閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

知っておきたい!auひかり契約の7つのデメリットとその対処法

独自回線でインターネットサービスを提供するauひかりは、夜間や土日などの回線が混雑しやすい時間帯も速度が低下しにくい優れた光回線です。

しかし、いくつかデメリットもあります。

そこで今回は、auひかりの7つのデメリットを紹介し、その対処法と契約・解約時の注意点をまとめました。

デメリットを事前に把握し、対処法を知っておくことで、さらに便利にauひかりを利用していきましょう。

auひかりの7つのデメリットと対処法

auひかりには、次の7つのデメリットがあります。

  • 提供エリアが狭い
  • ずっとギガ得プランを解約する時は解約違約金がかかる
  • お得プランAを解約する時は解約違約金がかかる
  • IPアドレスがほぼ固定されてしまう
  • 光テレビサービスで地デジが視聴できない
  • ひかり電話の番号が2つまでしか発行できない
  • 回線撤去工事が有料

それぞれの内容と対処法を紹介します。

フレッツ光と比べ提供エリアが狭い!

auひかりは独自回線としては提供エリアが広いのですが、NTTのフレッツ光と比べると対応エリアが狭く、利用できない地域もまだ少なくありません。

例えば沖縄県ではauひかりは全域利用できず、沖縄に引っ越す際には別の光回線業者と契約しなくてはいけません。

そのため、auひかりに乗り換えようと思っても、エリアが対応していないために乗り換えられないということもしばしば起こります。

なお、沖縄で契約できるauひかりちゅらはauひかりとは別会社なので注意してください。

auひかりエリア提供エリア検索方法

auひかりを利用したい場合は、自宅が提供エリア内かどうか確認する必要があります。

エリアは以下のページから検索できますので、気になる方は確認してみてくださいね。

なお、auひかりを申し込む場合は引っ越し先やご自宅がエリア内か確認してから、auひかりに申し込むようにしましょう。

 ずっとギガ得プランの解約金

戸建て住宅でauひかりを利用するときは、3年契約のずっとギガ得プランがもっともお得な料金設定になっています。

しかし、3年契約かつ自動更新ですので、契約期間中に解約すると違約金として15,000円を支払わなくてはなりません。

解約違約金を払わずに解約したい方は、利用開始月を1ヶ月目として37ヶ月目か38ヶ月目、もしくは73ヶ月目と74ヶ月目(以後3年ごとに2ヶ月ずつ)に解約するようにしましょう。

auひかりずっとギガ得プランは料金が安い!

auひかりのずっとギガ得プランは、解約タイミングによっては解約違約金が発生しますが、それでも通常プラン(契約期間なし・解約違約金なし)で契約するよりは、ずっとギガ得プランはお得なプランです。

ずっとギガ得プラン
標準プラン
契約期間
3年
なし
解約違約金
15,000円
0円
1年目
5,100円
6,300円
2年目
5,000円
6,300円
3年目以降
4,900円
6,300円

※料金はいずれも税抜き表示です。

ずっとギガ得プランを選ぶと3年目までは毎年月額料金が下がります。

3年目以降は4,900円となり、標準プランよりも1,400円もお得です。

頻繁に引っ越しをするようなことがない限りは、ずっとギガ得プランを選ぶと良いでしょう。

 お得プランAの解約金

マンションでauひかりを利用するときには、2年間の定期契約プランであるお得プランAに申し込むことができます。

しかし、契約期間中に解約すると7,000円の解約違約金が請求されますので、解約タイミングを考慮する必要があります。

なお、お得プランAの契約月を1ヶ月目とすると、25ヶ月目と26ヶ月目、49ヶ月目と50ヶ月目(以後、2年ごとに2ヶ月ずつ)に解約すると、解約違約金は発生しません。

お得プランAにはおうちトラブルサポートがついている

お得プランAの月額料金は、契約期間が決まっていない標準プランと同額です。

しかし、お得プランAに加入することで、本来は税抜き月400円かかるおうちトラブルサポートが無料になります。

おうちトラブルサポートは、電気や水道、ガス周りのトラブルやカギの紛失などにも対応できるすぐれたサービスですので、いざという状況になる前に加入しておく方が良いでしょう。

固定IPアドレスになってしまう場合も

auひかりのIPアドレスは変動型ですが、あまり変更されることがないため、ほぼ固定型として使用されています。

特に固定型で困るということはないのですが、変動型と比べると不正アクセスされる可能性が高くなります。

セキュリティ上の観点から変動型IPアドレスを選んでいる人には、「これではセキュリティ対策ができない」と不満に感じてしまうかもしれません。

とはいえ、ネットゲームや家庭用監視カメラの中にはIPアドレスが固定ではないと利用できないものもあるため、上記のように逆にIPが固定型の方が良いという声も多いです。

固定IPアドレスを変更する方法は?

auひかりのIPアドレスは、実質は固定型ですが構造上は変動型のため、IPアドレスを自力で変更させることは難しいです。

どうしても変更したいときは、実費になりますが、ホームゲートウェイを交換するなどの方法をとることができるでしょう。

光テレビサービスで地デジが見れない!

auひかりのテレビサービスでは、地デジを視聴ができません。

現在、他の光回線のテレビサービスを使って地デジ放送を視聴している方は、そのままテレビサービスだけをauひかりに変えてしまうと、地デジが観られなくなってしまいます。

地デジ放送を視聴するためには、地デジ用のアンテナを立てるか、ケーブルテレビや地デジ放送を提供している他の光回線サービスの利用が必要になります。

以下の記事でauひかりテレビで地デジを見る方法も紹介していますので参考にしてください。

ひかり電話の番号が2つまでしか持てない!

auひかりの契約1つで、ひかり電話の電話番号を2つまで使用ができます。

二世帯住宅にお住まいの方や自営業の方には、嬉しいサービスですよね。

しかし、3つ以上の電話番号が欲しいとなると、もう1回線契約するか、NTTの固定回線サービスを利用するかいずれかの対策が必要になります。

解約時に回線撤去には工事費が発生!

解約時に回線を撤去するときは、有料の回線撤去工事(税抜き28,800円)が必要になります。

特に問題がないなら、わざわざ回線を撤去しなくても良いでしょう。

 解約する場合は他社の乗り換えサービスを利用する

賃貸住宅等にお住まいで回線撤去工事をどうしてもしなくてはならないとき、また、契約期間中に解約するため高額の解約違約金が発生するときは、乗り換え時の解約金等を還元してくれるサービスを利用してください。

例えば、ソフトバンク光では乗り換え時の違約金等を最大100,000円まで還元してくれますので、多額の費用が発生しても、自己負担金はほとんどかかりません。

auひかりの3つのメリット

auひかりのデメリットを紹介してまいりましたが、もちろん、auひかりにはメリットも多く、優れた光回線です。

特に次の3点は、auひかりならではの優れたメリットと言えるでしょう。

  • auスマホとのセット割がある
  • キャッシュバック等のキャンペーンが豊富
  • 工事費が実質無料になる

au携帯があればスマートバリューでお得

auケータイやauスマホをお使いの方なら、auスマートバリューが適用されて、月々のスマホ料金にがお得になります。

auスマートバリューでは、最大毎月2,000円の割引が可能ですので、auスマホユーザーはぜひ利用してください。

なお、契約者の家族がauスマホの場合も最大10回線まで割引が適用されますので、家族の中にauユーザーが多いときはさらにお得になりますね。

auひかりのキャッシュバックやキャンペーンがお得

auひかりでは、公式サイトでも乗り換え時の違約金還元キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

また、代理店サイトなら、公式サイトのキャンペーンに加え、独自のキャッシュバックキャンペーン等も利用できるようになっています。

以下の代理店では、最大106,000円のキャッシュバックを受け取ることが可能です。

auひかりなら初期工事費が実質無料!更にキャッシュバックも!

初期工事費

10ギガで超速!違約金還元!スマホ料金割引き!さらに最大147,500円還元!・・・詳しく見る

auひかりは、お得さを追求する方にも、納得できる光回線サービスなのです。

auひかりの工事費が実質無料!

auひかりと同時にauひかり電話に申し込むと、工事費を分割した金額が毎月割り引かれ、工事費が実質無料になります。

auひかりの工事費は、戸建てタイプで税抜き37,500円、マンションタイプで税抜き3,000円と高額ですので、実質無料は嬉しいですよね。

auひかりの解約時には残債を一括払いする必要がある

ただし、工事費の分割払い期間中に解約すると、残債が一括請求されます。

例えば、60回の分割払いを選んだ場合は、5年auひかりを使用しないと残債が発生します。

残債に関しては無料キャンペーンは適用されませんのでご注意ください。

auひかりのデメリットに関する口コミ投稿をチェック!

実際に、auひかりを利用している方は、auひかりのデメリットに対してどのような意見をお持ちなのでしょうか。

7つのデメリットそれぞれに対しての口コミを紹介します。

上記のように、auひかりがエリア外で契約できないとの声も多数見受けられました。

実は、auひかりを提供しているKDDIは関西で光回線の提供を行っているeo光と提携しているため、以下の地域では戸建てタイプは利用できません。

  • 関西:滋賀県・京都府・兵庫県・大阪府・ 奈良県・和歌山県・福井県
  • 中部:岐阜県・愛知県・三重県・静岡県

とはいえ、実際にエリアを検索してみるまでは分りませんので、契約を検討している方は一度エリア確認をしてみてくださいね。

ずっとギガ得プランの解約違約金だけでなく、工事費残債なども請求されたんでしょうね。

解約時は、プランの違約金だけではなく工事費の残債や解約月の月額料金なども発生しますので、実際にいくらかかるのかしっかり計算しておいてください。

IPアドレスは数年に1度は変わるのですね。

固定IPアドレスか変動IPアドレスかを意識してインターネトを利用している人にとっては、かなり扱いづらい業者と言えるかもしれませんね。

一見ややこしく地デジが見れないことを書いてあるため、注意しなくてはいけませんね。

3つ以上電話番号が必要という方もいらっしゃるようです。

しかし、ほとんどの方には、2つもあれば十分ですよね。

auひかりの回線撤去費用は2018年3月1日までは10,000円でしたが、3月1日以降は28,800円までに値上がりしています。

値上げ幅に驚いてしまいますよね。

auひかりからフレッツ光に乗り換えるデメリット

フレッツ光なら対象エリアが広いため、auひかりが利用できないエリアでもほぼ全域適用されます。

しかし、auひかりからフレッツ光への乗り換えにも、いくつかのデメリットが存在します。

特に次の4点には注意をしてください。

  • 月額料金がauひかりより高いことがある
  • auスマートバリューが適用されない
  • 乗り換えキャンペーンが実施されていない
  • 通信速度が遅くなる可能性がある

月額料金がauひかりより高くなる可能性がある

フレッツ光の公式サイトで紹介されている月額料金には、プロバイダ料金が含まれていません。

プロバイダ料金を合算するとauひかりの月額料金よりも高くなる可能性があるのです。

auスマートバリューの適用がなくなる

フレッツ光では、いかなる携帯キャリアともセット割は実施していません。

auスマートバリューが適用されていた方は、解約翌月からauスマホの月額料金が高くなってしまいます。

フレッツ光では乗り換えキャンペーンが実施されていない

フレッツ光では、乗り換え時に違約金等を還元してくれるキャンペーンや高額キャッシュバックなどのキャンペーンを実施していません。

フレッツ光では、乗り換え時にお得になることはほとんどないのです。

今より通信速度が遅くなる可能性がある

フレッツ光の回線は、NTTのフレッツ光だけでなく光コラボレーション業者も利用しています。

そのため回線が混雑しやすく、利用が集中する夜間は速度低下が起こる可能性があります。

auひかりから乗り換えて、速度の遅さを実感する人も少なくありません。

フレッツ回線で通信したいならSo-net光に乗り換えたほうがお得

先程も触れましたが、フレッツ光回線はNTTのフレッツ光だけでなく光コラボレーションでも利用できます。

フレッツ光回線にこだわる方は、フレッツ光回線を利用しつつauスマートバリューが適用されるSo-net光に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

月額料金にプロバイダ料金も含まれていますので、割安感がある点も魅力ですよ。

まとめ

auひかりにはデメリットもあるものの、高速通信が可能かつキャンペーンも豊富な優れた光回線です。

auスマホを利用しているならセット割も適用されますので、auユーザーには特におすすめの回線と言えるでしょう。

しかし、エリア外にお住まいの場合や不都合がある場合は、他の光回線に乗り換えるのも良いですね。

auユーザーならスマートバリューが適用されるSo-net光も検討してみてください。

キャッシュバック金額・受取方法に注目!auひかりおすすめ窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大110,000円キャッシュバック!
魅力的なのは最大110,000円のキャッシュバック!新規申込でも他社からの乗り換えでもおすすめの窓口です!月額はプランによって割引サービスを適用できるため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

おすすめ窓口フルコミット

翌月52,000円キャッシュバック!
な、な、なんと!有料オプションや面倒な手続きが不要!ネット回線申込みだけでも45,000円がキャッシュバック!auひかりをはじめる際に、早く確実にキャッシュバックが欲しい方におすすめ!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る