閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

auWiMAXの料金は他社と比較してどうなの?契約におすすめのプロバイダとは

au wimax 料金

auのスマートフォンなどを契約しているのであれば、auでWiMAXを契約した方がお得かも?と考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

しかし、auでWiMAXを契約すると、かえって割高になってしまう場合もあるので、事前にプランや料金をしっかり調べておくことをオススメします。

本記事では、auのWiMAXの料金プラン、料金に関する注意点を詳しくご紹介していきます。

auWiMAXの契約を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

auでWiMAXを契約した場合の料金プランを解説

auでWiMAXを契約する場合は、以下の2通りのプランから選ぶことができます。

  • WiMAX 2+ フラット for DATA
  • WiMAX 2+ フラット for DATA EX

両者の違いは、データ容量制限の有無および月額料金です。

7GBの容量制限がある「WiMAX 2+ フラット for DATA」プランの料金

WiMAX 2+ フラット for DATAは、使えるデータ量に制限がある代わりに月額料金が安い方のプランです。

WiMAX 2+ フラット for DATAの月額料金は以下の表のとおりです。

WiMAX 2+ フラット for DATA 月額基本使用料 利用できるデータ量
~24ヶ月目
25ヶ月目以降
3,696円
4,196円
7GB

※「2年契約」+「WiMAX 2+ お得割」適用時

「WiMAX 2+ お得割」を適用することで、24ヶ月目までの料金が月額500円の割引となりますよ。

また、本プランでは、月のデータ使用量が7GBを超えると、約128kbpsの超低速度での通信しかできなくなるので注意が必要です。

7GBの通信制限で何ができるかについては以下の記事で説明していますので、参考にしてくださいね。

容量制限のない「WiMAX 2+ フラット for DATA EX」プラン

WiMAX 2+ フラット for DATA EXは、使えるデータ量に制限がないプランです。

WiMAX 2+ フラット for DATA EXの月額料金は以下の表のとおりです。

WiMAX 2+ フラット for DATA EX 月額基本使用料 利用できるデータ量
~24ヶ月目
25ヶ月目以降
無制限
4,380円
4,880円

※「2年契約」+「WiMAX 2+ お得割」適用時

上記プランも、「WiMAX 2+ お得割」を適用することで、24ヶ月目までの料金が月額500円の割引となります。

また、制限がないプランといっても、全く制限がないというわけではありません。

急速なデータの消費を防ぐために、3日間で10GBのデータ量を使用した場合は、翌日の夜間に速度を制限する措置が取られますので注意が必要です。

WiMAXの通信制限については、以下の記事を参考にしてくださいね。

WiMAX 2+ フラット for DATA EXは他プロバイダの「ギガ放題プラン」と同じサービス

auのWiMAXの無制限プランは「WiMAX 2+フラットfor DATA EX」というプラン名称が使われていますが、他社WiMAXプロバイダで使われている「ギガ放題プラン」などの無制限プランと内容は全く同じです。

つまり、速度制限の条件や制限時の速度はどのプロバイダでも同じということです。

プランの内容で比較するのであれば、auのWiMAXも他社WiMAXプロバイダでも変わりがないということは覚えておきましょうね。

au WiMAXの月額料金の締め日は月末!

au WiMAXの月額料金の締め日は、月末です。

締め日が月末であるのはau WiMAXだけでなく他社プロバイダも同様ですので、WiMAXを契約を検討している方は覚えておいてくださいね。

auでWiMAXを契約した場合の初期費用

auのWiMAXで発生する初期費用は、以下の2つです。

  • 契約事務手数料
  • 端末費用

au WiMAXの契約事務手数料は、3,000円です。

端末料金や選べる端末については、次の見出し:選べるルーターの機種は4種類!端末費用が発生することに注意をチェックしましょう。

選べるルーターの機種は4種類!端末費用が発生することに注意

auのWiMAXで選べる機種は以下のとおりです。

  • W06
  • L02
  • W05
  • L01s

2019年1月に発売されたばかりのW06は、USBテザリングを利用すれば下り最大1.2Gbps、Wi-Fi接続でも下り最大867Mbpsと、WiMAXの端末の中では最高速度が期待できる機種です。

また、同じく2019年1月に発売されたL02は、LANケーブル接続で下り最大1Gbps、Wi-Fi接続でも下り最大867Mbpsと、従来のホームルーターに比べて快適な速度が期待できますよ。

なお、上記4機種すべて別途端末の費用が発生することに注意が必要です。

具体的な端末費用についてはauの公式サイトに記載がないため、店頭に直接確認するしか方法がありません。

なお、他社WiMAXプロバイダの中には、キャンペーンで端末費用が0円になるところもあります。

例えば、以下のプロバイダで、端末代金が無料になるキャンペーンが行われています。

  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • カシモWiMAX
  • So-net WiMAX
  • DTI WiMAX
  • ASAHI WiMAX

なるべく初期費用を抑えたいという方は、無料キャンペーンを実施しているプロバイダでWiMAXを契約しましょう。

WiMAXの機種について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてくださいね。

auでWiMAXを契約した場合のキャンペーン

auでWiMAXを契約した場合に適用できるキャンペーンは、現在はauスマートバリューmineのみです。

auスマートバリューmineは、auのWiMAXだけでなく、他社プロバイダでも同様に適用できます。

したがって、auでWiMAXを契約した場合にのみ使えるキャンペーンはないということになりますね。

セット割「auスマートバリューmine」適用でハイスピードプラスエリアモードが無料

auスマートバリューmineとは、auのモバイルルーターと携帯電話とセットにすることで携帯電話料金が最大1,000円割引になるサービスです。

それだけでなく、auスマートバリューmineを適用することによって、ハイスピードプラスエリアモードというオプション料金(月額1,005円)が無料になることにも注目です。

ちなみに、ハイスピードプラスエリアモードとは、「au 4G LTE回線」を併用することで、より広いエリアで、高速通信を使用できるモードです。

ハイスピードプラスエリアモードについては、以下の記事で詳しく紹介していますので、参考にしてくださいね。

au WiMAXと他社の実質費用を比較!

auのWiMAXと、他社のWiMAXプロバイダでは、実質費用にどのくらい差があるのかを以下の表にまとめてみました。

窓口 月額料金 契約事務手数料 端末費用 キャッシュバック その他キャンペーン 2年間の実質費用
au 1~24ヶ月目:4,380円
25ヶ月目以降:4,880円
3,000円 別途 108,120円
+端末費用
Broad WiMAX 1~2ヶ月目:2,726円
3~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
3,000円 0円
  • 違約金19,000円まで負担
  • 初期費用18,857円がWeb経由の申し込みで0円
83,494円
GMOとくとくBB 1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
3,000円 0円 最大41,000円 63,004円
UQ WiMAX
(3年契約の場合)
1~3ヶ月目:3,696円
4ヶ月目以降:4,380円
3,000円 別途 最大10,000円 96,068円
+端末費用

※料金はいずれも無制限プランの場合

上記の表を見ると、2年間の実質費用で一番安いのはGMOとくとくBB、月額料金が安いのはBroad WiMAXであることがわかりますね!
ちなみに、WiMAXのエリアや速度などのサービスはどのプロバイダであっても差はありません。

つまり、auのWiMAXを契約すると、サービス内容は同じなのに料金だけが割高ということになってしまいますね。

料金を安く済ませたいのであれば、WiMAXのプロバイダ経由の契約の方がオススメです。

コスト重視なら月額料金安いBroad WiMAX

WiMAXのプロバイダのなかでもオススメなのは、Broad WiMAXです。

Broad WiMAXでは、以下のように初期料金をお得にできる特典が利用できます。

  • 他社WiMAXからの乗り換え違約金を、最大19,000円負担
  • BroadWiMAXに満足しなかった場合、固定回線への乗り換え費用無料
  • 端末代金が無料
  • auスマートバリューmineが適用

とくに、他社WiMAXの違約金を負担してくれるのは嬉しいですね!

調査したところ2019年1月現在、違約金を負担してくれるWiMAXのプロバイダはBroad WiMAXでした。

「高額な違約金を払いたくない…」という方は、ぜひBroad WiMAXの契約を検討してみてくださいね。

auユーザーがBroad WiMAXを契約するメリットについては、以下の記事でも詳しく解説しているので、参考にしてください。

実質費用が安いGMOとくとくBBもオススメ!

GMOとくとくBBはキャッシュバックが高額な分、2年間の実質費用が他社プロバイダと比較しても断トツで安いです。

しかし、実質費用ではなく、月額料金を見ると他社プロバイダの方が安い場合も多々あります。

そのため、月々の料金が安い方がいいという方は、Broad WiMAX、月額料金が多数高くても2年間の実質費用が安い方がいいという方はGMOとくとくBBを契約しましょう。

なお、GMOとくとくBBのキャッシュバックについては、以下の記事でも紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

auのWiMAXを申し込みする際に覚えておきたいこと

auのWiMAXの申し込みは、店舗のみで行うことができます。

他社プロバイダと違ってインターネットで申し込みはできませんが、店舗で申し込みできるというのは安心できるポイントですね。

他にも、auでWiMAXを申し込む際の特徴としては、以下のことが挙げられます。

  • auのWiMAXはレンタルができない
  • WiMAXに詳しい店舗スタッフがいれば対面で相談できる

auのWiMAXはレンタルができない

期間限定でモバイルルーターの利用を検討している方の中には、au WiMAXがレンタル可能か気になっている方もいるのではないでしょうか。

しかし、auのWiMAXは、レンタルは取り扱っていません。

WiMAXをレンタルで利用したい方にオススメの業者は、以下の記事で説明していますので、参考にしてくださいね。

WiMAXに詳しい店舗スタッフがいれば対面で相談できる

auの店舗で申し込むということは、わからないことをスタッフに直接聞くことができるということです。

WiMAXに詳しい店舗スタッフがいれば、対面で相談することができるので安心ですね。

ただし、auショップのスタッフはあくまでauスマホのプロで、auスタッフ全員がau WiMAXに詳しいわけではないので、注意してくださいね。

もちろん、店舗によってはau WiMAXに精通しているスタッフがいる可能性もありますので、ショップに訪れた際は「au WiMAXに詳しい方はいますか?」と一度聞いてみてはいかがでしょうか。

在庫がないと古い機種を契約するor入荷待ちとなる

auでWiMAXを契約する際は、店頭に端末の在庫がないと入荷するまで待つか、古い機種を選んで契約するしかありません。

あるいは別のauショップまで足を運ばなければいけない場合もあるでしょう。

とはいえ、在庫がない状態がなく契約ができないのは、他社プロバイダでも同様です。

むしろ、店舗のない他社プロバイダに比べ、店舗をまわれば、自身が求める機種に出会える可能性があるので、メリットともいえるかもしれませんね。

au WiMAXの月々の料金を確認する方法

au WiMAXの月々の支払料金は、My auから確認できます。

パソコンやスマートフォンなどからMy auにログインし、料金を確認しましょう。

My auの使い方については以下の記事でも詳しく解説していますので、あわせて参考にしてくださいね!

auのWiMAXの料金を電話で問い合わせたいときは

なお、auのWiMAXで料金に関して電話で問い合わせたい場合は、以下の電話番号を利用しましょう。

  • 電話番号:0077-7027(無料)
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

◆KDDI総合案内(上記番号で発信できない場合)

  • 電話番号(auの携帯から):(局番なし)157(無料)
  • 電話番号(auの携帯以外、一般電話):0077-7-111または0120-977-033(無料)
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

auのWiMAXを機種変更しても料金は通常通り発生する

au WiMAXを機種変更する場合は、機種代金が発生しますので注意してください。

契約を継続しているからといって、機種代金が通常より安くなることはありません。

しかし、WiMAXも携帯電話同様、使い続けることで経年劣化や、最新の技術への対応ができないなどの問題が発生するでしょう。

次の章で、より機種代金をお得にできる方法を紹介します。

他社プロバイダなら端末0円で利用できる場合も

結論から言うと、機種変更で端末代金をできるだけ抑える方法は、一旦解約し、端末料金が0円になるプロバイダと契約することです。

他社プロバイダの中には、キャンペーンで端末の代金を無料にしてくれる会社が複数あります。

例えば、以下のプロバイダで、端末代金無料のキャンペーンを展開していますよ。

  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • カシモWiMAX
  • So-net WiMAX
  • DTI WiMAX
  • ASAHI WiMAX

WiMAXの機種については、以下の記事も参考にしてくださいね。

auWiMAX解約の際の違約金

auに限らず、WiMAXのプロバイダは契約更新月以外の時期に解約すると違約金を支払う必要があります。

WiMAXの解約金は9,500円です。

解約のタイミング 解約金(税抜)
1~24ヶ月目
9,500円
25・26ヶ月目
0円

解約時に予想外の出費とならないよう、契約更新月は事前に把握しておくことをオススメします。

なお、auのWiMAXの詳しい解約方法については、以下の記事で解説しています。

あわせて確認してみてくださいね!

まとめ

au WiMAXは月額4,380円でデータ量無制限で使えるWiMAXです。

月額料金やキャンペーンといった面でいえば、他社プロバイダのBroadWiMAXやGMOとくとくBBの方が安いですが、au WiMAXは実店舗での申し込みが可能というのが嬉しいポイントといえます。

WiMAXに詳しいスタッフがいれば、対面で相談しながら契約を進められますので、「ネット申し込みは不安」「スタッフと直接やりとりして契約したい」という方はぜひ、ショップでau WiMAXについて検討してみてはいかがでしょうか。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る