閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

WiMAXと光回線どちらがいいかの比較は不毛!状況に応じて違う!

wimax 光

WiMAXと光回線のどちらと契約するか、評判を見たりで悩んでいても仕方がありません。なぜなら特徴が全く違うため、どちらにメリットがあるのかは使う人の状況や利用環境によって違うからです。
ここでは、どのような状況ではどちらがおすすめなのかを、わかり易く解説します。

比較表から見るWiMAXと光回線の決定的な違い

まずは、WiMAXと光回線の違いを比較してみましょう。

比較項目 WiMAX 光回線
使用場所 電波が届けばどこでも 自宅
月額基本料金 比較的安い 比較的高い
接続方法 無線接続 有線接続
通信制限 あり なし
回線工事の有無 なし あり
オプションサービス 端末補償、公衆無線LANなど 光電話、メールサービスなど

持ち運びのできるモバイル回線と自宅のみで使える固定回線

まず一つ目の違いは、「使用場所」です。WiMAXは、「WiMAX」、「WiMAX2+」、「LTE」の3つの方式で通信できるため、いずれかの電波が届いている場所であれば使うことができます。対して光回線は、自宅のみでの使用です。

月額料金はWiMAXの方が少し安め

次に二つ目の違いは、「月額料金」です。プロバイダによってもちろん違いはありますが、例えば次のとおりです。

フレッツ光 auひかり UQ WiMAX
戸建て 6,100円 5,100円 4,380円
(ギガ放題)
マンション 4,150円 3,800円

戸建ての光回線の月額料金とくらべると、WiMAXの方が安くなっています。

マンションタイプの光回線の方が安くなるケースもある

ただし、上記の「auひかり」のように、マンションタイプは安いもので3,000円台~となっているため、WiMAXよりも安くなることがあります。

マンションタイプの光回線よりも安いWiMAX

それでも「マンションタイプよりも安いWiMAX」というのもあります。「Broad WiMAX」は月額2,726円~と、業界一月額料金が安いプロバイダーです。興味のある方は、以下のBroad WiMAXの公式サイトを。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

一番理解しておきたいのは有線接続と無線接続の違い

そして三つ目の違いは、「接続方法」です。WiMAXは無線接続、光回線は有線接続で、無線接続は配線が邪魔にならず電波が届けばどこでも繋がりますが、回線速度が有線接続よりも遅いのです。

通信速度の比較

例えば、それぞれの通信速度は次のとおりです。

光回線(フレッツ光) WiMAX2+
最大通信速度(下り) 1Gbps 440Mbps

光回線のフレッツ光は下りで最大「1Gbps」の通信速度を誇りますが、WiMAX2+は「440Mbps」と半分以下になっています。

有線接続の方が比較的通信速度が安定している

さらに有線接続は、無線接続に比べて通信速度が安定します。
特に、WiMAX端末を使用した場合に利用する可能性が高い通信方式の「WiMAX2+」は、使用する周波数帯が高いため障害物を回り込むのが苦手で、屋内では繋がりにくい傾向があります。

速度制限があるかないか

さらに四つ目の違いは、「速度制限があるかどうか?」です。
光回線に速度制限はありませんが、WiMAXにはプランによってあります。使い放題よりも月額利用料の安いプランでは、どのプロバイダも月間7GBを超えると速度低下が起こるのです。

WiMAXの3日/10GBの速度制限では物足りない人も

WiMAXには、どのプランでも3日間での速度制限があります。「前日までの直近3日間で通信量が10GB以上」になった場合、通信速度が翌日にかけて制限されてしまうのです。ヘビーユーザーは、物足りないと感じるかもしれません。

回線工事があるか必要ないかの違い

そして五つ目の違いは、「回線工事が必要かどうか?」です。無線接続であるWiMAXには、当然開通工事などは必要ありませんが、自宅の中までインターネット回線を引く必要のある光回線は工事が必要です。
その際持家であれば問題ないのですが、借家だったりマンションだった場合には、大家の許可が必要になり、場合によっては撤去時の復旧工事も必要です。

オプションサービスの違い

最後に六つ目の違いは、「オプションサービスの違い」です。それぞれ見てみましょう。

光回線のオプションサービス

光回線の主なオプションサービスは次のとおりです。

  • 電話代の割引サービス
  • セキュリティサービス
  • パソコンサポートサービス
  • 光電話サービス
  • ひかりテレビサービス
  • プロバイダのメールサービス

WiMAXのオプションサービス

次に、WiMAXの主なオプションサービスは次のとおりです。

  • 端末補償サービス
  • 公衆無線LANサービス

あなたに合ったネット回線サービスを選ぼう!

このように、WiMAXと光回線は特徴が全く違うので、使う人によってどちらを選べばいいかは必然的に変わります、あなたはどちらを選べばいいのでしょうか?

あなたがインターネットを使いたいのは主に家の中?外出先?

まず、考えるべきは「どこで使うか?」です。

外出先でインターネットが多いならWiMAXを検討しよう

光回線は当然外では使えませんから、外出先でもインターネットを使うなら、「WiMAX」です。

主に家でしか利用しないなら光回線がおすすめ

自宅でのみ使うのであれば、高速回線である光回線がおすすめです!有線接続は、通信速度が速く安定します。WiMAXよりも快適にインターネットを楽しむことができるでしょう。

工事は嫌だけど家の中でしか使わない!そんな人におすすめなのがホームルータータイプのWiMAX

ただし、「費用が掛かるから工事はしたくない」という人は、「ホームルーター」をおすすめします。ホームルーターはWiMAXの一つなので工事は不要。
また、ホームルーターは持ち出せないですが、モバイルルーターよりも電波が強く、最大で42台の機器を同時に接続できます。

人気のホームルーター!初期費用0円!工事不要!月額料金2,726円~!

Broad WiMAXホームルーター

自宅ですっきり無線でインターネット!Broad WiMAXのWebからのお申込みならホームルーターの初期費用0円キャンペーン実施中!・・・詳しく見る

インターネットのヘビーユーザーの方は光回線にするのが無難

「動画を頻繁に見る」、「オンラインゲームをたくさんする」そんなインターネットのヘビーユーザーの方は、WiMAXに速度制限がある以上、光回線がおすすめです。

家族内のスマートフォンの数によってはスマホとのセット割で光回線の方が安く利用できる

WiMAXでも光回線でも、家族内のスマートフォンの数によっては光回線の方が安く利用できる場合があります。その理由は「適用できる回線数」と「割引額」の違いで、詳しくは以下のとおりです。

回線数 割引額
WiMAX 1回線のみ 最大934円
光回線 ソフトバンク光 家族の10回線まで 1台あたり1,000円
auひかり 1台あたり2,000円

このように特に「適用できる回線数」において、WiMAX「1回線のみ」に対して光回線は「家族の10回線まで」と大幅に違うため、家族の回線が多ければ光回線がおトクになるのです。

auひかりで最大135,500円の大還元!

auひかりがお得なポイント

  • 超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
  • 最大135,500円大幅還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質無料
  • auスマホ1台につき毎月最大2,000円割引

もちろんWiMAXと光回線を両方使うのも全然アリ!

そして、「自宅でも外出先でも使う」という人は、もちろん両方使うのもありです。

残念ながらWiMAXをセットで提供している光回線はない

そうなると当然、「両方セットで料金が安くなっているプロバイダはないだろうか?」と考えると思います。
しかし残念ながら、光回線とWiMAXをセットで提供しているプロバイダはありません。

WiMAXと光回線は別々の契約が必要

そうなると、別々に契約することが必要です。それぞれのプロバイダへ申し込みをしましょう。

WiMAXと固定回線、両方利用すると月額いくらかかる?

例えば、「戸建て・ソフトバンク光・Broad WiMAXギガ放題プラン・スマホ持ち4人」で契約すると、料金とスマホ代の割引額は次のとおりです。

月額料金 2年間の支払額
光回線
(ソフトバンク光)
5,200円 124,800円
WiMAX
(Broad WiMAX
ギガ放題プラン)
2か月間2,726円 80,494円
3か月目以降3,411円
スマホ代割引額 4,000円引き -96,000円
109,294円

このように、例えば「ソフトバンク光」と「Broad WiMAX」の併用であれば、ソフトバンク光はスマホ代1台あたり1,000円の割引があり、Broad WiMAXは月額料金が安いので、2年間でも合計約11万円の支払いで済む形です。

ネットとスマホがセットだとさらにキャッシュバック!

ソフトバンク光のキャッシュバックが増える裏技をご紹介!

知っていましたか?ソフトバンク光とソフトバンクのスマホをセットでご契約いただくと、さらにキャッシュバックが増額になる裏技があります!その額なんと最大105,000円!フレッツ光ナビおすすめの裏技キャンペーンをご紹介します!・・・詳しく見る

光回線からWiMAXへの乗り換えを検討している人への注意点

もし、光回線の代替としてWiMAXへの乗り換えを検討している人がいたら、注意しなければならないことがあり、それは「違約金が発生するか?」、「住んでいる所はWiMAXが繋がるか?」、「光回線のオプションサービスが使えなくなっても大丈夫か?」です。それぞれ見てみましょう。

光回線の違約金が発生するか押さえておこう

まずは、「違約金が発生するか?」です。光回線のは契約期間中に解約をすると、「違約金」が発生してしまいます。
また、「工事費用無料」のキャンペーンを適用して契約した場合にはさらに、残り期間分の工事料金も請求されてしまいますので、注意が必要です。

光回線から光回線への乗り換えは違約金を負担してくれるところも!

光回線から光回線への乗り換えであれば、「違約金負担キャンペーン」を行っているプロバイダもあります。例えばソフトバンク光であれば、「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」として、違約金・撤去工事費を満額負担してくれます。

他社回線からソフトバンク光へ乗換え違約金が実質0円に!

違約金0円

ソフトバンク光なら他社の回線解約違約金を全額負担!
さらに新規申込みで最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

そもそも住んでいるところが繋がらないことがある

次に、「エリア確認」です。WiMAXは、特に山間部や過疎地域だと繋がりません。

まずは提供エリア内か確認しよう

乗り換えを検討する前にはまず、「エリア確認」を行いましょう。WiMAXプロバイダの公式サイトにある「エリア確認」のページで住所を入力するか、サポートセンターに電話することで、利用できるかどうかを確認できます。

Try WiMAXで接続できるか試してから契約しよう

「WiMAXって建物の中は繋がりずらいんだよな…」などと不安な人には、UQコミュニケーションズの「Try WiMAX」というものもあります。これは15日間無料でWiMAXルーターを貸し出してくれるサービスで、これにより実際に繋がるかどうかを体験できます。

契約しても通信が悪い場合はキャンセルも可能

そしてもし契約しても繋がりずらい場合には、無料でキャンセルも可能です。BroadWiMAXは「端末到着後8日以内」、GMOとくとくBBなら「申込みから20日以内」であれば、解約違約金無料でキャンセルできるのです。

光回線で使っていたオプションサービスが使えなくなる

そして、乗り換えの場合には光回線で使っていたオプションサービスが使えなくなることに注意しなければなりません。例えば次のとおりです。

光電話をアナログ電話に戻さなければ電話番号が紛失してしまう

もし光電話を利用していた場合には、乗り換えをすると今まで使っていた電話番号がなくなってしまう場合があります。それを防ぐため、乗り換え前にはNTTに連絡をして「光回線で使用している電話番号を、固定電話のアナログ回線番号に戻してもらう」手続き(通称アナログ戻し)をしましょう。

ひかりテレビが視聴できなくなる

乗り換えをすれば当然、オプションサービスであった「ひかりテレビ」もができるなくなります。このことも頭に入れておきましょう。

プロバイダのメールサービスが使えなくなる

乗り換えすればこちらも当然、プロバイダのメールアドレスが使えなくなります。ただしプロバイダによっては無料、または200円超の月額料金を支払うことによって、継続して利用もできます。使えなくなって困る場合には、検討しましょう。

まとめ

以上のように、WiMAXと光回線は特徴が全然違うため、人によってどちらが良いかは変わります。「利用場所」、「利用程度」、「スマホの数」などによって、どちらにするかを検討しましょう。また、乗り換え時には「違約金」や「WiMAXが繋がるか?」、「オプションサービスが使えなくなってもよいのか?」についても考慮して検討することをおすすめします。