閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光の住所変更の手順|読めば変更完了まで迷わずできる!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

フレッツ光 住所変更

フレッツ光で契約したインターネット回線は自宅でしか使えません。引っ越しなどで住所変更をした場合はどうすればいいのでしょうか?

ここではフレッツ光の引っ越しをする際に取れる選択肢を解説し、どのような方法があるかも併せて解説します。

引っ越した場合の選択肢は2つ!

フレッツ光を契約中で引っ越しなどで住所変更になった際、引っ越し先でもインターネットの利用を希望する場合の選択肢は2つあります。

  1. 現在契約しているインターネット契約を解約し、引っ越し先で新たにインターネットの新規契約をすること
  2. 現在のインターネット契約を引っ越し先でも継続契約すること

この2つの選択肢にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

解約して新規契約する場合のメリット・デメリット

引っ越しが決まった際は現在のインターネット契約を解約し、引っ越し先で新たにインターネット回線の契約をするという選択肢が一つ目です。

メリット

解約して新規契約のメリットは、引っ越し先で新しい回線業者を選び直すことができるという点です。

現在使っている契約よりも月額料金が安くなったり、魅力的なサービス提供をするインターネット回線業者があったりする場合は、引っ越しを機に移行できます。

そしてインターネットを新規契約すると工事費無料や、キャッシュバック特典など、さまざまな新規契約特典を得ることができる可能性があります。

デメリット

解約する時期によっては違約金が発生します。

インターネット契約は多くの場合、年単位で契約します。もし2年契約の場合、2年未満で解約してしまうと違約金の対象です。違約金は数千円から2万円くらいの範囲です。

さらに2年契約の場合、2年経過した時点で自動更新という契約内容も多く、違約金なしで解約できるタイミングは2年ごとの更新月のみ、という契約内容も多くができるます。

【関連記事】フレッツ光の更新月を確認しよう!解約金なしの乗り換えチャンス

継続契約のメリット・デメリット

継続契約にもメリット、デメリットがあるので、こちらも見ていきましょう。

メリット

フレッツ光は引っ越し先でも同じ契約内容で継続契約することが可能です。

継続契約すれば現状の契約を解約する必要がないため、違約金の発生はありません。引っ越し先でも今まで通り使えることが契約継続のメリットです。

デメリット

継続契約のデメリットは、引っ越し先でインターネットの回線の引き入れ工事が必要な場合は工事費が発生してしまうことです。

例えば家を新築してそちらに引っ越す場合は確実に引き入れ工事が必要なります。

引っ越し先が集合住宅で、すでにインターネットの設備が整っている場合も自室まで回線を引く工事は必要になるため、やはり小規模ながら工事が必要になる可能性は高くなります。

もしも以前使っていた部屋主がインターネット利用していた場合は工事が不要になるかもしれません。集合住宅への引っ越しでも小規模な工事は必要になる可能性があると考えておくべきでしょう。

「解約→新規契約」と「継続契約」はどっちがいい?

もしも引っ越し先で工事が必要になる場合は、継続契約をするかどうか要検討です。

上記で解説した解約→新規契約ならば新規特典で工事費無料になる可能性も高いからです。

解約→新規の場合は違約金が発生しますが、逆に新規特典で得をする可能性もあります。引っ越し先では好きな回線業者を選べるというメリットもあります。

継続契約の場合は違約金の発生はありませんが、引っ越し先の工事費が発生することが多くなります。「解約→新規契約」と「継続契約」の両者を比較し、どちらが得かをよく考え、判断しましょう。

フレッツ光の解約による違約金

フレッツ光の契約は2年契約が基本となっています。契約満了前に解約をすると違約金が発生します。

NTT東日本の違約金

フレッツ光の違約金はNTT東日本の場合、一戸建て世帯での契約は9,500円、集合住宅での契約の場合は1,500円です。集合住宅での契約の違約金が割安なのが特徴です。

このため集合住宅での契約の場合、解約のデメリットは少ないと考えてもいいでしょう。

NTT西日本の違約金

NTT西日本の違約金は少し複雑です。

NTT西日本の場合、最初の2年は2年契約、それ以降は3年毎に契約自動更新という契約内容となっています。解約金は以下のようになっています。

NTT西日本のフレッツ光の解約金
契約年数
戸建て
集合住宅(マンション)
1年
10,000円
7,000円
2年
5,000円
3,000円
3年
30,000円
10,500円
4年
20,000円
7,500円
5年
10,000円
3,500円
6年
30,000円
10,500円
7年
20,000円
7,500円
8年
10,000円
3,500円
9年目以降
10,000円
3,500円

NTT西日本は3年目以降、3年毎に契約更新となっており、3年契約の間で、契約直後ほど違約金が多くなる仕組みになっています。

NTT東日本とくらべると総じて違約金が高額な傾向にあり、住所変更の際は継続か解約かをよく検討する必要がありそうです。

継続契約したい場合の方法

現在、フレッツ光を契約している状態で引っ越しが決まり、現在の契約を解約せず、引っ越し先でも現在の契約のまま使いたい、という場合はNTTに住所変更を連絡する必要があります。

住所変更の手続きは電話でもできるし、Webページからも可能です。

電話でもWebページからでも、手続きの際は引っ越し先の住所を伝える必要があるため、住所変更の申し込みは引っ越し先の住所が決まってから行うのが適切なタイミングです。

フレッツ光の場合は引っ越しで住所変更する場合を移転手続きと呼びます。

移転手続きの注意点

同じNTTでもNTT東日本とNTT西日本は別会社という扱いになるため、エリアを跨いで継続契約はできません。

例えば東京から大阪に引っ越す場合、NTT東日本と契約しているフレッツ光を解約し、引っ越し後、NTT西日本のフレッツ光に新規契約するしか方法はありません。

移転手続きの工事費

移転手続きをすると引っ越し先住所に移転工事が必要になり、工事費が発生します。工事費用はNTT東日本、西日本のどちらも同じで、引っ越し先が一戸建て世帯の場合は9,000円、集合住宅の場合は7,500円です。

工事費は一括払いと、30回払いを月々の利用料に加算するという2つの支払い方法を選択できます。

NTT東日本・NTT西日本の移転手続きの手順

フレッツ光で移転手続きをする場合、引っ越し先の住所が決まった段階で手続きを行います。移転手続きはWebでも電話でも可能です。

Webでも電話でも、移転手続きで新しい引っ越し先を伝えることになるため、手続きする際は新しい引っ越し先のメモを用意しましょう。

NTT東日本の場合

現在、NTT東日本エリアでフレッツ光を利用している場合で、引っ越し先もNTT東日本エリアの場合は以下のサイトから移転手続きが可能です。
NTT東日本エリア内の移転手続き窓口

電話の場合は以下の番号から受け付けています。
TEL:0120-116116

NTT西日本の場合

現在、NTT西日本エリアでフレッツ光を契約しており、引っ越し先もNTT西日本エリアの場合は移転手続きが可能です。

Webから移転手続きをする場合は以下のサイトから申し込めます。
NTT西日本フレッツ光の引っ越しのお手続き窓口

移転手続きをWebで行う場合はCLUB NTT-Westにログインする必要があります。

電話から申し込むときは以下の番号です。
TEL:0120-116116

ひかり電話の電話番号はどうなる?

フレッツ光の契約はひかり電話を引っ越し先でも使えるように移転手続きをすれば市外局番より後の番号は引き継ぐことができます。

引っ越し先でフレッツ光以外の回線業者に乗り換えた場合、電話番号を引き継ぐNPB(ナンバーポータビリティー)が適用されるかどうかはその回線業者しだいです。

【関連記事】フレッツ光を電話で申し込みする方法とは?困ったときの問い合わせ一覧も紹介

別回線へ乗り換えるなら

解約→新規を選ぶのか、継続契約を選ぶのかは悩ましい問題ですが、新規契約の特典を見込んで解約するのもアリかもしれません。

インターネット契約の新規契約を受け付けている代理店には手厚い新規特典を設けている場合があり、手厚い特典の代理店を選べばフレッツ光を解約するときの解約金より多い現金をキャッシュバック特典でもらえる可能性があります。

例えば以下の販売代理店はソフトバンク光の新規契約ができる代理店ですが、こちらの代理店はキャッシュバック額が最大で84,000円もらえます。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
セット割で携帯料金を
月額最大1,080円割引
月額実質1,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

引っ越し先でもインターネット回線を利用するには2つの選択肢があります。

  1. 一度解約して引っ越し先で新規契約をする
  2. 現在契約している回線を引っ越し先でも「継続契約」する

・一度解約して引っ越し先で新規契約をする

違約金が発生する場合が多く、違約金の発生条件は広範囲のため、免れるのが難しい感じです。

ですが、新規契約をすれば、新規特典で工事費は無料になることが多く、さらにキャッシュバックなどの新規特典も期待でき違約金が相殺できます。

・現在契約している回線を引っ越し先でも「継続契約」する

継続契約を希望すれば引っ越し先でも引っ越し前と同じ契約内容を継続できます。

継続契約の場合は違約金の発生はありませんが、継続契約では多くの場合、引っ越し先にインターネットを設置するための工事が必要になり、工事費が発生します。

フレッツ光の違約金、乗り換え先の光回線のキャンペーンを見比べて、新規契約か、継続契約どちらがいいのか検討しましょう。

下記の窓口は、フレッツ光はもちろん、他回線の相談にものってくれます。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新