閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

WiMAXで口座振替はできる?お得なプロバイダの選び方や注意点も!

wimax 口座振替

WiMAXの月々の料金を、クレジットカードや請求書払いではなく、口座振替で払いたいという方もいらっしゃるかと思います。

しかし、20社以上あるWiMAXプロバイダの中で、口座振替に対応しているのはUQ WiMAX・BIGLOBE WiMAX・Broad WiMAXの3社のみです。

本記事では、口座振替に対応したWiMAXプロバイダ3社の料金や注意点に加え、口座振替を行う際は気をつけた方がいいこともあわせて解説します。

WiMAXで口座振替が利用できるプロバイダ3つ!料金も紹介!

口座振替に対応したWiMAXプロバイダは以下3社になります。

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX

それぞれの特徴、料金やキャンペーン内容、そして注意点も説明していますので、プロバイダ選びの参考にしてくださいね。

【費用が最も安い】UQ WiMAX

1つ目に紹介するのがUQ WiMAXです。

UQ WiMAXはWiMAX回線の提供元であるUQコミュニケーションズのサービスで、全てのWiMAXの本家ともいえます。

サポート面での充実ぶりは本家ならではといったところで、口座振替にも対応しています。

UQ WiMAXの場合、口座振替の手数料が不要なのもうれしいポイントです。

UQ WiMAX
月額料金・キャンペーン ◆月額料金
~2ヶ月目:3,696円
3ヶ月目以降:4,380円
◆キャッシュバック 10,000円
3年間の総額 146,312円

UQ WiMAXの3年間のトータルコストは146,312円です。

本記事で紹介した3つのプロバイダの中では、3年間の総額は一番安いです。

ただし、キャッシュバックは最新機種であるW05を選択した場合にはもらえませんので注意してください。

また、UQ WiMAXは、口座振替の審査に時間がかかる点に注意が必要です。

UQ WiMAXについて知りたい方は、以下の記事でも料金や契約するメリットについて説明しているので参考にしてください。

なお、契約を検討している方は、UQ WiMAXの公式サイトもチェックしてみてくださいね。

BIGLOBE WiMAX

口座振替対応のWiMAXプロバイダ2つ目は、BIGLOBEです。

大手のプロバイダとして知られるBIGLOBEは、割引キャンペーンとキャッシュバックキャンペーンの両方を行っていて、好きな方を選べるのが特徴です。

BIGLOBE WiMAX
月額料金・キャンペーン 【月額料金大幅値引き特典】
~2ヶ月目:3,145円
~24ヶ月目:3,830円
25ヶ月目以降:4,380円
【キャッシュバック特典】
<月額割引>
~2ヶ月目:3,495円
~24ヶ月目以降:4,180円
25ヶ月目以降:4,380円
<キャッシュバック>
15,000円
振込手数料 200円/月
端末代金 4,800円
3年間の総額 【月額料金大幅値引き特典選択時】 150,310円
【キャッシュバック特典選択時】 148,510円

キャッシュバック特典を選択すれば、3年間のトータルコストは143,710円です。

ただし、BIGLOBEは端末代金4,800円を初回に一括で支払わなければならないので、実質費用は148,510円です。

キャンペーン内容はUQ WiMAXよりもお得ですが、振込手数料がかかる分で相殺されてしまい、トータルではUQ WiMAXの方が安いという結果になります。

また、口座振替に対応していると言っても、申し込み時にはクレジットカードの情報が必要になるので、クレジットカードを持っていない方はBIGLOBEを選択できません。

BIGLOBE WiMAXについては以下の記事で詳しく説明していますので参考にしてくださいね。

なお、BIGLOBE WiMAXの契約を検討している方は、公式サイトから行ってください。

Broad WiMAX

口座振替に対応したプロバイダ3つ目は、Broad WiMAXです。

Broad WiMAXは月額料金が最安級のプロバイダで、乗り換えをサポートしてくれる特典が充実しているのも特徴です。

Broad WiMAX
月額料金 ◆月額割引
~2ヶ月目:2,726円
~24ヶ月目:3,411円
25ヶ月目以降:4,011円
キャンペーン ◆乗り換えキャンペーン
他社違約金最大19,000円負担
振込手数料 200円/月
初期費用 18,857円
3年間の総額 154,683円

Broad WiMAXの月額料金は、先に紹介した2社よりも安いので総額も安くなるのかと思いきや、ここで注意しなければならないことがあります。

Broad WiMAXは口座振替を選択した場合、初期費用が無料になる特典が適用されず、別途18,857円を負担しなければなりません。

結果、総額は154,683円となり、UQ WiMAXやBIGLOBE WiMAXと比べると少々高くなります。

Broad WiMAXについてもっと詳しく知りたい方は、公式サイトもチェックしてみてくださいね。

WiMAXで口座振替の申し込み方法!Web申し込みはできる?

WiMAXを口座振替で利用したい場合は、申し込み時に振替方法を選択します。

紹介した3社のプロバイダはいずれもインターネット上での申し込みが可能ですので、支払い方法の選択欄などで口座振替を選択しましょう。

ただし、WiMAXの口座振替の手続きには、本人確認書類が必要ですので注意してください。

本人確認書類は、以下のような写真付きの証明書が最も確実ですよ。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード

また、各プロバイダで必要な書類は、以下の表を参考にしてくださいね。

BIGLOBE Broad WiMAX UQ WiMAX
提出書類 支払方法登録申込書
  • 申込書
  • 本人確認書類(コピー)
  • 預金口座振替依頼書
  • 本人確認書類(コピー)
未成年者の提出書類 保護者の同意書 両親の同意書
※19歳以上の申し込みの場合
親権者同意書

なお、インターネットで申し込んだ場合は、上記の書類を別途郵送で送付する方法が一般的です。

主要な銀行であればほぼ利用可能

WiMAXの口座振替は、ほとんどの金融機関で対応しています。

主要な都市銀行はもちろん、ゆうちょ銀行や地銀、インターネットバンクなどでも可能ですよ。

とはいえ、自分の利用している金融機関が対応していない場合も、少なからずありますので、契約前にプロバイダに問い合わせてみてください。

口座振替には審査が必須!即日利用可能にならない点に注意

WiMAXを口座振替で利用する場合は、クレジットカード払いの場合と違い、審査が必要です。

審査の内容としては、提出された振替指定の口座や本人確認書類に問題がないかという点がメインになります。

そのため審査が完了するまでは口座振替が利用できず、請求書を都度コンビニ払いするなどの方法をとらなければいけないので注意してください。

審査にかかる期間は2日~2週間程度

WiMAXの口座振替の審査は、書類がプロバイダ側に届いてから始まります。

プロバイダや記載内容の不備の有無にもよりますが、大体審査にかかる期間は2日~2週間程度です。

UQ WiMAXの場合は、審査に1~2ヶ月かかる場合もあり、他2つのプロバイダに比べ長いので注意してください。

WiMAXで口座振替を利用する際の5つの注意点

WiMAXを口座振替で利用する場合には、他にもさまざまな注意点があります。

本章では、以下の5つの注意点を紹介していきますね。

  • 利用できるプロバイダが限られる
  • 初期費用が発生する場合がある
  • 口座振替の手数料が発生するプロバイダがある
  • 審査に時間がかかる場合がある
  • キャッシュバックキャンペーンの金額が減る場合も

利用できるプロバイダが限られる

WiMAXで口座振替が利用できるプロバイダ3つ!料金も紹介!でも紹介しましたが、口座振替を選べるプロバイダは限られています。

WiMAXのプロバイダはそれぞれ独自のキャンペーンを展開していますが、口座振替できるプロバイダに絞ると選択肢が少なくなってしまうのはデメリットですね。

キャンペーンや料金に魅力的なプロバイダがあったとしても、口座振替に対応していないということも多々ありますので注意してくださいね。

初期費用が発生する場合がある

口座振替対応のプロバイダ3社のうち、Broad WiMAXは口座振替にすることで本来不要である初期費用が発生してしまうことにも注意が必要です。

Broad WiMAXは月額最安級でありながら、乗り換えサポートやキャンセル可能などのサービスが充実した人気のプロバイダです。

しかし、口座振替を選択した場合初期費用18,857円が0円になるキャンペーンは、適用対象外となってしまいます。

Broad WiMAXの高いコストパフォーマンスの効力が弱まってしまうのは残念な点ですね。

口座振替の手数料が発生するプロバイダがある

WiMAXは口座振替を選択すると、支払手数料が発生するのもデメリットの1つです。

UQ WiMAX以外の、Broad WiMAXとBIGLOBE WiMAXは毎月200円が月額料金に上乗せされます。

そうなると、3年の契約期間では、トータルで7,200円の負担になってしまいますね。

審査に時間がかかる場合がある

口座振替は申し込んでからすぐに利用できるわけではないことは必ず覚えておきましょう。

審査には最長で1~2ヶ月程かかるため、審査完了までは郵送で届く支払い票でコンビニ払いをしなければなりません。

手数料はかからないものの、わざわざ支払いに行く手間がかかってしまいますし、うっかり忘れてしまう恐れもあるので注意してくださいね。

キャッシュバックキャンペーンの金額が減る場合も

WiMAXプロバイダのなかには、キャッシュバックの金額の高さを売りにしている会社もありますよね。

しかし、口座振替にするとキャッシュバック金額が減る場合があることに注意が必要です。

BIGLOBE WiMAXは、クレジットカード払いであれば30,000円のキャッシュバックがもらえますが、口座振替だと半分の15,000円しかもらうことができません。

キャッシュバック目当てでプロバイダを選ぶのであれば、口座振替を選択することで想定通りの金額のキャッシュバックがもらえるかどうかを今一度確認しておきましょう。

WiMAXをお得に契約するならクレジットカード払いがオススメ!キャンペーンもお得!

WiMAXで口座振替を利用する際の5つの注意点を踏まえると、クレジットカードを持っていないなどのやむを得ない事情がある方以外は、クレジットカード対応のプロバイダを選ぶことをオススメします。

クレジットカード払いを選ぶことで、以下のメリットがありますよ。

  • クレジットカード払いはすぐに使い始めることができる
  • クレジットカード払いの場合だけ利用できるキャンペーンや割引がある
  • 口座振替で発生する手数料は不要
  • すべてのWiMAXプロバイダに対応している

WiMAXのプロバイダで展開されているキャンペーンのなかには、クレジットカード払いが条件となっているものもあります。

できるだけWiMAXにかかる費用を安く抑えたいのであれば、クレジットカード払いの方がいいということですね。

コスト重視ならオススメなのはBroad WiMAX

クレジットカード払いでWiMAXを選択するのであれば、最もオススメなのがBroad WiMAXです。

理由としては、以下のような点が挙げられます。

  • 月額料金が最安クラス
  • 割引型のキャンペーンなので、確実にお得になる
  • Broad WiMAXが気に入らなかった場合、8日以内ならキャンセルできる
  • 他社WiMAXからの乗り換えで最大19,000円までの違約金を負担

とくに、他社WiMAXからの乗り換えで違約金を負担してもらえるのは嬉しいですよね!

現在、違約金負担キャンペーンを行っている、WiMAXはBroad WiMAXのみですので、高額な違約金を払いたくないという方はぜひ契約を検討してみてくださいね!

まとめ

数あるWiMAXプロバイダの中で、口座振替に対応したものは以下の3社しかありません。

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX

WiMAXの契約で口座振替を選ぶと、口座振替を選ぶことでキャッシュバック金額が少なくなったり、他のキャンペーンが受けられなくなったりとデメリットがありますので注意してください。

「どうしても口座振替がいい」という方以外は、クレジットカードでの契約がオススメですよ。

クレジットカードで選ぶ場合は、Broad WiMAXでの契約がオススメです。

現在のところ他社では行っていない、違約金負担キャンペーンを実施していますのでぜひ、有効活用してくださいね。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る