閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

【初心者向け】インターネットの種類と契約について分かりやすく説明

インターネットって何?からインターネットに関するお悩みの解決窓口!

インターネットを利用したいと感じても具体的に何ができるのか、どうしたら契約ができて使えるようになるのかがわからないユーザーもいることでしょう。誰かに聞きたくても今さら聞けないなどと諦めているかもしれません。ここでは、初心者向けにインターネットの種類と契約についてわかりやすく解説していきます。参考にしてインターネットの契約に役立ててくださいね。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

インターネットは時代と共に進化し回線の種類も増えてきた

インターネットを契約することで、何ができるのかをまずは理解しておきましょう。漠然とインターネットを使いたいと感じているのかもしれません。しかし、できると思ったことができなければ意味がありませんよね。インターネットを敷設することで、パソコンなどで検索ができるようです。知りたい情報をインターネットを介して調べられるということです。

実は普段お使いのスマートフォンもインターネットに接続しています。スマホを使って時刻表を検索した経験などもあることでしょう。身近にインターネットはすでに存在し、知らないうちに利用しているかもしれませんね。

その他、ゲーム機などを接続し、ネットワークを経由して遠隔地の友達と一緒に楽しむことだってできるんですよ。音楽の視聴ができたり、テレビを接続してデータ連携するのもインターネットに接続しているから。

このように私たちの身近にあるインターネットは時代と共に進化してきています。昨今ではIoT(モノのインターネット)の普及によって電化製品や生活雑貨に至るまでインターネットにつなげることが可能です。例えば、外出先から炊飯ジャーやエアコンのスイッチを押すことができます。植物の水やりや肥料などの管理をすることだってできるんですよ。便利な世の中になってきていますよね。では、インターネットの種類にはどのような種類があるのかを見ていきましょう。

自宅に直接引き込む固定回線

自宅内のパソコンやスマートフォン、テレビや電話などをインターネットに接続するための方法の一つに直接固定回線を引き込む方法があります。固定回線の特徴は高速通信が可能で、信頼性が高いことです。物理的な回線を引き込むため、敷設してしまえばエリアなどの心配はありません。では、自宅に引き込める固定回線の種類を見ていきましょう。

回線の種類 特徴 メリット デメリット
光回線 フレッツ光やauひかりなどのこと。光ファイバーを利用した回線で高速通信が可能。一般的な最大速度はおおむね1Gbps程度。(NURO光は最大速度10Gbps)。 ・回線速度が速い
・ノイズを受けにくく信頼性が高い
・固定の電話番号が持てる(NTTの権利は必要ない)
・比較的に高額
・工事に時間がかかる
・工事の立ち会いが必要
・マンションの場合には許可が必要
ADSL 電話回線にデジタルデータを乗せてインターネットに接続します。最大速度は50Mbps。光回線の前身で現在は新規の契約は不可。 ・電話回線を利用するため、権利があれば利用できた
・工事不要
・光回線よりも低速
・ノイズが乗りやすく不安定
・固定電話回線が必要
ケーブルテレビ(CATV) J:COMなどのこと。光ハイブリッド回線を利用。光回線よりも品質は劣ります。 ・テレビチャンネルが豊富
・地方によっては安価
・・固定の電話番号が持てる(NTTの権利は必要ない)
・エリアが限られている
・光回線よりも低速
・ノイズが乗りやすいいため多少不安定
・工事が必要

固定回線の種類は主に3種類です。現在はADSLの回線の新規受付は終了しているため、選べる種類は2種類と考えてください。
パソコンなどを主に利用したインターネットの使い方なら光回線がいいでしょう。信頼性も高く高速通信ができます。
しかし、主な使い方がテレビの視聴であれば、ケーブルテレビの方がおすすめです。チャンネル数が多くテレビ番組をたくさん楽しめます。

スマートフォンやポケットWi-Fiなどのモバイル回線

固定回線の他にスマートフォンやポケットWi-Fi、無線ホームルーターなどのモバイル回線でインターネットに接続する方法もあります。
特徴は工事が不要ですぐに利用できるということ。お手軽にインターネットを始めたいならおすすめです。
ポケットWi-Fiなら小型なため、持ち運びも便利で、どこにいてもインターネットに接続できます。ただし、無線の通信になるため、エリア外では利用できません。

また、スマホの通信のように電波が悪い場所では繋がりにくい特徴もあります。外出がちで自宅ではあまりインターネットを利用しないという方や引越しが多い方にはモバイル回線がおすすめです。

ポケットWi-FiにはWiMAXやY!mobileなどがあります。スマホの通信制限にあいやすいユーザーはポケットWi-Fiを持っていると契約しているデータプラン以上の容量を通信できるためポケットWi-Fiを併用すると便利です。

おすすめ窓口月額料金最安級!2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
どこでもインターネット使い放題!
月額料金2,726円~の業界最安級!
工事不要でどこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
いまなら初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネットの契約手順と知っておきたい知識

では、具体的にインターネットを契約するためにはどういった手続きが必要なのでしょうか。具体的な方法を見ていきます。

「回線」と「プロバイダ」を契約してインターネットを使う

固定の回線を自宅に引き込むならインターネット回線の契約とその回線を提供するプロバイダーとの契約が必要です。回線は数種類ですが、その回線を提供するプロバイダーの数は多数あります。

それぞれプロバイダーによって、お得な特典やキャンペーンを実施していますので、お好みのプロバイダーと契約するといいでしょう。

フレッツ光で選べる代表的なプロバイダ

代表的な光回線であるフレッツ光で選べるプロバイダーの代表例を紹介します。プロバイダーはたくさんありますから料金やサービス内容をチェックしてお好みで選んでみましょう。

プロバイダー名 月額料金(戸建て) 月額料金(集合住宅)
@nifty 1,000円 950円
AsahiNet 780円 700円
BBexcite 500円 500円
BIGLOBE 1,200円 900円
DTI 951円 680円
Hi-Ho 1,200円 890円
OCN 1,100円 900円
Plala 1,000円 800円
So-net 1,000円 900円
WAKWAK 950円 800円

※税抜の月額料金

表以外にも選べるプロバイダーはたくさんあります。お住いの地域から検索してみてくださいね。

NTT東日本 | 対応プロバイダ(戸建て向け)
NTT東日本 | 対応プロバイダ 集合住宅向け(マンション)
対応プロバイダー(NTT西日本)

プロバイダーのイメージがよくつかめないようなら下記の記事を参考にするといいでしょう。

回線とプロバイダが一体になった光回線が多く登場

インターネットを契約する場合には、回線とプロバイダーの両方の契約が必要だと紹介しました。ですが、昨今では回線とプロバイダーが一体型の光回線も多くなってきています。

フレッツ光はNTT東日本とNTT西日本が提供する光回線ですが、フレッツ光回線の卸売を始めました。それが光コラボレーションと呼ばれる回線です。

光コラボレーションではプロバイダーと契約するだけで回線も一緒に契約できる形態をとっています。そのため、煩雑な契約や請求処理に悩まされずに済むかもしれません。光回線自体はフレッツ光と同一のものなので信頼性は確かなもの。安心して契約してもいいでしょう。

おすすめ窓口フレッツ光から無料で転用!
フレッツ光-光コラボトップページ
ネット代も携帯代もセットで安くなる!
ネット料金月額2,800円~!
携帯代金最大2,000円割引!
フレッツ光からの転用なら工事費不要!
さらにお得なキャッシュバックキャンペーンも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

その他には高速回線が評判なNURO光や、auひかりなども一体型の回線です。NURO 光はプロバイダーがSo-netになり、auひかりはプロバイダーを複数から選べますが、一体型のau one netを選ぶことで一緒に申し込みが可能に。

安い光回線を見つけよう!月額料金比較

固定の光回線を選ぶならできるだけ月額料金が安い光回線と契約したいと考えることでしょう。確かに月額料金の安さは回線を選ぶ際に大事な要素。その他、携帯電話とのセット割があるかどうかなどに注目して回線は選ぶようにしてくださいね。セット割が効くと月額料金が安くなるかもしれません。主な光回線の料金比較を見ていきます。

戸建てタイプの月額料金

最初に一軒家で利用できる戸建てタイプの月額料金比較です。フレッツ光、auひかり、ソフトバンク光、ドコモ光の4回線の初年度の月額料金を比較してみましょう。

光回線にはオプションの光電話や光テレビなども存在します。セットにすると割引ですが、わかりやすいようにインターネットの接続だけの料金を比較してあります。

回線 月額料金(税抜) セット割
フレッツ光(NTT東日本) 4,600円+プロバイダー料金 なし
フレッツ光(NTT西日本) 4,300円+プロバイダー料金 なし
auひかり 5,100円 auスマートバリュー(最大1回線につき月額2,000円割引)
ソフトバンク光 5,200円 おうち割(最大1回線につき月額1,000円割引)
ドコモ光 5,200円〜 セット割(最大月額3,500円割引)

比較表を見てみるとフレッツ光が安いように感じられるかもしれません。
しかし、別途プロバイダー料金がかかることとセット割りが適用されないことに鑑みればフレッツ光が必ずしも安いとは感じられないでしょう。

マンションタイプの月額料金

同様にマンションタイプの料金も見ていきましょう。マンションタイプではどの光回線でも月額料金にさほど違いがないことがわかります。

回線 月額料金 セット割
フレッツ光(NTT東日本) 2,950円〜3,950円+プロバイダー料金 なし
フレッツ光(NTT西日本) 3,250円〜3,950円+プロバイダー料金 なし
auひかり 3,800円 auスマートバリュー(最大1回線につき月額2,000円割引)
ソフトバンク光 3,800円 おうち割(最大1回線につき月額1,000円割引)
ドコモ光 3,800円〜 セット割(最大月額3,500円割引)

集合住宅にお住いの場合には、必ずしも固定の光回線がおすすめではないかもしれません。マンションに住んでいる方はこちらの記事を参考に自分に合ったインターネット回線と契約することをおすすめします。

契約している携帯キャリアのセット割が効くインターネットがおすすめ

回線料金だけを見てもピンとこないユーザーも多いはず。各家庭では何回線か携帯電話の契約をしていることでしょう。
携帯電話やスマホ、タブレットなどと光回線をセットで利用することで携帯電話の料金が安くできます。もちろんセット割りが効くならセット割りが効く回線がおすすめ。

例えば、家族でauスマホを4回線契約しているなら、1回線につき最大2,000円割引です。4人なら月々最大8,000円の割引に。
このケースの場合にはauひかり回線を契約した方が断然お得になることがわかるでしょう。ただし、割引額は契約しているスマホのデータプランによって変わってきます。

おすすめ窓口最大87,200円還元!
株式会社25
スマホ料金
最大2,000円割引き!
超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
工事費が実質無料・乗換えで違約金還元!
さらに、この人気窓口限定で最大87,200円の大幅還元キャンペーン実施中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

インターネット契約の手順

契約したいインターネット回線が見つかったら、次は契約ですよね。インターネット契約の手順を紹介します。どの回線を選んだとしても手順はほぼ同じです。
契約を検討している場合には事前知識として下記記事を併せて御覧ください。

STEP1 回線業者かプロバイダ会社に契約を申し込む

最初に回線の申し込みを行います。回線業者かプロバイダー、街の家電量販店、又は代理店経由で回線の申し込みを行ってください。その他、引っ越し業者経由やマンション内で申し込みが行えるケースもあるかもしれません。

申し込む場合には、できるだけ特典やキャンペーンを実施している代理店経由がおすすめです。24時間インターネット経由で申し込みができますので、忙しい方には適しています。

STEP2 回線工事に立ち会う

申し込みを行うことで、回線業者から工事の立ち会いの日程調整の連絡が入ることでしょう。都合に合わせて工事日を決めていきます。
時期によっては工事が混雑するため、1ヶ月〜2ヶ月程度の待ち時間があるかもしれません。工事日が決まったなら、工事の日は立ち会いが必要です。

時間を空けておくようにしましょう。工事は屋外工事と宅内工事に分かれています。マンションなどでは光回線の設備が整っているケースがあるため、宅内工事だけの可能性もあるでしょう。

工事の立ち会いは回線業者にもよりますが1時間程度。工事が終わったら工事内容をチェックしましょう。宅内工事では無事に依頼した場所に光コンセントが取り付けられているのかをチェックしてください。

屋外工事では壁面に穴を穿つ工事を行っているかもしれません。無許可では行わないはずですのでしっかりチェックしておきましょう。

工事のタイミングに合わせて、インターネット接続に必要なONU(光回線終端装置)
などの機器が郵送されてきます。工事日に必要ですので、手元に用意しておきましょう。

STEP3 LANケーブルをパソコンへ挿し込んで利用開始

工事が完了したなら、ホームゲートウェイとパソコンをケーブルでつないでみます。これでインターネットが利用できる環境ができたはず。
パソコンの設定なども必要ですが、ここから先の作業はユーザー自身で行う作業です。各光回線のオプションサービスに出張サポートや電話サポートのメニューがあります。もしも、パソコンの設定やWi-Fiの設定などに不安がある場合には、利用してみるといいでしょう。

インターネットに接続する方法と繋がらないときの対処法

光回線が開通したなら、パソコンやスマホ、電話やテレビなどをインターネットに接続できます。接続方法を見ていきましょう。

有線LANでインターネット接続する方法

有線でLAN接続を行うのは簡単です。回線業者からレンタルされたホームゲートウェイの有線LANポートにCat5のケーブルを利用してパソコンのLANポートに接続します。

パソコンの設定ができているならすぐにウェブの検索やメールの利用が可能です。事前に回線業者から送られてくるインターネットの接続手順に詳細は記載されています。難しい場合には、サポートセンターやプロバイダーなどに問い合わせてみるといいでしょう。

無線LAN(Wi-Fi)でインターネット接続する方法

家の中で無線でスマホやパソコンなどを接続する場合には、Wi-Fiルーターの設定が必要です。フレッツ光の場合には、提供されるホームゲートウェイにWi-Fiルーター機能も付いています。

送付された説明書に従ってWi-Fiの設定を行い、端末のWi-Fi設定を有効にすることで接続が可能です。その際に必要なネットワーク名やパスワードが記載されていますので、内容に従って入力していきましょう。

もしもWi-Fiルーターをレンタルしていない場合には、別途Wi-Fiルーターを入手しなければ無線での通信は行えません。Wi-Fiルーターを有線で光回線に接続し、そこから先は無線で端末と通信を行います。

インターネットに繋がらない時はプロバイダに問い合わせしよう

もしも、手順通りに行ってもインターネットに繋がらない場合には、下記記事を参照に対応してみてください。

それでも繋がらない場合には、申し込みを行ったプロバイダーに問い合わせてみるか、光回線業者のサポートセンターに連絡してみましょう。出張サポートや電話サポートのオプション加入もおすすめです。

インターネットの通信速度

気になるインターネットの通信速度はどの程度なのでしょうか。光回線の速度はおおむね1Gbpsです。NURO光なら一部の地域で10Gbpsの最大速度を誇っています。

ポケットWi-Fiなどは機種によって違いますが、WiMAXなら下りの最大速度が708Mbpsです。では、このおおむねの最大速度とはどういう意味を指しているのでしょうか。

最大速度は実際に出る速さじゃない点に注意

気をつけたいのが、各種プロバイダーがうたっている最大速度とは、実際に出る速さのことではないということです。回線の規格に対する理論値だと覚えておきましょう。

実際には、たくさんのユーザーが回線を共有していますし、利用するルーターやパソコンなどのスペックにも左右されます。

そのため、おおむね1Gbpsの光回線でも実効速度(実際に出る速さ)は数十Mbpsのケースもたくさんあります。回線速度が気になるなら、回線速度測定機やフリーの測定サイトなどを利用して実効速度を測ってみましょう。

回線によっては、各エリアでの実効速度を掲載しているケースもあります。参考にしてみるといいでしょう。

もしも光回線を利用してもて思ったよりも速度が出ていない、遅くなっている気がする、などと感じたなら下記記事を参考に対処してみてくださいね。

インターネット回線の解約

実際にインターネットを利用してみて、やはり必要ないなと感じたり、違う回線に乗り換えたいと感じることもあるかもしれません。

しかし、一度契約をしてしまうと契約期間が存在するでしょう。契約期間に解約を行うことで違約金が発生するかもしれません。注意したいポイントです。

インターネットの解約方法

インターネットを解約する場合には、電話で解約の意思を伝える必要があります。申し込みはウェブで簡単に出来たかもしれませんが、解約方法はほとんどの回線で電話のみの受付です。注意してくださいね。

解約手続きが済んだならレンタル機器の返却と回線の撤去工事が入ります。開通工事と同様に立ち会い工事が必要です。

同一住所での乗り換えの際には、先に乗り換え先の回線を契約してから現在利用している回線の解約を行ってください。先に解約してしまうと、新規回線の開通までに期間がかかってしまった場合には、その間インターネットが使えなくなってしまいます。

また、乗り換えキャンペーンなどで解約違約金を負担してくれる代理店があるかもしれません。上手にキャンペーンを利用して乗り換えを行うといいでしょう。

具体的な解約方法や注意点については下記記事を。

まとめ

インターネットの契約のイメージはつかめましたか?インターネットが自宅にあるとたくさんの情報を利用できて便利です。インターネット経由でテレビ番組を視聴できると生活がさらに豊かになるでしょう。

最初に固定回線が良いのかモバイル回線が良いのかを見極めることが大切です。インターネットの使い方によって適した回線があります。

あとは料金などを検討し気に入った回線に申し込むだけ。これを機会にインターネットライフを楽しんでみませんか?

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事