閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

WiMAXは使えない?通信速度が遅くなる原因と対処法を公開!

wimax 使えない

モバイルWi-FiルーターのWiMAX。

外出先や家庭内でインターネット回線を快適に使うためのツールですが、特定の条件下では使えなくなってしまうことがあります。

そこで知っておきたいのが、WiMAXが使えないときの原因や対処法ですよね。

今回はWiMAXが使えない理由と繋がりにくい通信エリアの特徴、使えないときの対処方法を解説します!

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

WiMAXが使えない原因とは?

WiMAX機器は、ごく稀に作動しなくなるときがあります。

どんな方法を試しても作動せず、インターネット通信ができない場合は、WiMAX機器本体が壊れている可能性がありますので、一刻も早くサポートセンターに問い合わせて新しい機器を郵送してもらいましょう。

また、特定の場所以外では接続されなかったり、超低速通信でしか利用できなかったりする場合は、WiMAX通信になんらかのトラブルがあるか、WiMAX全体の通信障害などの接続できない原因があると考えられます。

必要な対策を講じ、問題を解決していきましょう。

【関連記事】WiMAXが接続できない!原因や対処法をわかりやすく解説!

WiMAXが使えないエリアはある?

WiMAX通信が圏外の場合は、WiMAX通信には適していないエリア、あるいはWiMAX通信に対応していないエリアである可能性があります。

次の3つのエリアでは、WiMAXが快適に利用できないことがありますので注意が必要です。

室内

WiMAX通信は、障害物に弱いという特徴があります。

そのため、窓がなく外部から遮断されている部屋や分厚い鉄筋コンクリートで囲まれた部屋、奥まった位置にある空間でインターネットを利用しようとしているときは、WiMAXでは繋がりにくいことがあるのです。

地下鉄

障害物が多く外部から遮断されている地下鉄の駅構内や車内も、WiMAX通信が行いにくい場所です。

また、地上を走る電車でも、地下に差しかかるとWiMAX通信ができなくなってしまうことがあります。

特に走行中は繋がりにくく、駅構内はWiMAXに対応していても走行中の車内では繋がらないということも珍しくありません。

しかし、地下鉄でも通信が可能なエリアが増えてきていることも事実です。

広域に対応するWiMAXと、高速通信が可能なWiMAX2+の2つの回線が通っている地下鉄エリアをまとめましたのでご確認ください。

<WIMAX通信が可能な全国の地下鉄一覧>
WiMAX
WiMAX2+

札幌市営地下鉄
仙台市地下鉄
東京メトロ

(2018年1月31日全駅整備完了)
都営地下鉄
(2016年3月14日全駅整備完了)
横浜市営地下鉄
名古屋市営地下鉄
京都市営地下鉄
大阪市営地下鉄

(淀屋橋駅を除く)

(2017年7月10日全駅整備完了)
神戸市営地下鉄

(2016年3月25日全駅整備完了)
福岡市地下鉄

※2018年2月末時点での状況です。

元来のWIMAXは、広域に対応することがメリットと挙げられていましたが、WIMAX2+の回線範囲が広がった今は、WIMAXを利用するメリットはないとも言えますね。

【関連記事】地下鉄でWiMAXは繋がる?繋がらない時の対処法を公開!

田舎

WiMAXの回線は、主要都市部の人口の99%をカバーするエリアで利用できます。

しかし、あくまで主要都市部の人口99%のため、日本国土の99%の地域で利用できるわけではないので注意が必要です。

日本の人口は都市部に集中していますので、人口密度が低い田舎では、まだWiMAX回線に対応していないことが多いのです。

しかも、WiMAXよりも狭域で提供しているWiMAX2+となると、さらに対応エリアが狭くなってしまいます。

地方でWIMAXを利用する方は、WiMAXの公式サイトにあるサイトエリアマップを使うことで、WiMAX回線のサービス提供エリアなのか確認できます。

また、「ピンポイントエリア判定」では、住所を選択することでき、ピンポイントでWiMAX回線が利用可能かどうかをチェックできます。

お住まいの場所やよく訪れる場所、出張先や旅行先でWiMAXが利用できるか確認してみてください。

WiMAXが使えない時の対処法

WiMAX通信が繋がりにくいときや通信速度が遅すぎるときは、WiMAXを利用する場所もしくはWiMAX機器本体に問題があると考えられます。

以下の対処法を試してみてください。

エリアが原因でWiMAXが使えない場合の対処法

WiMAXを利用する場所に問題があると考えられるときは、次の3つの方法で通信環境を改善できます。

1:室内での使用をするときはクレードルを使う

WiMAXをクレードルに置くと、有線接続が可能です。

インターネット回線はWi-Fi接続よりも有線接続の方が安定性が増しますので、クレードルを利用することで通信が安定し、通信速度も改善されることが多々あります。

室内でWiMAXの通信速度が遅いと感じる方は、まずはWiMAXルーターをクレードルに置いて使ってみてください。

クレードルはWiMAXを契約するときに購入もできますが、契約後にWiMAXのプロバイダ業者から単品で購入することや家電量販店で購入することも可能です。

BroadWiMAXでは端末オプション料金としてWiMAX端末W05を契約したなら3,500円(税抜)、WX04 を契約したなら3,686円(税抜)で購入できます。

なるべく窓際にWiMAXルーターを設置する

前述しましたが、WiMAX回線は障害物に弱いという特性があります。

そのため、壁や室内の障害物の影響を受けにくい窓際にWiMAXルーターを設置することで、インターネットに繋がりやすくすることもできます。

LTE接続に切り替える

クレードルを使ってもWiMAXルーターを窓際に置いても、WiMAX回線の圏外である表示が出るときは、WiMAX回線ではなくLTE回線を使って接続してみてはいかがでしょうか。

WiMAXでは、オプションサービスの1つとして「LTE接続の利用」を提供していますので、出かけた先や自宅でしばしばWiMAX回線の圏外になる人は、LTEオプションに申込みましょう。

なお、LTEオプションは有料ですが、プロバイダ業者によっては2~4年の定期契約を結ぶ・データ通信量無制限のプランに加入するなどによりLTE接続のオプション料金が無料になることもあります。

LTE接続も可能になると、WiMAXだけの契約と比べて確実に利用可能なエリアは広がりますので、さまざまな場所で快適に利用したい人にうってつけのオプションサービスと言えるでしょう。

WiMAXルーターに問題がある場合の対処法

WiMAXを利用するエリアではなくWiMAXルーターに問題があるときは、次の2つの事柄を検討してみてください。

本当にWiMAXルーターの問題か確認する

再起動や電波状況の比較的良い場所で何度かWIMAXの起動を試しみることで本当にWIMAXルーターに問題があるかどうか確認できます。

ルーター自体に問題があると判断できたら、プロバイダ業者のカスタマーセンターに問い合わせましょう。

ルーター本体に、問い合わせの電話番号が記されたステッカーが貼ってあることもありますが、ステッカーがないときはプロバイダ業者のサイトで問い合わせ先を確認してください。

速度制限の場合はギガ放題プランを

WiMAXルーターに不具合があるのではなく、速度制限によって繋がりにくくなっている可能性があります。

WiMAXには「月間データ通信量の上限が7GBのプラン」と「データ通信量無制限のプラン(ギガ放題プラン)」の2つのプランがありますが、月間データ通信量の上限が7GBのプランを選択している場合は、その月のデータ通信量が7GBを超えると、月末日まで通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

128Kbpsの通信速度では、動画閲覧やオンラインゲーム等の利用は難しいと言わざるを得ません。

128Kbpsといった厳しい速度制限を受けたくない人は、ギガ放題プランを選択するようにしましょう。

主要WiMAXプロバイダのギガ放題プランの月額料金をまとたので、ご参考ください。

<プロバイダ別のギガ放題プラン月額料金>
プロバイダ業者
ギガ放題プランの月額料金
Broad WiMAX
2,726円(3ヶ月目以降は3,411円)
とくとくBB
3,609円(3ヶ月目以降は4,263円)
@nifty WiMAX
利用開始月250円、2~3ヶ月目3,670円、4ヶ月目以降4,350円
UQ WiMAX
4,380円

※料金はいずれも税抜き価格です。

まとめ

WiMAXが使えないときは、まず、.使えなくなった原因がエリアにあるのかWiMAXルーターにあるのかを特定してください。

通信制限によってWiMAXが使えなくなっているときは、ギガ放題プランに変更して、快適な通信環境を手に入れましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事