閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

こんなに便利なの?フレッツ光ポータブルLTEのメリットと評判!

フレッツ光 ポータブル

フレッツ光のポータブルLTEのことを知っていますか?
何となく何ができるのかを知っている方もいることでしょう。
しかし、実際に使ってみてどうなのかは知らないかもしれませんね。
実際にメリットやデメリットなど知った上で利用を検討していきたいところ。

今回はそんなフレッツ光ユーザーに向けて、ポータブルLTEのメリットと評判を紹介していきます。

ポータブルLTEって何?

ポータブルLTEとは、フレッツ光の光回線を自宅でも外出先でも利用できるイメージのポケットサイズのWi-Fiルーターです。
もともとポータブルLTEはNTT東日本とNTT西日本が提供していたサービスです。

しかし、NTT東日本エリアでは2016年4月にサービスを終了してしまいました。
現在ではNTT西日本だけのサービスになっています。

ポータブルLTEとは何かの主な特徴をご紹介します!

どこでも使える

自宅にいるときにはWi-Fiルーターとなりフレッツ光に接続します。
外出先ではLTE通信網を経由してインターネットに接続することに。
どこにいても契約したLTEのエリア内であれば使えることが大きな特徴です。

通信速度が速い

LTE網に対応しているため、サービス提供エリアが広く、下り最大100Mbpsの高速通信が可能です。
上りの通信速度は最大37.5Mbpsですが、写真のアップロードなどでもストレスなく通信ができる速度です。
自宅にいる場合には、Wi-Fiルーターとして活躍し、最大300Mbpsの速度でフレッツ光の高速回線に接続します。

利用料金が安い

フレッツ光や光コラボ利用者ならわずか300円/月のレンタル料金でNTTから借りることができます。
SIMフリーWi-Fiなので、事業者を選ばずに利用できることもポイントです。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大70,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

ポータブルLTEはこんなときに使える!

では、利用環境はどんなシーンでしょうか。

持ち運びができることから高速インターネットを外出先でも無線で使えることが大きなメリットです。
スマホやパソコン、タブレットを高速インターネット回線で利用でき、比較的にストレスフリーで通信ができます。

動画や音楽ゲームなどで活躍

高速通信が可能なルーターなので、動画や音楽などを楽しめます。
もちろんオンラインゲームなどの通信でも快適に感じることでしょう。

オンライン対戦中に急な外出になると困ってしまいますよね?
そんなときでも持ち運びができるため、続けてゲームを楽しめます。

急なスマホのバッテリー切れにも安心

USBの電源供給にも対応しているため、もしもの場合のスマートフォンの電池切れにもモバイルバッテリーとして利用できますよ。
バッテリーは長持ち8時間対応です。

モバイルバッテリーを別に持ち歩く必要がなくなり便利に使えることでしょう。

自宅のインターネットの中心に

同時接続数が10台をサポートしているため、自宅で利用時にはスマホ、パソコン、タブレットなど同時に複数機器が接続でき、ホームWi-Fiルーターとしても活躍できます。
まさに自宅のインターネットの中心としてポータブルLTEを使用することになるでしょう。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大70,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

ポータブルLTEを利用するメリット

ポータブルLTEにはたくさんのメリットが存在します。
まずはその便利さを理解した上で利用を検討してみるといいでしょう。

いつでもどこでも高速通信を

ポータブルLTEを利用するメリットとは、なんと言っても便利だということ。

外出先で通信速度が遅かったり、Wi-Fiに繋がらないというシーンに遭遇したことがあるユーザーは多いことでしょう。
しかし、ポータブルLTEがあれば一緒にいる人みんなで高速インターネットに接続ができるのです。
10人までならつながりますので、一緒にゲームなどを楽しむことも可能。

自宅の高速インターネットに慣れていると外出先ではストレスを感じやすいですよね。
しかし、ポータブルLTEがあれば安心です。
スマホの通信制限などの際にもポータブルLTEのデータ量に余裕があれば、問題なく通信ができます。

フレッツ・スポットでさらに便利に!

フレッツスポットは、NTT東日本・NTT西日本がサービスを提供しているWi-Fiアクセススポットです。新幹線内や空港などで便利に使えるサービス。
このフレッツ・スポットがあればポータブルLTEがWi-Fiで接続できるため、SIM端末にかかる通信料金を節約できます。

通信制限などを気にする必要もありません。
直接Wi-Fiでフレッツ光に接続できるから更に高速通信もできる結果になるでしょう。

ただし、フレッツ・スポットの新規申し込みは2017年5月31日で終了しています。
そのためこれからポータブルLTEを利用してフレッツ・スポットを利用したいと考えているユーザーは利用できませんので、注意してください。
すでにフレッツ・スポットのユーザーであれば引き続き利用できるため、便利なサービスです。

持ち運び便利

ポータブルLTEはたった、120gということもメリットです。
モバイルルーターとして有名なWiMAXの重量とほぼ変わらないほどの軽量型。
そのため、持ち運び便利で邪魔になりません。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ポータブルLTEを利用する注意点

とはいえ、便利なポータブルLTEにもデメリットとなり得る注意点がいくつかあります。
後から後悔しないために、注意点を理解した上で利用を検討してください。

SIMフリーなので別途SIM代がかかる

ポータブルLTEはSIMフリーの通信を行います。
そのため、LTE通信事業者はお好みで選べることが特徴。
自分のライフスタイルに合わせた事業者を選べて便利です。

しかし、当然SIMの提供事業者への通信費が発生します。
また、通信量の上限値も設定されているので注意してください。

しかし、昨今では格安SIMがたくさんあるので、上手に選べば大きな出費にはならないでしょう。上手に選んで光ポータブルLTEを便利に使えるといいですよね。

違約金が発生する

光ポータブルLTEの契約期間は2年間です。
24ヶ月以内の解約には違約金7,000円が発生してしまいます。
注意したいポイントですよね。

もしも、フレッツ光や、光コラボの回線を同時に解約するケースでは、ポータブルLTEの違約金は発生しません。
光回線の転用を行った場合には、違約金は発生しないということです。
光回線の見直しを考えているユーザーは安心して解約しても大丈夫。
また、将来的に光回線の乗り換えを検討しているユーザーも安心してポータブルLTEの利用を開始できます。

実際使ってみた人の評判・口コミは?

では、実際のポータブルLTEの利用者の声を見ていきましょう。
twitter上には良い評判もあれば悪い評判もあります。
ユーザーの生の声をチェックしましょう。

比較的に安定し、便利に使えるという評判が幾つかありました。
上手に使えば便利に利用できるということですね。

しかし、中には実効速度が遅いという声や、通信制限があって使いづらいという声があったのも事実です。
速度は契約するプロバイダーにもよりますので、上手に選ぶ必要があるでしょう。
また、通信制限が気になるユーザーは外出先のフレッツ・スポットなどを上手に利用する必要があります。

最大94,000円キャッシュバック!

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 最大70,000円キャッシュバック
  • 月額6ヶ月分(24,000円相当)還元
  • 他社回線から乗換え違約金を10万円まで満額負担
  • おうち割適用で毎月最大1,080円割引

ポータブルLTEの申し込み方法

では、ポータブルLTEの申し込み方法を見ていきましょう。
まずは、webからポータブルLTEの申し込みを行います。
申し込みは簡単。わずか4ステップで完了です。

1.こちらのページから簡単に申し込みがます。
約款を確認後、お客様情報の入力を行ってください。
内容を確認したら申し込みの完了です。

2.NTT西日本から確認の電話が入ります。

3.機器などが送付されてきます。

4.必要な設定を行い利用開始です。

ポータブルLTEの接続・設定方法

ポータブルLTEの接続・設定方法を見ていきましょう。
NTT西日本の公式ページにわかりやすく動画で解説されています。
設定がわかりづらいユーザーは動画を見て設定していきましょう。
設定ページはこちらから

光ポータブルLTE×LTE/3G回線の接続設定手順

ポータブルLTEの料金

では、ポータブルLTEの料金はいくら程度必要になるのかを見ていきましょう。
ポータブルLTEの機器のレンタル料金はたったの300円/月です。

ただし、ポータブルLTEを契約できる条件はフレッツ光または光コラボレーションの回線を利用していること。
そのため、実質の料金は、ポータブルLTEのレンタル料金+光回線の利用料金+プロバイダー料金+モバイルデータ通信事業者月額利用料金となると考えてください。
契約するプロバイダーなどによって料金はまちまちです。
例としてフレッツ光をビッグローブで利用した場合のポータブルLTEの料金を算出してみましょう。

この例でいくと月額利用料金7,100円で自宅で高速光通信を実現でき、さらに、外出先でも快適なインターネット環境を構築できることです。

フレッツ光回線使用料金(フレッツ光ネクストギガファミリースマートタイプ)※2年割適用 4,700円
プロバイダー料金(BIGLOBE) 1,200円
光ポータブルLTEレンタル料金 300円
ビッグローブデータSIM料金(3G契約) 900円
月額合計 7,100円

まとめ

フレッツ光のポータブルLTEはこんなに便利に利用できるんですね。
まだ存在を知らなかった方も、名前だけは知っていた方もその便利さを理解できたことでしょう。

利用を検討していた方はメリットと注意点を理解した上で申し込みを行ってくださいね。
きっと、外出先でもこれまで以上に便利にインターネットを利用できますよ。

他社回線からソフトバンク光へ乗換え違約金が実質0円に!

違約金0円

ソフトバンク光なら他社の回線解約違約金を全額負担!
さらに新規申込みで最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る