閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXはソフトバンクユーザーにもおすすめ!料金も安くなる可能性あり

wimax ソフトバンク

スマホのソフトバンクユーザーのなかには、料金をもっと安く抑えられないかなと考えている人も多いでしょう。

インターネットがこれまで以上に自由に使えて、しかも料金が安くなれば嬉しいですよね。

安価な月額料金で容量無制限で高速通信を利用できるWiMAXは、そんなソフトバンクユーザーにもオススメできるものとなっています。

この記事では、WiMAXとの併用によりソフトバンクのスマホ料金が安くなるかどうかをご紹介します!

月間のデータ使用量によっては安くなる場合があるので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、ポケットWi-Fiは本来Y!mobileの商品名ですが、この記事ではモバイルルーター全般を指してポケットWi-Fiと表記します。

ソフトバンクスマホユーザーに最もオススメのポケットWi-FiはWiMAX


結論から言うと、ソフトバンクユーザーが最もお得に、しかも自由にインターネットを楽しむために最適なポケットWi-FiはWiMAXです。

ソフトバンクユーザーの方は、大容量プラン「ギガモンスター」を契約している人が多いと思います。

特徴は月間の通信容量上限が20GBだという点です。通常のプランでは月間5GBまでしか利用できず、それを超えると通信速度制限が適用され128Kbpsまで速度が落ちてしまいます。

もっと自由に気兼ねなくインターネットを利用したい人は、ソフトバンクとは別にWiMAXのポケットWi-Fiを持つことをオススメします。

おすすめ窓口月額料金が安い!
2,726円~!
broadwimax
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ソフトバンクWi-Fiは無制限プラン無し

もっと自由にインターネットを利用したいという理由でポケットWi-Fiを契約しようと考えていても、ソフトバンクのポケットWi-Fiはオススメできません。なぜなら、ソフトバンクのポケットWi-Fiには無制限プランがないためです。

ソフトバンクスマホのユーザーはプラス1,900円(税抜)でポケットWi-Fiを持つことができます。

しかし、この1,900円には通信料が含まれていないため、スマホとデータを分け合う形です。

いずれにしてもデータ容量に上限があり、気兼ねなく使うということはできません。

ワイモバイルはプロバイダのキャッシュバックや割引無し

ソフトバンクとは別にポケットWi-Fiを契約する選択肢として「Y!mobile(ワイモバイル)」があります。

ワイモバイルは安定の品質で人気の高い大手通信サービスです。

ワイモバイルには通信速度制限がかからないアドバンスモードがあり、そのオプション料金を含めた月額利用料は4,380円(税抜)です。

ポケットWi-Fi自体の品質や値段は問題ありませんが、ワイモバイルにはプロバイダのキャッシュバックや割引特典がありません。

対してWiMAXにはプロバイダ独自のキャンペーン展開が豊富なので圧倒的にお得です。

        

Softbank Airと比較してもやっぱりWiMAXがオススメ

ソフトバンクのモバイル回線サービス「Softbank Air」お得なキャンペーンが豊富な「Broad WiMAX」を比較していきましょう。

おすすめ窓口月額料金が安い!
2,726円~!
broadwimax
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

料金

まずは料金面から比較を行っていきます。

WiMAXとSoftBank Air、それぞれの初期費用と月額料金をチェックしてみましょう。

初期費用

Softbank Airの初期費用は3,000円です。

対してWiMAXの初期費用は18,857円+事務手数料3,000円が必要です。

しかし、WiMAXの初期費用18,857円はwebフォームからの申込で初期費用無料となるキャンペーンがあります。そのため、WiMAXの方も事務手数料の3,000円のみにできます。

したがって、初期費用は同じと言ってよいでしょう。

月額利用料

月額利用料と解約金は以下のとおりになっています。

Broad WiMAXでは解約金が時期により異なります。

Softbank Airでは更新月を除き9500円(税抜)で一定となっています。

Broad WiMAX Softbank Air
(Airターミナルレンタル時)
月額利用料 3,411円
(最大3ヶ月2,726円)
5,370円
(24ヶ月までは4,290円)
解約金 12ヶ月以内:19,000円
13~24ヶ月以内:14,000円
25ヶ月目以降:9,500円
更新月:0円
9,500円
更新月:0円
(端末購入の場合は残債端末費)

                                               (価格はすべて税抜き)

月額利用料はWiMAXの方が安いことがわかります。

ちなみにSoftbank AirのAirターミナルを購入する場合は端末代54,000円を36回の分割支払いにすることで、「月月割」が適用され実質負担額が0円です。

この場合、2年間で解約すると、解約時には残金12か月分18000円(税抜)を一括で支払わなければなりませんので注意が必要です。

おすすめ窓口月額料金が安い!
2,726円~!
broadwimax
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

回線速度・通信制限

利用するにあたり、気になるのはやはり通信速度と制限です。

快適にインターネットを楽しむのには通信速度が速い方がよりストレスがかかりません。

Broad WiMAX
(W05)
Softbank Air
(Airターミナル3)
下り最大速度 758Mbps 350Mbps
通信制限内容 10GB/3日を超過すると制限
超過した翌日18時~翌々日2時頃まで1Mbpsに制限
・利用の集中する時間帯
・動画やファイル交換ソフトなどの利用中
以上のいずれかに当てはまる時、速度が低下する場合あり

回線の通信速度はWiMAXの方が2倍ほど速いことがわかります。

通信制限に関しては、Softbank Airでは具体的な数字が出ておらず、制限がかかるタイミングもあいまいなため不安が残ります。

一方WiMAXは3日間で10GBまで利用でき、制限期間も超過した日の翌日18時頃~翌々日2時頃までの8時間と決まっているため、安心してインターネットが利用できます。

        

対応エリア

WiMAXはWiMAX2+エリアとau 4G LTE(800MHz)エリアに対応しています。

Softbank Airのターミナル1・2はAXGPエリア、ターミナル3はTDD-LTEとFDD-LTEといった4G回線に対応しています。

それぞれ公式ホームページにて対応エリア確認ができますので、自分の住んでいる地域が対応エリアに入っているかを確認してみてください。

<WiMAX提供エリア判定>
https://wimax-broad.jp/area/

<SoftBank Air提供エリア判定 >
http://www.wirelesscity.jp/area/

割引キャンペーン

契約時にそれぞれの公式キャンペーンが適用されます。キャンペーン内容は以下のとおりです。

Broad WiMAX Softbank Air
キャンペーン ・初期費用割引
・他社解約金負担
・端末代0円
・はじめようSoftBank Air割
・SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン
・おうち割光セット

Broad WiMAXの「他社解約金負担」とSoftbank Airの「安心乗り換えキャンペーン」はどちらも他社からの乗り換え時に発生する違約金類を保障してくれるものです。

「はじめようSoftBank Air割」は24ヶ月間月額料金が580円~1,080円割引されるというものです。

「おうち割光セット」はスマホがソフトバンクユーザーには有効ですが、他のキャリアを利用している人には適用されません。

端末の面からみてもBroad WiMAXは0円なのに対し、Softbank Airはレンタルや購入費が別途かかります。

総合的にみてBroad WiMAXの方がお得と言えるでしょう。

おすすめ窓口月額料金が安い!
2,726円~!
broadwimax
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ウルトラギガモンスター+よりもWiMAXとミニモンスターの組み合わせが安い!


ウルトラギガモンスター+という大容量プランが展開されているソフトバンクですが、それよりも安く、しかも同じように自由にインターネットを使える方法あります。

それがWiMAXとミニモンスターとの組み合わせです。

ミニモンスターはデータ量を使った分だけ支払い金額がかかるプランで、月1GB以内の利用ならデータ通信料を1,980円(税抜、2年目以降は2,980円)におさえることができます。

Broad WiMAXとミニモンスターを併用した場合の最低料金は以下のとおりです。

ウルトラギガモンスター+ Broad WiMAXとミニモンスターの併用
月額利用料 8,000円 5,391円
(3,411円+1,980円)
※Broad WiMAX初回3カ月は2,726円なので4,706円
※2年目以降は2,980円なので6,391円
月間データ容量 50GB 無制限

価格はすべて税抜

WiMAXとミニモンスターの併用の場合、ミニモンスターの利用開始1年目は「1年お得割」適用で月額利用料が1,000円割引されるため、ウルトラギガモンスター+よりも2,609円も安くなります。

2年目以降でも1,609円安いことがわかります。

したがって、ウルトラギガモンスター+で契約するよりもWiMAXとミニモンスターの併用の方がお得です。

月間データ容量に関してはウルトラギガモンスター+は50GBの制限がありますが、WiMAXであれば無制限ですので、気にせず使えるのはやはりWiMAXでしょう。

おすすめ窓口月額料金が安い!
2,726円~!
broadwimax
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

プロバイダ申し込みでさらにWiMAXがお得に

Broad WiMAXでは、現在使っているスマホがauであれば「ギガ放題auスマホ割プラン」適用でさらに月々のスマホ代が最大1,000円割引になるキャンペーンも展開しています。

WiMAXを契約するのならこういったキャンペーンが充実しているプロバイダのwebサイトからの申し込みがお得です。

おすすめ窓口月額料金が安い!
2,726円~!
broadwimax
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

Softbank AirとWiMAXを比較すると、WiMAXの方が総合的にメリットが多くなっています。

ソフトバンクユーザーであっても、大容量プラン「ウルトラギガモンスター+」を契約するより、ソフトバンクの一番安いプラン「ミニモンスター」とWiMAXを併用した方が安くなるでしょう。

さらに通信速度や月間データ容量の面からみてもWiMAXが優位です。

現在ではインターネットを利用するにあたり、たくさんの選択肢があります。

その中からサービス内容や条件をきちんと見極め、より良い選択をしてくださいね。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)