わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

eo光の長期割引きの全て|メリット・デメリット・解約方法まで

eo光 長期割引

eo光のホームタイプ(戸建てタイプ)やメゾンタイプ(マンションタイプ)を契約した際は、「長割」や「即割」といった長期割引を適用できます。

光回線を契約すると月々の月額料金が負担ですが、eo光なら長期利用者にもまだ契約してから日が浅い利用者にも割引が適用されます。

今回は、eo光の長期割引のシステム内容や料金について詳しく解説します。eo光を自宅で契約しようか悩んでいる方は、参考にしてくださいね!

eo光の長期割引「長割」とは

長割とは、eo光を契約してから3年目以降に適用できる長期割引制度です。
eo光は最低利用期間が設定されているため通常1年間の契約ですが、最低利用期間を2年間に設定すれば「即割」を設定可能です。

2年間の契約に加えて3年以上契約を続ける場合は、3年目から特別な割引である「長割」を適用して月額料金を若干安くおさえることが可能です。

eo光を契約するなら、長期契約をして長割を適用させることも検討してみると良いでしょう。

なお長割は、ホームタイプかメゾンタイプで契約した時にのみ適用可能な割引サービスです。マンションタイプでは適用できないことに、注意しましょう。

もっとも、マンション住まいだと3年以上の長期間同じ家に住み続けない人も多くなると考えられますし、この制限自体はそこまで大きなデメリットとはならないでしょう。

後述で詳しく説明しますが、長割は3~5年目までと6年目以降で月額料金が異なり、6年目からはより料金が安くなります。長期間契約するほどお得になるのが、長割のシステムです。

ただし6年目以降の月額料金は固定なので、そこからさらに月額料金を下げることは困難です。

また、長割の注意点として長割を適用させると、その間は常に3年ごとの最低利用期間が発生し続けることがあげられます。

月額料金が安くなる代わりに、違約金が発生する関係であまり自由に解約できなくなることが長割で気をつけたいポイントですね。

eo光の「即割」とは

eo光では、長割に加えて契約の初期から割引を適用できる「即割」も提供されています。

即割は、本来1年間の契約となるeo光を最低利用期間2年に設定する代わりに月額料金が少し安くなることが特徴の割引です。

1ギガコースと100Mコースにおける割引額と通常の月額料金を以下の表にまとめました。表から、月額料金が若干下がることがわかります。

即割適用時月額料金(税抜)
通常月額料金(税抜)
1ギガコース
4,953円
5,048円
100Mコース
4,667円
4,762円

また、eo光では新規契約時にホームタイプの月額料金が2,000円~最大4,000円割引きになる「eo暮らしスタート割」が展開されていますが、この割引キャンペーンの適用にも即割での契約が必須です。

eo光の長期割引を適用時の月額料金

eo光で長割(長期割引)を適用したときの月額料金を、通常時の月額料金と比べてみましょう。

通信速度が最大1Gbpsの1ギガコースと100Mbpsの100Mコースで月額料金が異なっているので、それぞれを表にまとめました。

<1ギガコース>

長割適用時(税抜)
通常月額料金(税抜)
3~5年目
4,795円
4,953円
6年目以降
4,543円

<100Mコース>

長割適用時(税抜)
通常月額料金(税抜)
3~5年目
4,523円
4,667円
6年目以降
4,285円

以上が、長割の割引金額です。3~5年目についてはあまり大きな割引きにならないものの、6年目以降は400円前後の割引きとなるため魅力的ですね。

eo光長期割引の違約金

eo光で長期割引の長割を適用して契約を続ける場合は、3年ごとの最低利用期間が適用されます。

最低利用期間内の解約では、契約の残余期間に応じて、解約時にいわゆる「解約清算金」がかかってしまいます。以下の表に違約金をまとめたので、参考にしてくださいね!

残余期間
1ギガコース
100Mコース
36ヶ月~25ヶ月(3年目)
5,658円
5,143円
24ヶ月~13ヶ月(4年目)
3,772円
3,429円
12ヶ月~1ヶ月(5年目)
1,886円
1,715円
36ヶ月~25ヶ月(6年目)
5,658円
5,143円
24ヶ月~13ヶ月(7年目)
3,772円
3,429円
36ヶ月~25ヶ月(8年目)
1,886円
1,715円

解約にかかる金額はこのとおりで、とくに契約期間がリセットされた直後の年は違約金が高めであることに注意しましょう。

また、9年目からは6~8年目と変わらないサイクルで残余期間に生じた解約清算金がかかります。

長割を適用すると最低利用期間が長めに設定されてしまうので、「他社の光回線に乗り換えをするかもしれない」考えているなら長割は契約しない方が良いでしょう。

そしてこれに加えて、解約時は引き込み線の撤去などを行う場合は、さらに設備撤去費用もかかることに気をつけなければいけません。

なおeo光の解約については以下のURLでも詳しく説明しているので、参考にしてくださいね!

【関連記事】eo光の解約方法のすべて!手続き方法から乗り換え全まとめ

即割期間や長割期間に解約したい場合の裏ワザ

eo光は戸建住宅でも通常1年間と契約期間が短めのネット回線サービスですが、即割や長割を契約すると、割引の代わりに契約期間が長くなるデメリットが生じてしまいます。

なんらかの理由で「まだ契約期間中だけどeo光に解約申し込みをして他社に乗り換えたい」というときは、高額になる可能性のある解約料金・違約金を負担してくれる光回線に乗り換える方法がオススメです!

そこで、乗り換え先としてオススメの光回線はソフトバンク光です。

ソフトバンク光をオススメする理由

ソフトバンク光では、他社から乗り換えた際にかかった撤去工事費や違約金を全額負担してもらえます。つまりソフトバンク光への乗り換えなら、仮に長割の契約期間中だとしても解約金や違約金が無料になる点が魅力です。

またソフトバンク光なら、代理店窓口を経由して申し込むことで、最大80,000円のキャッシュバックを受け取ることも可能です。さらに12か月間の2,000円割引きになります。

そしてSoftBankユーザーなら、スマホ割りとしてソフトバンクのスマホ料金も1台ごとに2年間毎月最大2,000円引きです。

ソフトバンク光なら乗り換え時の負担がないだけにとどまらず、月額料金の割引が大きくキャッシュバックも豪華です。

即割や長割が適用されている期間中にeo光を解約するなら、ソフトバンク光を検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

eo光は本来最低利用期間が1年のサービスですが、即割を適用すれば最低利用期間が2年に延びる代わりに月額料金が少し割安になり、各種割引キャンペーンも適用できます。

即割期間の終了後も、最低利用期間が3年間設定される長割を適用すればeo光の月額料金は少し安くなります。6年目以降は400円近く月額料金を下げられるため、とくに魅力的ですね。

ただしと最低利用期間が延び、解約清算金と呼ばれる違約金が発生するためになかなか気軽に解約できません。

もしeo光で即割や長割を適用している状態から他社に乗り換えることになったなら、違約金や工事費などの費用を負担してもらえる、ソフトバンク光などの光回線がオススメです。