閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

auひかりの工事費は無料にできる!費用や注意点をまとめてみた

auひかり 工事費

auひかりを検討中だけど、高い工事費がネックで…とお悩みの方も多いかと思います。

しかし、auひかりでは工事費を実質無料にできるキャンペーンを実施しているため、工事費0円でauひかりを契約することだって可能なんですよ。

本記事では、auひかりの工事費がいくらなのか、そして工事費を無料にする方法を徹底解説していきます。

auひかりを契約するなら要チェックですよ。

auひかりの工事費はいくら?戸建て・マンション別に解説

まずはauひかりで工事を行う場合の費用がいくらかかるのかを見ていきましょう。

auひかりの工事費用は、戸建てかマンションかによって違いますので注意してくださいね。

戸建ての工事費用

一戸建て、もしくはマンションタイプが提供されない集合住宅は、戸建ての料金が適用されます。

戸建ての工事費用は37,500円です。

なお、開通工事を土日祝日に行う場合は、上記工事費に3,000円が上乗せされるので注意してくださいね。

マンションの工事費用

auひかりを利用できるマンションであれば、マンションタイプを利用します。

マンションタイプの工事費は30,000円です。

また、土日祝日に開通工事を行った場合は、戸建てタイプと同様に工事費が3,000円上乗せされますよ。

工事の流れは?

auひかりの工事は、申し込み受付から約2~3週間後に行われます。

原則立ち会いが必要となりますので、工事日調整の際は注意しましょう。

新規工事の場合の工事の流れは以下のようになります。

1.最寄りの外の電柱から、自宅の壁まで、光ケーブルを引き込む
2.建物の壁面に留め具を取り付け、光ケーブルを固定する
3.2の場所から引き込み口付近まで、壁面に光ケーブルを固定するための金具を固定する
※引き込み口とは、通気孔・エアコンのダクトなどのこと。ここから光ケーブルを通す。
4.引き込み口を通して、宅内に光ケーブルを引き込む
5.宅内側の引き込み口付近に光コンセントを設置し、ONU(光回線終端装置)を接続する

追加料金がかかる場合もある

以上が基本的な工事の内容ですが、宅内の配線を行ってくれるサービスもあります。

内容と料金は以下のとおりです。

内容 費用
作業員訪問費 作業員の派遣・訪問費用 3,600円/回
作業費 保安器折り返し工事 8,500円/回
ケーブル敷設基本工事(10mまで) 7,800円/10mまで
ケーブル敷設延長工事(10m以降1mごと) 500円/m
LANモジュラージャック取り付け 1,800円/個
電話モジュラージャック取り付け 1,400円/個
壁穴あけ 2,300円/個
光コンセント/ONU移設/接続テスト 12,000円/回
光ケーブル交換工事 3,000円
部材費 モール(1m単位) 3,600円/回
LANモジュラージャック 3,000円
光ケーブル交換工事 1,800円/個
電話モジュラージャック 1,000円/個

特に戸建てなどで追加の配線がほしい場合などに上手に活用しましょうね。

auひかりの工事費はキャンペーンで無料にできる

auひかりでは新規申し込みをするユーザーに対して工事費が実質無料になるキャンペーンを行っています。

しかし、無料といっても注意点があります。

次からは注意すべきポイントを押さえつつ、キャンペーンを上手に活用する方法を説明しますね。

auひかりの工事費は「実質無料」であることに注意

最初に、auひかりの工事費は、実質無料と謳われている点に注意しなければなりません。

auひかりの工事費は、無料=払わなくていいというわけではないんです。

実際には月額料金請求の際に、分割された工事費用が一緒に請求されています。

しかし、[月額料金+分割された工事費]に、以下表の分割金額(戸建て625円、マンション1,250円)が割引されています。

プラン 工事費用 分割請求の方法
戸建てタイプ 37,500円 60ヶ月間かけて毎月625円分割払い
マンションタイプ 30,000円 24ヶ月間かけて分割払いで毎月1,250円分割払い

分割された工事費用がプラスマイナスゼロとなることによって、実質無料となっているというわけなんですね。

auひかりの工事費無料キャンペーンは、「ネットと電話」の申し込みが条件

工事費無料のキャンペーンには、ネットと電話両方の申し込みが条件となっています。

インターネットのみの申し込みだと、工事費は無料になりませんので注意が必要です。

auスマートバリューの適用で、ネットと電話のセット申し込みでも損しない!

電話も一緒に申し込みとなると、途端にハードルが上がってしまうと感じる人もいるかもしれません。

しかし、auひかりでインターネットと電話をセットで申し込むと、セット割であるauスマートバリューの適用ができます。

auスマートバリューで、携帯料金が最大2年間・月額1,410円の割引となり、月々の電話の基本料金分も十分相殺できてしまうので損はありませんよ。

auひかりの申し込みについては、キャンペーンもお得な代理店・株式会社フルコミットの以下のWebサイトもチェックしてみましょう。

代理店限定の以下のキャンペーンで、よりお得に契約ができますよ。

  • 最大52,000円キャッシュバック
  • オプション不要でキャッシュバックがもらえる
  • 電話口で口座を伝えるだけで翌月にキャッシュバックを振込
  • もちろん他の公式キャンペーンも併用可能

auひかりの契約で最短翌月に最大52,000円キャッシュバック!

翌月末に最大52,000円キャッシュバック! 有料オプションに加入なし!申請も電話で振込み先を伝えるだけ。ネット回線のみでも45,000円キャッシュバック!

翌月末に最大52,000円キャッシュバック!ネット回線のみでも45,000円キャッシュバック! 有料オプションに加入なし!申請も電話で振込み先を伝えるだけ。・・・詳しく見る

auひかりの解約時の注意点!工事費の残債に注意

auひかりの工事費は、工事費の分割払いをまるごと割引することによる「実質無料」であることを説明しました。

そして、実質無料であるがために、解約の際にも注意が必要なことがあるんです。

次からチェックして、解約時に慌てることがないようにしましょうね。

解約のタイミングによっては残債が発生する場合も

工事費用の分割払い完了前にauひかりを解約すると、未払い分の工事費の残債を一括払いしなければなりません。

解約すると分割工事費の割引もなくなってしまうので、残りの工事費用だけが後に残ってしまうというわけです。

また、auひかりに限った話ではありませんが、更新期間以外の時期に解約すると、工事費の残債だけでなく違約金が発生する場合もあるので注意しましょうね。

例えば、auひかりホーム(戸建て)のずっとギガ得プラン(3年契約)で、24ヶ月後に解約する場合にかかる工事費の残債と違約金は以下のとおりとなります。

<auひかりホーム・ずっとギガ得プランの場合>

内訳 費用
工事費の残債 37,500円ー(625円×24ヶ月)=22,500円
違約金 15,000円
合計 37,500円

0円になるはずの工事費用と同じ金額を丸ごと支払わなければいけない結果となってしまいますね。

やむを得ない場合は仕方ありませんが、解約のタイミングはしっかり考えるようにしておくと損をしなくて済みますよ。

解約および違約金については以下のリンクも参照してください。

auひかりの解約時には撤去工事費が発生

auひかりの解約の際に注意しなければならないのが撤去工事費です。

2018年3月以降に契約したauひかり「ホーム」では、解約時に設備の撤去費用28,800円を支払わなくてはならなくなりました。

3月より前に契約していたユーザーであれば、設備を残置することも選択でき、撤去する場合の費用も1万円程度でしたが、今後auひかりを新しく契約する場合は注意が必要ですね。

違約金や撤去工事費を負担してくれる回線に乗り換えよう

高額な撤去工事費を払わなければならないとなると、回線の乗り換えをするにもためらってしまいますよね。

実は、光回線の中には違約金や撤去工事費を負担してくれるところがあるんです。

ソフトバンク光なら他社違約金や撤去工事費を還元してくれる

ソフトバンク光は、最大100,000円の違約金や撤去工事費を負担してくれるキャンペーンを実施しています。

10万円も負担してくれれば、撤去工事費だけでなく解約金が発生した場合でも十分負担できる金額ですよね。

ソフトバンク光の代理店・株式会社STORYであれば、以下の代理店限定キャンペーンやその他の公式キャンペーンも利用できてお得ですよ。

<代理店限定>

  • 開通後2ヶ月で受け取れる最大33,000円のキャッシュバック

<公式>

  • あんしん乗り換えキャンペーン:他社違約金・回線撤去費用を最大100,000円までソフトバンクが負担
  • ソフトバンクのスマホとのセット割で、スマホ料金を最大月額1,080円の割引
  • 11のオプションサービスが初月度無料
  • 乗り換え新規の申し込みで、最大24,000円のキャッシュバック

ソフトバンク光なら最短2か月後に最大33,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

ソフトバンク光もSoftBank airでも開通月から最短2か月後に現金33,000円キャッシュバック! フレッツ光からの乗り換えでも13,000円キャッシュバック!有料オプション加入なし!・・・詳しく見る

これってどうなの?auひかりの工事に関するその他の疑問

auひかりの工事費について、よくあるその他の疑問をまとめてみました。

住所を変える、プランを変える…そんなときはどうすればいいのかをお答えします。

引っ越しのときの工事費も新規の工事と同じ

auひかりを転居先でも使いたい場合は、転居先にて新規で契約する場合と同じ費用が発生します。

なお、引っ越しの場合でも工事費無料のキャンペーンは適用できるので安心してくださいね。

ただし、上記の場合でもネットと電話をセットで申し込むことが条件となりますので注意しましょう。

転居前の住所で工事費の残債がある場合は

転居前の住所で利用していたauひかりで工事費の分割払いが完了していない場合、残債を支払う必要があるのでしょうか。

結論としては、auひかりを転居先でも利用するのであれば、工事費の分割割引が引き続き適用されて実質無料にできます。

ただし、引っ越しに伴ってauひかりを一旦解約してしまうと、上記の割引が適用できなくなってしまうので注意してくださいね。

プランの変更で工事費はかかる場合も

auひかりのプランを変更する場合、工事費がかかるのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

基本的には、プラン変更をしても速度は変更されませんので、回線工事は不要です。

ただし、「auひかり・プラス」コースから「ギガ得」や「ずっとギガ得」など、回線速度が変わる場合は工事が発生します。

上記理由で回線工事が実施される場合は、工事費が請求されますので注意しましょう。

詳しくは、以下のリンクでも紹介していますので、参考にしてくださいね。

まとめ

auひかりの工事費はキャンペーンで無料!とアピールされていますが、以下のように注意が必要な点もあります。

  • 月額料金の割引による「実質無料」であること
  • 工事費無料キャンペーンは、ネットと電話をセットで申し込むことが条件であること
  • 上記の割引が完了する前にauひかりを解約すると、残債を支払わなければならないこと

以上の注意事項をしっかり把握して、お得にauひかりを始めましょうね。

さらに、戸建てタイプのauひかりホームでは2018年3月以降の新規申し込みで28,800円の撤去工事費が必須となることにも注意が必要です。

auひかりの解約時にはまとまったお金を支払わなければならないことになりますので、違約金や撤去工事費を負担してくれる乗り換え回線を選ぶといいでしょう。

キャッシュバック金額・受取方法に注目!auひかりおすすめ窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大110,000円キャッシュバック!
魅力的なのは最大110,000円のキャッシュバック!新規申込でも他社からの乗り換えでもおすすめの窓口です!月額はプランによって割引サービスを適用できるため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

おすすめ窓口フルコミット

最短翌月!52,000円キャッシュバック!
な、な、なんと!有料オプションや面倒な手続きが不要!ネット回線申込みだけでも45,000円がキャッシュバック!auひかりをはじめる際に、早く確実にキャッシュバックが欲しい方におすすめ!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)