閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

auひかりは本当に安いのか?最安で利用するための方法を徹底調査

これからauひかりを契約しようと検討している方、現在契約中だけどもっと安く利用する方法が知りたい方などがいるかと思います。

では、auひかりの料金設定は他社回線と比べてどのくらい安いのでしょうか。

この記事では、「auひかりの安く使うために」をテーマに徹底調査します。そこで肝心となるのが、申し込む窓口です。

正規代理店フルコミットのキャンペーンサイトでは最大60,000円のキャッシュバックが最短翌月末に受け取ることができます。

また、GMOとくとくBB公式特典サイトは、最大61,000円のキャッシュバックや、総額65,800円のキャッシュバック&割引特典を実施しており、かなり魅力的なキャンペーンを提供しています。

申し込む窓口によって、auひかりの安さに大きく関わってくるので、合わせてチェックしてみてくださいね。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

フルコミットなら最大60,000円のキャッシュバック

auひかりフルコミット

auひかりは、継続利用やauスマホとの同時利用で料金がお得になるなどのメリットがあります。

しかも、Web窓口「フルコミット」経由でauひかりを申し込むと、最大60,000円のキャッシュバックを最短翌月末に受け取ることができます。

申請方法は、申し込みの電話口で振込口座情報を伝えるだけです。

オプション加入条件や面倒な手続きが必要ないので、受け取り忘れもありませんよ。

これからauひかりの新規契約、または他社回線からauひかりへの乗り換えを検討中の方は、フルコミットのキャンペーンサイトをぜひご覧ください。

\60,000円キャッシュバック実施中/
 

フルコミットのキャンペーンページはこちら
 

※このボタンからお得な特典をチェック

GMOとくとくBBは2つの選べるキャンペーンを実施中!

auひかりのプロバイダ一覧(GMOバージョン)

GMOとくとくBBからauひかりを申し込む窓口は、キャンペーンごとに2つ用意されています。

auひかり×GMOとくとくBB 2つのキャンペーン
GMOとくとくBB(CB) GMOとくとくBB(割引)
窓口限定キャンペーン
最大61,000円CB
※価格は税抜
・最大35,800円割引
・最大30,000円CB
※価格は税抜
GMOとくとくBB
共通キャンペーン
・auスマートバリュー適用で最大10,000円CB
・セキュリティソフト12か月無料
auひかり公式キャンペーン ・初期工事費実質無料
・他社解約違約金最大30,000円CB
・auスマートバリューの適用
・5Gbpsプランの高速サービス利用料が3年間無料
・かけつけ設定サポート割引
公式サイト

キャッシュバック

割引キャンペーン

※2019年12月独自調べ

しかし、GMOとくとくBBからauひかりを申し込むのは、本当にお得なのでしょうか。他のプロバイダや、auひかりの代理店として一番キャッシュバックがお得なフルコミットとGMOとくとくBBを比較してみましたよ。

auひかり窓口別キャンペーン比較
申込窓口
特典
手続き方法
オプション加入有無
GMOとくとくBB(CB)
・最大61,000円CB
・auスマートバリュー適用で最大10,000円CB
Webで申し込み
※開通後11ヶ月目に申請
※開通後23ヶ月目に申請

(ひかり電話)
GMOとくとくBB(割引)
・最大35,800円割引
・最大30,000円CB
・auスマートバリュー適用で最大10,000円CB
Webで申し込み
※開通後11ヶ月目に申請
※開通後23ヶ月目に申請

(ひかり電話)
代理店フルコミット ・最大60,000円CB
口頭で申し込み
※開通後最短2ヶ月で振込

(ひかり電話)
So-net
・最大76,300円割引
申し込み不要
BIGLOBE
・50,000円CB
Webで申し込み
※開通後11ヶ月目と24ヶ月目に申請、振込
@nifty
・最大7,000円割引&30,100円CB
Webで申し込み
※開通後11ヶ月目と24ヶ月目に申請、翌月振込
@TCOM
Asahi Net
au one net
・10,000円CB
電話かWebで申し込み
※4ヶ月目の月末以降にau WALLETへチャージ

(ひかり電話)
DTI
・38,000円CB
要問い合わせ
要問い合わせ

※価格は税抜</small style>
※2019年12月独自調べ</small style>

那比得子(なびとくこ)
とくこ
わたしは「高額キャッシュバックをもらいたい」からGMOとくとくBB代理店フルコミットのキャッシュバックがお得かしら!
那比光太(なびこうた)
こうた
ぼくは「キャッシュバックもほしいけど、月々の支払を安くしたい」からGMOとくとくBBSo-netの割引キャンペーンがいいな!

auのスマホをお使いの方は、auスマートバリューの適用でGMOとくとくBB限定、10,000円キャッシュバッククーポンを利用できるので、通信費をさらに節約できますよ。

【最大61,000円キャッシュバック】
公式サイトへ

【最大35,800円割引&
最大30,000円キャッシュバック】
公式サイトへ

auひかりが安いと言われる4つの理由

auひかりは、安くて速いことで定評があり顧客満足度も高い光回線です。

他社に比べて、具体的にどのような部分で安さに差が出るのかを詳しく見ていきましょう。

ホームタイプはギガ得プラン・ずっとギガ得プラン選択で月額料金が安い

auひかりのホームタイプでは「ギガ得プラン」「ずっとギガ得プラン」という割引プランが用意されています。

特にずっとギガ得プランは最安料金が4900円と、他社の月額料金に比べるとかなり安く設定されています。

契約期間が3年になる、解約違約金が15,000円(税抜)に増額されるなど多少のデメリットはあるものの、auひかりを使い続けると決めている人には、非常にお得なプランといえます。

ずっとギガ得プラン
月額利用料
(プロバイダ料込)
1年目 2年目 3年目以降
5,100円 5,000円 4,900円

※表示は税抜価格

ちなみにauひかりの月額料金は、プロバイダ料金が全て込みになっています。

auスマートバリュー適用でauケータイが大幅割引

auスマートバリューとは、auひかりとauスマホを同時に利用することで適用される割引サービスのことです。

最大10回線まで1回線毎に割引されるので家族全員auスマホユーザーであれば大幅に割引されます

割引金額は契約プランによって異なりますが、500円~最大2,000円(税抜)の割引となります。

例えば家族4人でauスマホを契約していて、「データ定額30」プランが1人、「データ定額5」プランを3人で利用していたとすると、2,000円+1,410円×3回線=6,230円(税抜)も月々割引されるということになるのです。

継続利用で初期費用の大部分が実質無料

auひかりを契約する際に必要な初期費用として工事費があります。

金額はホームタイプで通常37,500円(税抜)、マンションタイプで通常30,000円(税抜)かかります。

一括で支払うこともできますが、分割の場合は、月々の利用料金から工事費の分割払い分(ホームタイプなら625円、マンションタイプなら1,250円)が割引されます

auひかり ホーム auひかり マンション
初期工事費 37,500円(625円×60回)
※ネット+ひかり電話を60カ月間利用で実質無料
30,000円(1250円×24回)
※ネット+ひかり電話を24カ月間利用で実質無料
新規登録料 3,000円

※(税抜)

ホームタイプなら60ヶ月、マンションタイプなら24ヶ月継続利用すると初期費用が全て相殺され実質無料となるわけです。

この「実質無料」とは初めから「完全無料」というわけではないので、支払い途中で解約するとその残債を支払う必要があります

長く使えば負担のないキャンペーンですが、途中解約する可能性がある場合には注意してください。

無条件キャッシュバックの金額が光回線の中でトップクラス

auひかりは、新規申込時のキャンペーン内容が他社と比べて豪華であるといえます。

その一つとして高額キャッシュバックキャンペーンがあげられます。

50,000円以上のキャッシュバックが面倒な手続き不要で受け取れるうえ、有料オプション加入や紹介なども必要ありません

申込時の電話で口座番号を言うだけなのでもらい漏れも少なく、キャッシュバック付与は翌月なので忘れないうちに確実に受け取ることができるのです。

それに加え、他社からの乗り換えの場合、乗り換えにかかる違約金などを負担してくれるキャンペーンも実施しているので安心して乗り換えることができます。

本当に安い?auひかりと他社光回線を徹底比較!

auひかりと他社光回線の料金設定を比べてみました。

条件を揃えるため、全て通信速度1Gbpsのプランで比較を行います。

スマホ割引 月額利用料(戸建て) 月額利用料(マンション)
auひかり auスマートバリュー
1回線につき500円~2,000円割引
4,900円
(プロバイダ料込)
4,050円
(プロバイダ料込)
ドコモ光 ドコモ光セット割
月額利用料から100円~3,500円割引
5,200円
(プロバイダ料込)
4,000円
(プロバイダ料込)
ソフトバンク光 おうち割光セット
1回線につき1,080円割引
5,200円
(プロバイダ料込)
3,800円
(プロバイダ料込)
フレッツ光 無し 5,200円+プロバイダ料 3,200~4,500円
+プロバイダ料

※表示は税抜価格

携帯電話大手の三キャリアは、それぞれスマホとのセット割があるのに対し、フレッツ光にはスマホに対する割引キャンペーンがありません

しかもプロバイダ料金として500~1,200円程度を別途支払わなければならないため、かなり割高な印象を受けます。

結論!基本料金は戸建てプランがやや安く、auスマートバリュー利用で格安に

auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光を比べてみると、利用料はauひかりがやや安く設定されています

ここで注目したい点はスマホとのセット割です。

auスマートバリューは、最大2,000円の割引が家族最大10回線に適用されます。

家族全員がauスマホユーザーであれば大きな割引を受けることができるため、他社の光回線に比べて格安で利用することができるのです。

ただし解約金には注意が必要

解約金とは、契約途中で解約することにより発生する違約金のことです。

この違約金は、2年もしくは3年に一度訪れる「更新月」に解約することで支払う必要がなくなります

解約する月 1~36ヶ月目 37・38ヶ月目
(更新月)
39~74ヶ月目 75・76ヶ月目
(更新月)
解約金 15,000円 0円 15,000円 0円

auひかりのずっとギガ得プランは3年契約なので、3年に一度訪れる更新月を事前に把握し、その月に合わせて解約しなければ解約違約金が発生するのです。

さらに、初期工事費を分割払いにしていた場合はその工事費の残債が請求され、一括払いしなくてはなりません

キャンペーンで「工事費実質無料」を適用していた場合も同様です。

初期工事費の支払いを避けたければ、全額相殺されるまで継続利用し続けるしかありません。

また、auひかりを解約すると、回線の撤去工事を行わなくてはならない場合があります

以前は回線撤去工事を任意で行っていましたが、ホームタイプに関しては2018年3月以降に新規契約・変更申込分からは撤去工事が義務化され、必ず行わなければならなくなったのです。

工事費は28,800円(税抜)で、この金額は以前の10,000円(税抜)よりも約18,000円も増額されています。

拒否すると設備を残置することで発生する維持運用費相当額が請求されるので注意してください。

まとめ

auひかりの安さは、auスマートバリューと業界トップクラスの豪華なキャンペーンにありました。

auスマホユーザーはスマホ代もお得になるので特にオススメです。

また、契約する際はネット代理店やプロバイダ公式特典サイト経由で行い、さらにお得なキャンペーンを受け取ってください。

契約年数をしっかりと意識し、更新月や工事費の残債を頭に入れておくことで、解約時のリスクを減らすこともできるでしょう。

auひかりを最安で利用して、よりお得に快適なインターネットを楽しみましょう。

\ 【最新】auひかりキャンペーン情報 /
※月額割引をお得に利用したい方向けには「So-net」の割引プランをチェック
☞ 詳細記事はこちら「【2019最新】auひかりキャッシュバック比較!いま一番お得な窓口はここだ!」
auひかりのおすすめ申込窓口

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する