閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光の料金や速度は?インターネットサービスを徹底解説!

インターネット ドコモ

ドコモ光は人気のインターネットサービスです。光回線で高速通信を行うことができ、唯一ドコモスマホがセット割で安くなるなどのメリットもあるため、他のサービスからの乗り換えを検討している方も多いかと思います。

しかし、ドコモ光は、料金体系やサービス内容がわかりづらいという声も少なくありません。

そこでこの記事では、ドコモ光のインターネットサービスについて、解説していきます。料金から通信速度、お得な申込み方法までわかりやすくまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光のインターネット料金

まずは料金から見ていきましょう。ドコモ光のインターネット料金はインターネット料金とプロバイダ料金が一体となっていて、そこからセット割などの各種割引が適用される形です。

基本料金プラン

基本料金は選べるプロバイダによって、異なる2つプランがあり、さらに、戸建かマンションかによって料金が変わります。わかりやすく表にしてまとめました。

ドコモ光の戸建料金

プラン月額料金
タイプA5,200円
タイプB5,400円
単独プラン5,000円
ドコモ光ミニ2,700円〜5,700円

 

ドコモ光のマンション料金

プラン月額料金
タイプA4,000円
タイプB4,200円
単独プラン3,800円

タイプAとタイプBはそれぞれ指定されたプロバイダが違うだけです。単独プランは、タイプA、タイプB以外のプロバイダを選べますが、プロバイダ料金は別途上乗せされるので、かなり割高ですね。戸建てのドコモ光ミニは、2,700円から始まって、通信量によって最大5,700円まで料金が上がるプランです。普段あまりインターネットを使わない方向けのプランといえます。

タイプAとタイプBで選べるプロバイダは、次のとおりです。

<タイプAで選べるプロバイダ>

  • ドコモnet
  • ぷらら
  • ソネット
  • GMOとくとくBB
  • Andline
  • Excite
  • Tiger-net.com
  • U-Pa!
  • BIGLOBE
  • DTI
  • エディオンnet
  • シナプス
  • TIKITIKI
  • 楽天
  • ネスク
  • 01光コアラ
  • IC-net
  • Hi-ho

<タイプBで選べるプロバイダ>

  • TCOM
  • OCN
  • Nifty
  • AsahiNet
  • WAKWAK

ドコモ光が提携しているプロバイダは数が多いので、後ほどおすすめのプロバイダについて解説していきます。

ドコモ光の割引

ドコモ光の割引は2つのタイプがあります。1つはドコモ光セット割、もう1つはずっとドコモ光割プラスです。どちらもドコモスマホのユーザーでなければ利用できません。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割は、スマホの単独プラン、もしくはシェアパックの料金に割引が適用されます。料金が複雑になっているので表にまとめました。

家族月額パケットパック家族割引額単独月額パケットパック単独割引額
ベーシックシェアパック(~30GB)

15,000円

-1800円ベーシックパック(~20GB)

7,000円

-800円
ベーシックシェアパック(~15GB)

12,000円

-1,800円ベーシックパック(~5GB)

5,000円

-800円
ベーシックシェアパック(~10GB)

9,000円

-1,200円ベーシックパック(~3GB)

4,000円

-200円
ベーシックシェアパック(~5GB)

6,500円

-800円ベーシックパック(~1GB)

2,900円

-100円
ウルトラシェアパック100

25,000円

-3,500円ウルトラデータLLパック

8,000円

-1,600円
ウルトラシェアパック50

16,000円

-2,900円ウルトラデータLパック

6,000円

-1,400円
ウルトラシェアパック30

13,500円

-2,500円ケータイパック

300円~4,200円

-500円

ドコモセット割は、シェアパックの場合に特にお得な割引といえますね。

セット割については、こちらの記事でより詳しく解説しています。

ずっとドコモ光割プラス

ずっとドコモ割プラスは長期間ドコモと契約してくれる人に対する割引プランです。契約年数に応じて割引額が変わります。こちらも表にまとめました。

<家族で分け合う場合のステージごと割引>

パケットパック1st2nd3rd4thプラチナ
ベーシックシェア (~30GB)-600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェア(~15GB)-600円-800円-1,000円-1,200円
ベーシックシェア(~10GB)-400円-600円-800円-1,000円
ベーシックシェア(~5GB)-100円-200円-600円-900円
ウルトラシェア100-1,000円-1,200円-1,800円-2,400円
ウルトラシェア50-800円-1,000円-1,200円-1,800円
ウルトラシェア30-600円-800円-1,000円-1,200円

 

<単独利用の場合のステージごとの割引>

パケットパック1st2nd3rd4thプラチナ
ベーシック (~30GB)-100円-200円-600円-800円
ベーシック (~15GB)-100円-200円-600円-800円
ベーシック (~10GB)

 

-600円
ベーシック (~5GB)-200円
ウルトラデータLLパック-200円-400円-600円-800円
ウルトラデータLパック-100円-200円-600円-800円
ケータイパック最大-300円

各ステージの契約期間は次のとおりです。

  • 1stステージ:4年未満
  • 2ndステージ:4年以上8年未満
  • 3rdステージ:8年以上10年未満
  • 4thステージ:10年以上15年未満
  • プラチナステージ:15年以上

こうして見ると、割引を受けるためのハードルは、かなり高めといえますね。4年以上継続利用し、シェアパックに入っている場合には、恩恵を感じることができそうです。

ずっとドコモ割プラスについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。

工事費用

ドコモ光の申し込みにあたって、新たに回線工事を行う必要がある場合には、工事費用がかかります。また工事費用とは別に、契約事務手数料 3,000円はかならずかかります。工事用は、戸建かマンションによって料金が変わります。

<ドコモ光の工事費用>

  • 戸建工事料:18,000円
  • マンション工事料:15,000円

工事費用がかからないのは、基本的にはフレッツ光からの転用時のみです。ドコモ光はNTTのフレッツ光回線を利用する、光コラボというサービスなので、工事が不要です。

ただし、フレッツ光の回線が古いタイプで、最大通信速度を上げる必要がある場合には、工事手数料として7,600円がかかります。

解約金

ドコモ光は基本的に2年契約となり、更新のタイミング以外で解約する場合には、解約金がかかります。

<ドコモ光の解約金>

  • 戸建タイプ:解約金13,000円
  • マンションタイプ:解約金8,000円

 

ドコモ光のインターネット通信速度は遅い?

料金に引き続き、ここからはドコモ光のインターネット通信速度について解説していきます。結論からいうと、ドコモ光は高速なインターネットサービスです。

ドコモ光の回線速度

ドコモ光は、NTTのフレッツ光回線を使用しています。回線速度は1Gbpsと、家庭用では十分すぎる速度ですね。ただし、これはベストエフォートといって、理論上最大でこれだけの速度が出るというものです。実際に1Gbps出るわけではありません。気になる実測値もチェックしていきましょう。

ドコモ光の実測値は?

ドコモ光の実測値は、環境による影響が大きく、特にプロバイダによってかなり変動します。同じエリアや建物内に、同プロバイダを利用する人が多いと、回線が混雑しやすいためです。

そのため、実際に利用してみないと実測値はわからない部分があるのですが、おおよそ100Mbps~400Mbps程度となるでしょう。これは、どんな用途であっても、家庭利用であればまず困ることはない速度です。

ドコモ光が遅くなる原因と対処法

回線速度が遅くなる原因としては、契約中のプロバイダでインターネット利用者が多く、回線が混雑していることや、通信機器が単に故障している場合などが考えられます。

通信速度が遅いときの対処方法

<プロバイダが原因の場合>

プロバイダが原因の場合は、プロバイダ変更をすることで通信速度が改善されることがあります。ただし、通信速度が遅くなる原因は複合的かつ不特定要素が多いため、どのプロバイダを選べば安心というものが、環境次第になってしまい、プロバイダ選びは難しいと言わざるを得ません。

おすすめとしては、V6プラスという、混雑しにくい方法で通信ができるプロバイダを選ぶことです。

 

<通信機器が故障している場合>

 

特定の通信機器のみで通信速度が遅いようであれば、機器側の故障である可能性が高いです。メーカーに相談するか、新しいものへの買い替えなどを検討してみてください。

ドコモ光が遅い場合の対策は、こちらでも詳しく解説しています。

ドコモ光のおすすめプロバイダ

ドコモ光が提携しているプロバイダは25個と多いので、おすすめのプロバイダ3つ選びました。参考にしてください。

So-net

大手プロバイダの1つであるSo-net。V6プラスに準じる高速通信方式である、IPv6で通信ができるので、高速通信が期待できます。プロバイダとしての実績が豊富であるという安心感もありますね。

BIGLOBE

こちらもSo-netと並んで大手のプロバイダです。So-netと同じくIPv6通信を採用しており、セキュリティサービスの無料期間があるなど、サポートも充実しています。

 GMOとくとくBB

上記の2社にくらべると後発ではあるものの、V6プラスで通信を行うことができ、それに対応した高速ルーターの無料レンタルも行っているなど、サービスが充実しています。

もしプロバイダ選びに迷ったら、これら3つの中から選んでみてはいかがでしょうか。

ドコモ光のプロバイダについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を読んでみてください。

ドコモのインターネットは引っ越しで引き継げる?

引っ越し先で同じインターネットサービスを利用できるかというのは、重要な問題ですよね。引き継ぎができないと、違約金がかかってしまう可能性もあります。

しかし、安心してください。ドコモ光は引っ越し先での引き継ぎが可能です。それでは、ドコモ光の引き継ぎ手順と必要な費用をご紹介します。

 

<ドコモ光の引っ越しお問い合わせ>

  1. ドコモケータイから「151」、もしくは一般電話から「0120-800-000」へダイヤル
    ※営業時間 9:00~20:00
  2. 案内に従って、引っ越し先の住所登録、設備確認、工事日程を決定する
  3. 引っ越し先で開通工事を行う

 

<引っ越し手続きに必要な費用>

  • 事務手数料:2,000円
  • 工事手数料:戸建9,000円 マンション7,500円

ドコモ光のキャッシュバック情報

ドコモ光は残念ながら、新規申し込みや転用でもらえるキャッシュバックが少ないインターネットサービスです。時期にもよりますが、現金ではなく、dポイントが5,000~10,000ポイントほど還元されますが、正直物足りないですよね。

そこでおすすめしたいのが、ネット代理店からの申し込みです。キャッシュバックが15,000円に増額される上、工事費も無料になるため、お得にドコモ光を利用ができます。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大2,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ドコモ光インターネットのまとめ

ドコモ光は人気のインターネットサービスではあるものの、少々料金体系や割引内容などが分かりにくいという難点がありました。しかし、サービス自体はフレッツ光回線を利用した高品質なものなので、ぜひこちらの記事を参考に、最適なプランで申し込みを行ってみてください。

 

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事