閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

フレッツ光で視聴できるテレビサービスは2種類!どっちを利用するべき?

フレッツ光でひかりTVを使いたい!プラン料金とメリット!

フレッツ光ではひかりTVとフレッツ・テレビ、2種類のテレビサービスを提供しています。

名前も良く似ているサービスなので正直紛らわしいですよね。

今回はフレッツ光で契約できるひかりTVとフレッツテレビを解説し、それぞれどのような人におすすめのテレビサービスなのか紹介していきます。

【ドコモ光】ひかりTVを申し込むと最大15,000円キャッシュバック!フレッツ光からの転用が無料

フレッツ光で利用できる2種類のテレビサービス

フレッツ光はNTT東日本・西日本が提供するインターネット回線です。

フレッツ光ではインターネットだけでなく、光回線を利用したテレビサービスもオプションで提供しています。

それがひかりTVとフレッツ・テレビです。

ひとつずつ解説していきます。

豊富な専門チャンネルを視聴できる「ひかりTV」

NTTぷららが提供しているテレビサービスがひかりTVです。

ひかりTVでは80ch以上の専門チャンネルが視聴できるテレビサービス、80,000本以上の話題の映画やドラマを視聴できるビデオサービスが利用できます。

豊富なラインナップにより、どんな家族であっても楽しめる番組がきっと見つかるでしょう。

ひかりTVの月額料金

月額料金 チャンネル数 ビデオ
お値うちプラン 2,500円
(2ねん割適用)
50ch以上 見放題
テレビおすすめプラン 1,500円
(2ねん割適用)
50ch以上 無料作品のみ
ビデオざんまいプラン 1,500円
(2ねん割適用)
10ch以上 見放題
基本放送プラン 1,000円 10ch以上

ひかりTVの月額基本料金は表のとおりです。

どのプランを選んでも地デジ・BSデジタルが視聴可能です。

上記の料金に加えて、チューナーをレンタルする場合は料金が発生します。

チューナーはレンタルの他に購入を選ぶこともできます。

ひかりTVを長期間利用する予定ならチューナーを購入してしまうのもありでしょう。

< ひかりTVのチューナー >

  • レンタルする場合:500円
  • 購入する場合:18,344円(AM900)、27,593円(ST-3400)

ひかりTVで視聴できるチャンネル

ひかりTVのプランは4つにわかれています。

テレビをたくさん見たいか、ビデオをたくさん見たいかによって契約するプランを決めましょう。

地デジ BSデジタル テレビ・基本11ch テレビ・ベーシック40ch テレビ・見逃し放送 ビデオベーシック
(約15,000本のビデオが見放題)
お値打ちプラン
テレビおすすめプラン ×
ビデオざんまいプラン × ×
基本放送プラン × × ×

テレビもビデオも楽しみたい方はどちらも豊富に楽しむことができるお値打ちプランがおすすめです!

地デジのみ視聴したいような方は月額1,000円の基本放送プランの契約で十分でしょう。

地デジのみ提供エリアが限られている

ひかりTVで地デジを楽しもうと考えている方は注意。

住んでいる地域によってはエリア外となり、ひかりTVの地デジが利用できないことがあります。

※BSデジタル放送は全国で提供しています。

自分の住んでいる地域がひかりTVの地デジに対応しているかどうか事前に確認しておきましょう。

東日本エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、宮城県、北海道(札幌エリア)
西日本エリア 大阪府、京都府、兵庫県、愛知県、静岡県、石川県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県

地上デジタル放送の提供エリア

ひかりTVの初期費用

ひかりTVの初期費用は無料です。

インターネット回線を利用して視聴するテレビサービスなのでアンテナの設置工事などが不要なためです。

ただし、フレッツ光自体の回線工事費は発生するのでこれからインターネット回線と一緒にひかりTVを申し込もうと考えている人はインターネットの工事費だけはかかる点を抑えておいてくださいね。

ひかりTVを利用する上での注意点

それでは最後にひかりTVを利用する上で注意すべき点を解説します。

基本放送プラン以外は25ヶ月以降の月額料金が高くなる

基本放送プラン以外は2ねん割という割引の対象となっていて、利用期間が2年間を超えると月額料金が1,000円高くなります。

あくまで2年間の月額料金はキャンペーン価格であることは覚えておきましょうね。

解約するときに2ねん割の違約金が発生することがある

ひかりTVを2ねん割の最低利用期間を満了する前に解約すると10,000円の契約解除料が発生してしまいます。

「2ヶ月は無料なので」と勧誘されて加入した場合でも無料で解約はできないので覚えておきましょう。

また最低利用期間内にお値打ちプラン、テレビおすすめプラン、ビデオざんまいプランから基本放送プランに変更する場合も同じく10,000円の契約解除料が発生するので注意しましょう。

フレッツ光を解約するとひかりTVも同時に解約になる

ひかりTVはインターネット回線を利用して視聴するテレビサービスです。

インターネット回線を解約するとひかりTVも視聴できなくなってしまうので、忘れないようにしてくださいね。

地デジを割安で視聴できる「フレッツ・テレビ」

フレッツ光ではひかりTVの他にフレッツ・テレビという映像サービスも提供しています。

基本料金が安く、別途スカパー!を契約できる特徴があります。

なおフレッツ・テレビは他の光コラボインターネットでも名前を変えて提供されています。

< フレッツ・テレビと同じサービス >

  • ソフトバンク光テレビ
  • ドコモ光テレビオプション など

フレッツ・テレビは提供エリアが限られている

フレッツ・テレビは提供エリアが限られていて、対応した地域でなければ契約できません。

東日本 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、福島県、北海道
西日本 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、徳島県、香川県、福岡県、佐賀県

上記に記載がある都道府県でも契約できない地域があります。

詳しくは以下のNTT東日本・西日本の公式サイトをご覧ください。

NTT東日本│フレッツテレビ│提供エリア

NTT西日本│フレッツテレビ│提供エリア

フレッツ・テレビの月額料金

フレッツ・テレビの月額基本料金の内訳は以下のとおりです。

料金名目 月額料金
フレッツ・テレビ伝送サービス利用料 450円
スカパーJSTAT施設利用料 210円
※2018年12月1日より:300円
合計 660円
※2018年12月1日より:750円

インターネットの料金に上記の料金をプラスすることでフレッツ・テレビを視聴できます。

上記の基本プランでは地デジやBSデジタル放送など無料放送の番組しか視聴できませんが、オプションに加入することでCS放送(スカパー!)を視聴できます。

ch数 月額料金
スカパー!基本料金 390円
チャンネル契約 選んだ数だけ チャンネルによって異なる
セレクト5 5ch 1,833円
新基本パック 47ch 3,400円
スカパー!プレミアムサービス光 150ch 4,152円

スカパー!では見たいチャンネルによって契約するプランを選択します。

スカパー!プレミアムサービス光は4K放送に対応しており、利用する際は4K対応スカパー!プレミアムサービスチューナーが必要になる点は抑えておきましょう。

レンタル料金 販売価格
4K対応
スカパー!プレミアムサービスチューナー
900円/月 27,593円
スカパー!プレミアムサービス光チューナー 0円 13,704円

フレッツ・テレビの初期費用

フレッツ・テレビの初期費用はフレッツ光とフレッツ・テレビを同時に申し込むかフレッツ・テレビのみ申し込むかによって変わります。

【フレッツ光とフレッツ・テレビを同時に契約する場合】

スカパーJSAT
施設利用登録料
2,800円
フレッツ・テレビ
伝送サービス工事費
3,000円
フレッツ光
契約料
800円
フレッツ光
初期工事費
戸建て:18,000円
マンション:15,000円
テレビの接続設定を依頼する台数 1台のみ:6,500円
4台まで:19,800円
自分で接続する場合:0円
初期費用合計
(テレビ設定を1台と仮定した場合)
戸建て:31,100円
マンション:28,100円

【フレッツ・テレビのみ申し込む場合(フレッツ光を利用中の方)】

スカパーJSAT
施設利用登録料
2,800円
フレッツ・テレビ
伝送サービス工事費
7,500円
テレビの接続設定を依頼する台数 1台のみ:6,500円
4台まで:19,800円
自分で接続する場合:0円
初期費用合計
(テレビ設定を1台と仮定した場合)
16,800円

初期費用が無料のひかりTVと比べるとフレッツ・テレビの初期費用は割高と言わざるを得ないでしょう。

フレッツ光を解約するとフレッツ・テレビも同時に解約になる

ひかりTVと同様にフレッツ光を解約するとフレッツ・テレビは同時に解約されます。

またフレッツ光から光コラボレーションへ転用する場はフレッツ・テレビのサービスはそのまま利用できます。

契約によってはサービスの名称が変わることがあるため、事前に確認しておきましょう。

例)
フレッツ・テレビからドコモ光テレビオプション

ひかりTVとフレッツ・テレビどっちがおすすめ?

結局ひかりTVとフレッツ・テレビ、どっちを契約すれば良いのでしょうか。

それぞれのテレビサービスをおすすめできる人は以下のような方です。


【ひかりTVがおすすめの方】
・豊富な専門チャンネルを楽しみたい方


【フレッツ・テレビがおすすめの方】
・アンテナを設置せずに安く地デジ・BSデジタルを視聴したい方

まとめ

フレッツ光で利用できるひかりTVとフレッツ・テレビについてまとめました。

どちらもアンテナなしで高画質な映像が楽しめるテレビサービスです。

しかし初期費用や月額料金、視聴できるチャンネル数にはそれぞれ大きな違いがあります。

ひかりTVとフレッツ・テレビ、それぞれ違うサービスだと理解した上で自分に合ったサービスを選ぶのが一番良い選択でしょう。

⇒ フレッツ光の申し込みはコチラ

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?人気光回線ピックアップ!

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事