閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

フレッツ光のプロバイダ・BIGLOBEの評判・違い・注意点を紹介!

フレッツ光 biglobe

BIGLOBEでは、フレッツ光などで利用できるプロバイダサービスだけでなく、ビッグローブ光という光コラボサービスも提供しています。

それでは、フレッツ光でプロバイダをBIGLOBEにした時と、ビッグローブ光を契約した場合は、料金・速度・割引にどのような違いがあり、どちらを契約したほうがおトクになるのでしょうか?

この記事では、フレッツ光でプロバイダをBIGLOBEにした時と、ビッグローブ光を契約した場合の違いや評判、注意点について徹底解説します。

BIGLOBE光パックNeo with フレッツとBIGLOBE光の違い

BIGLOBEでは、フレッツ光を契約してプロバイダとしてBIGLOBEを契約できるほかに、ビッグローブ光という光コラボレーションサービスも展開されています。

BIGLOBE光パックNeo with フレッツは、フレッツ光に別途プロバイダとしてBIGLOBEを契約し、組み合わせて使うサービス内容です。

BIGLOBE光パックNeo with フレッツの場合、利用する回線も契約元もすべてフレッツ光です。

ビッグローブ光は、一度契約すると他のプロバイダへ乗り換えられない代わりに、プロバイダ料金と光回線料金の支払いがセットになって、さらに料金もリーズナブルに設定されています。

ビッグローブ光の場合、利用する回線はフレッツ回線ですが、契約元はビッグローブです。

また、ビッグローブ光を契約した場合、月額料金がプロバイダ料金に込みとなっているほか、BIGLOBEスマホやBIGLOBE SIMとのセット割、auスマートバリューの適用など、料金面でも割引面でもBIGLOBE光パックNeo with フレッツよりBIGLOBE光の方が圧倒的におトクです。

フレッツ光とプロバイダ・BIGLOBEの料金

BIGLOBE光パックNeo with フレッツでは、以下の割引を適用して料金をおトクに使えます。

  • にねん割(NTT東日本・フレッツ光)
  • ギガ推し!割引(NTT東日本・フレッツ光)
  • 光はじめ割(NTT西日本・フレッツ光)
  • ファミリーおとく割(BIGLOBE)
  • 月額料金値引き特典(BIGLOBE)

NTT工事費の分割料金も含めた月額料金は、次のとおりです。

(工事日を含まない場合、開通翌月~30ヶ月目まで-500円です)

<NTT東日本エリア>

戸建住宅
集合住宅
(16契約以上見込める場合)
開通月
最大5,400円
(フレッツ光日割り)
3,150円
(フレッツ光日割り)
1~24ヶ月目
5,800円
3,950円
25~29ヶ月目
6,200円
4,350円
30ヶ月目
6,500円
4,550円
31ヶ月目以降
6,000円
4,150円

<NTT西日本エリア>

戸建住宅
集合住宅
(16契約以上見込める場合)
開通月
最大4,300円
(フレッツ光日割り)
最大2,850円
(フレッツ光日割り)
1~24ヶ月目
5,400円
3,700円
25~29ヶ月目
5,210円
3,530円
30ヶ月目
5,610円
3,930円
31ヶ月目以降
5,110円
3,530円

表をご覧になればわかる通り、月額料金は各種割引があるため、タイミングによって変化します。

東日本でBIGLOBE+フレッツ光を契約する場合は初めの2年間が割安、西日本では1ヶ月目以降30ヶ月目を除いて徐々に料金が下がっていきます。

料金が細かく変動するので、変化する月をカレンダーにメモしておきましょう。

プロバイダ・BIGLOBEの評判

プロバイダとしてBIGLOBEを使っている人の評判を調べてみたところ、速度面での評判がイマイチでした。

1つ目の口コミでは、光回線であるにもかかわらず速度が遅いと不満が述べられています。

J:COMは通常下り最大320Mbps・上り最大10Mbpsのサービスで、フレッツ光は上下最大1Gbpsです。

下り速度で仕様上勝っているはずなのに、実測だとJ:COMに負けているのは残念ですね。

2つ目の口コミでも、プロバイダによる速度の低下に対して不満が述べられていますね。

BIGLOBEは人気プロバイダであるため、結果的に回線が混雑し、速度が下がってしまいがちな傾向にあると考えられます。

BIGLOBEは夜間の通信速度が遅い

BIGLOBEなどの人気プロバイダは、夜間に速度が下がりやすい傾向にあります。

夜間は仕事や学校が終わって、家でインターネットを使う人が昼間に比べて倍増するからです。

夜にインターネットを使う機会がある方は、通信速度が下がりやすいことに注意しましょう。

また、次項で紹介するIPv6接続を利用すれば、混雑しやすい夜も含めて速度を快適なスピードにできますよ。

IPv6接続で速度が快適に!設定方法は?

BIGLOBEで利用できるIPv6オプションを利用すれば、通信速度が高速化します。

対応機器を所有していれば、最新のIPアドレスであるIPv6対応サイトと、従来から使われているIPv4の対応サイトを、それぞれIPoE方式という回線混雑の原因となる窓口を回避して利用できるしくみです。

下記の光電話対応ルーター、または無線LAN対応ルーターを利用している方は、IPv6オプションを利用して速度を改善できますよ。

  • PR-500
  • RT-500
  • RS-500
  • PR-400
  • RT-400
  • RV-440
  • RT-S300
  • PR-S300
  • RV-S340
  • NEC Aterm WG1200HP3(月額500円でレンタル可能)
  • Aterm WG810HP(JE)
  • ビッグローブ光でレンタルできる1ギガ対応無線LANルータ

対応機器を利用し、IPv6オプションで速度を改善してみてください。

BIGLOBE光パックNeo with フレッツよりもBIGLOBE光に転用がおすすめな理由

フレッツ光をすでに使っている人は、BIGLOBE光パックNeo withフレッツを利用するよりも、ビッグローブ光への転用がおすすめです。

これから新規契約をするとしても、ビッグローブ光を選んだ方が満足度が上がります。

ビッグローブ光なら、以下の5つのメリットがありますよ。

  • 新規契約・転用のどちらでも、月額料金がリーズナブル
  • auスマートバリューで、auスマホ代を割引にできる
  • フレッツ光からの転用なら工事費がかからない
  • 回線はフレッツ光、IPv6にも対応で高速・高品質
  • キャッシュバックキャンペーンもある

それぞれ解説するので、参考にしてくださいね。

BIGLOBE光は月額料金がリーズナブル

ビッグローブ光は、月額料金が安価です。

以下にBIGLOBE光パックNeo with フレッツとビッグローブ光の料金の違いをまとめたので、ご覧ください。

戸建住宅
集合住宅
BIGLOBE光パックNeo with フレッツ
4,300円(西日本・初月)〜6,500円(東日本・30ヶ月目)
3,150円(西日本・初月)〜4,550円(東日本・30ヶ月目)
ビッグローブ光・新規契約月額料金(税抜)
4,980円
3,980円
ビッグローブ光・転用月額料金(税抜)
1~24ヶ月目:4,160円
25ヶ月目~:4,980円
1~24ヶ月目:3,000円
25ヶ月目~:3,980円

見てのとおり、月額料金はビッグローブ光の特に転用が割安です。

フレッツ光ユーザーならビッグローブ光に転用すれば、2年間安価な月額料金でサービスを使い続けられますよ。

新規契約の場合でも、BIGLOBE光パックNeo with フレッツの戸建住宅プランでは西日本の初月を除いて月額料金が5,000円(税抜)を超えるので、ビッグローブ光の方がおトクです。

西日本エリアでマンションだと、16契約以上が見込める建物ならBIGLOBE光パックNeo with フレッツの方が安価ですが、次項で解説するauスマートバリューを含めると、割安なのはビッグローブ光ですよ。

auスマートバリューが適用できる

ビッグローブ光では、月額500円(税抜)のビッグローブ光電話契約を条件に、auスマートバリューを適用できます。

auスマートバリューは、auスマホ10回線までに毎月最大2,000円(税抜)の割引を受けられるサービスです。

家族で、または自分一人でもauを契約していれば、ビッグローブ光を申し込むことで月々のスマホ代を下げられますよ。

フレッツ光からの転用なら工事費が不要!新規でも工事費値引きあり

フレッツ光からビッグローブ光へ転用するなら、基本的に工事費はかかりません。

ビッグローブ光の回線設備は、フレッツ光のものをそのまま使うからです。

もちろんフレッツ光の違約金もかからないので、ご安心ください。

そして、ビッグローブ光は新規契約でも40ヶ月間の工事費相当額(月額750円)割引を受けられるので、工事費は実質0円です。(2018年10月時点)

工事費なしで契約できるのも、ビッグローブ光のメリットですね。

もしもBIGLOBE光パックNeo with フレッツを新規契約をする場合は、戸建住宅は工事費18,000円(税抜)、集合住宅だと15,000円(税抜)が発生するのでご注意ください。

ビッグローブ光は高速・高品質な光回線サービス

ビッグローブ光は、新規契約・転用のどちらでもフレッツ光回線がそのまま使われるので、回線品質はフレッツ光と変わりません。

高速で高品質な光回線サービスを利用したい方にも、ビッグローブ光はおすすめできますよ。

なお使ってみて通信速度に不安を感じたとしても、ビッグローブ光でもIPv6オプションを利用して速度の改善ができるので、ご安心ください。

ビッグローブ光のキャッシュバックがおトク

ビッグローブ光では、新規契約・転用のどちらでもキャッシュバックを受け取れます。

特典
新規
  • 25,000円キャッシュバック
  • 10,000円キャッシュバック+IPv6対応Wi-Fiルーター
転用
  • 10,000円キャッシュバック

高額なキャッシュバックを使って欲しいものを購入や、月額料金の支払いに充てたりしましょう。

フレッツ光とプロバイダ・BIGLOBEの解約方法

フレッツ光とプロバイダのBIGLOBEを別々に契約している場合、サービスが不要になった時は光回線とプロバイダをそれぞれ解約しなければいけません。

ここからは、フレッツ光+BIGLOBEやビッグローブ光の解約方法を解説します。

フレッツ光とBIGLOBEの解約(退会)手続き方法

フレッツ光とBIGLOBEは解約窓口が別々なので、それぞれ手続きを行わなければ完全な解約になりません。

フレッツ光の解約は電話対応のみなので、以下の番号へ問い合わせましょう。

0120-116116
受付時間9:00~17:00(年末年始除く)

プロバイダ・BIGLOBEの退会申し込みは、BIGLOBEの公式サイトから行えますよ。

BIGLOBE側は毎月25日の受付分までが当月分の受け付けとなり、末日をもって退会です。

26日以降は翌月末での退会になってしまうので、注意しましょう。

退会月の月額料金は満額請求なので、26日以降に解約すると1ヶ月分のプロバイダ料金が村になってしまいます。

【注意】退会とインターネット接続の解約の違い

BIGLOBEを退会しただけだと、インターネットの契約全てが解約になるわけではありません。

  • BIGLOBE(プロバイダ)の退会
  • フレッツ光の解約

以上2つの手続きを終えたところで、インターネットサービス全ての解約です。

BIGLOBEの退会後はインターネット接続サービス・BIGLOBEが使えなくなり、フレッツ光を解約すると自宅まで引かれているフレッツ光の回線を使えなくなります。

プロバイダのみ他社に移りたい場合は、BIGLOBEのみ退会・他社プロバイダの新規契約を行いましょう。

利用期間によっては違約金が発生する場合も!

フレッツ光やBIGLOBEには、違約金が設定されています。

違約金発生タイミング
戸建住宅
集合住宅
にねん割(NTT東日本)
2年契約満了翌月〜翌々月以外
9,500円(税抜)
1,500円(税抜)
光はじめ割(NTT西日本)
2年契約満了翌月〜翌々月以外
10,000円(税抜)
7,000円(税抜)
BIGLOBE
24ヶ月以内の解約
5,000円(不課税)

違約金発生タイミングに解約する場合は、違約金をしっかり用意しておきましょう。

ビッグローブ光の解約方法&違約金は?

ビッグローブ光の解約は、ビッグローブの公式サイトから行えます。

毎月25日までの受付分が当月の解約、26日以降は翌月になるので注意しましょう。

違約金は、以下のとおりです。

違約金発生タイミング
違約金(不課税)
2年プラン
契約最終月以外
9,500円
3年プラン
契約最終月以外
20,000円

ビッグローブ光の場合プロバイダと光回線を別々に解約する必要はありませんが、違約金が高めなので、できれば無料で解約できる契約最終月に解約したいですね。

まとめ

BIGLOBEをフレッツ光回線で利用したい場合、BIGLOBE光パックNeo with フレッツとビッグローブ光の2種類の契約方法があります。

BIGLOBE光パックNeo with フレッツでは、フレッツ光の回線とプロバイダであるBIGLOBEを個別契約です

ビッグローブ光はフレッツ光回線とプロバイダのBIGLOBEがセットになっていて、月額料金が安かったり、セット割やキャンペーンを利用できるメリットがあります。

おトクにBIGLOBE+フレッツ光回線を使いたい方は、ビッグローブ光の契約を検討しましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る