閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

【初心者向け】マンションでインターネットを始める費用や方法

インターネット マンション

マンションやアパートにお住まいの人がインターネットを契約しようとすると、必然的にマンションタイプの契約になります。

本稿ではマンションやアパートなどの、集合住宅で光回線の契約をする際に覚えておきたい点を解説します。

マンションでオススメの回線はソフトバンク光auひかりです。両方の回線とも、月額料金が安く、スマホ料金が安くなります。もし、お住まいのマンションがインターネット非対応の場合でもモバイル回線なら、インターネットを利用することが出来ます。

マンションでインターネットをはじめる時の確認事項

光回線事業社はほぼすべて集合住宅を対象とした、いわゆる「マンションタイプ」のプランを取り扱っています。

そのため名の通った回線業者ならどこでも集合住宅で契約が可能と考えてOKです。

ではここからは集合住宅で光回線によるインターネット契約をする場合の注意点をいくつか解説します。

インターネット回線が引けるかどうか?

集合住宅でインターネットを利用するには、その集合住宅の建物にインターネット回線を引き込む設備があるかどうかが最も重要で、根本的な問題です。もしその設備自体がなければ、契約は不可能です。

設備があるとは、その集合住宅に野外の電柱から光ファイバーを引き込み、各部屋に回線を結ぶ【共有スペース】が設置されているかどうかの問題です。

この共有スペースが設置されている集合住宅が、いわゆる「インターネット対応」の集合住宅です。

共有スペースがあれば、光回線を部屋まで引き込む設備が整っているため、光回線業者に申し込みをすれば対応してくれます。

その設備がない場合は回線を引き込むことができないため、光回線業者と契約自体が不可能ということです。

その集合住宅がインターネットに対応しているかどうかは、その集合住宅の賃貸情報に記載されているはずです。

もし自身が賃貸契約している部屋が対応しているかわからない場合は大家さんか、担当の仲介業者などの、物件の管理責任者に連絡して確認してみるといいでしょう。

インターネット完備のマンション

集合住宅によっては「インターネット完備」という場合もあります。この場合はすでに部屋までインターネット回線が接続されている状態です。

つまりインターネット契約がすでにされており、自分で契約しなくてもインターネット利用が可能です。これは家賃にインターネット利用料が含まれているというタイプの賃貸で、わざわざ自分で契約する必要がないということです。

しかしこのような最初からインターネットが利用が可能な賃貸は回線速度が遅い契約の場合も多く、メールの送受信くらいしか満足にできない程度の回線速度の場合もあります。

インターネットが完備されているということは、共有スペースが存在し、回線の引き込みが可能ということなので、自分で速度の速い回線契約に契約変更することも理論上可能です。

このような場合に自分から契約変更の申し込みをするときも、とにかく大家さんや仲介業者に相談し、了解を取ることが先決です。

集合住宅がとても古い建物の場合などは、インターネット接続のための共有スペースが設置されていないこともあります。そのような場合は光回線を契約することは不可能ですが、モバイル通信を個人で契約するという選択肢があります。

たとえばWiMAXは工事不要のモバイルルーターの中でも値段も手ごろなためオススメです!
下記の関連記事では、工事不要のメリットとデメリットを紹介しています。

関連記事:WiMAXは工事が不要!そのメリットとデメリットとは

どのくらい同じマンションに住むかどうか?

昨今のインターネット契約は数年単位で契約することで月額料金が安くなるサービスが増えています。

例えば4年契約、つまり48カ月間、契約を継続することを前提に、月々の利用料金を割引する、というような割引プランが増えています。このような長期契約プランは多くの場合、契約年数よりも早く解約してしまうと違約金が発生します。

マンションやアパートなどの賃貸は2年単位で契約することが多く、契約更新のタイミングで引っ越すことも珍しくありません。

マンション、アパートに越してきたばかりでインターネット契約をする際は、何年くらい住むのかをよく考えて、インターネットの長期契約には注意しましょう。

エリア内かどうか?

インターネットは野外から建物内に光ファイバーを引き込んで利用するため、野外に光ファイバー網があることが前提です。つまり現住所が対応エリア内かどうかの問題です。

日本は光回線がほぼ全域に普及しているため、エリア外の地域は年々減少していますが、それでも人口密度の低い地方はエリア外の可能性もあります。

光回線の契約を検討する際はまず、現住所が対応エリア内かどうかを確認しましょう。

インターネット回線の料金はいくらか?

本稿の冒頭で、光回線の契約は、一戸建てがホームタイプ、集合住宅がマンションタイプであると解説しました。両者の一番の違いは料金です。

基本的にホームタイプのほうが割高です。マンションタイプはその集合住宅の規模によって3段階くらいで料金が異なる場合があります。

基本的に部屋数が多い、大規模な集合住宅ほど割安料金です。このため、例えば別のマンションに住んでいる友だちが自分と同じ回線業者とマンションタイプで契約していても基本料金が異なることもあり得るということです。

上記のようにフレッツ光のマンションタイプは集合住宅の規模によって料金が異なりますが、料金は一律の場合もあり、事業社によってさまざまです。

マンションで使えるインターネット回線の料金比較

マンションやアパートなどの集合住宅でも、光ファイバーを野外から引き入れ、各部屋に回線を接続する「共有スペース」があればインターネット利用が可能で、基本的に部屋ごとにインターネット契約をする自由があります。このような賃貸物件を一般的に、「インターネット対応」の物件と呼びます。

インターネット対応のマンション、アパートならば一戸建ての世帯と同様に、フレッツ光やauひかりなど、主要な光回線業者から自由に選択して契約できます。

問題なのはインターネットを引き込むための共有スペースがない、つまりインターネットに対応していない賃貸物件だった場合です。

その場合に考えられる主要な選択肢が【高速モバイル通信】によるインターネット契約です。光回線が光ファイバーを建物に引き込む有線方式とするなら、高速モバイル通信は無線方式によるインターネット接続です。

モバイルルーター

モバイルルーターには「WiMAX」や、「ワイモバイル」「どんなときもWiFi」などの回線業者が提供しており、契約すると専用のルーターが届きます。

そのルーターは対応エリア内なら無線で電波を送受信できるため、Wi-Fi対応の端末なら無線でインターネットにアクセスが可能です。専用ルーターは小型でワイヤレス仕様のため持ち歩いて野外でインターネット通信も容易です。

現実問題として、住んでいるマンション、アパートがインターネット非対応の場合は、モバイルルーターを検討するのが無難でしょう。

エリアを確認してみて現住所が対応エリア内であれば利用が可能です。

GMOとくとくBB WiMAX
の申込・詳細チェック
GMOとくとくBB(キャッシュバック):https://gmobb.jp/
※1月限定34,500円キャッシュバック

ケーブルテレビ回線

ケーブルテレビは本来、衛星放送を視聴するための設備ですが、この設備を使ったインターネット接続サービスもあります。主要な回線業者には【J:COM】があります。

もし住んでいるマンションがインターネット非対応だけど、ケーブルテレビの設備はある、という状況の場合はケーブルテレビ設備からインターネット接続契約をする、という選択肢もあります。

マンションでオススメの光回線

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合で、その物件がインターネットに対応しているのであれば光回線を選ぶのが最もオススメです!

インターネットに対応していればどの回線業者とも契約が可能ですが、オススメの回線業者は以下の2つの光回線業者です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光はマンションタイプで契約した場合、月額基本料金は4,900円ですが、2年間使うことを前提の自動更新あり(2年)のプランを選ぶと3,800円となり、かなり割安です。

賃貸物件の契約は2年で更新することが多く、ソフトバンク光の2年契約はそれに合わせることができるため便利でオススメです!

【オススメ記事】ソフトバンク光の魅力!注目キャンペーンやサービス内容をすべて紹介!

ソフトバンク光はソフトバンクの携帯電話も一緒に契約すると【おうち割 光セット】という携帯電話料金が割引になるプランが適用されるため、さらにお得です。

ソフトバンク光はソフトバンクショップやソフトバンクの公式サイトから申し込めますが、キャッシュバックが貰える代理店から申し込むのがオススメです!

たとえば代理店NEXTでは最短2ヵ月後に33,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

有料オプションに加入する必要もありませんし、申し込み時に口座情報を伝えるだけなのでもらい忘れの心配もありません。

ソフトバンク光の申込・詳細チェック
最大33,000円特典:https://softbank-hikaricollabo.com/
※ソフトバンク光正規販売代理店NEXT

auひかり

KDDIが提供する「auひかり」もマンション、アパート住まいにオススメの光回線業者です。

多くの回線業者は集合住宅の場合、マンションタイプが対象となり、集合住宅の規模によって基本料金が異なるのですが、auひかりのマンションタイプは一律で3,800円となっており、わかりやすい料金設定です。
auひかりは同時にauの携帯電話を契約すれば【auスマートバリュー】という割引プランが適用され、携帯電話料金が安くなり、さらにお得です。

【オススメ記事】インターネット回線「auひかり」が選ばれる本当の魅力

フルコミットでは、8ヶ月後に最大60,000円がもらえるキャンペーンを提供しています。

フルコミットで実施中のキャンペーン詳細は、こちらからご覧ください。

auひかりの申込・詳細チェック
最大60,000円特典:https://au-hikarinet.com/
※auひかり正規販売代理店フルコミット

引っ越しが多い方にはモバイル回線がオススメ

光回線の接続は現在住んでいる部屋(世帯)にインターネット利用のためのモデムを設置する契約のため、引っ越す場合は契約を終了するしかありません。引っ越し先ではまた新たに契約しないといけないため、その分の費用もかかります。

そのため頻繁に引っ越しするという人は上記で紹介した「高速モバイル通信」の契約が適しています。高速モバイル通信は契約するとレンタルできるワイヤレスのルーターがあればどこでも利用が可能です。

【オススメ記事】モバイルルーターは工事が不要で、すぐ使えて手続きも楽!

光回線とくらべると回線速度がやや遅いというデメリットはありますが、引っ越しが多い生活環境には便利な存在です。

2019年現在、当サイトでモバイルルーターの中でも特にオススメしているのが「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiの特徴は以下の3点です。

どんなときもWiFiの3つの特徴

  1. 携帯3キャリアの一番強い電波へ切り替えてくれる
  2. 月間データ容量も通信制限もナシ※1.
  3. どれだけ使っても3,480円/月の1プランのみ!※2.

※1.著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をした場合や、違法なデータのアップロード、ダウンロードをした場合のみ通信制限、利用停止の可能性あり。
※2.クレジットカード払いの料金。口座振替の場合、3,980円/月。

docomo,au,SoftBankの電波が届く日本全国広いエリアでつながるから、通信が途切れませんよ。
携帯3キャリアの中でも一番つながりやすい回線へ自動的に切り替えてくれるので、快適に通信できます。

さらに嬉しいのが、無制限に使えるモバイルWiFiということです!
他のポケットWi-Fiでありがちな「3日で10GB以上使うと、通信制限になって翌日は速度が遅くなる…」といったこともおきません。

データ通信に困らなくなるので、携帯料金の節約にも活用できますよ。
気になった方は公式サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

どんなときもWiFiの申込・詳細チェック
どんなときもWiFi公式:https://donnatokimo-wifi.jp/

どんなときもWiFiについて詳しく解説している記事もあわせてご覧くださいね。

まとめ

マンション、アパートなどの集合住宅でインターネットを利用する場合は、その賃貸物件にインターネットを利用するための設備(共有スペース)が設置されているかどうかがポイントです。

設置されていれば個人で光回線業者と契約し、自室でインターネット利用ができるようです。賃貸情報に「インターネット対応」と記載されていれば、インターネット契約は自由、と解釈して問題ないですが、契約するときは、大家さんや仲介業者など、物件の管理責任者に連絡し、許可を得ておくべきです。

「高速モバイル通信」の場合はその建物の設備は関係ないため、特に許可を取る必要はありません。

高速モバイル通信の契約なら住所に関係なく、引っ越し先でも使えるため、引っ越しが多いという人に便利な存在です。