閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ソフトバンクユーザーはWiMAXでお得になれる?SoftBankAirと比較して検証してみた!

wimax ソフトバンク

WiMAXを申し込むにあたり、ソフトバンクユーザーでもお得に使えるのか気になりますよね。

WiMAXはauスマートフォンやUQ mobileとのセット割を展開していますが、セット割対象外であるソフトバンクユーザーにとってもお得に使えるのでしょうか。

そこで今回は、WiMAX、ソフトバンクのPocket WiFi、どんなときもWiFi、そしてSoftBank Air(モバレコAir)の4種類でサービス内容を比較します。

結論から言うと、ソフトバンクユーザーにオススメなのはオススメなのはどんなときもWiFiやsモバレコ Airといった速度制限なしで使い放題のモバイルルーターサービスでした。

また、他社モバイルルーターから乗り換えるならBroadWiMAXもオススメです!
※おすすめのモバイルルーターについて、詳しくはこちらで紹介しています

この記事では、ソフトバンクユーザーのためにポケットWi-Fi4社の月額料金・割引やキャッシュバック・通信速度・容量・エリアを徹底比較し、オススメポケットWi-Fiはどれか紹介していきます。

WiMAXを契約する際の注意点も解説していますので、チェックしてみてくださいね。

ソフトバンクユーザーはWiMAXの契約で得する?ポケットWi-Fi4社を比較!

WiMAXはauやUQ mobileとのセット割を展開しているものの、ソフトバンクスマートフォンとのセット割は展開していません。

しかし、月額割引やギガ放題などの便利なサービスがあるため、サービス面では十分満足できる可能性があります。

今回はWiMAXに加えて、ソフトバンクが展開している「Pocket WiFi」や「SoftBank Air」、そして2019年に新登場した、「どんなときもWiFi」の料金やキャンペーン、特徴などを比較します。

以下の表に各サービスの料金や特徴をまとめたので、まずはご覧ください。

WiMAX・どんなときもWiFi・ソフトバンクエアー比較表
※クリックで拡大します。
※2019年8月現在のデータです。
※SoftBankAirのみ、持ち運びができない「ホームルーター」です。

次項より、WiMAXなど各社の比較結果を紹介していくので、自分の重視したいポイントをしっかりチェックしてくださいね。

月額料金がお得になるのは「SoftBankAir」

WiMAXとPocket WiFi、どんなときもWiFi、SoftBank Airの3年間における実質料金を比べると以下のとおり、いずれも13万〜15万円台程度です。

3年間の実質支払い料金(税抜)
Broad WiMAX
(WiMAX)
131,384円
Pocket WiFi(Y!mobile)
160,680円
どんなときもWiFi
134,280円
SoftBank Air
178,680円

※どんなときもWiFi:クレジットカード払いの料金を記載しています。
※SoftBank Air:Airターミナル分割購入時の実質料金を記載しています。
※pocket Wi-Fi:pocketWiFiプラン2+アドバンスモード月額684円を含めた金額です。
※初期費用3,000円を含めた金額です。
※2019年8月調査時点の結果です。

一見SoftBank Airは高額に思えますが、SoftBank Airスタート割を利用すると最大1,080円割引されます。

さらに、おうち割光セットを利用すると1,080円の割引が適用されます。

ただし、おうち割と同時にSoftBank Airスタート割を適用するとのスタート割の割引金額は580円になりますのでご注意ください。

とはいえ、毎月1,660円の割引が適用されるため、3年間の実質費用は118,920と安くなります。

■おうち割光セットとは
Softbank Airとソフトバンクのスマートフォン、固定電話をセットで毎月最大1,000円割引されるサービス。
例えば3人家族が全員ソフトバンクユーザーで、1人あたり1,000円(税抜)の割引を受けられる状態なら、3年間割引を受けると月々3,000円(税抜)×36ヶ月で108,000円(税抜)、SoftBank Airは3年間実質46,800円(税抜)で使えてしまいます。

割引・キャッシュバックがお得なのは「SoftBankAir」「WiMAX」

WiMAX(Broad WiMAX)やSoftBank Airでは、違約金キャッシュバックや端末代金無料キャンペーンを行っているので、割引・キャッシュバックがお得です。

SoftBank Airでは、モバレコエアーから申し込むことで28,000円のキャッシュバックを適用可能です。

SoftbankAirとモバレコAirの月額料金と3年間の実質料金を比較すると、以下のとおりモバレコAirの方が67,612円安いです。

<モバレコAirとSoftBank Airの料金比較>
モバレコAir
SoftBank Air
月額料金
  • 開通月~2か月目:1,970円
  • 3か月目~24か月目:3,344円
  • 25か月目以降:4,880円
4,880円
キャッシュバック
28,000円
実質費用
111,068円 178,680円

※2019年8月調査結果です。
※契約事務手数料3,000円の料金も含めて計算しています。
※端末購入時の料金を記載しています。
※Softbank Airスタート割とおうち割の割引金額は含めていません。

なにより、モバレコAirを契約すると、SoftBank Airでは貰えない28,000円キャッシュバックが貰えるということがメリットと言えます。

SoftBank Airの契約を検討していて料金を安くしたいという方はぜひモバレコAirをチェックしてみてください。

\最短翌月末!必ず28,000円キャッシュバック/
モバレコエアーの詳細をみる
2年間で26,652円の割引も!

また、Broad WiMAXでは、他社ポケットWi-Fiの解約違約金を19,000円まで負担してくれるキャッシュバックキャンペーンを実施中。

さらに、初期費用が18,857円かキャンペーンで無料にできます。

解約違約金や初期費用を抑えたいという人はBroad WiMAXもチェックしてみてくださいね。

\違約金最大19,000円負担キャンペーン実施中/
BroadWiMAXの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

以上のとおり、SoftBank AirやBroad WiMAXはキャンペーンが充実しているので、現在他社でモバイル回線等を契約しているなら見逃せない選択肢となるでしょう。

WiMAXのキャンペーンは申し込み窓口によって変わる

前項ではBroad WiMAXをオススメしましたが、実はWiMAXの料金・割引・キャッシュバックキャンペーンは、申し込み窓口によって変わります。

そのため、それぞれを比較して、料金が安くなるのはどの窓口かよく吟味する必要があります。

プロバイダ10社の月額料金、割引やキャッシュバック・実質費用を比較してみましたので、以下を参考にしてみてください。

月額料金
(ギガ放題プラン)
3年間の
実質料金
セット割
キャンペーン
GMOとくとく WiMAX
(キャッシュバック)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
120,160円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 最大35,000円
    キャッシュバック
JPWiMAX
  • 1~2か月目:2,800円
  • 3~24カ月目:3,500円
  • 25か月目以降:4,100円~
123,800円
  • 月額料金割引
  • 11,000円分の
    Amazonギフト券
GMOとくとく WiMAX
(月額料金割引)
  • 1~2か月目:2,170円
  • 3~36カ月目:3,480円
  • 37か月目以降:4,263円
125,660円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 月額料金大幅割引
BIGLOBE WiMAX
(キャッシュバック)
  • 1~2か月目:3,695円
  • 3~24か月目:4,380円
  • 25か月目以降:4,380円
129,310円
  • 最大30,000円の
    キャッシュバック
  • UQ mobileから
    300円割引
DTI WiMAX
  • 1~2か月目:0円
  • 3か月目:2,590円
  • 4か月目以降:3,760円
129,670円
  • 端末代無料
nifty WiMAX
  • 初月0円
  • 2~3か月目:3,670円
  • 4か月目以降:4,350円
130,790円
  • 最大23,100円の
    キャッシュバック
  • UQ mobileから
    300円割引
Broad WiMAX
  • 1~2か月目:2,726円
  • 3~24カ月目:3,411円
  • 25か月目以降:4,011円
131,626円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 他社WiMAX違約金負担
BIGLOBE WiMAX
(月額料金割引)
  • サービス開始月:0円
  • 1~36か月目:3,620円
  • 36か月目以降:4,380円
133,320円
  • 月額料金割引
  • UQ mobileから
    300円割引
カシモ WiMAX

    ♦最安級プランの場合

  • 1か月目:1,380円
  • 2~24カ月目:3,480円
  • 25カ月目:4,079円
133,368円
  • 端末代無料
UQ WiMAX
  • 1~3か月目:3,696円
  • 4か月目以降:4,380円
142,628円
  • 最大13,000円
     キャッシュバック
  • 端末代無料
  • LTEオプション無料
    ※特定プランの契約
  • おトク割・長期割引
So-net WiMAX
  • 開通月:0円
  • 1~36か月目:3,380円
  • 13~36か月目:4,379円
148,656円
  • 端末代無料
  • 月額料金割引
au WiMAX
  • 月額4,380円
160,680円

※2019年8月時点の情報です。
※月額料金は税抜金額です。
※月額料金は3年・ギガ放題プランの場合の料金です。
※3年間の実質費用は初期費用3,000円もプラスした金額です。
※実質費用は割引・キャッシュバックを適用した金額でセット割は含んでいません。

2019年8月現在、月額料金の安さを重視するならGMOとくとくBBWiMAXがオススメです!

GMOとくとくBBWiMAXでは、毎月の月額料金が3,609円~4,263円から利用できるだけでなく、新規申し込みから11か月目に35,000円キャッシュバックが受け取れます。

また、3年間の実質料金は120,160円と今回比較した中では最安ですよ!

詳しくは、GMOとくとくWiMAXの公式ページをチェックしてみてくださいね。

GMOとくとくWiMAXの公式サイトはコチラ

また、先ほども述べましたが、現在他社でポケットWi-Fiを契約している方は、BroadWiMAXの契約がおすすめですよ!

BroadWiMAXでは、他社のポケットWi-Fi解約で発生した違約金19,000円までをキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

さらに、初期費用無料キャンペーンや、端末代無料キャンペーンも開催中!

詳しくは、BroadWiMAXの公式サイトまたは下記の記事を参考にしてくださいね。

BroadWiMAXの公式サイトはコチラ

通信速度の速さが優秀なのは「WiMAX」「SoftBankAir」

WiMAXやSoftBank Airでは、ルーターの最新機種が2019年に発売されていて、新しいこともあって性能が優秀です。

例えばWiMAXのW06は下り最大1.2Gbpsの高速通信にも対応、SoftBank AirのAirターミナル4は下り最大962Mbpsで通信できます。

どんなときもWiFiは下り最大150Mbpsで一見他社と比べると数値が抑えめですが、繋がりやすさではトップクラスです。

ドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線を自動で切り替えながら通信できるので、現在いる場所で常に最良の通信環境を確保してくれますよ。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

通信容量は優秀なのは「どんなときもWi-Fi」

どんなときもWiFiは通信容量の上限が設定されていないので、他社に比べて制限が厳しくありません。

例えばWiMAXは、直近3日間に10GB以上通信すると翌日18時〜翌々日2時頃に速度が1Mbps程度まで制限されてしまいますが、どんなときもWiFiなら制限なしです。

前述でも紹介しましたが、ドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線を自動で切り替えながら通信できるという点も含め、画面のラグや速度制限を気にして通信したくないという人にはもってこいの回線と言えますよ。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

SoftBank Airも同様に容量の制限はありませんが、以下にまとめた「みんなのネット回線速度」における平均速度を見るとわかるとおり、夜間の通信速度が低下しがちであることにご注意ください。

<ソフトバンクエアーの時間帯別の平均速度情報(直近3ヶ月)>

朝の時間帯の平均速度
平均Ping値: 65.51ms 下り平均速度: 38.26Mbps 上り平均速度: 5.17Mbps
昼の時間帯の平均速度
平均Ping値: 72.18ms 下り平均速度: 30.53Mbps 上り平均速度: 5.55Mbps
夕方の時間帯の平均速度
平均Ping値: 79.79ms 下り平均速度: 33.67Mbps 上り平均速度: 4.79Mbps
夜の時間帯の平均速度
平均Ping値: 91.36ms 下り平均速度: 6.55Mbps 上り平均速度: 4.14Mbps
深夜の時間帯の平均速度
平均Ping値: 71.99ms 下り平均速度: 28.02Mbps 上り平均速度: 5.15Mbps

※2019年8月19日現在のデータです。

夜の時間帯の下り平均速度6.55Mbpsでは、オンラインゲームや高画質の動画は画面にラグが起きたりと使いづらさを感じる場合もあります。

低画質や通常の画質で動画を見る、オンラインゲームをしないという人は、契約を考えてみてもいいでしょう。

なお、SoftbankAirを契約するなら、28,000円キャッシュバックが受け取れて月額料金も安いモバレコAirがオススメです。

気になる人は以下からチェックしてみてくださいね。

\最短翌月末!必ず28,000円キャッシュバック/
モバレコエアーの詳細をみる
2年間で26,652円の割引も!

エリアの広さが優秀なのは「どんなときもWiFi」

どんなときもWi-Fiは、ドコモ、au、ソフトバンクの回線を使えるためエリアが広いことが魅力です。

例えばドコモ回線が繋がらない場所でも、auかソフトバンクの回線さえ圏内なら通信を継続できますよ。

自動で電波が切り替わるため、設定をし直す手間などもかかりません。

auのLTEマップ
WiMAX(au)のLTEマップ

ドコモのLTEマップ

ドコモのLTEエリアマップ

ソフトバンクのLTEマップ
引用:ソフトバンク サービスエリアマップ

旅行に行く場合などは、予め各エリアマップを確認して、いずれかの回線がつながるかどうか確認しておくと安心ですね。

山奥などでは無い限り、どんなときもWi-Fiが圏外になることは無いので、移動範囲が大きいという人にとってはメリットが大きいポケットWi-Fiと言えますね。

結論:ソフトバンクユーザーが選ぶべきポケットWiFiはコレ!

ここまでの比較結果を基に考えると、2019年8月現在オススメのソフトバンクユーザー向けポケットWi-Fiは、以下の3つに絞れます。

  • 容量制限なし&ドコモ・au・SoftbankのLTE回線が使える「どんなときもWiFi
  • 自宅のみで使用予定、料金重視ならセット割、キャッシュバック28,000円もある「モバレコ Air
  • 現在SoftBank Airなどの他社ポケットWi-Fiサービスを使っているなら、乗り換え費用を負担してもらえる「Broad WiMAX

それぞれ紹介するので、自分に最も合う選択肢を見つけてみてくださいね。

オススメは通信容量に制限のない「どんなときもWiFi」

どんなときもWiFiの魅力は、WiMAXやPocket WiFiのような3日単位での容量制限がなく、完全に使い放題になっている点です。
※他の人に迷惑がかかるほどの大容量通信をしない限り、384Kbpsへの速度制限は発生しません。

どんなときもWiFiの月額料金やキャンペーン内容は、以下にまとめました。

プロバイダ名
どんなときもWiFi
月額料金
  • 初月:日割り
  • 24ヶ月間:3,480円
  • 25ヶ月目~:3,980円
    ※クレジットカード払い選択時
速度
  • 下り最大150Mbps
  • 上り最大50Mbps
容量
無制限
キャンペーン
  • 端末代無料

※2019年8月現在のデータです。

毎日の通信量が多めで、自由に動画再生やアプリのダウンロード・更新などを行いたい方は、どんなときもWiFiを選ぶのがおすすめですよ。

詳しいサービス内容を知りたい方は、以下よりご覧ください。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

自宅のみで使うなら「SoftBankAir」がオススメ

SoftBank Airは自宅にルーターを設置して使うサービスで、外に持ち運べない代わりに通信量は無制限となっています。

そして申込窓口として「モバレコエアー」が存在するので、以下にモバレコエアーにおける月額料金やキャンペーン詳細などの特徴をまとめました。

<SoftBankAir(モバレコエアー)の基本情報>
月額料金
  • 初月:1,970円の日割り料金
  • 1~2か月目:1,970円
  • 3~24か月目:3,344円
速度
481Mbps
※一部エリアで962Mbps
容量制限
  • なし
キャンペーン
  • 他社解約違約金キャッシュバック
    (10万円まで)
  • 最新機種含む全端末無料キャンペーン
  • スマホと一緒に乗り換えで9,500円キャッシュバック
  • 特設サイトからの申し込みで28,000円キャッシュバック

SoftBank AirはWiMAXやY!mobileのPocket WiFiのような3日単位での容量上限がなく、自由に使えるのが嬉しいですね。

動画再生やオンラインゲームなど、様々な通信量を消費する用途でも、しっかり速度制限を気にせず使いこなせますよ。

さらにモバレコエアーの特設サイトを利用して申し込むなら、28,000円のキャッシュバックを受け取れます。

月額料金自体も3,344円(税抜)など割安で使えるので、一石二鳥ですね。

モバレコエアーについて詳しく知りたい方は、以下の公式サイトもチェックしてみてください。

\最短翌月末!必ず28,000円キャッシュバック/
モバレコエアーのキャンペーン詳細をみる
2年間で26,652円の割引も!

SoftBankAirから乗り換えなら「BroadWiMAX」が違約金負担!

Broad WiMAXのメリットは、SoftBank AirやWiMAX、Y!mobileのポケットWi-Fiから乗り換えるなら、乗り換えにかかった解約金を負担してくれることです。

以下の表に基本情報を改めてまとめたので、ご覧ください。

<BroadWiMAXの基本情報>
プロバイダ名
Broad WiMAX
月額料金
  • 利用開始月2,726円の日割り
  • 1~2ヶ月目2,726円
  • 3~24ヶ月目3,411円
  • 25ヶ月目~4,011円
速度
  • 下り最大1.2Gbps
    ※ハイスピードプラスエリアモード+4×4MIMO、USB接続時。Wi-Fi接続では最大867Mbps
  • 上り最大75Mbps
容量
  • ギガ放題契約で無制限
    (3日で10GBをこえると、翌日18時~翌々日2時頃に速度が1Mbps程度へ制限)
キャンペーン
  • 端末代無料
  • 初期費用18,857円割引
  • 他社解約違約金負担
  • サービスに不満がある場合、対象回線へ解約違約金無しで乗り換え可能
  • auスマートバリューmine

Broad WiMAXは2年間の月額料金が3,000円台で割安になることに加えて、キャンペーンで初期費用やルーター台が無料になるのが嬉しいですね。

さらにauユーザーなら月額最大1,000円(税抜、1回線)の割引を受けて、スマートフォン料金を下げられるのも見逃せません。

ソフトバンクにこだわりがないなら、auに乗り換えてスマホ代を下げるのも良いですね。

キャンペーンによりSoftBank Airなどからの乗り換え費用を抑えて、お得にポケットWi-Fiを使いたい方は、Broad WiMAXを検討してみてください。

詳しくは、以下の公式サイトで解説されています。

\違約金最大19,000円負担キャンペーン実施中/
BroadWiMAXの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ソフトバンクユーザーがWiMAXを契約する際に注意したいポイント

ソフトバンクユーザーがWiMAXを契約する場合は、以下の3点にご注意ください。

  • スマホ側の契約ギガ数は少なくするのがおすすめ
  • ウルトラギガモンスター+をソフトバンクで契約するより、実はWiMAX+ミニモンスターのほうが割安!
  • auスマートバリューはauユーザー向けのセット割引、ソフトバンクユーザー向けのセット割はない

それぞれ解説するので、目を通しておいてくださいね。

WiMAXの契約後はスマホの契約ギガ数を少なくしよう

WiMAXを契約する場合、通信は使い放題(ただし3日間10GBの高速通信上限あり)のWiMAXを通信のメインにすることになりますよね。

あわせて使うソフトバンクのスマートフォンのパケットプランは、最小に抑えることをオススメします。

大容量のウルトラギガモンスター+などを契約すると、高額な月額料金が無駄になってしまうのでご注意ください。

なお、ソフトバンクの2019年8月時点における最安プランは「ミニモンスター」です。

ミニモンスターは通常月額3,980円(税抜、通信量〜1GB)から使えますが、1年間は-1,000円(税抜)で月額2,980円(税抜)で利用できますよ。

ウルトラギガモンスター+よりもWiMAXとミニモンスターの組み合わせが安い!

ウルトラギガモンスター+という大容量プランが展開されているソフトバンクですが、それよりも安く、しかも同じように自由にインターネットを使える方法があります。

それがWiMAXとミニモンスターとの組み合わせです。

ミニモンスターはデータ量を使った分だけ支払い金額がかかるプランで、月1GB以内の利用ならデータ通信料を2,980円(税抜、2年目以降は3,980円)におさえることができます。

Broad WiMAXとミニモンスターを併用した場合の最低料金は以下のとおりです。

ウルトラギガモンスター+ Broad WiMAXとミニモンスターの併用
月額利用料 8,000円 6,391円
(3,411円+2,980円)
※Broad WiMAX初回3カ月は2,726円なので4,706円
※2年目以降は3,980円なので7,391円
月間データ容量 50GB 無制限

※いずれも税抜き価格で表示しています

WiMAXとミニモンスターの併用の場合、ミニモンスターの利用開始1年目は「1年お得割」適用で月額利用料が1,000円割引されるため、ウルトラギガモンスター+よりも1,609円も安くなります。

また、2年目以降でも609円安いことがわかります。

したがって、ウルトラギガモンスター+で契約するよりもWiMAXとミニモンスターの併用の方がお得です。

WiMAXで適用できるのは「auスマートバリュー」など、auユーザー向けのセット割のみ

WiMAXでは「auスマートバリュー」と、「ギガMAX月割」といったセット割が展開されています。(プロバイダごとに対応状況は異なる)

auスマートバリューはau、ギガMAX月割はUQ mobile向けのセット割で、ソフトバンクユーザーは利用できません。

ソフトバンクユーザーで、どうしてもセット割引を受けたい場合は、SoftBank Airなどの「おうち割光セット」対応回線を検討してくださいね。

まとめ

ソフトバンクユーザーはWiMAXやPocket WiFiなど様々なポケットWi-Fiサービスを申し込めますが、とくにオススメなのは以下の3種類でした。

  • 月額料金が2年間3,480円(税抜)と安価、使い放題のどんなときもWiFi
  • キャンペーンでルーター代や初期費用無料、他社乗り換え費用負担があるBroad WiMAX
  • 自宅で使い放題、キャッシュバックやソフトバンクユーザー向けのセット割も展開されているモバレコ Air

今回の解説を参考に、紹介した中から自分に合ったポケットWi-Fiサービスを探してみてくださいね。

またWiMAXを申し込む場合は、スマートフォンとのセット割を利用できなかったり、ソフトバンク側で契約するプランは安価なミニモンスターに変更したりするようご注意ください。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」