閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

光回線の引っ越しはできる?引っ越し可能な光回線を調査!

光回線の引っ越しはできる?引っ越し可能な光回線を調査!

引っ越しの際、「現在利用している光回線を解約して引っ越し先で新規に光回線を契約する」となると、ちょっと面倒ですよね。

光回線の引っ越しができたら、解約・契約の手間が省けるだけでなく、解約金や違約金が発生するリスクも回避できます。

光回線の引っ越しは可能なのかなど、「光回線の引っ越し」について解説します。

光回線は契約している回線によって引っ越しができる

結論からいうと、光回線によっては光回線の引っ越しが実施できることがあります。

ただし、移転工事が必要になることもありますので、初期費用が数万円かかることも珍しくありません。

とはいえ、転居手続きをすると解約金や違約金は基本的に発生しませんので、光回線を解約&新規契約するよりも金銭的負担は軽減されることが多いですよ。

引っ越し可能な光回線

引っ越し可能な人気の光回線には、So-net光やフレッツ光、auひかり、ソフトバンク光、コミュファ光などがあります。

意外と多くの業者が引っ越し可能ですので、光回線の引っ越しを希望する人は現在お使いの光回線に問い合わせて見ましょう。

引っ越しに伴う注意点

光回線の引っ越しを実施する際、以下の可能性があります。注意すべき5点をご紹介します!

引っ越し先が適用エリア外である場合

フレッツ光やauひかりは全国対応の光回線業者ですので、大抵の場合、引っ越し先でも利用できます。ですが、コミュファ光は東海地域限定の光回線ですので、エリア外に引っ越す人は、現在使用中の回線を引っ越し先で利用ができなくなります。

また、エリアには問題がなくても、マンションなどの集合住宅は光回線の種類が限定されていることがあります。

そのため、光回線の引っ越しが不可能なこともありますので、かならず光回線の移転手続きをはじめる前に、引っ越し先でも利用できるのかどうか問い合わせておくようにしましょう。

セット割引が適用されなくなる

例えば、So-net光で「So-net光コラボレーション×auセット割」が適用されている人は、契約期間中に引っ越しを行うと割引サービスが打ち切られてしまいます。

また、auスマートバリューの適用を受けている人も、途中で引っ越しを行うと、再度auスマートバリューの手続きを行わないと割引サービスが打ち切られてしまいます。

現在利用しているセット割引が引っ越し後も適用できるのか、かならず光回線業者に問い合わせておきましょう。

ひかり電話やひかりテレビが解約扱いになる

ひかり電話やひかりテレビを利用している場合、引っ越しのタイミングで解約されてしまうことがあります。

場合によっては、引っ越し先で移転工事費用が必要になることもありますので、かならず電話やテレビについても光回線業者に問い合わせておくようにしましょう。

支払い方法が変更になることもある

集金人に利用料金を支払っていた場合、引っ越しを機に支払い方法を変更しなくてはならなくなることもあります。

回線工事料金を一括で請求される

開通工事費用を分割で支払っている場合、引っ越しのタイミングで工事費用の残債を一括で請求されることがあります。

光回線を引っ越しするには工事が必要になる場合がある

引っ越し先に光回線が導入されていない場合は、新規に回線敷設工事が必要です。また、場合によっては、現在の居住地で回線撤去工事が必要になることもあります。

工事費用が掛かる

光回線工事を実施すると、当然ですが、工事費用が請求されます。

例えば、So-net光ではNTT東西のエリアが同じ場所(NTT東日本→東日本、NTT西日本→西日本)に引っ越すときは、通常の工事費税抜き24,000円ではなく「引っ越し割引」が適用されて税抜き9,000円だけ請求されます。

しかしながら、NTT東西のエリアを超えて引っ越す(NTT東日本→西日本、NTT西日本→東日本)と、通常の工事費である税抜き24,000円が請求されます。

また、工事の際に必要なお金は回線工事費用だけではありません。事務手数料やひかり電話の開設工事費、電話番号が変更になるときは番号ポータビリティの解除料などが請求されることもあります。

マンションタイプの場合、事前に光回線を引っ越しできるか確認を行おう

マンションの場合、光回線の引っ越し自体がないこともあります。引っ越し先の住所が決定したら、かならず光回線業者に問い合わせて引っ越しが可能なのかどうか確認しましょう。

光回線の引っ越しができないときは、引っ越し先の大家さんか管理会社に連絡し、どの光回線なら利用できるのか確認してください。

引っ越しを機に光回線を乗り換えるのもアリ!

光回線を引っ越しするときは、回線工事無料キャンペーンを利用できないケースが多いです。

そのため、光回線を引っ越すよりは、現在の光回線を解約して、回線工事料金無料キャンペーンが利用できる光回線業者に新規契約する方がお得になることがあります。

工事費用や解約金、適用できなくなる割引サービスなどがあまりに多いときは、引っ越しを機に他の光回線に乗り換えるのも良い選択だといえるでしょう。

auひかり

全国規模で利用できるauひかりに乗り替えてみるのはいかがでしょうか。auのスマホやケータイを利用しているなら、auスマートバリューが適用されて家族のauスマホの料金も最大2,000円安くなることがありますよ。

代理店サイトで適用されるキャンペーンをご紹介しますので、参考にしてくださいね!

<代理店サイト限定のキャンペーン>

  • 最大55,000円のキャッシュバック
  • 地デジBS/CSアンテナ工事費無料

<公式サイトのキャンペーン(代理店サイトでも適用可能)>

  • 12ヶ月間の月額料金1,000円割引
  • 乗り換え時の解約違約金最大30,000円キャッシュバック
  • 12ヶ月間の月額料金1,200円割引
  • 初期工事費用実質無料

auひかりの申し込みは以下の窓口から行うのがオススメです!

8ヵ月後に最大55,000円のキャッシュバックか、有料オプション加入なしで最短翌月末に52,000円のキャッシュバックのどちらかを選べますよ。


\auひかりの選べる特典/

※代理店フルコミットの特典をチェック

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、NTTのフレッツ光回線を利用してインターネット接続サービスを提供する「光コラボレーション」ですので、NTTのフレッツ光が利用できる所なら、全国ほとんどで利用できます。

しかも、オプションでIPv6高速ハイブリッド接続を選択できますので、夜間や土日祝日などの回線が混みがちな時間帯もつながりやすいというメリットもあります。

ソフトバンクのスマホやケータイのユーザーは携帯料金が最大2,000円安くなる「おうち割」も適用されますので、さらにお得に使うことができますよ。

<代理店サイト限定のキャンペーン>

  • 35,000円のキャッシュバック
  • 12ヶ月間の月額料金2,000円割引

<公式サイトのキャンペーン(代理店サイトでも適用可能)>

  • 乗り換え時、24ヶ月間の月額料金1,000円割引もしくは24,000円キャッシュバック
  • 乗り換え時の解約金を最大100,000円まで還元
  • オプション料金1ヶ月分無料

ソフトバンク光の申し込みは以下の窓口から行うのがオススメです!

有料オプションの加入無しで最短2ヵ月後に35,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

申し込み時に口座を伝えるだけで振り込まれるので、手続きが難しくないのもオススメのポイントですよ。

ソフトバンク光を検討している場合は、下記のキャンペーンサイトを見てみてくださいね。

\最短2ヵ月後最大35,000円キャッシュバック/
ソフトバンク光のキャンペーンをみる
※代理店NEXTの特典をチェック

NURO光

関東・関西・東海地方に引越しされる方はNURO光を検討してみてはいかがでしょうか?

最大通信速度が2Gbpsと他の光回線の約2倍な上に、月額料金も4,743円、しかも月額料金にはプロバイダ料金をはじめ、無線LANルーターのレンタル代やセキュリティソフトの代金も含まれています。

ソフトバンクユーザーは携帯料金が割引される「おうち割」も適用されるのがうれしいポイントです。

ただし転居先の住所によってはNURO光が利用できないこともあるため、まずは転居先の住所でも利用できるかどうかNURO 公式サイトのTOPからエリア確認をしてみましょう。

<So-net特設ページ限定のキャンペーン>

  • 35,000円のキャッシュバック

<同時に適用できる公式キャンペーン>

  • 基本工事費40,000円が実質無料
  • So-net設定サポートサービスが無料

NURO光は以下のSo-net公式特設ページから申し込みするのがオススメです!

35,000円のキャッシュバックを有料オプション加入なしで受け取れますよ。



回線の引っ越しはお得かどうか吟味して決めよう!

光回線の引っ越しには、費用面のデメリットが少なからずあります。解約して引っ越し先で新規契約する方法とどちらがお得なのか、しっかりと吟味してから決定するようにしてください。

引っ越しを機に光回線を乗り換えるのを検討している方は、一度光コラボについて窓口で相談してみることをオススメします。

光コラボの相談窓口

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。