閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のブロードバンドルーターの接続方法は意外にカンタン!

通信料金は定額制で高速通信として大容量インターンネット接続サービスを実現したブロードバンドサービスは、時間帯を気にせず接続できるため、利用形態に大きな変化をもたらしたサービス内容と言えます。

提供エリアも幅広い「フレッツ光」は、高速で快適なインターネット接続のためのアクセス回線として利用することに加え、電話サービス(ひかり電話)や映像配信サービスなど、さまざまな生活シーンや利用の場を広げ、簡単で便利に快適な生活をお届けする「スマート光ライフ」の実現に向けた取り組みをすすめています。

月額料金の二段階定額料金制「フレッツ 光ライト」 や、最大通信速度1Gbpsを実現する「フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼」 の提供によりプランやサービス拡充をすすめています。

では、いざフレッツ光を申し込み契約し、工事日や開通日が決定後、開通工事が終わっても、「あれ?インターネットにつながらない」という事をよく聞きます。

実は、開通後にパソコンまたはブロードバンドルーター設定が必要です。

今回はフレッツ光のインターネット環境を準備するための開通工事後のパソコン側の設定やブロードバンドルーターの設定方法についての取り上げていきます。

ブロードバンドルーターの基本

ブロードバンドとは高速で大容量の情報が送受信できる通信網のことで、光ファイバー回線やケーブルテレビなどの公衆回線を指します。

より広帯域で高速な通信を提供する回線サービスとして、他の接続方法と比べても、高速で安定した通信速度を実現しています。

ルーターとは1つのインターネット回線に複数のパソコンやタブレット、携帯電話(スマートフォン)を同時接続するために情報を振り分ける通信機器です。

このルーターの働きよって、一つのご家庭内で複数のパソコンへ同時接続が可能となるインターネット接続サービスです。

すなわちブロードバントルーターとは、高速回線でインターネットに常時接続するときに使用する通信機器のことです。
複数台を同時にインターネット接続することができるとともに、セキュリティ対策機能などを備えています。

ブロードバンドルーターは、無線LAN、有線LAN、ルーター、Wi-Fi接続などとよばれることもあります。

WAN側とLAN側

下記の図のようにブロードバンドルーターには「インターネットに接続するWANポート」と、「家庭内の機器を接続するLANポート」があります。

それぞれブロードバンドルーターに接続し、インターネット通信環境が構築できます。

さらにインターネット接続サービスの「フレッツ光ネクスト」もしくは「フレッツ光ライト」を契約している方であればホームゲートウェイ無線LANカード」を利用すれば、家中どこでもWi-Fi(無線LANネットワーク)がつながります。

フレッツ光は冒頭でもご紹介したとおり、「スマート光ライフ」に向け、スマートフォン向けサービスやタブレット向けサービスなど、パソコンだけでなく、さまざまなデバイスでも便利で快適に利用できる取り組みをおこなっております。

モバイルではSIMフリー対応のスマートフォンを小売り販売し、家ではフレッツ光、外ではフレッツ・スポットやモバイルデータ通信を室内外問わず、快適なインターネット環境づくりを提案しています。
ブロードバンドルーター接続方法

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

フレッツ光にパソコン1台のみを接続する場合

家族で複数のパソコンからインターネットを利用するには、ブロードバンドルーターが必要ですが、1人暮らしでなどのため、フレッツ光で1台のパソコンからインターネットを利用するだけの場合、ブロードバンドルーターを使う必要はありません。

用意するもの

・ONU(NTTから送付されます)
・LANケーブル1本(自分で用意します)
・プロバイダの会員登録書(ユーザーIDとパスワードが記載されている書類)

プロバイダから発行されたユーザー情報の確認

まず、インターネット接続業者であるプロバイダから届いた会員登録書に記載されているユーザー情報を確認しましょう。

ユーザー情報とは、「ユーザーID」と「パスワード」です。

このユーザー情報をパソコンに設定することによって、フレッツ光でインターネットに接続できるようになります。

ONUとパソコンの配線

ONUとはフレッツ光を申しむとNTT東日本またはNTT西日本から送付されてくる光回線の終端装置です。

ONUにはケーブルが付属していますので、NTTが取りつけてくれたケーブルの差し込み口に、インターネットマンションの場合は、壁のインターネット用の差込口にケーブルを差し込みます。

ケーブルのもう一端をOUNに差し込みます。

LANケーブルの一端をONUのLANポートに差し込み、もう一端をパソコンに差し込みます。
これで配線は終了です。
簡単ですよね。

ONU接続方法

パソコンの設定

パソコンの設定は、コントロールパネルのネットワークと共有センターから行うことができます。

パソコンの画面左下にあるWindowsボタンをクリックしてスタートメニューを表示し、「コントロールパネル」を選択します。

パソコン設定①

コントロールパネルから「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」と選択すると、画面中段に「ネットワーク設定変更」が表示されますので、「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択します。

パソコン設定②

「接続またはネットワークのセットアップ」画面が表示されますので、1番上の「インターネットに接続します」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

パソコン設定③

「インターネットへの接続」画面で、上から2番目の「ブロードバンド」を選択します。

パソコン設定④

「インターネットへの接続」画面が表示されますので、プロバイダの会員登録書に記載されているユーザー名とパスワードを入力し、「接続」ボタンをクリックします。

パソコン設定⑤

これだけで、インターネットをパソコンで利用できるようになります。
もしも、インターネットにつながらない場合は、ユーザー名とパスワードを会員登録書とよく見比べてみてください。

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

フレッツ光で複数のパソコンからインターネットを利用する場合(有線LAN)

家族でフレッツ光を使う場合は、複数のパソコンをインターネットに接続したり、インターネットからダウンロードした資料や写真などを、プリンタで印刷したりしますよね。

そのような場合にはブロードバンドルーターが必要になります。

ブロードバンドルーターには、家庭内のネットワークをLANケーブルで接続する有線LAN用のブロードバンドルーターと、家庭内のネットワークを無線で接続する無線LAN用のブロードバンドルーターがありますが、まずは有線LAN用でのインターネットへの接続についてご説明します。

用意するもの

・ONU(NTTから送付されます)
・ブロードバンドルーター(自分で用意します)
・LANケーブル、接続機器数+1本(自分で用意します)
・プロバイダの会員登録書(ユーザーIDとパスワードが記載されている書類)

ONU、ブロードバンドルーター、パソコン、プリンタの配線

インターネットとONUの接続は、1台のパソコンをインターネットに接続するときと同じ方法で配線します。
OUNとブロードバンドルーターのWAN側ポートをLANケーブルで接続します。
パソコン1台目のパソコンと、ブロードバンドルーターのLAN側ポートをLANケーブルで接続します。
2台目のパソコンやプリンタも同じように、それぞれブロードバンドルーターのLAN側ポートをLANケーブルで接続します。
これで配線は終了です。

ブロードバンドルーター接続方法②

ブロードバンドルーターの設定

ブロードバンドルーターの設定は、ブロードバンドルーターに付属しているCDから簡単に設定する方法と、付属しているCDを使わずにパソコンから設定する方法の2つがあります。

初心者におすすめ!付属CDでラクラク設定

家電量販店などで販売している家庭向けブロードバンドルーターには、インターネット接続設定用のCDが付属しています。
付属CDを使用すると初心者でもラクラクとブロードバンドルーターのインターネット接続の設定ができます。

付属CDによるブロードバンドルーターのインターネット接続設定の方法は、ブロードバンドルーターのメーカーによって、設定画面に多少の違いがありますが、基本的に入力するのは、フレッツ光かADSLなどの回線の種類と、プロバイダーから発行されたユーザーIDとパスワードになります。

配線が終わったなら、パソコンに付属CDを入れ、画面の指示通りにボタンをクリックしていくと、簡単にブロードバンドルーターのインターネット接続設定ができます。

付属CDがない場合!パソコンから自分で設定

ブロードバンドルーターの付属CDがない場合は、少し難しいかもしれませんが、自分でパソコンからブロードバンドルーターのインターネット接続設定ができます。

はじめに、Windowsのコマンド入力画面であるコマンドプロンプト画面から、デフォルトゲートウェイのIPアドレスを調べます。
デフォルトゲートウェイとは、インターネットに接続する門(ゲート)でありブロードバンドルーターのことです。
また、IPアドレスとは住所と考えてください。

その後、インターネット閲覧ソフトであるインターネットエクスプローラーなどのWebブラウザから、デフォルトゲートウェイであるブロードバンドルーターにログインし、インターネット接続の設定をします。

では、手順を説明します。

◆コマンドプロンプト画面を開く

パソコンの画面左下にあるWindowsボタンをクリックして、スタートメニューを表示します。
検索窓に「cmd」と入力し、Enterキーを押します。

コマンドプロンプト

以下のようにコマンドプロンプト画面が表示されます。

コマンドプロンプト②

◆デフォルトゲートウェイのIPアドレスを調べてメモする

コマンドプロンプト画面から、「ipconfig」と入力してEnterキーを押します。
表示されたデフォルトゲートウェイのIPアドレスをメモします。

コマンドプロンプト③

◆コマンドプロンプト画面を閉じる

コマンドプロンプト画面の右上の×ボタンをクリックして、コマンドプロンプト画面を閉じます。

◆ブラウザからブロードバンドルーターにログインする

インターネットエクスプローラーなどのブラウザを開いてください。
ブラウザの左上にある検索窓に、先ほどメモした番号を入力し、Enterキーを押します。

ブラウザ

ほとんどのブロードバンドルーターで、Windowsのセキュリティ画面が表示されますので、ブロードバンドルーターのユーザー名とパスワードを入力します。
(ブロードバンドルーターのユーザー名とパスワードは、ブロードバンドルーターの取扱説明書に記載されていますので、そちらを入力してください)

パスワード

◆ブロードバンドルーターのインターネット接続設定を行う

ブロードバンドルーターの設定画面がブラウザに表示されますので、インターネットプロバイダの接続タイプ、ユーザー名とパスワードを入力するプロバイダ情報の入力画面を探してください。

プロバイダ情報の入力画面が見つかったなら、プロバイダの接続タイプ、プロバイダから発行されたユーザーIDとパスワードを入力します。

ブロードバンドルーターの設定画面は、メーカーによって異なりますので、画面を見てもわからない場合は、取扱説明書を読む必要があります。

以上で、ブロードバンドルーターのインターネット接続設定は終了です。

やり方がわからない方でも安心!フレッツ光のリモートサポートサービス

初心者の方であれば、NTT東日本、NTT西日本が提供するオプションサービスの「リモートサポートサービス」を利用することも手段のひとつです。

リモートサポートのツールをインストールし、各種設定をお客様の画面を見ながらサポートするサービスがあります。

月額利用料金は500円(税抜)なので、「自分で調べて設定するのは手間」、「専門の人に聞きたい」という方におすすめです。携帯電話・IP電話や海外からのお問い合わせは受付けはなく、お客様側で通話料を負担しなければなりません。
ただし、加入電話、フレッツ・ISDN、ひかり電話からのお問い合わせは、通話料無料のフリーダイヤルで受け付けしているようです。

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

フレッツ光でスマホやタブレットからインターネットを利用する場合(無線LAN)

スマホやタブレットには、LANケーブルの差込口がありませんので、フレッツ光でインターネットを利用する場合は、無線LAN用のブロードバンドルーターが必要になります。

用意するもの

・ONU(NTTから送付されます)
・無線LAN用ブロードバンドルーター(自分で用意します)

ONUとブロードバンドルーターの配線

インターネットからONU、ブロードバンドルーターへの配線は、有線LANと同じになります。

ブロードバンドルーター接続方法③

ブロードバンドルーターの設定

ブロードバンドルーターの設定は、ブロードバンドルーターに付属しているCDから簡単に設定する方法と、付属しているCDを使わずにパソコンから設定する方法の2つがありますが、おすすめは付属CDを使用したラクラク設定です。

無線LAN用のブロードバンドルーターも、基本的に有線LAN用のブロードバンドルーターと同じように、パソコンの画面に表示される指示に従って設定します。

無線LAN機能のセキュリティ設定

無線LANをご利用される際には、第三者による情報の改ざん・なりすましなどを防止するために、セキュリティ機能(暗号化通信など)の設定を行うことをおすすめします。

無線LAN利用者はセキュリティ設定として、暗号化方式にすることが一般的です。
なぜなら暗号化を行うことで、アクセスポイントから通信端末の無線区間内でデータを傍受されてしまっても、そのデータを解読することが困難ですので、暗号化方式にしておくことがおすすめです。

暗号化方式にはWEP(同じ暗号化キーを設定した機器同士しか通信できないようにする暗号化技術)やTKIP(WEPの弱点を解決するため、暗号化キーを一定時間ごとに自動的に変更することで、不正な解読をより困難にした暗号化方式)、またAES(TKIPがWEPの鍵管理方法を高度にした拡張版であるのに対して、AESは、近年のコンピューターの高性能化を踏まえ開発された次世代暗号方式)の3種類があります。

セキュリティレベルが低いですが、ただあくまで無線LANアクセスポイントと利用端末間の無線区間のセキュリティーを確保するものであり、完全なセキュリティーではありません。

個人情報等の重要な通信を行う場合はSSLやVPNを利用することをおすすめします。

またMACをお使いのユーザーの方であれば、MACアドレスフィルタリング機能で、MACアドレスを使って、無線LANアクセスポイント(親機)に登録された無線LAN端末(子機)とのみデータ通信できるようにする機能です。これにより、他の無線LAN端末(子機)からLANやインターネットへ接続されるのを防ぐことができます。

スマホの接続

スマホの無線LANへの接続は、スマホの設定画面からWi-Fiを開き、ブロードバンドルーターを選び、ブロードバンドルーターのパスワードを入力するだけです。

タブレットの接続

タブレットの無線LANへの接続は、タブレットの画面右下の無線マークをクリックして、ワイヤレスネットワークを開き、ブロードバンドルーターを選択し、ブロードバンドルーターのパスワードを入力するだけです。

タブレット

フレッツ光のブロードバンドルーターの設定は、ブロードバンドルーターに付属しているCDを使用すると、初心者でも簡単に接続できます。

あなたも簡単に自分でフレッツ光のブロードバンドルーターの設定をして、高速インターネットを利用開始しインターネットを楽しんでみませんか。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る