閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

フレッツ光のWi-Fi接続設定が知りたい!スマホの設定方法も

フレッツ光 Wi-Fi 設定

フレッツ光を無線(Wi-Fi)で利用するためには、大きく分けて次の3つのステップが必要です。

  1. 必要な機器(ONU・無線LANルーター・パソコン)を用意する
  2. 親機となる無線LANルーターの設定を行う
  3. パソコンやスマホでWi-Fi接続設定を行う

今回は、これら3つのステップをそれぞれ詳しくご紹介します!

設定の前に、Wi-Fi接続に必要なアイテムをそろえよう

まずは、無線でインターネット接続を楽しむために必要なアイテムからチェックしていきましょう。

  • 無線LANルーター(親機)
  • 無線LAN(Wi-Fi)対応のパソコンやスマホ(子機)
  • 無線LANルーターの設定を行うためのパソコン(子機としてパソコンを用意するならそれでOK)
  • NTTから貸し出されているONU(回線終端装置)
  • LANケーブル2本

ONUは、フレッツ光の開通工事の際に自宅に設置されるもので、通信状況を表すランプやLANケーブルの差し込み口がいくつか付いています。

フレッツ光と一緒にひかり電話を申し込んでいる場合は、このONUとひかり電話の利用に必要な機能が一体になった「ひかり電話ルーター」(=ホームゲートウェイ)が設置されており、これにオプションの「無線LANカード」を付けることで無線LANルーターとして利用もできます。

無線LANカードは、NTT東日本の場合月額300円で、NTT西日本の場合は月額100円でレンタルできるので、自分で無線LANルーターを購入することを思うとお手軽な上にリーズナブルです。

すでに購入した無線LANルーターがある場合はもちろんそれを利用しても構いませんし、ひかり電話を申し込んでいない場合はホームゲートウェイではなくONUそのものが設置されているはずなので、無線LANルーターは別途用意しておきましょう。

Wi-Fi接続には無線LANルーターの設定が必要

必要なアイテムがそろったら、早速Wi-Fiの親機となる無線LANルーターの設定を行っていきます。

最初に、用意した通信機器を次のように接続しましょう。

<接続方法>

接続イメージ

ONUと無線LANルーターの間は「WAN」と書かれているポート(=差し込み口)に、無線LANルーターと設定用パソコンの間は「LAN」と書かれているポートにLANケーブルを差し込みます。

ONU一体型のホームゲートウェイをお持ちの場合は、無線LANルーターを設定用パソコンと接続するだけで大丈夫です。

<設定方法>

接続が完了したら、次の手順に従って無線LANルーターの初期設定を行いましょう。
ここでは無線LANルーターとして、フレッツ光のホームゲートウェイ(+無線LANカード)を使用している場合の流れをご紹介します!

市販の無線LANルーターを使用する場合も、細かいメニュー名などが違うだけで流れは同じです。

1.パソコンでブラウザを起動し、アドレスバーに「192.168.1.1」と入力→「Enter」キーを押します。

2.最初にホームゲートウェイのパスワードを設定する画面が表示されます。入力欄に好きな文字列を入力し、「設定」をクリックしましょう。

HGW設定1
引用:開通工事・設定ガイド

3.続いてホームゲートウェイへのログインダイアログが表示されます。ユーザー名とパスワードにそれぞれ次の情報を入力し、「OK」をクリックしてください。

  • ユーザー名:user(※)
  • パスワード:先ほど設定した文字列

※市販の無線LANルーターを使用している場合、ユーザー名はメーカーによって異なります。お使いのルーターの取扱ご説明書を確認しましょう。

HGW設定2
引用:開通工事・設定ガイド

4.ログインが完了すると設定ウィザードが表示されるので、「接続先ユーザー名」と「接続パスワード」に、契約時プロバイダから送付される書類の中に記載されているユーザー名・パスワードをそれぞれ入力し、「設定」をクリックします。

HGW設定3
引用:開通工事・設定ガイド

5.ホームゲートウェイが自動で再起動されます。しばらく待って、再起動完了後に表示される「再表示」ボタンをクリックしましょう。

6.表の「メインセッション」の状態が「接続中」になっていれば設定完了です。

HGW設定4
引用:開通工事・設定ガイド

パソコン・スマホからWi-Fi接続するための設定方法

親機の設定が完了すると、いよいよパソコンやスマホといった無線LAN対応端末からWi-Fi接続が利用できるようです。

iOS(iPhoneやiPad)・Android・Windows10(パソコン)のOS別に無線子機の設定を紹介していきますので、利用したい端末の項目を。

ちなみに、どのOSの端末を子機として使用する場合も、Wi-Fi接続には次の情報が必要です。

  • 無線LANルーターのSSID(ネットワーク名)
  • 無線LANルーターのパスワード(暗号化キー)

これらは先ほど設定した無線LANルーター(ホームゲートウェイ)本体に貼られているシールに記載されていることが多いですが、見当たらない場合は取扱ご説明書を確認してあらかじめチェックしておきましょう。

iOSでのWi-Fi設定

1.ホーム画面から「設定」アプリを起動します。

2.設定一覧から「Wi-Fi」を選択し、つまみをスライドさせてWi-FiをONにします。

3.現在利用できるネットワーク一覧が表示されますので、自分の無線LANルーターのSSIDを探してタップしましょう。

4.入力欄にパスワードを入力し、「接続」ボタン(またはキーボードの「Join」キー)をタップします。

5.しばらく待って、SSIDの左側にチェックマークが表示されれば接続完了です。

AndroidでのWi-Fi設定

1.ホーム画面のメニューキーをタップし、「本体設定」を選択します。

2.設定一覧から「Wi-Fi」を選択し、つまみをスライドさせてWi-FiをONにします。

3.現在利用できるネットワーク一覧が表示されますので、自分の無線LANルーターのSSIDを探してタップしましょう。

4.入力欄にパスワードを入力し、「接続」ボタンをタップします。

5.しばらく待って、SSIDの下に「接続」と表示されれば接続完了です。

Windows10でのWi-Fi設定

1.タスクバーの「スタート」(Windowsのロゴ)を右クリックし、「設定」→「ネットワークとインターネット」を選択します。

2.左側のメニューから「Wi-Fi」を選択し、つまみをスライドさせてWi-FiをONにします。

3.「利用できるネットワークの表示」をクリックし、表示された一覧から自分の無線LANルーターのSSIDを探して「接続」ボタンをクリックしましょう。このとき、「自動的に接続」にチェックを入れておくと、次からはパソコン起動時に自動で接続してくれるようです。

4.入力欄が表示されますので、パスワードを入力して「次へ」をクリックします。

5.しばらく待って、SSIDの下に「接続済み」と表示されれば接続完了です。

Windowsの場合は、Wi-Fi設定がONになっていれば、タスクバーのネットワークアイコンをクリックすることでも利用が可能なネットワークの一覧を表示できます。

そのあとSSIDを選択し、パスワードを入力するところは紹介した手順と同じです。

フレッツ光のWi-Fi接続設定まとめ

フレッツ光でWi-Fiによる無線接続を行うための設定方法を紹介してきましたが、

Wi-Fi環境は、1度整えておけば新しく利用したい端末が増えた場合も無線LAN子機でSSIDを選択するだけで利用できるので、とても便利です。

無線に限らず、フレッツ光のインターネット接続設定全般のことをもう少し詳しく知りたい、というみなさんには、こちらの関連記事も参考になること間違いなしですよ。

【関連記事】フレッツ光の設定がわからない!Windows・Mac別に解説

今回ピックアップした手順を参考に、みなさんもフレッツ光で快適なWi-Fi接続を利用してみてください。

わたしのネット限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)