエリア外だった場合の対処法をまとめた記事もあわせてご覧ください。

WiMAXとのauスマートバリューmineは適用されない

WiMAXの親会社は携帯電話キャリアのauです。

auスマホや携帯電話を利用している方なら、WiMAXとの併用でセット割「auスマートバリューmine」の料金割引が受けられます。

しかし、キャリアスマホから格安SIMに乗りかえると、WiMAXとの併用でもauスマートバリューmineは適用外ですよ。

現在、auスマホや携帯電話で割引を受けている方は割引額も含めた料金と、格安SIMへの乗りかえ後の料金を比較してみましょう。

WiMAXと格安SIMを併用する際にチェックするポイント4つ

WiMAXと格安SIMを併用するときに、スムーズに利用を開始できるよう、下記の4つのポイントをあらかじめ確認しておきましょう。

  • SIMカードの大きさを確認する
  • WiMAXはギガ放題プランにする
  • データ使用量が少ない人には向かない
  • 通話料金は併用の恩恵を得られない

SIMカードの大きさを確認する

はじめに確認していただきたいのは、SIMカードの大きさです。

SIMカードにはmicroSIM・nanoSIM・標準SIMという3つの規格があり、格安SIMでは主にmicroSIMかnanoSIMが採用されています。

一方、WiMAXルーター側はそのほとんどがmicroSIM規格です。nanoSIMをmaicroSIMに挿すためには変換アダプタなどが必要になってしまいます。

WiMAXはギガ放題プランにする

WiMAXと格安SIMを併用する場合、WiMAXはギガ放題プランの選択がオススメです。

格安SIMの通信をWiMAXで補いながら利用するため、データ通信量が多くなります。通
常プランですと月7GBの制限を超えてしまうと、翌月1日までインターネットの利用が制限されてしまいます。

快適なインターネット通信を行うために、あらかじめ月額データ通信量に制限のないギガ放題プランを選択しておきましょう。

データ使用量が少ない人には向かない

WiMAXと格安SIMを併用する最大のメリットは通信料金が抑えられることですが、これはデータ通信が多いという前提によるものです。

普段のデータ通信量が極端に少ない場合、WiMAXと格安SIMを併用すると利用料金が高くなってしまう可能性があります。

実際に毎月使用している通信量を確認し、本当にお得になるのか、きちんと計算した上で契約してください。

通話料金は併用の恩恵を得られない

WiMAXと格安SIMを併用した場合の通話は、基本的にLINEやSkype通話を利用しましょう。

LINEやSkypeなどは、データ通信扱いとなり、通話料は発生しませんが、電話番号に直接かける普通の通話には別途通話料金が発生します。とくに、長時間の通話をしてしまうと格安SIM側の料金が跳ね上がることになりますので、注意してください。

WiMAXと格安SIMオススメの組み合わせ4選

WiMAXと格安SIMを併用しようと考えたときに、まずWiMAXと格安SIM会社をどこで契約するか決めなくてはいけません。

WiMAXはプロバイダによって月額料金やキャンペーンが変わり、格安SIM会社も用意する通話プランや料金、利用するキャリア回線が違います。

WiMAXのオススメプロバイダは、WiMAXのプロバイダごとのキャンペーンや月額料金を比較した記事で紹介していますので参考にしてください。

WiMAXのプロバイダでは、キャンペーン豊富で月額料金が安いBroad WiMAXがオススメです。

Broad WiMAXの月額料金とキャンペーンをみてみましょう。

月額料金
ギガ放題=4,011円
7GB=3,326円
月額料金割引適用後
ギガ放題=0か月~2か月2,726円
3~24か月3,411円
7GB=0か月~24か月2,726円
キャンペーン
  • 初期費用無料
  • 端末代金無料
  • 月額料金大幅割引キャンペーン
  • 他社WiMAXからの乗り換えで解約違約金負担
  • WiMAXに満足できない場合指定回線への乗り換えで解約違約金免除
  • auスマートバリューmine適用

Broad WiMAXのキャンペーン内容などをくわしく紹介した記事もあわせて読んでくださいね。

♦初期費用18,857円割引実施中♦
BroadWiMAXのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

BroadWiMAX×イオンモバイル

WiMAXと格安SIM、オススメの組み合わせでまず紹介したいのが、Broad WiMAXとイオンモバイルです。

イオンモバイルは全国のイオンで契約もできるので、安心感があります。

イオンモバイルの料金をみてみましょう。

データ容量 月額料金
500MBプラン 1,130円
1GBプラン 1,280円
2GBプラン 1,380円
4GBプラン 1,580円
6GBプラン 1,980円
8GBプラン 2,680円
12GBプラン 3,280円

BroadWiMAXのギガ放題とイオンモバイルの音声通話SIM(データ容量1GB)を契約した場合の、契約1か月目の月額料金は、以下のとおりです。

2,726円(ギガ放題、料金割引有)+1,280円(音声通話SIM、1GB)=4,006円

BroadWiMAX×mineo

mineoは余ったデータ通信量は翌月に繰り越せるほか、家族とも分け合うことができます。

mineoの音声通話SIMの料金をみてみましょう。

データ容量 au回線 ドコモ回線
500MB 1,310円 1,400円
1GB 1,410円 1,500円
3GB 1,510円 1,600円
6GB 2,190円 2,280円
10GB 3,130円 3,220円

mineoはau回線かドコモ回線、どちらのキャリアを使うか選べ、料金も若干の差があります。

BroadWiMAXのギガ放題とmineoの音声通話SIM(データ容量1GB、au回線)を契約した場合の、契約1か月目の月額料金を計算してみました。

2,726円(ギガ放題、料金割引有)+1,410円(音声通話SIM、1GB)=4,136円

Broad WiMAX×楽天モバイル

格安SIMを提供するMVNOは、口座振替で料金を支払える会社が少なかったり、口座振替になる条件を設けている場合もあります。

しかし、楽天モバイルなら無条件で口座振替も選べるので、クレジットカードを持っていない未成年の方でも安心です。

楽天モバイルの音声通話SIMの料金をみてみましょう。

スーパーホーダイ 高速通信容量 月額料金
プランS 2GB 2,980円
プランM 6GB 3,980円
プランL 14GB 5,980円
プランLL 24GB 6,980円

楽天モバイルのスーパーホーダイは、上記金額からさらに最大1,500円の割引が受けられます。

BroadWiMAXのギガ放題と楽天モバイルのスーパーホーダイ(プランS)を契約した場合の、契約1か月目の月額料金を計算してみました。

2,726円(ギガ放題、料金割引有)+1,480円(プランS、料金割引有)=4,206円

BIGLOBEWiMAX×BIGLOBEモバイル

WiMAXのプロバイダの中には、格安SIMも販売している会社もあります。

BIGLOBEでWiMAXと格安SIMを契約すれば、それぞれの契約にかかるBIGLOBE会員費が1契約分の200円で済むので、お得です。

BIGLOBEWiMAXの月額料金とキャンペーンをみてみましょう。

月額料金
ギガ放題=4,880円
7GB=4,195円
月額料金割引適用後
ギガ放題=1か月~2か月3,345円
3~24か月4,030円、25か月目以降4,380円
7GB=1か月~24か月3,345円、25か月目以降3,695円
キャンペーン
  • 月額料金大幅値引きor
    キャッシュバック最大15,000円
  • 端末代金割引
  • 月額料金割引
  • auスマートバリューmine適用

BIGLOBEモバイルの音声SIMの料金はこちらです。

データ容量 月額料金
1GBプラン 1,400円
3GBプラン 1,600円
6GBプラン 2,150円
12GBプラン 3,400円

BIGLOBEWiMAXのギガ放題とBIGLOBEモバイルの音声通話SIM(1GB)を契約した場合の、契約1か月目の月額料金を計算してみました。

3,345円(ギガ放題、料金割引有)+1,400円(プランS、料金割引有)-200円(BIGLOBEベーシックコース基本料金)=4,545円

BIGLOBEについては、BIGLOBEモバイルやBIGLOBE WiMAXのサービスを紹介した記事も参考にしてくださいね。

♦ギガ放題1年プラン登場!♦
BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

WiMAXと格安SIMの併用方法~申込みから利用まで~

WiMAXと格安SIMの併用にメリットを感じた方は、実際に利用するまでの流れもチェックしてみましょう。

  1. WiMAXを契約
  2. スマートフォンのSIMロックを解除
  3. 現在契約している携帯会社に「MNP」の申込み
  4. 格安SIMを契約
  5. SIMカードが届いたら、スマホに挿入して通信状態を確認

WiMAX端末と格安SIMを申し込み、利用ができるようになるまで、早くて1~2日で完了するのも嬉しいポイントです。

WiMAXの申込み方法

WiMAXの申し込みに必要なものは以下の3つです。

  • 身分証明書類
  • クレジットカードか口座番号

WiMAXはUQWiMAXの実店舗か、各プロバイダの申し込みサイトから手続きができます。

  1. WiMAXプロバイダのサイトから申し込みフォームに進む
  2. 契約者情報や支払い方法を登録する
  3. 早くて翌日にはWiMAXが届く
  4. WiMAX端末の電源を入れる

WiMAXの申込み方法から利用まではシンプルで、端末が届けば電源を入れるだけで利用が開始します。

WiMAXの申し込み手順や必要なものを紹介した記事もあわせてご覧ください。

WiMAXの設定方法

WiMAXが手元に届いたら、スマートフォンとWi-Fiで接続してみましょう。

WiMAXと接続するには、スマートフォン側のWi-Fi機能をオンにし、WiMAXのSSIDを選択してパスワードを入力するだけです。

さらにくわしく接続方法を知りたい方は、わかりやすくWiMAXの使い方や設定方法を解説した記事も参考にしてくださいね。

格安SIMの申込み方法

スマートフォンに使う格安SIMの申込み方法をみてみましょう。

格安SIMの申し込みに必要なものは以下の3つです。

  • 身分証明書類
  • クレジットカードか口座番号
  • MNP予約番号

現在、ドコモ・au・ソフトバンクをご利用中の方は、契約中のキャリアでMNP予約番号の手続きをしておけば、今と同じ電話番号を引き継げます。

申し込みに必要なものがそろったら、格安SIM会社に申し込みをしましょう。

  1. 格安SIM会社のサイトから申し込みフォームに進む
  2. 契約者情報や支払い方法を登録する
  3. 早くて翌日にはSIMカードが届く
  4. 開通手続き(APN設定)を行う

格安SIM会社への申込みは基本的にインターネットから行います。

SIMカードが届いたら、スマートフォンに挿し込み、APN設定をして利用できる状態にします。

WiMAXの機種はどれを選べば良い?

WiMAXと格安SIMを併用するのであれば、持ち運びができる「モバイルルーター」が便利です。スマホからモバイルルーターにWi-Fi接続しておけば、動画やオンラインゲームなども快適に楽しめます。

また、モバイルルーターの機種は、基本的に最新機種から選ぶようにしておきましょう。スマホと同じようにルーターの機能も日々進歩しており、古い機種と最新機種では使い勝手が大きく異なります。

特に、通信速度や安定性といった面は大きく進化していくので、快適なインターネット環境を手に入れるという意味で、最新機種を選択するのが重要なポイントになるのです。

2020年1月現在では、最新機種かつ高い性能を誇るW06がオススメですよ。

WiMAXと格安SIMどちらかを選ぶとしたら?

もし併用せずに、WiMAXと格安SIMどちらかを選ぶとしたら、あなたならどうしますか?

答えは至極シンプルで、あなたがどこでどのようにインターネットをするかによって異なります。

具体的な例を以下で確認していきましょう。

家では固定回線・外出先メインで使うなら格安SIM

自宅でのインターネットは光回線などの固定回線とWi-Fi接続する方や、外出時に動画やアプリなどの大容量が必要な使い方をあまりしない方は、格安SIMをオススメします。

ちょっとした調べ物や地図アプリを開く程度であれば、大きな容量は必要ありません。

また、格安SIMであれば通話プランも充実しているため、通信費用だけでなく通話料をおさえることも可能です。

インターネットをよく使うならWiMAX

WiMAXの魅力は自宅でも外出先でも気軽にインターネット接続できることです。

光回線よりは通信速度の安定感は劣ってしまいますが、データ専用ルーターとして活用するのであれば、WiMAXは魅力的なサービスということができるでしょう。

動画や音楽のダウンロードを頻繁にするのであれば、WiMAXがオススメです!

まとめ

WiMAXと格安SIMをいれたスマートフォンの併用で、毎月の通信費が節約できます。

格安スマホの料金と速度を、WiMAXのデータ通信放題の「ギガ放題プラン」の安さと、WiMAX+2回線の高速通信がカバーしますよ。

スマホのデータ通信量も節約ができ、万が一速度制限に引っかかっても、深夜から朝方に概ね1Mbpsの速度になるだけなので、ウェブ検索程度ならストレスなく利用できます。

WiMAXのプロバイダと格安SIM会社の組み合わせはさまざまありますが、自分にとってメリットを感じるキャンペーンを実施している会社で契約しましょう。

♦初期費用18,857円割引実施中♦
BroadWiMAXのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック