閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

フレッツ光の回線速度は遅い?実測値や遅い場合の原因と対策を紹介

フレッツ光 速度

NTTが提供するフレッツ光といえば、光回線を利用した高速インターネットサービスの元祖です。しかし、「フレッツ光は遅い」という声をちらほら耳にすることがあります。実際に利用していて、ネットが重いと感じる方も少なくないかもしれませんね。

フレッツ光は本当に遅いのでしょうか?結論から申し上げますと、フレッツ光は他社の光回線と遜色のない、高速なサービスです。

この記事では、フレッツ光の具体的な速さや遅くなってしまう理由、解決方法をご紹介します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

フレッツ光の回線速度

一般的に、インターネットの通信速度を表す単位として「Mbps」や「Gbps」といったものが使われます。これは、1秒間にどれくらいのデータを通信できるかを表す単位で、1Gbps=1,000Mbpsです。

ベストエフォートは1Gbpsと高速

フレッツ光の公式ホームページには、フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsとあります。

光回線が登場する前のADSLの通信速度は1Mbps~50Mbpsでしたので、これは高速といえます。しかも、フレッツ光はギガプランのみなので、利用するとどのプランを選んでも概ねこの速度での提供となるのです。

しかし、注意したい点はこの速度はベストエフォートということです。ベストエフォートとは、「理論上、最大でこの速度が出る」というもので、実際の使用環境でこの速度が出ることはまずありません。

フレッツ光の実測値は?

では、フレッツ光の実測値はどのくらいなのでしょうか。日常的に使用する場合の実測値は、契約した内容や環境にも異なりますが概ね50Mbps~100Mbpsくらいです。最大速度の1Gbpsにくらべると10分の1以下になっていますが、これだけの速度が出ていれば、快適にインターネットを利用できるので、安心してください。

それでも、インターネットを利用していて「遅いな」と感じる場合があると思います。

そんな時にインターネットの通信速度を実際に計測できる方法があります。

フレッツ光の速度を計測する方法

フレッツ光の通信速度は、速度測定サイトやアプリを利用して計測できます。おすすめのサイトをご紹介しますので、ご自宅のフレッツ光がどのくらいの速さなのか気になる方は、チェックしてみてください。

下り速度、上り速度、応答速度のすべてをワンクリックで測定できます。Flash Playerも必要なく、もちろん無料です。

フレッツ光が遅い原因と解決法

インターネットの通信速度が遅い原因は、大きくわけて二つあります。ひとつはNTTの光回線をインターネットに接続できるようにしているプロバイダの問題、もうひとつは自分の使っている機材の問題です。

プロバイダ

プロバイダによって通信速度は変わる

プロバイダによって回線速度が変わることはよくある話です。なぜなら、フレッツ光を利用する場合、プロバイダの設備を介した上で、NTTの光回線を通じて情報のやり取りが行われるからです。このプロバイダの設備状況によって、回線速度が遅くなってしまうことがあるのです。

1つ目が、プロバイダの設備です。技術的な詳しいご説明は省きますが、バックボーンという設備のキャパシティはプロバイダ毎に異なり、バックボーンが脆弱な場合、インターネットの通信速度が遅くなる場合があります。

2つ目に、その地域での利用者数です。バックボーンがしっかりしていても利用する人が多いと、回線が混雑してしまいます。人気の大手プロバイダであっても、たくさんの人が契約すると、遅くなる可能性があるというわけです。

・遅い場合はプロバイダ乗り換えを

あまりにも通信速度が遅い場合、プロバイダの乗り換えを検討してみてもいいかもしれません。

プロバイダを乗り換えること自体はそれほど難しいことではありません。大きく区切ると「新しいプロバイダとの契約」「これまで利用していたプロバイダを解約」「インターネットの設定」の3つの手順でプロバイダを乗り換えることができます。

乗り換える際は、新しいプロバイダの契約を済ませてからこれまで利用していたプロバイダの解約をするようにしてください。解約から先にしてしまうと、タイムラグが発生し、インターネットが利用できない期間ができてしまいます。また、プロバイダを解約する際には、違約金がかからない解約月の確認を忘れずにしてください。

とはいえ、回線速度に関してのプロバイダの見極めは難しいものです。大手プロバイダでもユーザー数の多さで、通信量が設備でまかなえる帯域を圧迫し回線速度が落ちてしまうという事例が多数存在します。

では「プロバイダ選びが困難」という人や「プロバイダに左右されずに速度の速いインターネット回線を利用したい」という人はどうすればいいのでしょうか。

・光回線サービス自体の乗り換えもおすすめ

フレッツ光を利用していて遅いと感じた場合には、光回線サービス自体を乗り換えるという方法もあります。この時注意すべき点は、フレッツ系以外の回線に乗り換えるという事です。光コラボレーションは、サービスの提供元はSoftBankやdocomoなどでも、回線自体はフレッツ光と同じものを使用しています。

NTTのフレッツ系以外の光回線サービスは、auひかりやNUROひかり、電力系の光回線があります。それぞれサービスや特典など多数ありますので、自分に合った光回線サービスを選ぶことをおすすめします。

マンションタイプの配線方式

フレッツ光には、戸建て住宅用のファミリータイプと集合住宅用のマンションタイプがあります。マンションタイプの場合、光回線を建物まで引き、そこから各住戸に提供するのですが、その配線方式の中に、通信速度が遅くなってしまうものがあります。

マンションタイプの配線方式は3つ

マンションタイプの配線方式は「光方式」「LAN方式」「VDSL方式」の3つがあります。

この3つの中で一番回線速度の速いものは「光方式」です。これは、マンション棟内にある配管を利用して光ファイバーケーブルを使い各住戸まで光回線を提供する方法です。

次に速いのが「LAN方式」です。これは、マンション棟内にあらかじめ設置してあるLANケーブルを利用して各住戸まで光回線を提供する方法です。光ファイバーケーブルにくらべるとLANケーブルは速度が落ちてしまいます。

一番遅いのは「VDSL方式」です。これはマンション棟内にある既存の電話回線ケーブルを利用する方法です。光回線にくらべると通信上限速度がかなり遅くなっています。電話回線なので電子レンジなどの電波の影響を受けやすく、通信が不安定になりやすいというデメリットもあります。

こう見ると、できれば「光方式」での提供を望むところですが、自分の住んでいるマンションがVDSL方式だった場合、光方式に移行するためには工事費用が必要になってきます。しかし、建物の構造の問題で工事ができなかったり、大家さんの許可が取れなかったりすることもあります。インターネットを快適に利用したい場合、引っ越しする際に光配線が可能かどうか、チェックしておくといいでしょう。

配線方式を変えられない場合、モバイルルーターへの乗り換えを検討

配線方式を変えられない場合は、工事不要のモバイルルーターを利用するという選択肢もあります。Wi-Fiの設定も簡単にでき、手軽に利用できます。固定回線の代わりに利用するのであれば、通信容量無制限のWiMAX、もしくは持ち運びはできないものの、完全に使い放題のSoftBank airをおすすめします。WiMAXはauのスマホと、SoftBank airはソフトバンクのスマホとのセット割があるので、自分の持っているスマホのキャリアから選択するというのも良いでしょう。

どちらも月額料金や速度に大きな違いはありません。詳しくはこちらの記事で解説しているので、気になる方はご参考ください。

ルーターや接続機器の問題

ルーターや接続機器側の問題でインターネットの速度が遅くなることもあります。

パソコンのスペック・寿命

パソコンもルーターも機械ですので、調子が悪くなることもあります。そんな時は、まず再起動してみることをおすすめします。とくにルーターは一度電源を切ることで周波数をリセットできます。その際、電源を切り30秒ほどしてから電源を入れなおすと通信速度が改善される場合があります。

パソコンも再起動することにより、メモリ不足の解消ですので効果的です。そもそも使っているパソコンのOSが古い場合は、メモリなどの性能が間に合っていないので買い替えを検討したほうが良いでしょう。10年以上前のOSでは、いくら回線速度が早くてもそれを発揮できる環境ではありません。

LANケーブルが1Gbpsに未対応

パソコンのOSと同じく、LANケーブルの規格が古いと、通信速度は遅くなります。例えばCAT5の通信速度は100Mbpsですので、光回線速度が1Gbpsだったとしても100Mbps以上の速さは望めません。光回線を利用するのであればCAT5e以上のLANケーブルの使用が必須です。

無線LANルーターが1Gbpsに未対応

Wi-Fiを利用する際に必要な無線LANルーターには、「IEEE802.11a/b/g/n/ac」といった通信規格があります。それぞれの規格によって、対応できる速度の上限に違いがあり、フレッツ光の1Gbpsに対してはIEEE802.11ad、IEEE802.11acが対応しています。

もしご利用中のルーターが1Gbpsに未対応の場合、IEEE802.11ad、もしくはIEEE802.11acのルーターに買い替えましょう。安いものであれば、3000円程度で購入できます。

無線LANポートが1Gbpsに未対応

LANポートにも通信規格があります。

1Gbpsに対応しているLANポートの規格は「1000BASE-T」です。

「100BASE-T」は100Mbps、「10BASE-T」は10Mbpsという通信規格なので、これらのLANポートを使用しているとそこまでの通信速度しか出ません。したがって、ルーター同様1Gbps対応のものに買い替えると劇的に速度改善が見込める可能性があります。

時間帯による回線の混雑

利用者が増える平日の夜や週末の混み合う時間帯では通信速度が低下する場合があります。この場合、フレッツ光側に問題がある訳ではなくプロバイダに問題があることがほとんどです。プロバイダのキャパシティが小さかったり、同じエリアに同じプロバイダの利用者が多かったりすると、アクセスが集中する時間帯にはネットが遅くなってしまうのです。

回線の混雑を回避したい方は、IPv6のプロバイダの利用をおすすめします。IPv6とは最新のインターネットの通信プロトコルです。難しい話は置いておいて、簡単にいうと、IPv6は混雑していないところを使ってインターネットに接続できるようになると思っていただけばOKです。夜間のアクセスが集中する時間帯でも、快適にインターネットを使用できます。

フレッツ光の速度のまとめ

フレッツ光の回線速度は最大1Gbpsと高速です。実測値は50Mbps~100Mbps程度が平均ですが、サクサクとインターネットを利用するには十分すぎるスペックといえるでしょう。

しかし、プロバイダや接続機器、時間帯による回線の混雑などの問題により、通信速度が遅くなってしまうことも。せっかくの高速光回線を最大限に利用するために、速度低下の原因と解決法をしっかりと把握し改善していきましょう。それにより、より良いインターネットサービスを楽しむことができることでしょう。

 

携帯と光のセット割引に注目!キャリア別おすすめランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

インターネットを利用すると、毎月の出費になるので、できるだけ料金をおさえて、速度が安定する高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引されることが安くさせるポイント!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷ったことはありませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、使いたい光回線が利用できないエリアであったり、マンションで使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線にしようか踏みとどまっている方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定なので、WiMAXを上手に活用することで、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用もおすすめです!

WiMAX申込み人気No1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事