閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

NTT西日本のフレッツ光に対応している人気プロバイダを比較

フレッツ光 西日本 プロバイダ

フレッツ光西日本を契約する際は、光回線と合わせてインターネットに接続するためのプロバイダ(ISP)も契約しなければいけません。

フレッツ光西日本に対応するプロバイダは、OCNやBIGLOBEなど大手プロバイダをはじめマイナーなプロバイダまで含めると数百社以上あり、プロバイダごとに、利用料金が異なっています。

そこで、主なプロバイダの特徴や料金、そして使っているプロバイダに不満が生じた場合の乗り換え方法も合わせて解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

NTT西日本フレッツ光で契約できるプロバイダ一覧

冒頭でも述べたようにNTT西日本のフレッツ光では数百社とのプロバイダ契約が結べます。

しかし、そんなに多くの選択肢があってもどのプロバイダが良いかわかりませんよね。

そこでおすすめしたいのが、フレッツ光とプロバイダをまとめて契約できる「with フレッツ」です。

NTT西日本のwith フレッツでは10社のプロバイダから好きなプロバイダを選べます。

< with フレッツ対応プロバイダ >

  • Asahi Net
  • BB.excite
  • BIGLOBE
  • WAKWAK
  • OCN
  • plala
  • So-net
  • DTI
  • @nifty
  • hi-ho

上記のwith フレッツで選択可能な10社のプロバイダはどれもいわゆる大手プロバイダと呼ばれており、名の通っていないプロバイダとくらべると通信が安定していたり、サポート力が高く安心感があります

フレッツ光西日本対応の人気プロバイダを比較!

ではフレッツ光西日本に対応する大手プロバイダのなかでも特に人気の10社を比較して、どのような違いがあるのかを見ていきましょう。

月額料金と割引・キャンペーンの比較

NTT西日本のwith フレッツに対応する大手プロバイダ10社の月額費用と割引・キャンペーンを表にまとめました。

プロバイダ名
月額料金(税抜)
割引・キャンペーン
戸建て
マンション
Asahi Net
780円
700円
開通月0円+11ヵ月間490円
BB.excite
500円
500円
BIGLOBE
1,000円
800円
開通月0円+36ヵ月間500円
WAKWAK
950円
800円
開通月0円+23ヵ月間500円
OCN
1,100円
810円
開通月0円
plala
1,000円
800円
開通月+11ヵ月間0円
So-net
1,000円
900円
開通月0円+11ヵ月間300円割引
DTI
951円
680円
開通月0円+23ヵ月間475円
@nifty
1,000円
950円
開通月+16ヵ月間0円
hi-ho
1,200円
890円
開通月+3ヵ月間0円

※いずれの料金もフレッツ光西日本が提供する「フレッツ光ネクストスーパーハイスピードタイプ隼」という料金プランを利用した場合における、プロパイダのみの月額利用料金です。

上記のように、プロバイダによって月額料金や行っている割引には大きく差があります。

表を見るとNTTのグループ企業である最大手のプロバイダ、OCNが少々割高に見えます。

最も割引率が高いのは最大19,000円分割引されるBIGLOBEですが、3年以上の長期間契約する場合だとBB.exciteの方が安くなります

フレッツ光の月額利用料 + プロバイダの月額料金が請求金額

毎月フレッツ光の月額利用料とプロバイダの月額料金を足した金額が請求されます。

<フレッツ光の月額利用料>

住居タイプ月額料金(税抜)光はじめ割適用後の料金
(1,2年目)
戸建て5,400円4,300円
マンションプラン1
(8ユーザー以上の契約見込みがある建物)
3,700円3,250円
マンションプラン2
(16ユーザー以上の契約見込みがある建物)
3,200円2,850円
マンションプランミニ
(6ユーザー以上の契約見込みがある建物)
4,500円3,950円


上記の料金に別途プロバイダ料金が発生します。
※マンションタイプの料金は建物の規模によって3段階に分けられます。

2年間の継続利用を約束して適用できる「光はじめ割」のおかげで戸建てタイプだと1,100円、マンションタイプだと450円割引されます。

プロバイダの割引キャンペーンと併用することで更に料金を節約できますね。

料金シミュレーションする

プロバイダの速度比較!どこが快適に利用できる?

フレッツ光の最大通信速度は1Gbpsですが、あくまで理論上の最大速度のため、実際に1Gbpsで通信できることはまずありません。

また、インターネットの通信速度は周辺の通信環境や、基地局との距離、利用している時間帯などさまざまな要因で上下します。

ですのでどのプロバイダが速いとは言いきれないのが実情です。

しかし、一つ速いプロバイダの基準を設けるとしたら「IPv6」という新しい通信方式を利用できるかどうかに注目してみましょう。

@nifty,BIGLOBE,So-netなどのプロバイダで申し込むことができます。

IPv6でインターネットに接続すると夜間などの混雑した時間帯であっても、快適にインターネットを利用できます。

IPv6について詳しく知りたい方は次の記事もチェックしてみてください。

さらに速度にこだわりたい方向けのプロバイダ

更に通信速度を求めるヘビーユーザーの方には「ちょっパヤ!ネット」というプロバイダをおすすめします。

月額料金は2,366円と先ほどご紹介したプロバイダの倍以上ですが、IPv6を標準採用しており速度に自信が伺えます。

また、オプションサービスの固定IPアドレスの利用料金は大手プロバイダよりも安くなっている点にも注目です。

デイトレードやオンラインゲームなどをストレスなく利用したい方におすすめのプロバイダといえるでしょう。

⇒ 高速なプロバイダなら「ちょっパヤ!ネット」で!

NURO光速度訴求バナー

NURO光は最大2Gbpsで超高速!

NURO光は最大2Gbpsで超高速!月額4,743円で最新無線LANもコミコミの料金。この窓口からの申し込みで最大80,000円のキャッシュバックキャンペーン・・・詳しく見る

フレッツ光西日本でプロバイダを契約する際の注意点

プロバイダ契約時に、いくつか注意しておきたいポイントをご紹介します。

契約して最初にプロバイダの設定が必要

フレッツ光とプロバイダを契約しただけではまだインターネットに接続できません。

屋内に引き込まれた光ファイバーからNTTの機器に接続しパソコンに繋いだ後、プロバイダの初期設定が必要です。

プロバイダから送られてくる説明書どおりに手順を踏めば問題なく接続できるはずですが、上手くいかない場合はプロバイダに直接問い合わせて解決してもらいましょう。

東日本と西日本、建物の規模でも料金が異なる場合あり

NTT東日本と西日本で、同じプロバイダを契約しても利用料金が異なっている場合があります。

例えばOCNは東日本の集合住宅で契約する場合、2年割適用で月額650〜900円(税抜)。しかし西日本だと月額810円(税抜)です。

また、集合住宅の場合は、建物の規模によっても月額利用料金が変わってくることがあります。こちらも合わせてチェックしてみましょう。

プロバイダによっては非対応のサービス・エリアがある

フレッツ光回線と同時に契約する「インターネットプロバイダ」ですが、実はプロバイダごとに提供しているエリアが異なる場合があります。(例えば大阪府では契約できても、愛媛県だと契約できないプロバイダなど。)

引っ越しの際などは、プロバイダの対応地域もチェックしてみることをおすすめします。

お住まいの住所にプロバイダが対応しているかどうかは、フレッツ西日本の公式サイト「プロバイダの対応状況」から調べることができます。

最大94,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 最大70,000円キャッシュバック
  • 月額6ヶ月分(24,000円相当)還元
  • 他社回線から乗換え違約金を10万円まで満額負担
  • おうち割適用で毎月最大1,080円割引

プロバイダを乗り換える際の手順

光回線とプロバイダがセットになっている「光コラボレーション」ではプロバイダを変更できませんが、通常のフレッツ光とプロバイダをそれぞれ契約している場合は、後からプロバイダを変更もできます。

お使いのプロバイダに、「速度が遅い」「料金が高い」など不満が生じた場合は、プロバイダを変更してみてはどうでしょうか。

プロバイダを乗り換える手順は、以下の3ステップです。

  1. 新しいプロバイダに申し込む
    まず解約よりも先に行いたいのは、新しいプロバイダへの申し込みです。契約内容をしっかり確認して、新しいプロバイダに新規申込を行いましょう。
  2. 現在のプロバイダの解約を行う
    現在契約しているプロバイダの解約を行います。ここで解約し忘れると、料金が二重払いになってしまう場合があるので気を付けましょう。
  3. インターネットの接続設定を行う
    新規申し込みを行ったプロバイダから、IDとパスワードが記載された書類などが届くので、それを元にインターネット接続設定をし直します。

なぜ一番最初に新しいプロバイダの申し込みを行うのかというと、プロバイダの変更前に現在のプロバイダを解約すると、インターネットが使えない期間が発生する恐れがあるからです。

プロバイダの解約は、新しいプロバイダの設定が終わってから行うようにしましょう。

他社回線からソフトバンク光へ乗換え違約金が実質0円に!

違約金0円

ソフトバンク光なら他社の回線解約違約金を全額負担!
さらに新規申込みで最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

プロバイダの変更に工事費は不要

光回線の乗り換えを行う際につきものなのが「工事費用」ですが、すでにフレッツ西日本の回線を契約しており、プロバイダだけを変更する場合は、工事費用は必要ありません。

なぜなら、プロバイダの乗り換えはあくまでネットに繋ぐ方法(いわば窓口)が変わるだけで回線はそのままであるからです。そのため、プロバイダの乗り換えの際に回線工事を行うことはありません。

しかし、プロバイダの契約期間によっては、解約の際に「解約金(違約金)」を支払わなければならない場合があります。

プロバイダの乗り換えの際は、電話や公式サイトから、現在契約中のプロバイダに「違約金はかかるか」かならず問い合わせを行い、解約月には十分気を付けましょう。

【番外】他社回線とフレッツ光間の乗り換え手順は?

他社のインターネット回線からフレッツ光に乗り換える、あるいはフレッツ光から他社回線に乗り換える場合は、基本的に今使っている回線を解約しつつ乗り換え先の新規契約を行うことです。

auひかり、NURO光などの他社回線とフレッツ光回線では使う機材など異なるので、回線工事を伴います。

現回線の撤去工事と新規回線の開通工事をできるだけ近い日に行うことで、ネットが使えない期間を短縮できます。

契約・解約ともに工事までにはある程度日数がかかってしまうので、回線の乗り換えをする際は早めに申し込みを行いましょう。

最大135,500円大還元キャンペーン!

auひかりがお得なポイント

  • 超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
  • 最大135,500円大幅還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質無料
  • auスマホ1台につき毎月最大2,000円割引

まとめ

フレッツ光西日本では、たくさんの種類の中からプロバイダを選んで契約できます。

キャンペーン展開が多いプロバイダや、割引サービスが行き届くプロバイダ、料金設定がとにかく安いプロバイダなど、それぞれに特徴があるので、自分にあったプロバイダをじっくり検討してみましょう。

携帯と光のセット割引に注目!キャリア別おすすめランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

インターネットを利用すると、毎月の出費になるので、できるだけ料金をおさえて、速度が安定する高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引されることが安くさせるポイント!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷ったことはありませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、使いたい光回線が利用できないエリアであったり、マンションで使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線にしようか踏みとどまっている方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定なので、WiMAXを上手に活用することで、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用もおすすめです!

WiMAX申込み人気No1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事