閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

モバイルルーターでWiMAXはどう?契約者数2,000万件突破の理由

モバイルルーターWiMAXとは?解説+お得に申し込む方法まとめ

WiMAXはモバイル通信の一種です。モバイル通信とはモバイルルーターという端末機器を使って無線でインターネット接続する仕組みです。

モバイル通信の回線はWiMAX以外にもいくつか存在し、モバイルルーターを使ったインターネット通信の総称を「モバイル通信」と考えてもいいでしょう。

その中でもWiMAXはモバイル通信回線の中でも契約者数2,000万件突破の人気回線です。ではWiMAX以外のモバイル通信回線と比べると使い心地などはどうなのでしょうか?

この記事ではWiMAXとその他のモバイル通信を比較し、WiMAXがなぜモバイル通信で有名な存在になっているのかを考察します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ポケットWi-Fiとモバイルルーターの違い

ポケットWi-Fiとモバイルルーターを同じ意味だと考えている人は多いと思います。これは半分正解だけど半分は間違った認識、と言えます。

ポケットWi-Fiとはモバイル通信回線の一つ、「Y!mobile(旧イーモバイル)」が提供する専用のモバイルルーターの商品名です。

イーモバイル(現Y!mobile)のポケットWi-Fiがモバイル通信の先駆けとなった歴史があるためモバイルルーター=ポケットWi-Fiという印象を持つ人が未だに多いというのが真相です。

これは80〜90年代に登場したソニーの「ウォークマン」が携帯型ヘッドホンステレオの総称になってしまった例と酷似していますね。

モバイルルーターの中のWiMAX

WiMAXはモバイル通信の中でも最も有名な存在でしょう。

WiMAXでも選ぶプロバイダによって料金は異なります。例えば回線を運営するUQコミュニケーションズが自らプロバイダ事業も行う「UQ WiMAX」の場合、月額料金は以下になります。

UQ WiMAXの月額料金
UQ flatツープラスプラン(通常プラン)
3,696円
ギガ放題プラン
4,380円

UQ WiMAXはWiMAXの中でも安い部類ではなく、他のプロバイダならギガ放題を3,000円代の価格帯で利用できる場合もあります。

【おすすめ】WiMAXの料金プランは妥当なのか?光回線と比べるとどう?

通常プランは1ヶ月7GBの通信量超過で通信制限がかかります。ギガ放題プランは3日で10GBを超えると翌日の夜間に通信制限がかかり、翌々日には制限解除されます。このことからギガ放題プランが実質的に使い放題プランであると宣伝されることが多くみられます。

初期費用は3,000円です。これは登録料の意味合いが強く、どのプロバイダでも3,000円の初期費用が発生する場合が多いです。

WiMAXは現在、「WiMAX2+」という回線規格がメインになっており、旧規格の「WiMAX」回線から「WiMAX2+」にほぼ置き換わっています。

「WiMAX2+」の通信速度は最近まで下りが440Mbps、上りが30Mbpsでしたが、最新のモバイルルーター機器の登場により、下りが708Mbpsまで可能になりました。

WiMAXのエリア確認はとても大切

WiMAXのエリアはUQコミュニケーションズの公式HPで確認出来ます。このエリア確認はとても重要です。

WiMAXはどのプロバイダを選んでも回線はUQの回線のため、エリアは変わりません。もし自宅の住所がエリア外の場合はWiMAXの利用を諦め、別回線のキャリアを検討するしかありません。

WiMAXを含めたモバイル通信回線は世帯単位での契約では無いため自宅の住所がエリア外でも契約自体は出来てしまいます。契約しても自宅がエリア外なら意味が無いため、契約前のエリア確認はとても大切です。

プロバイダによっては契約してから1週間程度は電波状況を試す期間として、1週間以内の解約なら無償で受け付ける、というサービスを実施している場合もあります。

【関連記事】WiMAX2+のエリア確認の方法!あなたの街は対応してる?

現在のモバイル通信の主要な3社

冒頭でも解説したようにWiMAXはモバイルルーターを用いたインターネット通信、通称「モバイル通信」の回線の一つです。現状、モバイル通信には主に以下のキャリアが存在します。

  • WiMAX
  • Y!mobile
  • スマモバ

WiMAXは「UQコミュニケーションズ」が運営するモバイル回線で、Y!mobileの運営のワイモバイルは実質的にソフトバンクの子会社です。

スマモバとは「スマートモバイルコミュニケーションズ」という会社が運営するモバイル通信です。スマモバがスタートしたのは2015年のことで、モバイル通信回線では新興の存在です。

「スマートモバイルコミュニケーションズ」はdocomoと提携関係にあり、スマモバの通信回線はdocomoの電波です。

WiMAXの「UQコミュニケーションズ」auの傘下、Y!mobileはソフトバンクの傘下です。つまりこのモバイル通信の主要な3社は携帯電話の3大キャリアが大元となっているということですね。

モバイルルーター同士で比較してみた

ここからは上記で解説した主要なモバイル通信回線、「WiMAX」、「Y!mobile」、「スマモバ」の3社を比較していきます。

月額料金の比較

3社の月額料金は以下になります。

モバイル通信回線の月額料金比較
モバイル通信回線名
プラン
月額料金
WiMAX
通常プラン
2,726〜3,696円
ギガ得プラン
2,726〜4,380円
Y!mobile
通常プラン
3,696円
無制限プラン
4,380円
スマモバ
データSIM ナイトプラン
1,980円
データSIM プレミアムプラン
2,480円
データSIM 使いたい放題プラン
3,480円

WiMAXは選ぶプロバイダによって料金が異なるため料金は一定でありません。割安なプロバイダを選べば3,000代での利用が可能も可能です。

WiMAXの通常プランとギガ得プランの違いは上記で解説しましたが、Y!mobileもほぼ同様に通常プランと、ギガ得プランに相当する無制限プランが選べます。

スマモバは格安SIMのキャリアでもあるためスマホのキャリア契約のプランも存在します。今回はインターネット通信キャリアとしての比較のため、スマモバは主にモバイルルーター利用のためのプランである「データSIMプラン」を比較対象として上記に掲載しました。

スマモバの「データSIM 使いたい放題プラン」は文字通りで使い放題のプランです。「データSIM ナイトプラン」は深夜1時~朝9時までが使い放題、「データSIM プレミアムプラン」は平日の深夜1時~17時まで使い放題です。
使い放題以外の時間は128Kbpsに制限されます。

料金を見比べるとWiMAXが割安である、一番人気の一因になっていることがわかります。

初期費用

モバイル通信回線の初期費用比較
モバイル通信回線名
初期費用
WiMAX
プロバイダによって違う
Y!mobile
3,000円
スマモバ
3,000円

WiMAXの場合、多くのプロバイダは初期費用に3,000円が必要になる場合が多いです。「Broad WiMAX」の場合は初期費用が18,857円なのですが、公式キャンペーンの適用で無料になるため実質的に初期費用無料です。

初期費用無料キャンペーン中!WiMAXならどこでもインターネット使い放題!

BroadWiMAX端末料金18,857円割引き

WiMAXなら工事費不要、月額2,726円~どこでもインターネットが使い放題! Broad WiMAXのWebからのお申込みなら初期費用18,857円割引きキャンペーン実施中!・・・詳しく見る

WiMAXはプロバイダによって初期費用の設定が違いますが、多くのプロバイダは3,000円です。
「Y!mobile」も「スマモバ」も初期費用は3,000円です。

モバイル通信は光回線のように工事の必要がなく、契約すると個人用のSIMカードが発行されます。そのSIMカードをモバイルルーターにセットすることで個体を認識し、利用が可能になります。このため3社の初期費用3,000円はSIMカードの発行手数料のようなものです。

契約時にかかる端末料金

モバイル通信回線の初期費用比較
モバイル通信
支払い方法
備考
WiMAX
2,800~5,500円の価格で一括購入
実質2~3万円の機種を契約時に超低価格で購入可能
Y!mobile
1,026円×36回払い
実質2~3万円の機種を契約時に超低価格で購入可能
スマモバ
1,000円×36回払い
月月割りで毎月500円の割引のため実質半額

WiMAX

WiMAXプロバイダの場合は契約の時にいくつかの端末を選べます。古い機種なら実質無料の1円端末があり、それ以外では2,800~5,500円の価格帯で購入できます(UQ WiMAXの場合)

この端末価格はUQとキャリア契約することが前提のため、モバイルルーターのみを家電量販店などで買う場合は2~3万円くらいはする製品です。

Y!mobile

「Y!mobile」で利用するモバイルルーターはポケットWi-Fiシリーズです。

「Y!mobile」が契約時に提供する比較的新しい製品はどれも本体価格が2~3万円くらいする製品です。契約すると36回払いで月々の利用料に合算して支払うことになります。

公式のキャンペーンで月額割引が適用され、月々の支払から1,026円が割引されます。この月額割引によってほとんどの端末が実質0円で購入できます(3年間契約が前提)

スマモバ

スマモバは契約時に2種類のモバイルルーター端末を提供しており、どちらも36,000円です。こちらを月々1,000円ずつ、36回払いで月額料金に合算して支払います。

公式キャンペーンの月月割りで500円割引が適用されるため実質的に500円×36回払いの18,000円です(3年間契約が前提)

3社を比較すると月月割で端末料金が実質的に安くなる「Y!mobile」とスマモバに比べ、正味で本体価格の2割程度の料金で端末が買えるWiMAXがかなり出血サービスしています。

通信速度

各キャリアの通信速度
モバイル通信回線名
下り最大
上り最大
通信制限時
WiMAX
708Mbps
30Mbps
概ね1Mbps
Y!mobile
350Mbps
37Mbps
128Kbps
スマモバ
150Mbps
200Kbps以下

WiMAXは現在、「WiMAX2+」という回線規格が主流になっており、多くの端末機器が下り440Mbpsに対応しています。しかしごく最近にリリースされた最新機種の端末なら708Mbpsの通信が可能になりました。

このため現在の通信速度は最大で下りが708Mbps、上りが30Mbpsです。しかし現在でも最大440Mbpsの端末が多く普及している状態です。

「Y!mobile」の通信速度は下りが350Mbps、上りが37Mbpsです。これは「Y!mobile」が発表しているベストエフォート(理論値)です。

スマモバはdocomoの携帯電話回線であるLTE回線とFOMA回線を利用したモバイル通信です。速度は下りが概ね150Mbpsとなっています。
3社とも独自の通信制限条件を設けており、通信制限状態になると通信速度が低下します。

以上のことから3社の通信速度を比較するとWiMAXに軍配が上がります。

通信制限

モバイル通信はある程度通信量を使うと通信制限がかかります。

各キャリアの通信制限
モバイル通信回線名
通信制限時の速度
制限対象となる条件
WiMAX
概ね1Mbps
3日で10GBを超過したら制限対象
Y!mobile
128Kbps
3日で10GB超過したら制限対象
当日18時~翌日1時まで
スマモバ
200Kbps以下
3日で3GBを超過したら制限対象
3日間で3GBを下回ったら制限解除

WiMAXの通信制限は上記でも解説しましたが、通常プランは1ヶ月間に7GBを超過したら通信制限の対象となます。ギガ放題は3日で10GBを超過すると翌日の夜間に通信制限の対象となり、翌々日には制限解除です。

「Y!mobile」もWiMAXと似たような通信制限を設けており、3日間で10GBを超えると制限がかかるのですが、Y!mobileの場合は翌日ではなく当日の18時から制限がかかります。

スマモバは3日間で3GBを超えると通信制限がかかり、制限時の速度は200Kbpsです。制限解除は3日間の合計が3GBを下回った翌日です。つまり毎日たくさん使っているといつまでも制限解除されません。

スマモバの通信制限はWiMAX、Y!mobile、と比べるとかなり厳しいですね。

WiMAXとY!mobileは通信制限のタイミングが違う

WiMAXとY!mobileは通信制限の仕組みが似ていますが、Y!mobileは3日で10GBを超過すると当日から制限がかかってしまいます。

Y! mobileは当日に突然通信制限がかかるため、少し使いづらいかもしれません。

通信制限時の通信速度も3キャリアとも違います。
WiMAXは制限時も1Mbpsの速度が出ます。この速度はyoutubeなどの動画サイトが問題無く視聴できるレベル、と公式アナウンスされています。

Y!mobile は128Kbps、スマモバは200Kbps以下に制限されてしまいます。この通信速度ではメールの送受信やテキストメインのサイト観覧は問題なく出来るかもしれませんが、動画サイトの視聴は映像がカクカクになるかもしれません。

モバイルルーターの中でWiMAXってどうなの?

ここまで読んでいただければWiMAXが現状で一番人気の理由もなんとなく納得できたと思います。

WiMAXはY!mobileとスマモバに比べ、料金面も通信速度も、通信制限の内容もあらゆる面で競合2社より優れており、現状、一番使い勝手のいいモバイル通信といえるでしょう。

スマホ料金が節約できる

スマホは単体でインターネット通信が出来ますが、モバイルルーターの回線を使ってインターネット利用も出来る仕組みです。

このためスマホを利用する際は基本的にモバイルルーターの回線からアクセスするようにすればスマホ契約のデータ通信料を節約出来ます。

モバイルルーターは文字通りで持ち運びが容易なサイズのため、常にスマホと一緒に持ち歩くのがおすすめです。

おすすめの代理店

WiMAXは20社以上のプロバイダがあり、どのプロバイダを選ぶかは重要な問題です。単純に料金が割安のプロバイダは魅力ですが、サービス面が弱いプロバイダも考えものです。

そこでおすすめなのが、「Broad WiMAX」です。

「Broad WiMAX」は料金が割安の部類に入り、非常に手厚いサポート体制に定評があるプロバイダです。特に最初の2ヶ月は2,726円になる特典があり、契約初期の料金は業界最安値となっています。

おすすめ窓口月額料金最安級!2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
どこでもインターネット使い放題!
月額料金2,726円~の業界最安級!
工事不要でどこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
いまなら初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

自宅でのみインターネット利用ならホームルーターがおすすめ

インターネットを自宅のみで使いたいという人にはWiMAXのホームルーターがおすすめです。

基本的に自宅のみなら光回線では?と思うかもしれませんが、料金はWiMAXの方が割安で、ホームルーターを使えば固定回線の感覚でインターネット利用が可能です。ホームルーターならデスクトップPCに有線接続も可能です。

WiMAXの回線なら最大で700Mbps程度の速度が出るため速度も問題なしです。

もしも通信速度の問題でモバイル通信よりも光回線を検討している場合は、モバイル通信のホームルーター利用を考えてみてはいかがでしょうか。

おすすめ窓口端末料金0円!月額料金2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
工事不要!自宅ですっきり無線インターネット!
月額料金2,726円~の業界最安級!
工事不要で自宅ですっきり無線インターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
いまなら初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事