閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

UQ WiMAXを申し込む前に!評判と契約すべきかどうかを解説

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

uq wimax 評判

無制限で使えるギガ放題プランが人気のモバイルWi-Fiサービス「WiMAX」は様々なプロバイダがサービスを提供していますが、その本家本元が「UQ WiMAX」です。

CMなどのプロモーションも積極的に行っているため、UQ WiMAXを検討している方もきっと多いかと思いますが、やはり気になるのが、他のプロバイダとの料金やサービス内容の違いですよね。

結論からいうと、UQ WiMAXは手厚いサポートを受けたい方にオススメです。

UQ WiMAXの母体であるUQコミュニケーションズは企業としての信頼性も高く、サポートの充実度においても本家ならではの高い評価を得ています。

一方で、料金面では独自のキャンペーンを展開する販売委託先のプロバイダに軍配が上がります。

サポートよりもオトクさを重視する方は、全プロバイダ中最も安く利用できるGMOとくとくBBを選ぶと良いでしょう。

本記事では、次の内容について詳しく解説していきます。

  • UQ WiMAXの詳細と他のプロバイダとの違い
  • UQ WiMAXはどんなに人にオススメか
  • UQ WiMAXの実際の評判
  • UQ WiMAXと固定回線の比較

UQ WiMAXに申し込むべきかどうかお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

UQ WiMAXとは?

まずは、UQ WiMAXの概要からお伝えしていきましょう。

UQ WiMAXはWiMAXサービス全体の本家

「WiMAX」とは、UQコミュニケーションズが運営するモバイルインターネットサービスの名前で、UQ WiMAXはその本家本元です。

UQ WiMAX以外にも様々な「○○ WiMAX」という名前を耳にしたことがあるかもしれませんが、これらは他の通信事業者がプロバイダとしてサービスを提供しているもので、中身は全て同じものです。

簡単にまとめると、さまざまな通信事業者がWiMAXというサービスを取り扱っており、大元のUQコミュニケーションズ自身で提供しているものがUQ WiMAXというわけです。

無制限で使えるギガ放題プランが特徴

UQ WiMAXの代名詞ともいえるのが「ギガ放題プラン」です。

これは、月間通信容量が無制限のプランです。

多くのモバイル通信サービスは月々に使える通信容量が限られており、ギガ数を増やすと料金も高くなってしまうのが一般的です。

しかし、ギガ放題プランは定額かつリーズナブルな料金で無制限に通信ができるというもので、WiMAXの人気を支える大きな要因のひとつといえます。

料金はプロバイダから申し込んだ方が安い

WiMAXはさまざまな通信事業者がプロバイダとしてサービスを提供しているとお伝えしましたが、料金面では、本家UQ WiMAXよりもプロバイダが提供するサービスの方がお得です。

これは、UQコミュニケーションズからサービス提供を委託された各プロバイダが、新規ユーザー獲得のために独自のキャンペーンを展開しているためです。

UQ WiMAXも割引やキャッシュバックなどの特典はあるものの、プロバイダが展開しているキャンペーンの方がより内容が豪華ですので、料金重視の方はプロバイダ経由での申し込みをオススメします

WiMAXの最新オススメプロバイダと、条件別最安の申し込み先について詳しく解説している記事もあわせてご覧ください。

UQ WiMAXはどんな人にオススメ?

それでは、UQ WiMAXはどのような方にオススメか、具体的に見ていきましょう。

手厚いサポートを受けたいならUQ WiMAXがオススメ!

UQ WiMAXは、サポート体制の充実度でも高評価を得ています。

電話によるサポートも丁寧ですので、機器の取り扱いに不安がある方には特にオススメです。

また、有料にはなりますがサポートオプションが充実しているのもUQ WiMAXの特徴です。

故障や紛失など端末のトラブルがあった際に交換を無料、もしくは一部費用負担してくれる端末保証サポートに加え、PCやタブレットといった機器の保証サービスや、ウイルス対策のオプションも用意されているため、安心してインターネットを利用したいという方は、UQ WiMAXは非常に良いサービスといえるでしょう。

安くWiMAXを使いたいならGMOとくとくBBがオススメ

とにかく料金重視という方は、UQ WiMAXではなくプロバイダ経由のWiMAX申し込みをオススメします。

プロバイダ独自のキャンペーンは割引やキャッシュバック特典が非常に充実していて、UQ WiMAXよりも大幅に安く使えるためです。

その中でも特にオススメなのがGMOとくとくBBです。

キャッシュバックキャンペーンと月額割引キャンペーンの2種類を展開しており、いずれも還元額が大きいのが特徴。

キャッシュバックキャンペーンに関しては、全プロバイダのキャンペーン中で最安です。

GMOとくとくBBとUQ WiMAXを比較し、3年契約の間の実質料金にどのくらいの差が出るのか見てみましょう。

<3年間の実質料金>
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
GMOとくとくBB
(割引)
UQ WiMAX
月額料金
4,263円 3,480円 4,380円
契約事務手数料
3,000円 3,000円 3,000円
端末代金
0円 0円 3,800円
キャッシュバック
32,100円 0円 3,000円
CB受け取り期間
12ヶ月目
4ヶ月目
3年間実質料金
123,060円 125,660円 159,428円

※8月現在、最新機種の「W06」を選択した場合の情報です。

どちらのキャンペーンを選んでも、GMOとくとくBBの方が35,000円前後安く使えることがわかりますね。

オプションやサポートの内容を除けば、どのプロバイダを選んでもUQ WiMAXとサービス内容は変わらないため、少しでもオトクにWiMAXを使いたい方は、GMOとくとく
BBから申し込むのが良いでしょう。

安さにこだわりたい方やまとまったお金を受け取りたい方は「キャッシュバックキャンペーン」、手続きなしで特典を適用したい方や毎月の支払額を抑えたい方は「月額割引キャンペーン」がオススメです。

\GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典/

※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

UQ WiMAXの評判を徹底調査!

ここからはUQ WiMAXを実際に利用しているユーザーの評判・口コミを調査した結果をお伝えしていきます。

全体の傾向としては料金や速度などについてよい口コミが多く、全体的な評判は上々だと言えますが、一部利用環境によってはつながりにくいという口コミもあります。

それぞれの項目別の評判を見ていきましょう。

UQ WiMAXの料金に関する評判・口コミ

料金に関する口コミを紹介するのに先立ち、まずは、UQ WiMAXギガ放題プランの料金を下の表で確認していきましょう。

UQ WiMAXギガ放題プランの料金
月額料金
4,380円/月
契約年数
3年
キャンペーン
  • 3ヶ月間基本料金3,696円
  • 3,000円キャッシュバック
契約事務手数料
3,000円
端末代金
3,800円
3年間の実質料金
159,428円

※8月現在、最新機種の「W06」を選択した場合の情報です。

固定回線と比べるとかなりリーズナブルな料金設定ですね。

なお、キャッシュバックの13,000円は下記ページ限定のキャンペーンです。

UQ WiMAXを最安で契約したい場合には、通常の公式HPではなく下記のキャンペーンページから申し込むといいですよ。



続いて、料金に関する口コミを見てみましょう。

利用中のインターネットサービスを固定回線であるソフトバンク光からUQ WiMAXに乗り換えることで、月額料金が安くなったという口コミが見つかりました。

通信費の見直しを行いたい方には、UQ WiMAXはオススメの選択肢の1つですね。

UQ WiMAXのギガ放題プランに関する評判・口コミ

UQ WiMAXの最大の特徴であるギガ放題プランについてみていきましょう。

ギガ放題プランは、月間通信容量が無制限というものですが、3日間で10GBを超えると翌日の18~2時頃の間は最大速度が1Mbpsへ制限されてしまいます。

ここで気になるのが、1Mbpsの制限がかかると、具体的にどうなるのかですよね。

1Mbpsという通信速度でできること・できないことをそれぞれ表で確認してみましょう。

1Mbpsでできること
  • サイト閲覧
  • SNSの閲覧、投稿
  • LINE等のメッセージアプリでのやり取り、音声通話
  • Youtubeの標準画質動画閲覧
1Mbpsだとできないこと
  • オンラインゲーム
  • 高画質動画の閲覧
  • 大容量ファイルのダウンロード

こうして見ると、オンラインゲームをやる方や、Netflix等の動画配信サービスをよく利用する方以外は、それほど支障が無いように思えますね。

続いて、ギガ放題に関する口コミもチェックしてみましょう。

ギガ放題の速度制限は低速化される時間も短く、1Mbpsという速度自体からも、「非常にゆるい内容」となっていますね。

ヘビーユーザー以外にはストレスなく使えるサービスといえそうです。

WiMAXのギガ放題とギガ放題を最もお得に契約できるプロバイダについて解説した記事もあわせてご覧ください。

便利だが速度制限に注意!ハイスピードプラスエリアモードに関する評判・口コミ

UQ WiMAXの速度制限について、一点のみ注意しなければならないのが「ハイスピードプラスエリアモード」です。

ハイスピードプラスエリアモードとは、auのLTE回線を利用して通信を行うモードです。

auのエリアに対応しているため、WiMAXが苦手な屋内や地下にも強い反面、注意点は月間通信容量が7GBまでであることです。

これを超えてしまうと翌月までずっと128kbpsという超低速まで速度制限がかけられ、ハイスピードモードに戻しても速度制限は解除されません

128kbpsというのは、通常のサイト閲覧やメッセージアプリでのやり取りですらストレスを感じるレベルの通信速度です。

実際にハイスピードプラスエリアモードで速度制限に引っかかってしまった方の口コミを見てみましょう。

「wifi難民」という表現から、どれだけ厳しい内容の速度制限であるのかが想像できますね。

ハイスピードプラスエリアモードを利用する際には、くれぐれも通信量に注意してください。

WiMAXのハイスピードエリアモードの便利さと設定方法について解説している記事もあわせてご覧ください。

完全無制限で地下や屋内でも使いたいならどんなときもWiFiがオススメ

どんなときもWiFiは、モバイルWiFiサービスで唯一月間データ容量が完全無制限のサービスです。

WiMAXの3日10GB制限のようなものが存在しないため、頻繁に大容量通信を行う方にはWiMAXよりもオススメのサービスです。

また、ソフトバンク、ドコモ、auのトリプルキャリアに対応しているのもどんなときもWiFiの特徴です。

利用環境にあわせ、より快適に通信できる回線に自動で切り替えてくれるため地下や屋内でもつながりやすいという強みがあります。

料金はWiMAXほど安くはありませんが、月間データ容量とつながりやすさにこだわる方は選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

どんなときもWiFiの詳しい情報を見る

UQ WiMAXの通信速度に関する評判・口コミ

UQ WiMAX の通信速度は最大1.2Gbpsと、モバイルwifiサービスの中でも最速です。

しかし、インターネットサービスの通信速度は基本的に「ベストエフォート」と呼ばれる、理論的な最高速度を表し、実測値はそれよりも大幅に遅くなることが一般的です。

これはUQ WiMAXも例外ではありません。

そこで、実際の通信速度を測定して公開している「みん速」から、UQ WiMAXの速度データを機種ごとにご紹介します。

【W06の速度データ】
 平均Ping値: 93.76ms 下り平均速度: 25.74Mbps 上り平均速度: 3.69Mbps
【WX05の速度データ】
 平均Ping値: 81.33ms 下り平均速度: 21.71Mbps 上り平均速度: 3.52Mbps
【W05の速度データ】
 平均Ping値: 83.04ms 下り平均速度: 26.79Mbps 上り平均速度: 4.81Mbps
※8月6日時点のデータです。
引用:みんなのネット回線速度

やはりスペック上の通信速度には及びませんが、どの機種でも20Mbps以上と、ほとんどの使い方で不自由のない速度が出ていますね。

中には、次のような口コミも見つかりました。

環境によっては、98.3Mbpsと固定回線並の速度が出ることもあります。

モバイルwifiサービスの中では、文句なく最も高速な部類のサービスといえるでしょう。

WiMAXがつながらないときの対処法と原因について解説した記事もあわせてご覧ください。

WiMAXのつながりやすさに関する評判・口コミ

WiMAXの対応エリアは、申し込み前にWeb上でピンポイントエリア判定ができ、「○(利用可能)」、「△(不確定)」、「×(圏外)」の判定で確認することができます。

○の場合には基本的にWiMAXを利用することができますが、WiMAXは屋内や地下では、少々つながりにくいという弱点があります。

WiMAXのつながりやすさに関する口コミをチェックしてみましょう。

やはり、地下や山間部などではつながらないという口コミがちらほらと見つかりました。

しかし、この様な場合には、先述のハイスピードプラスエリアモードを利用することで対応可能です。

ハイスピードプラスエリアモードは先に紹介した通信制限にだけ気をつければ非常に便利な機能ですので、電波が届きづらいエリアでは、ぜひ活用してみてください。

WiMAXがつながらないときの対処法と原因について解説した記事もあわせてご覧ください。

WiMAXの端末に関する評判・口コミ

WiMAXを契約する際には、最新機種を選ぶことをオススメします。

WiMAXの端末も基本的に新しいほど機能が良くなりますが、iPhoneなどのスマホに比べて、料金差がほとんど無いためです。

最新機種のW06とL02は、機器を狙って電波を送信してくれるTXビームフォーミングなどの便利な機能を搭載しており、通信速度自体もハイスペックです。

特にW06は、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかりそうになった場合に、自動的にハイスピードモードに戻してくれる機能を備えているため、ハイスピードプラスエリアモードでの通信制限リスクが無く、非常にオススメです。

それぞれの口コミをピックアップしてみました。

最新機種を使うことで、ストレスフリーに楽しめているようですね。

UQ WiMAXのサポートに関する評判・口コミ

UQコミュニケーションズが展開するサービスのサポートセンターは「UQお客さまセンター」と呼ばれ、WiMAXには専用の問い合わせ窓口が用意されています。

<UQお客様センター(WiMAX)>
 Web:こちら
 電話番号:0120-929-818
 営業時間:9:00~21:00(年中無休)

電話問い合わせは年中無休で、対応時間も9:00~21:00と長くなっています。

端末の盗難・紛失の問い合わせは24時間対応となっているのも嬉しいポイントですね。

さらに、HPにアクセスすればチャット、もしくはWEBフォームからの問い合わせも可能です。

実際にUQお客さまセンターを利用したユーザーの口コミを見てみましょう。

丁寧な対応に驚いてしまったという口コミが見つかりました。

困ったことがあった際の問い合わせに対して真摯に対応してもらえるのはとても心強いですね。

その他UQ WiMAXに関するよくある質問

最後に、UQ WiMAXに関してよくある疑問を解消していきます。

WiMAXと光回線はどっちがいい?

WiMAXと固定の光回線、どちらを利用すべきか悩む声はよく耳にしますが、結論からいうとこれはケースバイケースです。

WiMAXがオススメな人、光回線がオススメな人をそれぞれ紹介します。

ライトユーザーならWiMAXがオススメ!

WiMAXは無制限で利用することができ、万が一3日10GB制限にかかってしまっても1Mbps出ることから、ライトユーザーであれば十分なスペックです。

速度もベストエフォート値で1G以上、実測でも数十Mbps出るので、よっぽど大容量・高速通信を必要とするヘビーユーザー以外は、WiMAXで十分でしょう。

そのうえ料金も安く工事は不要、外出先での利用も可能などの好条件でもあります。

また、固定回線と違って出先でも使えるため、スマホの契約プランを料金の安い低容量ものにできるなどのメリットもあります。

動画やゲームなど大容量サービスを利用する人は光回線がオススメ

逆に、動画やゲームなどの大容量サービスを多く利用する方には、光回線がオススメです。

速度的にはオンラインゲームなどごく一部の大容量サービス以外では物足りると思いますが、日常的に多く通信を行う場合には、どうしても3日10GB制限にかかりがちですので、光回線を契約しましょう。

使う目的や頻度によって、WiMAXと光回線のどちらが便利でお得なのか検討してみてください。

人気の光回線10社を比較した記事もあわせてご覧ください。

届いたあと繋がらない場合は?

無事にモバイルルーターが届いたのに、いざ使おうとしたらつながらないという場合、モバイルルーターに原因があるか、スマホやパソコン側に原因があることが考えられます。

まず、モバイルルーターに問題があるかについては、SIMカードが挿入されているか、APN設定に間違いがないか、WiFi設定がBluetooth設定に変わっていないかで確認してみましょう。

スマホやパソコン側の問題は、WiFi機能がOFFになっていないかどうか、SSIDやパスワードが間違っていないかを確認してください。

WiMAXがつながらないときの対処法と原因について解説している記事もあわせてご覧ください。

モバイルルーター側にもスマホやパソコン側に問題がなかった場合、初期契約解除、もしくはプロバイダ独自のキャンセル制度を利用することができます。

UQ WiMAXの場合は独自のキャンセル制度は設けられていないので、キャンセルしたい場合には初期契約解除制度を利用することになります。

サービス利用開始、もしくは契約書受領のどちらか遅い日から8日以内であれば、違約金なしで解約することができます。 

ただし、初期契約解除をしても初期費用や日割りの通信量は発生してしまうため、本契約前に試したい場合には、Try WiMAXという方法もあります。

これは、利用料金や送料、事務手数料などが無料でWiMAXを試せるというサービスですので、必要に応じて検討してみてください。

口座振替で支払いできる?

クレジットカードを持っていない、または持っているけれど利用したくないという場合、料金の支払い方法として口座振替で可能かという点も気になるでしょう。

口座振替の可否はプロバイダによりますが、UQ WiMAXでは可能です。

ただし、プロバイダによっては、口座振替で支払うと、キャンペーンのキャッシュバックや割引が少なくなる、または手数料がかかるなどの条件がありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

まとめ

今回は、UQ WiMAXのサービスや評判などについてお伝えしました。

WiMAXの本家本元であるUQ WiMAXは、料金面では他のプロバイダに劣っているものの、サポートの充実度では高い評価を得ています。

しかし、実際に申し込むとなると、やはり「お得度」は大事な問題です。

そこでオススメしたいのが各プロバイダの独自キャンペーン。

プロバイダは違っても、つながりやすさや通信速度などは変わりませんので安心です。

料金面で考えた場合、現状で特にオススメなのがGMOとくとくBBですよ。

自分に合ったWiMAXプロバイダを選びましょう。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」