閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

フレッツ光とケーブルテレビ│比較でわかった契約すべき回線!

フレッツ光 ケーブルテレビ

インターネット回線を検討した際に、フレッツ光かケーブルテレビかのどちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フレッツ光とケーブルテレビのサービスを主に料金の面から比較して、契約すべき回線はどちらかについてお伝えしていきたいと思います。

インターネット回線で迷っている方は必見ですよ。

⇒ あなたに合った回線を紹介してくれる専門サイト

月額料金で比較

フレッツ光とケーブルテレビ回線の違いをみていきましょう。ケーブルテレビは日本でも利用者数の多いJ:COMで比較していきます。

一番気になるのは月々いくらかかるかですよね。まずは月額料金を比較しました。

フレッツ光とケーブルテレビの月額料金比較
回線事業者名
コース
戸建て
マンション
フレッツ光
NTT東日本
5,700円
2,850~3,850円
NTT西日本
5,400円
6,000円
J:COM
320Mコース
6,000円
120Mコース
5,500円
12Mコース
3,980円
1Mコース
2,980円
1G光コース(auひかり)
6,500円

フレッツ光はプロバイダ料金が別途500~1,000円ほどかかります。

J:COMのコースの数字は通信速度を表します。J:COMはプロバイダ料金込みです。

フレッツ光の通信速度が1Gなので、J:comの最速のコースと比較しても月額料金に大きな差はないといえます。

初期費用(工事費含む)で比較

続いて初期費用について比較していきます。

ネット回線のサービス提供のための初期費用には、以下の2点が必要です。

工事費用
契約事務手数料

順に紹介していきます。

工事費用
フレッツ光 J:COM
戸建て住宅 18,000円 6,000円(WEB申込なら5,000円)
集合住宅 15,000円

工事費用はJ:COMの方がかなり安いということがわかります。

また現在J:COMではインターネットとTVをセットにしたスマートおトクセレクトをはじめとした対象プランに加入することで、基本工事費を無料とができますます。

新規契約の方の工事費無料の対象プランは以下のとおり。

スマートおトクプラン
スマートおトクセレクト
スマートおトクプランミニ
NETパック
NETパック特別コース

対するフレッツ光は戸建ての工事費用で18,000円と少し高価ですね。

また工事費無料キャンペーンなども現在は行われていません。

フレッツ光の工事費用はまず初回に3,000円を支払い、その後戸建てでは毎月500円を、マンションでは毎月400円を30ヶ月間支払うという分割払いです。

またフレッツ光では土日休日に工事を実施した場合、上記に加えて3,000円がかかります。

契約事務手数料
フレッツ光 800円
J:COM 3,000円

契約事務手数料としてはフレッツ光が安いということがわかります。

契約事務手数料は、他社光回線であるソフトバンク光やauひかりでも3,000円かかるので、J:COMが特別高いというわけではありません。

フレッツ光からドコモ光へ転用!最大15,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

フレッツ光からドコモ光へ転用なら工事費なし!docomoユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント・・・詳しく見る

通信速度で比較

フレッツ光 1Gbps
J:COM 1Mbps~1Gbps(プランによって異なる)

J:COMは最大通信速度によって料金が変わります。

通信速度が多少遅くても構わない場合は月額料金が安いコースにするという選択肢もあるということです。

フレッツ光のスタンダードな定額コースは最大通信速度が1Gbpsです。

ただしこれはベストエフォート方式に基づく理論値のため、実際は200Mbpsも出れば早いほうです。

J:COMも同じで、320Mコースだからといって常時320Mbpsの速度が出るというわけではありません。

J:COMの回線速度の目安

光1Gコースはケーブルテレビ回線ではなく、KDDIのauひかりを利用するというコースです。

これはJ:COMを提供する株式会社ジュピターテレコムがKDDIと提携関係にあるため可能になるプランです。

auひかりならインターネット専用の回線である光回線のため、あくまで理論値ですが、最大で1Gbpsの通信速度が可能です。

注意したいのは、上記の320Mや120Mは下りの通信速度のため、上りの通信速度はその半分くらいの速度となると考えるべきです。

このため通信速度の上りも下りも重要となる大容量のコンテンツのダウンロードや、デイトレード、オンラインゲームなどをするには不向きだといえます。

さらに格安なコースの12Mコースや1Mコースではメールの送受信や動画サイトの観覧くらいしか快適にないと考えるべきでしょう。

電話サービスで比較

ひかり電話
(フレッツ光)
基本プラン
500円/月
J:COM PHONEプラス 1,330円/月

電話サービスの料金ではフレッツ光のひかり電話の方が圧倒的に安いということがわかります。

フレッツ光のひかり電話は基本プランが月額500円で利用でき、オプションサービスを充実させても月額1,500円で利用ができますます。

通話料金に関してはJ:COMとフレッツ光でほぼ変わりません。

どちらも固定電話への通話は3分8円など、NTTのアナログ電話と比べるとだいぶ安くなります。

J:COM の場合、電話とテレビ、または電話とネットサービスをセットで利用することで、auスマートバリューが適用されスマホの料金を安くができますます。

この点についてはauスマホユーザーの方にとってはメリットといえます。

テレビサービスで比較

フレッツ・テレビ
(フレッツ光)
フレッツテレビ月額660円
+スカパー!プレミアムサービス光月額5,052円
月額合計5,712円
ひかりTV
(フレッツ光)
お値打ちプラン(全79チャンネル+ビデオサービス)
月額3,500円
J:COM スタンダードコース(80チャンネル視聴可能)
月額5,280円

テレビサービスで比較すると、フレッツ光のひかりTVを利用するのが一番おトクに利用できるといえます。

ひかりTVの場合、2年割を適用させることで、お値打ちプランを2年間月額2,500円で利用ができますます。

お値打ちプランは基本のテレビサービスに加え、シネフィルWOWOWをはじめとした40チャンネル以上の専門チャンネル、約15,000本のビデオ作品が見放題というとてもおトクなプランです。

フレッツテレビとひかりTVの違い

フレッツ・テレビとひかりTV、どちらもフレッツ光で利用できるテレビサービスですが、その違いは何なのでしょうか。

まず挙げられるのが契約する業者が違うということです。

フレッツ・テレビはスカパーなどの運営を行っているスカパーJSATという会社が提供しているサービス。

ひかりTVはプロバイダサービスぷららなども運営している、NTTぷららによって提供されているサービスです。

サービス内容としては、フレッツ・テレビは地上波のほかにBSやCSを楽しめ、ひかりTVは地上波のほかに専門チャンネルやビデオを楽しめると覚えておけばよいでしょう。

フレッツ光のテレビサービスについて、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大70,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

まとめ

フレッツ光とケーブルテレビとを比較すると、開通工事費用こそ高いものの、毎月の料金面ではフレッツ光のほうがおトクだということがわかりました。

どうしてもJ:COMでみたいテレビがあるといった場合や、賃貸住宅などでケーブルテレビの回線がすでに引かれているといった場合以外であれば、フレッツ光を契約することをおすすめします。

またフレッツ光の申し込みなら、代理店から行うのがおすすめ。

ぜひこちらのサイトもご覧になってみてくださいね。

おすすめ窓口にねん割で月額料金最大700円割引!
フレッツ光東日本トップページ
さらにギガ推しキャンペーンで30ヶ月割引き!
1Gbpsの高速インターネット!
サポート体制万全!
ひかり電話・フレッツテレビ等オプションサービス充実!
キャンペーン併用で月額料金1,000以上割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る