閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

auひかりが高い?料金内訳と料金を安くするための対処法まとめ

auひかりの料金が高いなと思ったことはありませんか?

auひかりの料金を安くするための対処法としましては、オプションや携帯プラン、支払い方法を見直すこととau WALLETでポイントをためる方法があります。

auひかりの適切な基本料金の内訳や料金見直し方法について解説していきます。

auひかりの基本料金はいくら?

基本料金というのは最低支払わなければいけない金額です。

auひかりの場合基本料金は、月額料金+ひかり電話+工事費です。

【auひかり戸建ての月額料金】

ずっとギガ得プラン ギガ得プラン 標準プラン
契約年数 3年 2年 なし
月額料金(1年目) 5,100円 5,200円 6,300円
月額料金(2年目) 5,000円
月額料金(3年目以降) 4,900円
解約違約金 15,000円 9,500円 なし

【auひかりマンションの月額料金】

月額料金
マンションミニ(光配線方式) 5,000円
マンションギガ(光回線方式) 4,050円
タイプF(光配線方式) 3,900円
タイプV(VDSL方式) 3,800円~4,100円
都市機構デラックス 3,800円
タイプE(LAN配線方式) 3,400円~3,700円

ひかり電話は、インターネット月額料金にプラス500円で利用できます。

またこのほかに以下の初期工事費用がかかってきます。

【auひかりの初期工事費用】

初期工事費用 分割請求方法
戸建て 37,500円 月額625円を60ヶ月間
マンション 30,000円 月額1,250円を24ヶ月間

工事費用は月額料金にプラスして分割で支払います。

ただしネットとひかり電話両方を申し込むことで、初期工事費相当額割引が適用され、工事費が実質無料となります。

詳しくはauひかりの工事費無料キャンペーンについての記事にて紹介しているので、あわせてご確認くださいね。

これら月額料金、ひかり電話、工事費を組み合わせた金額が基本料金といえます。

料金見直し① オプションを見直す

基本料金の内訳がわかったところで、ご利用中のauひかりの料金が高いと思われた方に向けて、ここからは料金見直し方法について解説していきます。

まず真っ先にすべきことはオプションサービスを見直すことです。

最初は必要だと思ってつけたオプションでも、現在全く使っていないものならば解約しましょう。

また、特典を受けるために最初加入し、解約し忘れているオプションもある可能性があります。

このようなオプションを解約する事で、毎月の料金が安くなります。

オプションの解約は契約しているプロバイダの会員サポートページからできます。

料金見直し② 携帯電話のプランを見直す

携帯料金のプランを見直す事で、auひかりの料金が安くなることもあります。

代表的なものではauスマートバリューという割引サービスがあります。

これはauスマホとauひかりをセットで利用した際に、スマホの月額料金から割引されるというものです。

auスマートバリューはauスマホ1台ごとに適用されるので、auスマホをお持ちのご家族が多ければ多いほどお得です。

【auスマートバリューの割引例】

月額割引金額
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで(シンプル):1GB超~2GBまで 500円
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GBまで 1,000円
auフラットプラン20/30auフラットプラン25 Netflixパック 1,000円
データ定額1 最大2年間 934円割引
※3年目以降ずっと500円割引

気になる方は、auスマートバリューについて詳しく解説した記事もご覧になってくださいね。

また携帯電話の通話プランが適切かどうかの確認や、携帯電話についているオプションの見直しも有効ですよ。

料金見直し③ 料金の支払い方法を見直す

料金の支払い方法にも実は節約できるポイントがあります。

紙の請求書が家に届いていませんか?

紙の請求書が家に届いているという方は今すぐやめるようにしましょう。

実は、紙の請求書を発行するのは有料で、1請求書あたり200円かかっています。

紙の請求書をやめて、web de請求書に変更することで、毎月200円の節約です。

紙の請求書の廃止方法は、電話かMy auから行う事ができます。

【電話による申し込み】
KDDIお客さまセンター 年中無休・通話料無料
au携帯から 157
一般電話から 0077-7-111
オペレーター対応時間 9:00-20:00

My auから行う場合はこちらから行うことができます
 

コンビニエンスストアでのお支払いにしていませんか?

コンビニエンスストアなどの窓口払いにしている人は、毎月の支払とは別に手数料を払っています。

毎月の支払いを口座振替かクレジットカード払いにすることで、その手数料を無料にできます。

手数料は、9999円以下で60円、10000円から29999円の間で100円、50000円以上になると300円かかります。

手数料をなくすためにも、口座振替かクレジットカード払いにしましょう。

auWALLETクレジットカードで支払えばさらにお得に!

auひかりの料金をさらに節約したい場合は、支払いをauWALLETクレジットカードで行いましょう。

au携帯電話やauひかりの利用額1000円ごとに10ポイントたまります

家族でまとめて支払いを行う場合、毎月数万円の支払いですので、多くのポイントをためる事ができますね。

たまったポイントは1ポイント1円として、毎月の支払いに使用できます。

また、auWALLETカードには、プリペイドのものがあるのですが、こちらは毎月のauひかりの支払いには指定できないため注意してください。

毎月のauひかり料金の支払いに対応しているのはauWALLTクレジットカードのみです。

料金の支払い方法について詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてくださいね!

料金見直し④ auWALLETでポイントをためる

先ほど少しauWALLETカードに関して紹介しましたが、ここでは詳しくお得なポイントを紹介していきます。

auWALLETクレジットカードは、新規入会&利用で最大10000ポイントもらえるほか、auユーザーの方は年会費無料、au料金の支払いでお得にポイントがたまるので、auユーザーであれば必須のクレジットカードといえます。

またauの支払い以外にも、出光やマツモトキヨシグループなど全国いたるところでポイントがたまります。

たまったポイントはauの支払いに使えるため、これによっても毎月の支払いをおさえる事ができます。

出典:auひかり公式サイト

とはいってもクレジットカードを新規で作るのには抵抗があるという方や、すでに持っているカードが多いので新しく作りたくないという方もいるでしょう。

そんな人には、auWALLETプリペイドカードをオススメします。

プリペイドカードなので、使いたい分だけスマートフォンやauショップで事前にチャージする形です。

クレジットカードのように使いすぎる事や不正利用される心配もなく、auWALLETクレジットカード同様にお得に使う事ができます。

もちろん年会費は無料なので、クレジットカードは作りたくないけどauのポイントをためてお得に使いたいという方は、プリペイドカードを作って利用してみてくださいね。

まとめ

ここまで、auひかりが高いと感じたときにするべき対処法について述べてきましたが、いかがだったでしょうか。
対処法としましては、以下のものが挙げられます。

  • オプションを見直す
  • 携帯電話のプランを見直す
  • 料金の支払い方法を見直す
  • au WALLETでポイントをためる

これらの対処法を実践してみてもまだauひかりが高いと感じるようであれば、NURO光をはじめとした他の光回線への乗換えを検討してみてもいいでしょう。

Sonet光プラスおすすめ申込窓口

おすすめ窓口株式会社ネットモバイル

最大127,000円還元!
最大127,000円還元!さらにauユーザーであればスマートバリューで月々の携帯代が割引に!auユーザーの方でauひかりが届かないエリアならSo-net光プラスがおすすめです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)