閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

インターネット初心者でもわかる!フレッツ光の設定方法

インターネット初心者でもわかる!フレッツ光の設定方法

フレッツ光でインターネットを使いたいと思っても、設定方法がわからないと申し込みまで踏み切れないですよね。

フレッツ光の初期設定は簡単にできるので、不安に思う必要はありません。

ただ、初期設定をする前に必要なものは事前に揃えておく必要がありますよ。

今回は、フレッツ光の設定に必要なものや設定方法を詳しく解説します。

フレッツ光の設定方法がわからなくて不安に感じている人は、参考にしてくださいね。

フレッツ光の設定時に必要なもの

フレッツ光の回線でインターネットを利用する仕組みは、以下の図のようになっています。

フレッツ光インターネット接続の仕組み
引用:【公式】フレッツ光東日本

上記の図をもとにすると、フレッツ光の接続設定をするときは以下5つのアイテムが必要です。

  • ONU(光回線終端装置)
  • LANケーブル
  • プロバイダから発行されたID、パスワード
  • 市販ルーターまたはNTTのホームゲートウェイ

上記のどれか1つでも欠けるとフレッツ光でのインターネット接続はできないので、設定をするときはすべて用意しておきましょう。

ONU(光回線終端装置)

有線と無線のどちらを利用する場合も、インターネットに接続するためにはONUがなければいけません。

ONUは開通工事が行われるときに業者が設置してくれます。

しかし、業者が訪問してくれない無派遣工事が行われる場合、NTTからONUが送られてきた自分で設置しなければいけませんので注意してくださいね。

とはいえ、同封されている光コードを使ってONUを光コンセントにつなぐので、設置は簡単にできます。

LANケーブル

フレッツ光の接続設定をするときは、有線と無線のどちらを使う場合でもLANケーブルも用意してください。

LANケーブルはデバイスや無線LANルーターをONUにつなぐときに利用します。

LANケーブルはどれを選んでも同じと思われがちですが、購入するときは種類を把握する必要があります。

LANケーブルには以下6つの規格があり、どれを選ぶかで通信速度が変わるからです。

<LANケーブルの規格別の通信速度と伝送帯域>

規格
通信速度
伝送帯域
CAT8
40Gbps
2000MHz
CAT7
10Gbps
600MHz
CAT6A
10Gbps
500MHz
CAT6
1Gbps
250MHz
CAT5e
1Gbps
100MHz
CAT5
100Mbps
100MHz

フレッツ光の通信速度は最大で1Gbpsなので、最低でも規格がCAT5e以上のLANケーブルを選んでください。

プロバイダから発行されたID・パスワード

フレッツ光の設定をするときは、プロバイダから発行されたIDとパスワードの入力が必要です。

IDとパスワードはプロバイダを契約したときに送付される会員証や契約内容書類に記載されています。

なお、フレッツ光ではプロバイダを契約しないとインターネットを利用できません。

プロバイダを契約していない人は、すぐに申し込みをしてください。

下記のページでオススメのプロバイダを紹介しているので、今から申し込む人はあわせてご覧ください。

市販ルーターまたはNTTのホームゲートウェイ

スマホやタブレットをWi-Fiに接続したい人、複数のデバイスで有線接続を利用したい人は市販の無線LANルーターを購入するか、NTTからホームゲートウェイをレンタルしてください。

無線LANルーターやホームゲートウェイを設置すると、フレッツ光の回線をWi-Fiに変換できます。

また、無線LANルーターとホームゲートウェイには複数のLANポートがあるので、複数のデバイスを有線でインターネットに接続できますよ。

市販の無線LANルーターを購入する場合、無線LAN規格がIEEE802.11acに対応していなければ、フレッツ光のクオリティを活かせないため、IEEE802.11acのモデルを選んでください。

パソコンを使ってフレッツ光の初期設定をする方法

パソコンを使ってフレッツ光の初期設定をするときは、macとwindowsのどちらを使っているかで方法が異なります。

Windowsで初期設定をする場合はCD-ROM「セットアップツール」で自動設定する

CDドライブが搭載されたWindowsパソコンをONUに直接つなげられるのであれば、契約するときに送付されたセットアップツールのCD-ROMを使って自動設定が行えます。

ただ、Windows10ではセットアップツールのCD-ROMが利用できないので、他の方法で設定してください。

セットアップツールのCD-ROMを利用する場合、以下の手順で設定します。

  1. パソコンにCD-ROMを挿入してセットアップツールを起動
  2. 起動画面で「次へ」をクリック
  3. 使用許諾を確認して「同意する」をクリック
  4. 画面の案内に従って「次へ」をクリック
  5. 「おまかせ設定」をクリックして「次へ」をクリック
  6. 「お客さまID・アクセスキーの入力」画面でお客さまIDとアクセスキーを入力して「次へ」をクリック
  7. 「ルーターなし」を選択して「次へ」をクリック(無線LANルーターやホームゲートウェイを利用しない場合)
  8. 「再起動」をクリック
  9. 「次へ」をクリック
  10. プロバイダから発行された接続アカウントと接続パスワードを入力して「次へ」をクリック
  11. 画面の指示に従って「次へ」をクリック
  12. NTTのご紹介の画面で「続きは後で」をクリックし「完了」をクリック

6で入力する、お客さまIDとアクセスキーは、フレッツ光を契約したときに送付された「開通のご案内」に書かれています。

開通のご案内の画像
引用:「お客さまID」「アクセスキー」について|NTT東日本公式ホームページ

設定をするときは、サポート情報も活用してくださいね。

サポート情報を活用できる状態にしておけば、万が一インターネットに接続できないときに対処しやすくなります。

セットアップツールが利用できない場合の設定方法

セットアップツールが利用できなくても、以下の手順でフレッツ光の初期設定を行えます。

  1. スタートボタンを右クリック
  2. コントロールパネル、または設定を選択
  3. ネットワークとインターネットを選択
  4. ネットワークと共有センターを選択
  5. 新しい接続、またはネットワークのセットアップを選択
  6. インターネットに接続しますを選択
  7. ブロードバンド(PPPoE)を選択
  8. プロバイダから発行されたIDとパスワードを入力して接続をクリックする

Windows10のバージョンによっては、スタートボタンを右クリックしてもコントロールパネルの項目が表示されない場合があります。

コントロールパネルの項目が表示されない場合は、設定を選択してください。

Windowsパソコン1台のみ利用する場合の設定

フレッツ光の回線を利用するデバイスがパソコン1台だけの場合、ブロードバンドルーター必要はありません。

1台のパソコンだけでフレッツ光を利用するなら、配線設定はONUに接続するだけだからです。

Windowsのパソコン1台のみを利用する設定手順をみていきます。

バージョンはWindows10を例にみていきますが、他のバージョンでも基本的な操作は同じです。

  1. デスクトップ画面の「スタート」をクリックし、左側に表示されるアプリの一覧を「W」までスクロール→「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」を選択
  2. コントロールパネルが表示されるので、「ネットワークとインターネット」から「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
  3. 続いて「新しい接続またはネットワークのセットアップ」→「インターネットに接続します」を順に選択し、「次へ」をクリック
  4. 「どのような方法で接続しますか?」と表示されるので、「プロ―ドバンド(PPPoE)」を選択

この後の設定方法は、画像を使ってわかりやすく説明していきます!

5.「ユーザー名」と「パスワード」に、プロバイダから送付されたユーザー名(ID)とパスワードをそれぞれ入力し、「このパスワードを記憶する」にチェックを入れて「接続」をクリック

インターネット接続設定画面
引用:NTT西野本公式ホームページ|開通工事・設定ガイド

6.6しばらく待って「インターネットに接続されています」と表示されたら、今表示されている画面を閉じてデスクトップ画面に戻り、今度はタスクバーのネットワークアイコンをクリック→「ブロードバンド接続」を選択します。

ブロードバンド接続の画面引用:NTT西野本公式ホームページ|開通工事・設定ガイド

7.開いた画面でも「ブロードバンド接続」をクリックし、続いて表示される「接続」ボタンをクリックしましょう。

ブロードバンド接続の画面引用:NTT西野本公式ホームページ|開通工事・設定ガイド

8.画面に「接続済み」と表示されれば設定完了です。

ブロードバンド接続済みの表示引用:NTT西野本公式ホームページ|開通工事・設定ガイド

Macで初期設定をする場合はセットアップツールではできない

MacのパソコンではセットアップツールのCD-ROMを使っての初期設定ができません。

なので、Macのパソコンをフレッツ光に接続させるときは、以下の手順で設定を行ってください。

  1. アップルメニューからシステム環境設定を選択
  2. ネットワークをクリック
  3. 左下の+ボタンをクリック
  4. インターフェイスのプルダウンメニューからPPPoEを選択
  5. EthenetのプルダウンメニューでEthenetを選択
  6. サービス名の項目にプロバイダの名称などのわかりやすい名前を入力して、作成をクリック
  7. アカウント名とパスワードの項目にプロバイダから発行されたIDとパスワードを入力して、適用をクリック

以上でMacでのフレッツ光の初期設定は完了です。

Macパソコン1台のみ利用する場合の設定

Macのパソコン1台のみを接続する設定方法をみていきましょう。

1.アップルメニュー(リンゴのロゴ)から「システム環境設定」→「ネットワーク」を選択します。
2.ネットワーク一覧のボックスの左下にある「+」をクリックします。

Mac ネットワーク画面
引用:フレッツ 光ネクスト サポート情報|NTT東日本公式ホームページ

3.ダイアログが表示されるので、それぞれ次の項目を選択・入力し、「作成」をクリックしましょう。

  • インターフェイス:PPPoE
  • ・Ethernet:Ethernet
  • サービス名:新しく設定する接続の名前です。好きな文字列を入力してください。

Mac ネットワーク接続画面
引用:フレッツ 光ネクスト サポート情報|NTT東日本公式ホームページ

4.続いて、「アカウント名」と「パスワード」の欄にプロバイダから送付されたユーザー名とパスワードを入力し、「メニューバーにPPPoEの状況を表示」にチェックを入れたら、その隣にある「詳細」ボタンをクリックします。

Mac ネットワーク アカウント名を入力
引用:フレッツ 光ネクスト サポート情報|NTT東日本公式ホームページ

5.「PPP」タブを選択し、「必要なときに自動的に接続」にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。

Mac ネットワーク PPPタブ画面
引用:フレッツ 光ネクスト サポート情報|NTT東日本公式ホームページ

6.先ほどの画面に戻るので、1番右下の「適用」ボタンをクリックします。

Mac ネットワーク 適用画面
引用:フレッツ 光ネクスト サポート情報|NTT東日本公式ホームページ

7.しばらく待って、「状況」に「接続済み」と表示されれば設定完了です。

ルーターの初期設定方法

無線LANルーターやホームゲートウェイを利用する場合、以下の手順で設定します。

  1. LANケーブルを使ってONUに無線LANルーターをつなぐ(無線LANルーターを利用する場合)
  2. パソコンをWi-Fiに接続する
  3. パソコンのブラウザでルーターの設定ツールを起動させて、プロバイダのIDとパスワードを入力する

今回はホームゲートウェイを利用していると仮定して手順を解説していきますが、他のルーターを利用する場合も基本的な流れは同じです。

ルーターの設定ツールが起動すれば、最初に機器設定用のパスワードを決めて設定をクリックしてください。

機器設定用のパスワードは自分の好きな文字にできます。

パスワードの初期設定入力画面
引用:開通工事・設定ガイド|NTT西日本公式ホームページ

次に表示されるWindowsセキュリティの画面でユーザー名にuserと入力し、先ほど作成した機器設定用パスワードをパスワードの欄に入力してOKをクリックしてください。

windowsセキュリティ入力画面
引用:開通工事・設定ガイド|NTT西日本公式ホームページ

すると、下に接続先名とユーザー名、パスワードの項目が表示されます。

設定ウィザード画面
引用:開通工事・設定ガイド|NTT西日本公式ホームページ

接続先名には自分の好きな文字を入れてください。

ユーザー名とパスワードには、プロバイダから発行されたIDとパスワードを入力しましょう。

入力が終わり、右下の設定をクリックすれば完了です。

スマホを使ってフレッツ光の初期設定をする方法

スマホを使ってフレッツ光の初期設定をするには、無線LANルーターかホームゲートウェイを利用しなければいけません。

無線LANルーターかホームゲートウェイを用意できれば、先ほども紹介した以下の手順で設定できます。

  1. LANケーブルを使ってONUに無線LANルーターをつなぐ(無線LANルーターを利用する場合)
  2. スマホをWi-Fiに接続する
  3. パソコンのブラウザでルーターの設定ツールを起動させて、プロバイダのIDとパスワードを入力する

無線LANルーターやホームゲートウェイの設定ツールは、Wi-Fiに接続したスマホからでも起動できます。

方法1:NTT西日本の方はアプリで簡単に設定ができる

西日本に住んでいる場合、「CLUB NTT-Westアプリ」を使えば簡単に接続設定ができます。

CLUB NTT-Westアプリでの設定は以下の手順で行います。

  1. ONUに無線LANルーターを接続する(ホームゲートウェイをレンタルしない場合)
  2. 無線LANルーターやホームゲートウェイが発信するWi-Fiにスマホを接続させる
  3. CLUB NTT-Westアプリを起動する
  4. フレッツ光のインターネット接続設定をタップする
  5. 機器設定用パスワードを作成する
  6. プロバイダから発行されたIDとパスワードを入力して、次へをタップする
  7. 画面の指示に従って次へをタップする

CLUB NTT-Westアプリを使えば、ブラウザで設定ツール用のURLを入力する必要がないのでかんたんに設定ができます。

方法2: AOSS2対応無線ルーターを利用して設定できる

BuffaloのAOSS2対応ルーターを購入する場合、簡単にスマホをWi-Fiに接続できます。

AOSS2機能を使えば、以下の流れでWi-Fiに接続できます。

  1. ルーターのAOSSボタンを1秒間押す
  2. 設定アプリを起動してWi-Fiをタップ
  3. AOSSの文字が入ったSSIDを選択
  4. ブラウザを起動
  5. 表示される設定画面で3ケタのAOSSキーを入力
  6. iPhoneではプロファイルを、AndroidではAOSSアプリをインストール

入力するAOSSキーはルーターの同封されているセットアップカードを見ればわかります。

iPhoneの場合、AOSSキーを入力すれば自動的にプロファイルのインストール画面が表示されます。

Androidの場合、AOSSキーを入力して次に表示される画面の「ここ」をタップすれば、アプリのインストール画面に移ることができますますよ。

Buffalo アプリインストール画面
引用:BUFFARO公式ホームページ

インターネットが繋がらない場合は認証IDとパスワードを確認しよう

初期設定をしてもインターネットがつながらない場合は、入力したIDとパスワードが間違っていないか確認してみましょう。

IDとパスワードの入力を誤ってインターネットに接続できないパターンはよく見かけます。

また、間違ってプロバイダではなくNTTから送付された書類に記載されたIDとパスワードを入力している場合もあります。

フレッツ光の設定で迷った時の問い合わせ窓口

フレッツ光の設定で迷ったときは、以下の方法を活用してください。

  • NTTフレッツ光の電話窓口に問い合わせる
  • セットアップサービスを利用する
  • リモートサービスを利用する

NTTフレッツ光に問い合わせる

フレッツ光の設定方法でわからない問題が起きたときは、NTTの電話窓口に連絡してみましょう。

電話窓口に相談すれば、スタッフが新設に対処法を教えてくれます。

なお、電話窓口の番号は東日本と西日本のどちらに住んでいるかで異なるので注意してください。

電話番号
受付時間
東日本
0120-248995
9時~17時
西日本
0120-248995
9時~17時

セットアップサービスを利用する

まだフレッツ光を契約していないのであれば、申し込むときにセットアップサービスを依頼しておきましょう。

セットアップサービスとは、フレッツ光の工事をしてもらう際に、専門スタッフが初期設定を行ってくれるサービスです。

セットアップサービスを依頼すれば、3,000円で接続設定を行ってくれます。

ただ、市販の無線LANルーターの設定をしてもらうときや、プリンターの設定をしてもらう場合は別メニューになり料金が加算されるので気をつけてください。

セットアップサービスには以下8つのメニューがあり、すべてを利用すると合計で23,000円かかります。

  • インターネット接続設定/3,000円
  • パソコンの開梱設置設定/3,700円
  • ルーター詳細設定/2,000円
  • Wi-Fi設定/900円
  • 追加PC設定/2,000円
  • プリンター設置設定/4,400円
  • 各種アプリケーション設定/3,500円
  • その他の機器設定/3,500円

リモートサービスを利用する

リモートサポートを利用するのも1つの方法です。

リモートサポートとは、は電話窓口に連絡すると、スタッフが遠隔でデバイスを操作して対処方法を教えてくれるサービスです。

インターネットを利用したいデバイスに専用のサポートツールをインストールしておけば、リモートサポートによる遠隔操作が受けられます。

リモートサポートは月額500円で利用できます。

リモートサポートを受けるときは、専用の窓口に電話をかけなければいけないので注意してください。

「リモートサポート窓口の電話番号」

電話番号
受付時間
東日本
加入時に通知される
9時~21時
西日本
0120-147-481
9時~21時

まとめ

フレッツ光の初期設定方法はインターネットへの接続方法で異なります。

パソコンをONUにつなぐ場合、セットアップツールのCD-ROMを使う方法が一般的です。

ただ、OSがWindows10かMacのパソコンではセットアップツールが利用できません。

Windows10を利用している場合、コントロールパネルや設定アプリを利用してください。

Macのパソコンを利用している人は、アップルメニューから環境設定に進んでください。

無線LANでインターネットを利用する場合、デバイスをルーターやホームゲートウェイに接続して、ブラウザで設定ツールを起動して設定を行います。

どの方法で設定する場合もプロバイダから発行されたIDとパスワードの入力が必要なので、手元に会員証や契約内容の書類を置いておきましょう。

Sonet光プラスおすすめ申込窓口

おすすめ窓口SONYネットワークコミュニケーションズ

公式サイトの月額割引に注目
公式サイトの月額割引が魅力的!さらにauユーザーであればスマートバリューで月々の携帯代が割引に!auユーザーの方でauひかりが届かないエリアならSo-net光プラスがおすすめです!

お申込みサイトを見る