わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

フレッツ光はLogitecの無線LANルーターで満喫しよう!

フレッツ光はLogitecの無線LANルーターで満喫しよう!

おうちにフレッツ光を引いたなら、無線LANルーターを使って、パソコン、スマホ、タブレットなどの複数の機器からフレッツ光の高速インターネットを満喫しましょう。

無線LANルーターのインターネット接続設定は難しくありませんし、無線LANルーターを使用したネットワーク構築も難しくありません。

今回は、フレッツ光へのlogitec(ロジテック)の無線LANルーターを使ったインターネット接続方法と、家庭内ネットワーク構築の方法をご説明します。

logitecの無線LANルーターでできることと特徴!

logitecの無線LANルーターを使用すると、フレッツ光でインターネットに接続するほかにも、とても簡単にパソコン、プリンタ、スマホやタブレットをネットワークに組み込み、家庭内LANを構築できます。

USBプリンタを簡単に共有

プリンタをパソコンに接続するときに1番簡単な方法は、パソコンとプリンタをUSBケーブルで直結する方法です。

しかし、この方法では、パソコンが複数ある場合は、プリンタを印刷するデータがあるパソコンの側に移動したり、USBケーブルを接続し直したり、もしくは印刷するデータをプリンタが接続されているパソコンに移動したりして、印刷しなければならないので面倒です。

かといって、複数のパソコンから共用するネットワークプリンタにするには、プリンタにIPアドレスというネットワーク内の住所に相当する番号を割り当てたり、共用プリンタの設定をしたりしなければならないので、それも面倒ですよね。

logitecの無線LANルーターには、背面にUSBポートがありますので、背面のUSBポートにプリンタのUSBケーブルを接続すると、それぞれのパソコンに直接プリンタを接続したように、印刷ができるので便利です。

logitecプリンタ接続イメージ引用:Logitec公式サイト

プリンタ以外のUSB機器も接続OK

logitecの無線LANルーターには、プリンタ以外のUSBメモリ、外付けDVD-ROMドライブ、外付けハードディスクなどを接続もできます。

プリンタ、外付けDVD-ROMドライブ、外付けハードディスクなどの複数のUSB機器を同時にlogitecの無線LANルーターに接続したい場合は、USBの分配器であるUSBハブを使用して接続します。

USBメモリやハードディスクを接続すると、複数のパソコンから共用ディスクとして使うことができますので、データを移動する手間がいらずに便利ですよね。

通信速度最大300Mbpsで安定した高速インターネット

無線LANは有線LANにくらべると、電波が途切れて、オンラインゲームなどのリアルタイムにインターネット接続が必要な場合には、不便なところがありました。

しかし、logitecのLAN-W300シリーズは、高出力の無線電波なので、ほとんど電波が途切れることがなく、安定してインターネットに接続し続けることができます。

また、通信速度が最大300Mbpsなので、フレッツ光の最大1Gbpsの通信速度にも十分に対応できます。

場所をとらないスリムなボディ

最新型のlogitecの無線LANルーターは、幅が1番広い部分で24ミリと、とてもスリムで場所をとりません。

スリムなボディなので、狭い場所でも設置できますし、無線LANなのでゴチャゴチャとした配線ともサヨウナラができ、机をスッキリさせることができます。

最大94,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 月額実質1,800円~
  • おうち割適用で毎月最大1,080円割引
  • 他社回線から乗換え違約金を10万円まで満額負担
  • 最大94,000円キャッシュバック
  • Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中

オススメのlogitecの無線LANルーター

フレッツ光を使ってインターネットに接続するなら、無線LANルーターがオススメです!

では、logitec製品でオススメの無線LANルーターをご紹介します!

LAN-HGW450/S

logitec LAN-HGW450S
引用:logitec公式サイト

パソコン、スマホ、タブレット、テレビ、プリンタなど、あらゆる機器で最大450Mbpsの超高速通信ができる無線LANルーターです。

スマホからもパソコンからもインターネットの接続設定ができるため、パソコンを持っていないスマホユーザーや、タブレットユーザーにオススメです!

ルーターの設定画面から3回のクリックと認証コードの入力だけで、インターネットの接続設定ができるのも魅力です。

LAN-WH300ANDGPE

logitec LAN-WH300ANDGPE
引用:logitec公式サイト

前述のLAN-HGW450/Sの通信速度が最大300Mbpsのバージョンの無線LANルーターです。

LAN-HGW450/Sと同様に、パソコン、スマホ、タブレット、テレビ、プリンタなど、あらゆる機器を接続できます。

スマホからもパソコンからもインターネットの接続設定ができ、値段もお手頃なので、パソコンを持っていないスマホユーザーや、タブレットユーザーにオススメです!

ルーターの設定画面から3回のクリックと認証コードの入力だけで、インターネットの接続設定ができるのも便利です。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
セット割で携帯料金を
月額最大1,080円割引
月額実質1,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネット接続の豆知識

少し脱線しますが、知っておきたいインターネットの豆知識をご紹介します!

ハブとルーターの違い

そもそもハブとルーターはどのように違うものなのでしょうか。

ハブとは、回線を分配して回線の接続口を増やす装置で、ルーターとは、その増やした回線を1本にして交通整理をする装置です。

ルーターにも背面にLANの接続口があり、見た目ではハブとルーターの違いがわかりにくくなっていますが、それは大抵のルーターが背面にハブを内蔵しているためです。

では、インターネットに1台のパソコンを接続している状態から、2台目のパソコンを接続したいと思ったときに、必要になるのはハブとルーターのどちらなのでしょうか。

すでにフレッツ光でインターネットに接続している場合、光回線の終端装置であるONU、またはホームゲートウェイというひかり電話に接続する装置が、おうちに設置されているはずです。

ONUにはルーターとしての機能も、ハブとして機能もありませんので、複数のパソコンをインターネットに接続するには、ハブを内蔵したルーター、またはルーターとハブが必要です。

ホームゲートウェイの場合は、ONUと無線LANルーターを内蔵していますので、特にハブもルーターも必要ありません。

PPPoE

フレッツ光を契約したのち、自分でインターネット接続の設定をしようとすると、接続方式の設定で「PPPoE」という単語を目にしますが、「PPPoE」とは、何なのでしょうか。

PPPoEが何なのかを調べようとインターネットを検索すると、「Ethernet(イーサネット)で、PPPの機能を利用するためのプロトコル」などというご説明が出てきますが、これでは何のことなのかわかりませんよね。

そこで、PPPoEをインターネット接続の設定に限ってご説明しましょう。

インターネットに接続するためには、プロバイダというインターネット接続業者とユーザー契約を結ばなくてはなりません。
プロバイダとユーザー契約を結ぶと、「ユーザーID」と「パスワード」が、プロバイダから発行されます。

インターネットに接続するときに、プロバイダは「ユーザーID」と「パスワード」で、契約したユーザーかどうかを判断し、契約したユーザーであればインターネットに接続します。

この接続のためのユーザーIDとパスワードをパソコン、またはルーターに設定しておくことにより、自動的にインターネットに接続できるようになる機能をPPPoEといいます。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

スマホからでも可能!Logitecの無線LANルーターの簡単インターネット接続設定(セットアップ)方法!

従来の無線LANルーターは、インターネットの接続設定をパソコンから行わなくてはなりませんでしたが、最新のlogitecの無線LANルーターは、スマホやタブレットからインターネットの接続設定ができるようになりました。

もちろん今まで通りにパソコンからインターネットの接続設定をもできます。

スマホやタブレットからの簡単!接続設定方法

スマホやタブレットからのlogitecの無線LANルーターのインターネット接続設定は簡単です。

はじめにインターネットから、スマホやタブレットに「QRかんたん接続」というアプリをダウンロードしてインストールします。
「QRかんたん接続」のアイコンをタップして、アプリを起動し、画面の指示に従ってモデムとlogitecの無線LANルーターをLANケーブルで接続、その後、無線LANルーターに付属している設定情報シールに印刷されたQRコードを読み取ります。

さらに、画面の指示に従って3回ほどタップすると、logitecの無線LANルーターのログイン画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードにそれぞれ「admin」と入力して、ログインします。

「かんたんセットアップ」の画面が表示されますので、「スタート」をタップし、画面の案内に従って、プロバイダから送付された「ユーザーID」と「パスワード」を入力すると、インターネットの接続設定は完了です。

より詳しい設定方法が知りたい方はこちらを確認してみてくださいね!
http://www.logitec.co.jp/qr-wifi/qr/qr.html

パソコンからの簡単!接続設定方法

パソコンからのlogitecの無線LANルーターのインターネット接続設定は、スマホやタブレットからの設定よりもさらに簡単です。
LANケーブル2本と、logitecの無線LANルーターの付属CDを用意します。

まずは、logitecの無線LANルーターをモデム(またはONUやCTU)とLANケーブルで接続します。このとき、無線LANルーター側はかならず「Router」モード(RTと記載がある場合もある)にし、LANケーブルがWANポートに差さっていることを確認してください。

次に、パソコンに付属CDを入れ、logitecの無線LANルーターのセットアップ画面が立ち上がったところで、「簡単設定スタート」をクリックします。

パソコンをルーターに接続する方法で「有線(LANケーブル)」をクリック。
logitecの無線LANルーターの背面にあるLANポートとパソコンをLANケーブルで接続します。
画面の指示に従って2回ほどクリックすると、プロバイダ情報の入力が求められるので、プロバイダから送付された「ユーザーID」と「パスワード」を入力します。

これでインターネットの接続設定は完了です。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

logitecの無線LANルーターで簡単構築!家庭内ネットワーク

logitecの無線LANルーターには、簡単に接続機器を追加できますので、手軽に家庭内ネットワークを構築できます。

パソコンやタブレットの接続

パソコンやタブレットをlogitecの無線LANルーターに接続するには、画面右下のネットワークのマークをクリックします。

ワイヤレスネットワーク接続から、logitecの無線LANルーターを選択し、SSIDと呼ばれる認証コードを入力すると、ネットワークに接続できます。

パソコンWi-Fi接続画面

スマホの接続

スマホのlogitecの無線LANルーターへの接続は、スマホの設定画面から、Wi-Fiを選択すると、接続が可能なルーターやアクセスポイントの一覧が表示されますので、logitecの無線LANルーターを選択し、SSIDを入力するだけです。

プリンタなどのUSB機器の接続

USBポートがあるlogitecの無線LANルーターには、プリンタなどのUSB機器を接続できます。

プリンタや外付けハードディスクなどのUSB機器をlogitecの無線LANルーターに接続し、ネットワーク上で共用するためには、USB機器を共用するパソコンにUSB機器管理ツールをインストールする必要があります。

USB機器管理ツールのインストールは、logitecの無線LANルーターの付属CDから行います。

USB機器を共用するパソコンに付属CDを入れると、「かんたんセットアップツール」が表示されますので、「USB機器管理ツールのインストール」をクリックします。

画面の指示に従うと、簡単にUSB機器管理ツールをインストールできます。

実際にUSB機器を使用するときは、パソコンのタスクトレイにある「USB機器管理ツール」をクリックし、USB機器管理ツールから使用するUSB機器を仮想接続してから使用してください。

また、USB機器の使用が終わったなら、USB機器管理ツールから使用していたUSB機器を切断してください。