閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

【2分でわかる】NTT西日本フレッツ光の提供エリア確認方法│エリア外だった時の代替回線

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

フレッツ光の契約時に注意しなければいけないのは、フレッツ光には、NTT東日本が提供する「東日本エリア向け」とNTT西日本が提供する「西日本エリア向け」の2種類があることです。

フレッツ光西日本の対応エリアは、大阪府などを含む西日本全域です。

この記事では、フレッツ光西日本の対応エリア確認方法やエリア外の場合の対処法を解説します。

エリア外だった場合のおすすめの光回線も記事の最後でご紹介します。

フレッツ光西日本に対応している都道府県は西日本すべて

フレッツ光西日本の対応エリアは、以下のとおりです。

地方 都道府県名
中部 福井県・石川県・富山県・愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
関西 大阪府・和歌山県・京都府・奈良県・滋賀県・兵庫県
中国・四国 広島県・島根県・鳥取県・山口県・岡山県・香川県・高知県・愛媛県・徳島県
九州・沖縄 福岡県・熊本県・大分県・長崎県・佐賀県・鹿児島県・沖縄県

これらの県は、すべて最大1Gbpsでの高速通信を行う「フレッツ光 ネクスト」に対応しています。
つまり、西日本のほとんどで最大1Gbpsの高速通信が利用できます。

上記以外の都道府県にお住まいの方は、NTT東日本のフレッツ光を契約することですので注意してください。

要注意!西日本に住んでいてもフレッツ光が提供していない場所がある

エリア的には西日本のどの府県にも対応しているフレッツ光西日本ですが、注意したいのは建物や場所によってはエリア外になってしまうこともあるということです。

これは東日本でも同じことなのですが、ごく一部の地域ではフレッツ光が今後提供予定だったり、未提供だったりします。

あまり人が密集していない場所や離島などでは、2018年現在でもフレッツ光を利用できないことがあります。

そんな場合はエリア拡大の対応を待ちつつ、ポケットWi-Fiや他のインターネット回線などを利用するしかないでしょう。

記事の後半でフレッツ光がエリア外だったときのオススメインターネット回線も紹介しているので、ご覧ください。

アパート・マンションは建物によって利用できる固定回線が決まっている

またアパート・マンションなどの集合住宅は利用できるインターネットが決まっている場合が多いです。

建物に導入されていないインターネットを部屋に引き込みたい場合は大家さんや建物の管理会社に相談する必要があります。
勝手に工事を行うとトラブルになる可能性もあるので注意しましょう。

インターネットを普段からよく利用する方は物件を決める前に調べておくと安心ですね。

西日本エリアのフレッツ光・今後の拡大予定は?

前述したように、西日本エリアではまだフレッツ光を利用できない場所もあります。

しかしまだまだフレッツ光は拡大予定で、フレッツ光公式サイトでは今後のフレッツ光の拡大予定をチェックすることも可能となっています。

NTT西日本公式サイト│フレッツ 光ネクストの提供エリア拡大予定を知ることはできますか。

エリア確認方法と問い合わせ

NTT西日本エリアにおけるフレッツ光のエリア確認は、公式サイトを利用するのが簡単です。料金などはかかりません。

まずは、「サービス提供エリア検索・お申し込み」のページを開き、表示されている地図の住んでいる都道府県をクリックしましょう。

続いて県の画像をクリックすれば、提供中のエリアと未提供エリア、そして今後提供予定のエリアが色分けされて表示されます。

これだけであっという間に、フレッツ光を利用できるかどうかがわかりますね。

ただし提供エリア内でも建物がフレッツ光に対応していない場合はありますので、念のため電話などで詳細に確認することをオススメします。

フレッツ光西日本のフリーダイヤルである「0120-116116」に朝9時から午後5時までに問い合わせて、詳細を聞いてみましょう。

またはNTT西日本にメールで問い合わせることもできます。

エリア確認は無料でできる

フレッツ光では、エリア確認をするだけでは利用料金などがかかることはありません。

契約したいと思ったら、公式サイトのエリア確認ページから気軽にエリアをチェックしてみましょう。

→ フレッツ光のエリア確認をする

光テレビサービスは別途エリア確認が必要

ちなみにフレッツ光では「光テレビサービス」や「ひかり電話サービス」など、光回線を使ったいろいろなサービスを提供しています。それらの対応エリアはフレッツ光の光回線とはまた別なので、こちらも注意しましょう。

< NTT西日本の光テレビサービスの提供エリア >

  • フレッツテレビ・・・16府県
  • ひかりTV・・・10府県

例えばNTTが提供している光テレビサービス、「フレッツ・テレビ」は、西日本だと29県中16府県しか対応していません。
NTTぷららが提供しているひかりTVは10県のみの提供です。

詳しくはそれぞれのサービスの公式ホームページを確認してください。

フレッツ・テレビの提供エリア
ひかりTVの提供エリア

フレッツ光のテレビサービスについては、次の記事をお読みください。

エリア外の場合にオススメする回線

NTT西日本のフレッツ光が残念ながらエリア外だった方は今から紹介するインターネット回線をお試しください。

きっと、満足する回線が見つかりますよ。

全国各地のCATVのインターネット回線

NTT西日本のフレッツ光がエリア外だった場合でも利用できる可能性があるのが、各地方のケーブルテレビのインターネット回線です。

代表的な会社だとジュピターテレコムが提供しているJ:COMや、ケイ・オプティコムが提供しているeo光などが有名です。

本業はケーブルテレビだけあって、テレビサービスは充実しているでしょう。

地域密着型の企業が多いため、住んでいる地域でインターネットが利用できるかどうかまずは相談してみることをオススメします。

また、東海地方限定にはなりますが、当サイトで紹介しているコミュファ光は最大30,000円のキャッシュバックを行っているので、気になった方はチェックしてみてください。

\最短2ヵ月後!最大30,000円キャッシュバック/
コミュファ光のキャンペーンをみる
※代理店NEXTの特典をチェック

KDDIが提供しているauひかり

フレッツ光がエリア外だった方でも、KDDIが提供しているauひかりは利用できるかもしれません。

特にauユーザーの方はスマホとインターネット回線をauにすることで携帯料金が月額から最大2,000円割引される「auスマートバリュー」を適用できてお得です。
auの携帯・スマホ1回線につき割引を適用できるため、家族全員でauを利用している家庭には特にオススメです!

また、次のサイトからauひかりを申し込むと開通から最短で翌月に最大52,000円のキャッシュバックがもらえます。
お得にインターネットをはじめたい方は見逃さないでくださいね。

\最短翌月末振込!最大52,000円キャッシュバック/
auひかりのキャンペーンをみる
※代理店フルコミットの特典をチェック

固定回線は来ていなくてもモバイルルーターなら利用できるかも

山沿いなど、一部の地域は固定回線がまだ来ていない、あるいは整備される予定もないこともあります。

そんな方にオススメなのがモバイル回線です。
携帯やスマートフォンのように無線で接続でき、モバイルルーターから電波を飛ばすことでインターネットを利用できます。

もちろん、無線のWi-Fiのみではなく有線でパソコンに直接繋ぐこともできますよ。

特にオススメなモバイルルーターを紹介しましょう。

ギガ放題で快適通信ができるWiMAX

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルルーターです。

「ギガ放題」と呼ばれる料金プランでは3日で10GB以上通信をすると速度が低下してしまいますが、月間通信量は無制限です。

また、最新の機種だと通信速度も最大708Mbpsとフレッツ光のような固定回線と遜色ない性能になっていて、高速なインターネットが可能です。

そんなWiMAXですが、実はさまざまな会社が提供していて、同じ機種で同じ回線なのに料金が大きく違います。

最も確実に安く契約できるWiMAXは当サイトで紹介しているBroad WiMAXです。
本家UQ WiMAXよりと比較すると2年間で約2万円以上の差がでます。

プロバイダ名 UQ WiMAX Broad WiMAX
ギガ放題プラン 1~3カ月:3,696円
4カ月目以降:4,380円
1~3カ月:2,726円
4カ月目以降:3,411円
2年間合計の料金 103,068円 79,809円

また、以下の公式オンラインサイトから申し込むことで初期費用18,857円と端末代金が無料になるキャンペーンを行っています。

どこよりもお得にWiMAXを契約したい方はご覧ください。

\他社で発生した違約金を負担!/
Broad WiMAXの詳細をみる
月額料金2,726円~

引っ越しでエリア外になる(エリアをまたぐ)場合はどうする?

最後に、フレッツ光西日本エリアから東日本エリアへ、反対に東日本エリアから西日本エリアへ引っ越すにあたっての手続きもチェックしてみましょう。

通常フレッツ光では同じエリア内における引越なら移転手続きができますが、このようにエリアをまたいでしまう場合は、現在のフレッツ光は解約して新規契約をしなければいけません。

そのため工事費を支払い終えていない、最低利用期間(契約期間)内であるなどの問題がある場合は、解約の際に解約金・残債を支払わなければいけなくなります。

また、移動先で利用するフレッツ光の契約手続きも行いましょう。開通にあたっては工事が必要になるので、こちらも要注意です。

詳しくは以下の関連記事で解説しているので、チェックしてみてください。

【関連記事】フレッツ光の移転手続きの方法 | 他回線へ乗り換えもあり?

まとめ

フレッツ光西日本は、西日本の広いエリアに対応しています。

しかし地域によっては一部フレッツ光に対応していなかったり、建物が非対応だったりすることもあります。
お住まいの地域にフレッツ光西日本が非対応な場合は、ほかの回線を契約する方法がオススメです。

また、引っ越しにあたり東日本から西日本などフレッツ光の提供エリアをまたぐ場合は、今の回線を解約してから向こうで新規契約が必要ですので、くれぐれも解約忘れにはお気を付けください。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新