閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

フレッツ光のベストエフォートとは?わかりやすく解説!

光回線ナビ

フレッツ光のプランを選ぶとき、速度表示のところに「当サービスはベストエフォートタイプです」などの注釈が入っていることがあります。

「ベスト」と書かれていると何となく良いことのように思えますが、実はベストエフォートとは、「最大速度を実現できないこともあるけれども、最大限の努力をしているから容認して」との企業からのメッセージなのです。

今回はベストエフォートのメリットとデメリット、そして、フレッツ光がベストエフォート方式を利用している理由について解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ベストエフォートとは

ベストエフォートとは、直訳すれば「最大限の努力」ですので、サービスを提供するときに最大限の努力をすることを表現する言葉です。

ですが、企業が顧客にサービスを提供するとき、常に最大限の努力をするのは当然のことですよね。

それをあえて「最大限の努力をします」と注釈を付けることで、「努力はするけれども目標を到達できないこともある」と暗に示しているのです。

つまり、冒頭でも紹介しましたがベストエフォートとは、「最大速度を実現できないこともあるけれども、最大限の努力をしているから容認して」との企業からのメッセージだともいえるのです。

ベストエフォートタイプのインターネットサービスには、次のようなメリットとデメリットがあります。

ベストエフォートのメリット

ベストエフォートタイプにすることで、企業側には「最大速度が実現できなくても損害賠償を請求されない」というメリットが生じます。

もちろん、できるだけ理論上の最大速度に近付けるようにたゆまぬ努力をする必要はありますが、目標を達ができなくても特にペナルティはないのは企業にとって大きなメリットでしょう。

もちろん、ベストエフォートタイプは利用者にとっても大きなメリットがあります。

ベストエフォートタイプと異なり品質が保証されたサービスを「ギャランティタイプ」と言いますが、ギャランティタイプは品質が保証されている分、利用料金が高額になってしまいますので家庭用サービスとしては不向きです。

一方、ベストエフォートタイプは月々数千円で利用でき、家計を圧迫せずに家庭でインターネットを楽しめます。

ベストエフォートのデメリット

ベストエフォートタイプは、回線を複数の利用者で利用することで個々の金銭的負担を低くする接続方法ともいえます。

しかしながら、回線を同時に利用する人数(端末機器の台数)が少なければ理論上の最大速度に近い速度で利用できますが、回線を多人数(多くの端末機器)で同時に使用すると、理論上の最大速度からは大きく離れた低速になってしまうというデメリットもあります。

フレッツ光がベストエフォートの方式をとる理由

フレッツ光のサービスをすべての人にギャランティタイプで提供することは、ハード面にも無理があります。

しかも、金額的にもギャランティタイプはベストエフォートタイプとくらべると高額ですので、一般家庭には利用しづらいものとなっています。

多くの人が利用できるインターネットサービスとなると、やはり品質や速度保証がされてはいない代わりに安価に提供できる「ベストエフォートタイプ」がベストといえるでしょう。

もちろん、NTTも理論上の速度と品質を提供するために日々努力を続けていますので、「ベストエフォートタイプだから繋がりにくい」「ベストエフォートタイプだから通信速度が遅い」という状況にはなりにくくなっています。

理論値と実測値

なお、ベストエフォートタイプで表示されている速度は「理論値」です。

理論値とは、「インターネット通信に理想的な環境が完全に整ったときに計算上で可能だとされる通信速度」を指しています。

一方、実際に利用できる速度を「実測値」と言います。

こちらは、どのタイミングで測定するか、どのような環境(接続するケーブルや利用端末、Wi-Fiなどのルーター、同時に同じサービスでインターネットに接続する人数など)で測定するかによって変わりますので、インターネットに繋げてみるまではわかりません。

実測値がどの程度なら問題なく使えるのか?

フレッツ光の場合、スーパーハイスピードタイプ隼(NTT西日本)やレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ、ギガファミリー・マンションタイプ(NTT東日本)といったように、さまざまなインターネットサービス業者で「ギガ通信」「ギガ速」などの言葉が使われています。

そのため、「1Gpsの速度が出ないと、インターネット通信をスムーズに楽しむことができない」と思いこんでいる人も少なくありません。

ですが、実際には1Gbpsに近い速度が出なくても不便に感じることはすくないといえます。

具体的には、次の速度が出ていたら、ほとんど不便を感じることなくインターネット通信を楽しめます。

回線速度の実測値
スムーズに利用できるサービス
1Mbps以上10Mbps未満
・サイトの閲覧(容量が大きい画像を含む場合は若干遅くなる)
・メールの送受信
・ブログの更新
10Mbps以上30Mbps未満
・ファイルのダウンロード
・サイトの閲覧(容量が大きい画像を含む場合も不具合なし)
・動画の視聴
・オンラインゲーム
30Mbps以上
・映画などの高画質の動画の視聴
・高速対戦ゲーム
・容量が大きなファイルのダウンロード
・容量が大きなファイルのアップロード

インターネットの回線速度は回線だけの問題ではない

インターネットの回線速度が理論値よりも甚だしく遅いときは、もしかしたら回線以外にも何らかの問題が発生しているのかもしれません。

次のような理由が考えられますので、該当しているものはないか確認して見ましょう。

プロバイダが混雑している

プロバイダが混雑状況にあると、インターネットを快適に楽しむことができません。

また、プロバイダに問題が発生しているときも、インターネットの接続速度が遅くなることもあります。

あまりにも通信速度が遅い時は、プロバイダのサポートセンターにも問い合わせてみましょう。

自宅のネットワーク機器に問題がある

自宅で利用しているLANケーブルや無線LANケーブルが、高速通信対応型ではない可能性もあります。

契約しているフレッツ光の最大速度が発揮できるネットワークになっているのか、今一度確認してみましょう。

パソコンの処理速度に問題がある

パソコンの規格が古いと処理速度に時間がかかりますので、せっかくの高速通信サービスを最大限に発揮できない可能性があります。

また、1台のパソコンで同時に複数の作業を実行しているときは、処理速度が通常以上に低下してしまいます。

あまりにも速度が遅い時は、同時に2つ以上の作業を行わないようにしてみてください。

自分の回線速度を調べる方法

通信速度測定サイト上で、回線速度の実測値を調べることができます。

無料で利用できるサービスもたくさんありますので、気になった時は気軽にチェックしてみてはいかがでしょうか。

次の記事では無料で利用できる速度チェックサービスを紹介していますので、ご活用。

【関連記事】光回線の速度を知りたい!測定方法と通信速度の改善策

回線速度を早くしたいなら回線変更がおすすめ

光回線としてフレッツ光に契約しても、プロバイダが異なると実測値が大きく異なることがあります。

それは、回線を複数の利用者で利用することで個々の金銭的負担を低くするベストエフォートタイプという接続方法をとっているためです。

人気の光回線はたいていがベストエフォートタイプという方式をとっていますが、そのなかでもフレッツ光は特に利用者が多く、回線が混雑しやすいというデメリットがあります。

そこでおすすめなのがauひかりなど、他社の光回線です。

それでは、最後にフレッツ光よりも混雑が少なく、ベストエフォートタイプで価格も安価な回線をご紹介します。

auひかり

auひかりは、株式会社KDDIが運用するベストエフォートタイプの光回線で、最大速度がフレッツ光と同じ1Gbpsです。全国約70%の箇所が対象エリアとなっています。

【関連記事】auひかりのエリア確認方法とエリア外のおすすめ回線

申し込み特典として、以下のキャッシュバックサービスを受けることができます。

  • 最大70,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 開通から12か月間毎月1,200円割引
  • 初期工事費実質無料
  • 月額料金割引
  • auスマートバリューの適用

該当エリアで、auのスマートフォンを利用されている方は要チェックですね!

おすすめ窓口最大135,500円還元!
株式会社25
スマホ料金
最大2,000円割引き!
超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
工事費が実質無料・乗換えで違約金還元!
さらに、最大135,500円大幅還元キャンペーン実施中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

NUROひかり

2Gbpsの光回線です。

NURO光はベストエフォートタイプの光回線で、業界最速を誇る最大速度・2Gbpsが魅力です。

NURO光はもともと、関東地方限定の光回線でしたが、2017年11月20日より、近畿・東海での新規受付を開始しました。
提供エリアは以下のとおりで、開通は、2018年1月以降順次行われます。

  • 【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
  • 【東海】愛知、静岡、岐阜、三重
  • 【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

NURO光は利用できるエリアが狭いため、混雑が少ない光回線だといえます。

NURO光のお得なキャッシュバックサービスは、以下のとおりです。

  • 最大80,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 利用開始月の月額料金が無料
  • 月額料金12か月間2,980円
  • 工事費相当の1,334円を毎月の利用料金から割引
  • おうち割の適用
おすすめ窓口最大12万円の特典!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速通信
NURO光は月額4,743円で速くて安い!
工事費39,900円が実質無料のキャンペーン
ソフトバンクとのセット割も
最大80,000円キャッシュバック!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

コミュファ光

東海地方限定の光回線・コミュファ光はベストエフォートタイプの光回線で、最大速度がフレッツ光と同じ1Gbpsです。

申し込み特典として、以下のキャッシュバックサービスを受けることができます。

  • 最大80,000円のキャッシュバック
  • 初期工事費0円キャンペーン
  • auスマートバリュー
おすすめ窓口最大120,000円
キャッシュバック!
フルコミット
auの携帯料金が最大2,000円割引
中部地方で大人気のコミュファ光!auスマホとのセットで安くなるauスマートバリューの他にも初期工事費が実質無料になるキャンペーン!さらにこの人気窓口限定で最大120,000円の超高額キャッシュバックがもらえます!!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

ベストエフォートとは、「最大速度を実現できないこともあるけれども、最大限の努力をしているから容認して」という企業からのメッセージです。

ベストエフォートのメリットは、品質が保証されていない・回線を複数の利用者で共有する代わりに、個々の金銭的負担が軽くなり、月々数千円で利用できる点です。

また、デメリットとして、回線を多人数(多くの端末機器)で同時に使用すると、理論上の最大速度からは大きく離れた低速になってしまう点があげられます。

フレッツ光は利用者数が多い回線ですので、同じベストエフォートの光回線でも、利用者数の少ないauひかり・NUROひかり・コミュファ光といった他社の光回線がおすすめです。

携帯と光のセット割引に注目!キャリア別おすすめランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

インターネットを利用すると、毎月の出費になるので、できるだけ料金をおさえて、速度が安定する高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引されることが安くさせるポイント!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷ったことはありませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、使いたい光回線が利用できないエリアであったり、マンションで使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線にしようか踏みとどまっている方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定なので、WiMAXを上手に活用することで、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用もおすすめです!

WiMAX申込み人気No1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事