閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

インターネットって何?からインターネットに関するお悩みの解決窓口!

インターネットって何?からインターネットに関するお悩みの解決窓口!

現在の日本ではスマートフォンの普及とともにインターネット利用者も爆発的に増え、総務省の調べではインターネットの普及率が80%を超えています。

利用状況は、パソコンによる利用が58%程度、スマートフォンも同じく58%程度、タブレット型端末が23%程度となっています(重複して使う人も多いため合計が100%とはなりません)

現在、日本人の8割以上がインターネットを何かしらの形で利用しているということになりますが、もちろんこれからインターネットを始めようという人もいると思います。

本稿ではこれからインターネットを始めようと考えている人向けに、インターネットとは何か?、インターネット初心者によくある疑問、悩みの解決手段を解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

インターネットの仕組み

インターネットとはコンピューターなどの情報機器を結ぶ世界規模のネットワークのことです。日本のインターネットも世界中とつながっているため、インターネットを利用して日本の裏側の国々とリアルタイムで交信も可能です。

例えば複数の情報端末(パソコンなど)をケーブルや無線通信で繋げはその間で情報のやり取りが可能になります。インターネットとはそれを世界規模で行うものと考えればOKです。

通信手段は、初期は電話回線を利用していましたが、2000年以降から通信速度を速めるために光ファイバーを用いた光回線が主流になりました。日本では電話回線も光ファイバー回線も、主に野外に電信柱を建て、有線で繋いでいます。

インターネットの歴史

インターネットの歴史の始まりは1961年に遡ります。

この年にアメリカのユタ州の軍事施設にテロ攻撃があり、電話の中継基地が破壊され、一時期的に唯一の連絡手段であった電話回線が全く使えなくなりました。

これ教訓にアメリカの国防省は有事の際に電話連絡は使えないと判断し、新しいネットワークの必要性を唱えました。これがインターネット通信の開発の始まりです。

1980年には現在と変わらないシステムでインターネットの仕組みは出来ており、一部の研究機関などで通信手段として運用されました。

1990年になると主に商用目的とした業務用のプロバイダの提供が始まり、メールのやり取りが可能になります。この頃が、インターネットが民間に普及し始めた黎明期です。

日本でも1980年代には大学の研究機関などで運用され、1993年に郵政省が運用を開始しました。
1990年代はまだ個人向けのサービスプロバイダは存在しませんでしたが、一部のマニアは商用プロバイダを個人で契約して利用していました。

この時代はまだインターネットという呼び方は一般的で無く、「パソコン通信」などと呼ばれていました。
90年代の後半になるとインターネット端末であるパソコンの価格も低下し、それに伴い、NTTや第二電電(現材のKDDI)が個人向けのプロバイダサービスの提供を開始し、現在のように家庭で気軽にインターネットが利用できる時代が到来しました。

以上のように、インターネットのシステム自体は1960年代から存在しましたが、誰でも気軽使えるという状況になったのは90年代の後半からです。

90年代後半の、個人利用が増えるにつれてインターネットで取り扱われる情報や用途が爆発的に増え、現在のような万能ツールに変貌を遂げた感じです。

インターネット回線の種類

現在、日本で利用できるインターネット回線は主に【光ファイバー(光回線)】【高速モバイル通信】【ケーブルテレビ回線】の3種類です。

光ファイバーによる光回線

現在のインターネット回線で主流となっているのは、光ファイバーによる光回線です。
日本で光回線を提供するのはNTT(フレッツ光)とKDDI(auひかり)です。

NTTは2015年に自社回線を流用して光回線事業を委託する【光コラボレーション】を開始し、多くの事業社が光回線事業に参入しました。光回線は現在の日本で最も高速で、安定したインターネット回線です。

高速モバイル通信

高速モバイル通信は携帯電話のように無線で通信が出来ます。現在、モバイル通信網はほぼ全国を網羅しているため、通信端末があれば街中のどこでも利用が可能、というメリットがあります。

高速モバイル通信を提供しているのは【イーモバイル】や【WiMAX】などの事業社です。契約すると専用のSIMカードが発行され、それを端末に取り付けることでモバイル(無線)通信が可能になります。

自宅でもそれ以外でも無線でインターネットが出来るのが強みですが、光回線と比べると速度が遅く、エリア内でも建物の干渉を受け、場所によって圏外になる場合もあります。

ケーブルテレビ回線

ケーブルテレビ回線とは本来、テレビで衛星放送を受信するための電波ですが、これを利用してインターネット接続も可能です。

ケーブルテレビは衛星放送を受信するシステムが必要なため、家庭に専用のパラポラアンテナを設置する必要があります。

ケーブルテレビ回線はインターネット利用のための通信というよりは、従来の衛星放送のシステムでインターネット接続が可能、というニュアンスで考えるべきでしょう。

自宅に衛星放送受信のシステムが無い状態で、インターネットのために取り入れるという選択は考えづらいです。

インターネット開通前にお悩みの人

ここからは実際にインターネットを申し込み、自宅にインターネットを開通する手順を解説します。

前項目でインターネットの種類を紹介しましたが、もっとも一般的な選択は光ファイバーによる光回線であり、おすすめです。

現在、日本では光回線がインターネット回線で最も普及しており、個人向けに特化したサービス内容となっています。

インターネットの回線契約は、今までインターネット契約が無い場合ならば「新規契約」、今まで使っていた回線業者から別の業者に乗り換える場合は「乗り換え」となります。

新規契約の場合は基本的に工事費の初期費用が掛かり、乗り換えは場合によって、工事費はかかりません。

どの回線業者と契約しても基本的に月額料金を支払い、インターネットを利用することになります。そのため月額料金がいくらになるのか?という問題は回線業者を選ぶ際に大切なポイントとなります。

以上のことを踏まえ、インターネット開設前には以下のページを参考にするといいでしょう。

【参考記事】【インターネットを契約するなら知っておきたい5つのこと】

どのインターネット回線を選んで良いか分からない!

2015年以前、インターネットの光回線業者はNTT(フレッツ光)とKDDI(auひかり)の2択でしたが、2015年の光コラボレーション開始以降は光回線の事業社が一気に増えました。
そのためどこを選べばいいのか迷っている人も多いと思います。

やはり大切なのは月額料金や初期費用がなるべく安く設定されており、サービス内容が充実していることです。つまり料金とサービス内容のバランスの良い回線業者を選ぶのがポイントです。

以上のことを踏まえ、以下のページを参考にしてみることをおすすめします。

【おすすめ記事】決定版!厳選したインターネット光回線おすすめ5社!お得な申込み方法と条件!

キャッシュバックをより多くもらいたい!

多くの光回線事業者は新規契約するとキャッシュバック特典が付きます。

キャッシュバック額は数万円の場合も珍しくなく、インターネットを利用するために契約して、現金キャッシュバックが受けられるのは大きなメリットとなります。

インターネットを利用する側にとってはキャッシュバックがもらえるのは大きなメリットとなるため、キャッシュバック額が大きい業者を選ぶのも賢い選択です。

キャッシュバックを出来るだけ多くもらう方法は以下のページを参考にするのがおすすめです。

【おすすめ記事】光回線のキャッシュバックを出来るだけ多くもらう方法とは?

インターネット開通後にお悩みの人

ここからはインターネットが開通した後に関する疑問や悩みを解説していきます。

インターネットの回線速度が遅い

インターネットは専用回線を多くの人で共有して使う仕組みのため、大勢の人が同時に使うと回線が混雑し、通信速度が遅くなってしまいます。

このことから、基本的に多くの人が使っているであろう、18~24時くらいの時間帯は混雑します。土曜日の夜は特に多くの人が自宅でインターネットを使うため、混雑しやすい時間帯です。

インターネット上のサイトには、現在自分が使っている端末への通信速度を計測できるページも数多く存在します。

昨今の光回線は理論上、秒速1Gbps(1秒間に1GB)の通信速度が出ますが、それはあくまで理論値であり、現実的には難しい数字です。

ごく普通にインターネット上のサイトを観覧したり、動画サイトを観覧したりする分には秒速20Mbpsも出れば問題ありません。

インターネット回線は常に混雑状況に左右されますが、ある程度速度を速めるために出来る努力方法もあります。少しでも通信速度を速くする方法は以下のページを参考にするのがおすすめです。

【おすすめ記事】インターネットの速度が遅い!4つの解決方法で簡単快速通信

インターネットが繋がらなくなった

インターネットを利用中に突然繋がらなくなってしまうトラブルはよくあります。
原因の典型的な例がいくつか存在し、多くの場合はケアレスミスのため、すぐに解決できます。

当サイトでもインターネットが繋がらなくなる原因や対処方を回線ごとでまとめていますので、是非ご参考ください。

例:auひかりがつながらない!その原因とすぐに試せる解決策

インターネットの接続方法が分からない

インターネットの接続方法は有線や無線などいくつか接続方法があります。インターネットを契約するということは、自宅に回線を引き込み、モデムを設置する、ということです。

設置されたモデムに無線LANルーターをつないで複数の端末を利用したり無線通信をしたりします。ケーブルによる有線接続の場合は必ずしも無線LANルーターは必要ありません。

インターネット契約をして自宅にモデムを設置した後の各種接続方法は以下のページで詳しく解説されているため、参考にすることをおすすめします。

【おすすめ記事】フレッツ光のモデム設置方法について!ルーターとの違いは?

インターネットを解約したい

インターネットは契約すると月額料金を払うという形で、永続的な契約となります。そのためずっと使わない状態になるときは解約する必要があります。

または現在契約しているサービス内容や回線速度に不満があるときは、その事業社とは解約して別の光回線業者に乗り換えることも時には必要です。

解約手続きが面倒なのでは?と考えている人も多いと思いますが、実際はさほど面倒なことは無く、いくつかのポイントを押さえておけば比較的スムーズに解約手続きが出来ます。

以下のページに解約の際の手順や注意点が詳しく解説されているので、解約を検討している場合に参考にするのがおすすめです。

【おすすめ記事】解約前に!インターネットの解約手続き方法と注意点

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事