閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光のLAN配線方式の料金はいくら?比較的高い代わりに速い?

フレッツ光のLAN配線方式の料金はいくら?比較的高い代わりに速い?

マンションやアパートのような集合住宅でフレッツ光を使用する際、一般的にはその建物に導入されている接続方法に合わせてインターネットの引き込みを行っていきます。

建物まで光回線で引き込んだとしても建物がLAN配線方式を行っていれば、LANを使用して各部屋にインターネットが提供されます。
またインターネットの月額の料金も建物内部の配線方式によって変わります。

フレッツ光のLAN配線方式とマンションタイプの月額料金についてわかりやすく解説をしていきます。

フレッツ光のLAN配線方式について

フレッツ光に申し込むと、建物近くの電柱から建物に向けて光回線を引き込む工事を行っていきます。

建物の外から引き込んだ光回線は一度、共用部などに設置してある機器に接続され、その後各部屋へと配線され引き込まれていきます。
これはテレビや電気などで行われていることと同じで、テレビでいうなら屋上に取り付けたアンテナで一度電波を受信後、配電盤を通してそれぞれの部屋にケーブルを使って電波を分配していく方法です。

建物に取り込まれた光回線はPT(プレミシーズ・ターミネーション)と言われる配線盤を通り、建物内の配線に接続されたあと集合型回線終端装置を経由して各部屋に引き込まれるようです。

LAN配線方式は集合型回線終端装置から各部屋にLANを使って送電を行う方法のことで、集合型回線終端装置から各部屋への送電方法はほかに光回線を使って送電する光配線方式、電話用のケーブルを使って送電するVDSL方式があります。

LAN配線方式のLANは通常、「インターネット対応マンション」などと言われている建物では、建物建設時にあらかじめ集合型回線終端装置から各部屋までLANが張り巡らされているようになっています。
そのため、フレッツ光の工事は電柱から集合型回線終端装置までば多くの場合で各部屋の工事などを行う必要がありません。

LAN配線方式配線イメージ図LAN配線方式配線イメージ図
参考資料:NTT東日本公式

おすすめ窓口フレッツ光から転用でお得!
フレッツ光-光コラボトップページ
スマホとのセット割引がお得!
ネット料金月額2,800円~! 携帯代金最大2,000円割引! フレッツ光からの転用なら工事費不要! さらに高額キャッシュバックも!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

LAN配線方式のメリットその1

インターネットを使用していて最も重要なのはどれくらいのスピードでインターネット接続がるかということです。
フレッツ光で送電されるスピードは最大1Gbpsですが、実はこのスピードは建物到着時のスピードで技術規格上の最大値を表したものです。
実際は集合型回線終端装置に接続された後、そこからどういう方式で配線されているのかによってスピードが変わってきます。

フレッツ光が集合型回線終端装置に接続され、LAN配線方式で各部屋に送電されたときのスピードは最大で上り、下りともに100Mbpsです。1Gbpsは1,000Mbpsなので、100Mbpsのスピードを遅く感じるかもしれませんが、実際にインターネットを使用しているとそれほど遅さを感じることなく、快適に使用できます。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

LAN配線方式のメリットその2

インターネットのスピードと同じくらいインターネットの使用で重要なのが接続の安定です。

インターネットを使用していてたびたび接続が落ちてしまっていては、いくらスピードが速くても不便で仕方ないですよね。

LAN配線方式は電子レンジなどの周辺電磁波や電波の影響を受けにくく、長距離であっても速度の減退があまりができるないため、安定した通信を行うことが可能です。
特に集合住宅のような集合型回線終端装置から各部屋までの距離がある場合には有効的です。

LAN配線方式のメリットその3

LAN配線方式は他の光配線方式やVDSL方式に比べて月額利用料が安い特徴があります。

光配線方式は光ファイバー自体が高額なため月額費用に反映されてしまい、またVDSL方式は集合型回線終端装置以外にもVDSL装置を設置しなくてはならず、その機器の電気代が上乗せされてしまいます。
その点、LAN配線方式は手軽に導入でき、耐久性も兼ね備えているので費用が安くなるというわけです。

さらにソフトバンクのような他社と比較してもフレッツ光のほうがお得になっています。

基本的に他社は建物内部の配線に関係なく料金が一律同じで設定されているため、建物内部がVDSL配線であってもLAN配線であっても光配線方式と同じ料金を支払わなくてはなりません。
フレッツ光は細かく料金設定を変えているため、そういった意味でも費用を安くできます。

NTT東日本 フレッツ光ネクスト
マンション・ハイスピードタイプ
プラン1(8世帯以上) 光/VDSL配線方式 3,250円
LAN配線方式 2,900円
プラン2(16世帯以上) 光/VDSL配線方式 2,850円
LAN配線方式 2,500円
ミニ(4世帯以上) 光/VDSL配線方式 3,850円
LAN配線方式 3,500円

参考資料:NTT東日本公式

LAN配線方式のデメリット

LAN配線方式はメリットの多い配線方法で、デメリットはほとんど見当たりません。
もちろん、光配線と比べればインターネットの通信速度が遅い点はデメリットですが、それでも使用するにあたってはそれほど気になる問題ではありません。

強いてデメリットをあげるとすればLAN配線方式が導入されている物件が少ないことくらいではないでしょうか。

そもそもインターネットはここ15年くらいで急激に成長してきた産業で、今のようにインターネットが当たり前の時代がくるとは誰も想像していなかったほどです。

そのためインターネットが浸透しはじめた当初は、多くの建物が電話回線を利用してインターネットを楽しむADSLが主流でした。
しかしADSLは速度が遅く、高額で接続も安定しないことからVDSL方式やLAN配線方式が少しずつ広まっていきました。

VDSL方式はADSL同様、電話配管を利用して通信を行うため、一から建物に組み込まなくてはいけないLAN配線方式よりも普及しました。

その後、高速のインターネットとして光回線が普及するようになり、最近では光配線方式を最初から導入する建物が増えています。

結果として、古い物件ではVDSL方式が、新しい物件では光配線方式が用いられています。
また古い物件でもインターネットに対応するため改修工事などを行う場合、ほとんどのマンションで光配線方式がLAN配線方式より好まれて導入されています。

つまり、LAN配線方式が普及する前に光配線方式が登場し、よっぽど光配線方式で工事がない建物でない限り、LAN配線方式が用いられていないというわけです。

光コラボ料金シュミレーション

フレッツ光から光コラボレーションへ工事費不要で転用できる

光コラボレーションならネット代、携帯代が安くなる!フレッツ光からの転用なら工事費不要!さらに高額キャッシュバックも!・・・詳しく見る

フレッツ光LAN配線方式の月額利用料について

フレッツ光のLAN配線方式の月額利用料は、住んでいるマンションの規模によって変わってきます。またNTT東日本とNTT西日本とで料金は若干異なります。

マンションの規模分け

NTT東日本、NTT西日本ではマンションを規模ごとに3つのプランに分けています。
プラン1が8契約以上が見込める集合住宅、プラン2が16契約以上が見込める集合住宅、ミニが6契約以上が見込まれる場合です。

一つのマンションで居住者が多いということは、それだけインターネットを利用する人がいて多くのニーズがあるということです。
そうなると一つの建物での利用総額は人数が多いほど高くなるので、1契約当たりの基本料がお得です。

ミニ 集合住宅またはビル単位に「4以上」の契約が見込まれる場合
プラン1 集合住宅またはビル単位に「8以上」の契約が見込まれる場合
プラン2 集合住宅またはビル単位に「16以上」の契約を代表者から一括申し込みが可能な場合

参考資料:NTT東日本公式

フレッツ光ネクストのプランの種類

NTT東日本が提供するフレッツ光のプランには「フレッツ光ネクストギガファミリー/マンション・スマートタイプ」「フレッツ光ネクストファミリー/マンション・ギガラインタイプ」「フレッツ光ネクストファミリー/マンション・ハイスピードタイプ」の3プラン6回線タイプがあります。

住んでいる住居が3戸以下の建物の場合、戸建てとみなされファミリータイプのプランが適用されますが、住んでいる住居が4戸以上の建物の場合、集合住宅として集合住宅向けサービスのマンションタイプのプランが適用されます。

フレッツ光ネクストギガ・スマートタイプは光配線方式のみが使用できるプランにホームゲートウェイのレンタルがついたプランです。
通信速度は最大で上り下りとも1Gbpsと、フレッツ光のなかでも最速のサービスです。
自宅でWi-Fiなどを使用してインターネットをする場合、ホームゲートウェイと言われる回線を電波で飛ばす機器が必要です。

フレッツ光では光回線と相性のいいホームゲートウェイをレンタルしており、光回線料とレンタル料がお得になったパックをフレッツ光ネクストギガ・スマートタイプとしてプランにしています。

フレッツ光ネクスト・ギガラインタイプは光配線方式のみが使用できるプランです。
フレッツ光ネクスト・スマートタイプと違い、こちらは機器のレンタルがついていないものです。

フレッツ光ネクスト・ハイスピードタイプは、光配線方式、VDSL方式、LAN配線方式で使用ができるプランです。
通信速度最大で下りが200Mbps、上りが100Mbps出るので高速のインターネットを楽しめます。

光コラボ料金シュミレーション

フレッツ光から光コラボレーションへ工事費不要で転用できる

光コラボレーションならネット代、携帯代が安くなる!フレッツ光からの転用なら工事費不要!さらに高額キャッシュバックも!・・・詳しく見る

LAN配線方式のプラン

NTT東日本とNTT西日本ではそれぞれ提供されているプランの名称が異なります。

NTT東日本のLAN配線方式が利用できるプランは、フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプと言われるもので、通信速度最大で下りが200Mbps、上りが100Mbpsのものです。

NTT西日本のLAN配線方式で利用できるプランは、フレッツ光ネクスト マンションタイプと言われるもので、通信速度が最大で100Mbpsのものです。

LAN配線方式の月額基本利用料

インターネットを使用する際にはフレッツ光の各サービスメニューの料金に加えて、別途プロバイダーとの契約料が必要です。

NTT東日本 フレッツ光ネクスト

マンション・ハイスピードタイプ

プラン1 2,900円
プラン2 2,500円
ミニ 3,500円
NTT西日本 フレッツ光ネクスト

マンションタイプ

プラン1 3,100円
プラン2 2,600円
ミニ 3,900円

参考資料:NTT東日本NTT西日本

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

割引プランを利用するとお得

フレッツ光ではさまざまな割引プランを展開しています。
LAN配線方式はすでにほかの配線方式よりも月額利用料がお得ですが、割引を利用するとさらにお得です。

NTT東日本では「にねん割」というのを行っており、月々100円割引が適用され、2年で2,400円もお得です。
またNTT東日本限定でフレッツ光メンバーズクラブというものを設けており、1年目のメンバーに毎月100ポイント、2年目のメンバーに毎月200ポイント、3年目以降は毎月300ポイントをプレゼントしています。

マンスリーポイントはNTT東日本の料金支払いに利用できるので、にねん割にプラスして割引を受けることができます。

またNTT西日本が行っている「光もっともっと割」では、契約10か月目から最大で毎月550円の割引が適用され、契約3年目からはさらに最大で毎月230円の割引が行われます。その後も毎年最大で100円ずつ割引が加算されていき、8年たつとトータルで最大で1,280円の割引です。

どちらも契約期間中の最初の2年で解約をした場合には解除料が必要です。

フレッツ光月額利用料金一覧表
参考資料:NTT西日本

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
セット割で携帯料金を
月額最大1,080円割引
月額実質1,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
Webフォームからの申し込みで10,000円キャッシュバック増額中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

LAN配線方式の申し込みから開通までの流れ

LAN配線方式の建物の場合、お客様からお申し込みをいただいてから開通まで速く行うことができます。
すでに建物内部にはLANが配線されている状態になるので、電柱から建物にフレッツ光を引き込んだ後、PTに接続し、集合型回線終端装置を設置するのみで対応ができてしまいます。各部屋で新しく機器を設置したり、工事を行ったりする必要がなく、各部屋にあるLANコネクタとパソコンをLANケーブルで接続すればインターネット接続が完了です。

LAN配線方式の工事費について

LAN配線方式の工事費はプランに関係なく料金は一律です。

NTT東日本、NTT西日本では、すでにLAN配線方式を導入済みの建物で新たにフレッツ光に申し込みした場合で工事費は7,600円(税抜)、LAN配線方式を導入していない建物でのフレッツ光の工事費を15,000円と設定しています。
もちろんこの料金は基本料金で、土日休日に工事を行う場合はプラス3,000円(税抜)、またオプションサービスを申し込んだ場合にも料金が異なってきます。

加えてNTT西日本は工事費にプラスして、契約料として800円が必要です。

工事費用は分割払いができ、月々のインターネット利用料と合わせて支払うことが可能です。

フレッツ光ではマンションがすでにどういった配線を行っているのかによって居住者が契約できるプラン内容が変わり、料金にも違いが出てきます。
フレッツ光の配線方式と料金帯の違いを違いを理解すると、家選びのポイントも人によっては変わってくるかもしれません。

建物優先で住むところを決めてしまった場合、居住者が個人で配線方式を選ぶことはできませんが、これから住むところを決める場合にはどういったプランがいいのかによって住む建物を選ぶことが可能です。

配線方式による企画や料金帯の違いをしっかりと把握し、お得に利用できるようにいかしましょう。

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

乗り換え新規のお申込みで最大24,000円分キャッシュバックまたは最大24ヶ月間月額1,000円割引!さらに最大94,000円キャッシュバック・・・詳しく見る

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。