閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

フレッツ光のONUとは?モデム・ルーターとの違いも解説!

フレッツ光 ONU

フレッツ光で使用する通信機器の中でも、一二を争うほど重要な「ONU」
契約書類や設定手順を確認していてその名前を目にしたことはあっても、「一体、何をするためのものなの!?」と、実のところよく分からない…という方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなみなさんの疑問にお応えするべく、フレッツ光のONUが担う役割とその種類を詳しく解説していきます。
同じくよく見かける「モデム」「ルーター」といった他の通信機器との違いについてもバッチリご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

光回線の接続にはONU(光回線終端装置)が必須!

そもそもONUとは、「Optical Network Unit」の頭文字をそれぞれ取った言葉で、日本語では「光回線終端装置」と呼ばれることもあります。
その名の通り、光回線でインターネットに接続する際に必要な通信機器のひとつなのですが、基本的にはフレッツ光の開通工事の際に業者の方が設置してくれるので、私たちが自分で用意する必要はありません。
フレッツ光と契約している間は、ONUもNTT東日本・NTT西日本からレンタルしているという扱いになります。

<ONUの一例>
ONU
引用:光回線終端装置

ONUにはどんな役割があるの?

そんなONUには、光回線を通ってやってくる光信号を、パソコンで理解することができる電気信号に変換する役割があります。
分かりやすく言うと、インターネット回線と私たちのパソコンとでは使っている言葉が違うので、情報をやり取りするときにはお互いに分かりやすい言葉へと翻訳してあげる必要があるんですね。
その翻訳を受け持ってくれているのがONUで、ONUを通さないとインターネットに接続することができないのも、これが理由なのです。

ONU、モデム、ルーターの違いは?

ONUとあわせてよく見かける言葉のひとつに「モデム」がありますが、実はモデムはONUの親戚のようなもので、役割もよく似ています。
というのも…

  • ONU:光回線で利用する
  • モデム:ADSL(電話回線)で利用する

このように、インターネットをどの種類の回線サービスで利用するかによって、ONUを使うかモデムを使うかが変わるだけなのです。
もう少し具体的に解説すると、回線サービスが変わればその中を通る信号も変わるため、ONUとモデムでは「何を」「何に」変換するかにも違いがあります。

  • ONU:光信号と電気信号を変換する
  • モデム:アナログ信号とデジタル信号を変換する

モデムの場合、ADSLの回線を通ってやってくるのはアナログ信号なので、それをパソコンが理解できる形にするためにはデジタル信号へと変換してあげる必要があります。
それでも、広い意味でインターネット回線とパソコンとの間を取り持つ役割を担っているという点では、ONUもモデムもほとんど同じです。

ルーターは必須ではない

一方「ルーター」は、この2つとはまた少し違う役割を持っている通信機器で、複数のパソコンを同時にインターネットに接続する際に必要になります。
逆に言えば、接続するパソコンが1台だけならルーターは必要ありません。

ただし、ワイヤレス=無線でインターネットに接続したいときには、パソコンが1台でもルーターが必要です。
ルーターにはLANケーブルをつないで有線接続で利用するタイプのものと、Wi-Fiを使って無線で接続できるタイプのもの、大きく分けて2つの種類があり、無線に対応しているものは「無線LANルーター」と呼ばれることもあります。
みなさんの中には「家ではスマホをWi-Fiにつなぎたい」という方もいらっしゃるかもしれませんが、この場合も無線LANルーターを用意しましょう。

<ルーターの一例>
ルーター
引用:ELECOM > WRC-1467GHBK-S

ホームゲートウェイとは

あともうひとつ、インターネット接続に関する機器の中でよく登場するアイテムに「ホームゲートウェイ」というものがあります。
これはフレッツ光と同時にひかり電話に申し込んでいる際に設置される機器で、ひかり電話を使用するのに必要なルーター機能とONUの機能を1台で利用できるところが最大の特徴です。

そのためホームゲートウェイ=「ひかり電話対応ルーター」とも呼ばれ、ひかり電話と一緒にフレッツ光を利用するときには、先ほどご紹介したONUの代わりにホームゲートウェイが設置されます。

<ホームゲートウェイの一例>
HGW
引用:NTT西日本公式HP

このホームゲートウェイにはオプションで無線LANカードを付けることもでき、NTT東日本の場合は月額300円、NTT西日本の場合は月額100円で無線LANルーターとしての機能もプラスすることができます。

無線LANカードがあれば、Wi-Fiでインターネットを楽しみたいときにも別途ルーターを用意する必要がないのでとても便利です。
(※NTT東日本の「フレッツ光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」にはこの無線LANカードが月額基本料に含まれているので、オプション料金は必要ありません)

フレッツ光で提供されるONU(モデム)の種類

ここからは、フレッツ光との契約で設置されるONUの種類をご紹介していきます。
NTT東日本とNTT西日本どちらで利用するかや、選択する料金プランによってはレンタル代が発生することもありますので、詳しくチェックしていきましょう。

NTT東日本では基本的に無料でレンタルできる

NTT東日本で提供されているONUには、次のような種類があります。

種類 レンタル料金(月額)
ONU(標準) 無料
小型ONU
ホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター + ONU)
ホームゲートウェイ + 無線LANカード 300円(※)

(※「フレッツ光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ」の場合は無料)

すでにご紹介した通り、無線LANカードを付けない限りレンタル料金は無料です。

ここで初めて登場した「小型ONU」も、機能面では標準のONUと何も変わりません。
機器の大きさが名刺より少し小さいくらいのコンパクトなサイズで、小型ONU対応端末であれば市販のルーターなどに簡単に装着することができるので、通信周りの機器をスッキリさせたい人におすすめです。
希望を出さない限りは標準のONUが設置されるので、小型ONUを使ってみたい人はNTT東日本に申し込みましょう。

NTT西日本でも無料でレンタルできる

NTT西日本で提供されているONUの種類も表にまとめてみました。

種類 レンタル料金(月額)
ONU(標準) 無料
ホームゲートウェイ(ひかり電話ルーター + ONU)
ホームゲートウェイ + 無線LANカード 100円

NTT西日本は小型ONUには対応していませんが、無線LANカードを付けたホームゲートウェイのレンタル代が100円と、NTT東日本よりも安くなっています。

また、ひかり電話を利用していないユーザーでも月額250円でホームゲートウェイをレンタルすることができますが、その場合のホームゲートウェイはONU一体型ではなく、複数のパソコンを同時に利用するためのルーター機能のみが利用できるタイプの貸し出しです(ONUとホームゲートウェイの2台を設置することになります)。

とはいえプラス100円で無線LANカードを付けられるところはONU一体型のホームゲートウェイと同じなので、自分で無線LANルーターを用意するのが面倒くさいときにはレンタルを利用するのもひとつの方法でしょう。

ONUは壊れたら無償で交換してくれる

ONUにも一般的な機械と同じように寿命があり、長年使っていると故障することもあります。

  • コンセントを差しているのに電源がつかない
  • ランプが点灯しなくなった
  • パソコンと直接LANケーブルでつないでもインターネットに接続できない

このような症状が出たときには、無償で交換してもらうことができますので次の手順を参考にしてください。

交換手順

1.NTTの窓口に問い合わせを行います。故障の場合の問い合わせは電話でもインターネットでも24時間受け付けてもらえますので、下記の問い合わせ先にONUが故障した旨を連絡しましょう。

NTT東日本 NTT西日本
電話 0120-000-113 0120-248-995
Web 故障に関するお問い合わせ お問い合わせ

2.訪問もしくは宅配便で新しいONUが届きます。
交換後、同じように接続して、インターネットにつながるかどうか確かめましょう。

フレッツ光のONUまとめ

光信号と電気信号を相互に交換してくれる役割を持つONUは、フレッツ光を利用する際に欠かせないアイテムのひとつです。
NTT東日本でもNTT西日本でも無料でレンタルすることができ、特に何もしなくても契約内容に応じたタイプのONUが工事のときに設置されますが、希望があればホームゲートウェイや無線LANカードを一緒に申し込むこともできます。

今回ご紹介した内容を参考に、みなさんもONUへの理解を深めてよりスムーズにフレッツ光の契約を行ってみてくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事